スポンサーリンク

2016年12月20日

【ネタ?】『会議でスマートに見せる100の方法』サラ・クーパー


会議でスマートに見せる100の方法
会議でスマートに見せる100の方法



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、以前HONZさんのエントリーで見かけて、気になっていた1冊。

さらに先日、UEIの清水さんの記事が追加投入され、私も思わず買ってしまいました。

アマゾンの内容紹介から。
会議に悩むビジネスパーソン必携!会議でスマートに見えること。それがトッププレイヤーになる一番の近道だ。でも、会議中は眠くなったり、つぎの休暇やランチのことで頭がいっぱいになったりしてスマートに見せるのが難しくなるときもある。そんなときこそ本書の出番だ。著者がYahoo!とGoogleで働きながら、会議に集中するふりをして書きとめた裏ワザの数々を大公開。これを実践すれば、すぐにデキる人の仲間入り!(会議の暇つぶしにもなるはず。)全世界500万ビューのビジネスあるあるブログが、ついに書籍化。

現在単行本は在庫切れですが、Kindle版ならすぐ読める上に「20%ポイント還元」されてお得です!





DSC_0134PON / U.S. Embassy Tel Aviv


【ポイント】

■1.「いったん冷静になろう」と提案する
ほとんどの会議で、あなた以外の全員が議論を白熱させる瞬間がある。それを狙って「みんな、みんな、いったん冷静にならない?」と言う。みんなはあなたを見て、ヒートアップした空気を冷ます能力に驚くだろう。すぐに重ねてこう言おう。「私たちが本当に解決したい問題はなに?」。ビシッと決めたら、その後1時間はなにもしなくても賢く見える。


■2.全員が最新の資料を見ているか確かめる
資料を見る段になると「これは何度か改訂されている資料だ。全員が最新のバージョンを見ているか気になって」と割って入ろう。全員が同じ資料を見ているかをどのように確かめるかで、みんなてんやわんやになり、あなたの指摘に感謝するだろう。


■3.自分が関わっていないことでも「私たち」と言う
だれか別の人のプロジェクトについて話しているときでも、いつも「私たち」と言う。たとえ自分はまったく関係なくても。たとえば「私たち、これをいつまでに終わらせられると思う?」とか「私たちはそれに集中しなければならない」とか「やれやれ、私たち、やらかしちゃったわね」とか。


■4.だれかが質問をしたら、答えを知ってそうな人を見る
聞かれた質問の答えがさっぱりわからないことはよくある。しかし、まったく問題ない。部屋を見渡し、ほかのみんなが見ている答えを知っていそうな人を見れば、あなたは賢そうな見た目を保つことができる。もしその人が答えられなければ、思いっきりがっかりしたようなふりをする。そうすればみんなは、答えられなかった人があなたを落胆させたと思うだろう。


■5.会議の終わりに、数人に声をかけて、別の問題を話し合うために残るように言う
ひとりかふたりに声をかけ、数分残るように頼むと、声をかけられなかった人は、あなたが何を話し合うつもりなのか、なぜ自分は呼ばれなかったのか、あなたがどんな極秘プロジェクトを隠し持っているのか、気になる。きっとなにかとてつもない重要事項に違いないと思い込むだろう。実際には、次回の会議にはドーナツを用意するべきか相談するだけだとしても効果的だ。


■6.ショッキングな告白をする
プレゼンテーションの最初に、強烈で忘れられないようなことを告白する。信じられないようなショッキングなことなら、でっちあげでもかまわない。するとみんなは、その告白に数分は心を奪われ、プレゼンテーションの間ずっと気になって、あなたの言うことはなに1つ耳に入らない。


■7.名刺が欲しいと言われたら、最後の1枚が残っているかもしれない、と言う
もうないと思ったが、最後の1枚を発見した、というふりをする。すると、すでにたくさんのネットワークを築いたかのように見える。そのうえ、相手はもらった名刺が最後の1枚だったと思うと、捨てにくくなるかもしれない。


【感想】

◆何ともトボけた1冊でしたw

1つ1つのTIPSは短めであり、実は上記ポイントでは、各項目ごとのテキストを全文載せているくらい。

そこでそれを補うのが、表紙でも描かれているイラストです。

冒頭でご紹介した清水さんのエントリーにはないものの、版元さんが本書から抜粋したHONZさんの方では、こんな感じでバッチリ紹介されていますのでご覧アレ(昨今、著作権の話題がたけなわなので、当ブログでの画像掲載は自重)。

『会議でスマートに見せる100の方法』働く時間があったら昼寝しろ!(2/6) - HONZ

ただし実際の本書は、こんな多色刷り(?)ではなく青と黒の2色刷りであり、青をベタ塗りにしたり、縞模様にしたりして、表現を変えているという。


◆また、シチュエーションも単なる会議だけではなく、バラエティに富んでいます。

たとえば上記ポイントの2番目は、「電話越しにスマートに見せる方法」と題された「電話会議」のパートからのTIPS。

……って、その前提がないと、読んでもピンときませんよね(すいません)。

普通、その場に全員いれば、パッと見せ合って済む話が、電話会議であるがゆえに「てんやわんや」になるというお話。

まさに「電話会議あるある」です。

なお、ここでは他にも「全員そろっているか聞く」ですとか、「『今話しているのはだれ?』と聞く」(会議で何も言うことがないときに便利w)なんて、「いかにも」なワザが紹介されていました。


◆同様に上記ポイントの6番目は、「プレゼンテーション」のパートからで、そのタイトルが「たいしたことを言っていないのに、聴衆を魅了する方法」w

「信じられないようなショッキングなことなら、でっちあげでもかまわない」なんてありますけど、そんなの許されるわけないww

ちなみに、例のHONZさんのレビューで紹介されていた「『いい質問だ』と言って質問に答えない」というTIPSも、このパートからのものになります。

さらには上記ポイントの7番目は、「二度と会わないであろう人たちと人脈を作る裏技」なる、「人脈作りのイベント」の10個のTIPSからの1つ。

他にも「仕事について詳しく聞かれたら、機密事項だと答える」なんてのもあって、この辺は、Yahoo!やGoogleを渡り歩いた著者らしいな、と。


◆なお、この手の「ナンセンス系ネタ本」は、翻訳本では結構見かけるもの。

当ブログでも、以前「この方法で生きのびろ!」シリーズから、下記の本をご紹介したことがありました。

この方法で生きのびろ!―恋愛サバイバル篇
この方法で生きのびろ!―恋愛サバイバル篇


参考記事:【モテ?ネタ?】「この方法で生きのびろ!―恋愛サバイバル篇」(2010年02月22日)

それに比べると、わが国では……と思いましたが、「デイリーポータルZ」の林 雄司さんのこの本がありましたねw

世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書
世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書

参考記事:【オススメw】『世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書』林 雄司(2014年04月12日)

上記の本にも収録されている、林さんの「ペリーがパワポで提案書を持ってきたら」(ネタでブクマ2800超!)が好きな方なら、本書もきっと楽しんでいただけると思います。

ただし1点注意していただきたいのが、本書は基本的に画像中心なので、Kindle版だとハイライトが使えないこと。

よくある「文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません」という表記はないのですが、ご留意ください。


職場でホントにやったらどうなるかは保証できない1冊ww

会議でスマートに見せる100の方法
会議でスマートに見せる100の方法

パート1 ウォーミングアップ
 ふだんの会議:スマートに見せるための10個の主要な裏ワザ
 ホワイトボード戦術:描くだけでスマートに見える21個の無意味な図形 ほか

パート2 本題
 集団での会議:上司でもないのに場の空気を支配する方法
 応用編:男性優位の職場での会議の作法 ほか

パート3 上級編
 人脈作りのイベント:二度と会わないであろう人たちと人脈を作る裏ワザ
 人脈作りのイベント中に手持ち無沙汰にならない方法 ほか

おまけ
会議と会議のあいだ:休憩時間こそ輝くチャンス


【関連記事】

【オススメw】『世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書』林 雄司(2014年04月12日)

【社交辞令?】『正しいブスのほめ方 また会いたいと思わせる35の社交辞令』トキオ・ナレッジ(2013年01月20日)

【モテ?】『アラサーちゃん 無修正1』に「男女の性差」を学んでみました(2013年05月16日)

【モテ?ネタ?】「この方法で生きのびろ!―恋愛サバイバル篇」(2010年02月22日)

【ヤバ本?】「ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話」その他お金関係の本(2009年11月28日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術 エール大学厳選30講
日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術 エール大学厳選30講


以前、CCCメディアハウスさんのセールでも登場したことがありましたが、今回は「65%OFF」ですから、その時よりもさらにお買い得となっています。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52241191