スポンサーリンク

2016年11月22日

【米海軍式?】『STRONGER「超一流のメンタル」を手に入れる』ジョージ・S・エヴァリーJr. 博士,ダグラス・A・ストラウス博士,デニス・K・マコーミック博士


STRONGER「超一流のメンタル」を手に入れる
STRONGER「超一流のメンタル」を手に入れる


【本の概要】

◆今日はいいかげん、本のレビューをしなければ、ということで、取り上げた作品はこちら。

先日の「未読本・気になる本」の記事でも人気だった自己啓発書です。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
マイケル・ジョーダン(一流スポーツ選手)、スティーブ・ジョブズ(有名企業家)、ベン・カーソン(世界的外科医)……
能動的で楽観的に生きる成功の最強メソッド!
心理学者×コンサルタント×元シールズ隊員が「強さの秘密」を解明したベストセラー、待望の翻訳!

なお、未読本記事の後、待望のKindle版も無事出ました!





Joining to jump: Force Recon Marines perform parachute training with SEALs, pararescuemen [Image 3 of 6] / DVIDSHUB


【ポイント】

■1.受動的ではなく能動的な楽観主義を目指す
 受動的な楽観主義者は、物事がよくなることを願い、そうなることを信じる。
 しかし、彼らのようにただ願ったり信じたりするだけの人たちは、状況をコントロールするのをあきらめ、他人や成り行きに任せているのだ。
 対して能動的な楽観主義者は、自分の力で状況を改善するために実際に行動を起こす。(中略)
 彼らは自分が成功すると信じている。シールズ隊員にとっては、失敗はそのまま死を意味することが多いからだ。彼らにとっての成功とは、ただ待っていれば起こるものではない。むしろ自分の力で起こすものだ。
 彼らが楽観的に成功を信じるのも、万全な準備をしたからであり、犠牲の意味を十分すぎるほど理解しているからであり、それに加えて強固な決意があるからだ。


■2.決断力があると逆境のなかで成長できる
 逆境によってさらに成長するという現象は、「変化を促すストレス」や「トラウマの後の成長」と呼ばれたりする。前にも述べたように、この場合の変化とは、ただ以前の状態に戻るだけでなく、それ以上に成長することだ。
 実際に「変化を促すストレス」を経験した人は、「自分の力が強まるのを感じた」「以前より人生に感謝するようになった」「以前より楽観的になった」「以前より人間関係の大切さを認識するようになった」などと言っている。ときには人生の優先順位が大きく変わることもあるという。
 逆境をきっかけに、人生で本当に大切なものについてあらためて考えるからだ。


■3.ミステリーをパズルと勘違いしない
 マルコム・グラッドウェルによると、パズルとは答えのある問題だ。パズルを解くのに必要な情報は限られている。ただ必要なピースを集めるだけで解くことができる。
 一方でミステリーは、まだ存在しない答えを探さなければならない。ミステリーを解くには、何かを発見するだけでは不十分だ。不確実なことに対して自分で判断しなければならない。想像や予想を頼りに答えを探す必要がある。
 たとえば、オサマ・ビン・ラディンを探すという課題はパズルであり、株価の動きを予想するのはミステリーだ。グラッドウェルによると、もっともやってはいけない間違いは、ミステリー(つまり未来を予測すること)をパズルと勘違いすることだ。この勘違いをしてしまうと、存在しない「事実」を延々と探すばかりで、一向に答えにたどり着けない。


■4.粘り強さを身につける方法
●目標を決め、粘り強く努力する
 粘り強い努力が報われていれば、粘り強さを維持することができる。
 努力が報われた結果の成功はとても嬉しいものだ。それまでのつらさもすべて吹き飛んでしまう。粘り強く努力すれば達成できる目標を1つ決め、実行可能な計画を立てる。
 あとは計画通りに行動するだけだ。
●粘り強さで定評のある人を観察する
 粘り強い努力で逆境に打ち勝ち、成功を収めた人をお手本にすると、自分のなかの粘り強さもさらに成長する。自分のお手本を見つけよう。歴史から学んでもいい。
●自分の粘り強い努力を支えてくれる人を見つける
 ウィンストン・チャーチル、カル・リプケン・ジュニアの物語に共通するテーマは、逆境のなかで粘り強さを発揮するには、他者のサポートが大きな役割を果たすということかもしれない。


■5.人を助けず毒になる人に気をつける
1「イエス、バット」型(言い訳の達人)
2「自分が一番」型(自分かすべて)
3「社交界の蝶」型(外面がよく、うわべだけの付き合いを好む)
4「攻撃」型(私のものは私のもの、おまえのものも私のもの)
5「四角四面」型(規則は規則)
6「フレネミー」型(あなたの成功を憎む)

(詳細は本書を)


【感想】

◆たまたま上記ポイントで引用した部分や、本書の邦題には登場していないのですが、本書のテーマは、当ブログでも何度か言及したことのある「レジリエンス」です。

一応本書の原題も、『Stronger: Develop the Resilience You Need to Succeed』というもの。

Stronger: Develop the Resilience You Need to Succeed
Stronger: Develop the Resilience You Need to Succeed

実際、本書の序章では「超一流のメンタルに必要なものとは何だろうか?」というフレーズの後に「私たちが思うに、カギを握るのはレジリエンスだ」として、レジリエンスの核となる5つの要素を列挙しています。

以下本書から引用。
1 能動的な楽観主義
2 決断力と行動力
3 道徳的な指針
4 粘り強さ
5 周囲のサポート
そして本書を読むことによって、この5つの要素を身につけ、私生活や仕事の場で活用する方法が分かるという次第。


◆本書の各章では、これらの要素の重要性を裏付けるべく、独自の研究やインタビュー、さらには個人的な体験や、臨床観察等々が列挙されています。

もちろん、その中でも著者の1人が隊員でもあったネイビー・シールズのエピソードの数々が、本書の白眉でしょうか。

Navy SEALs - Wikipedia

訓練だけではなくて、実際の戦争時のお話等も登場(そもそもベトナム戦争時に結成されたそう)しますから、このテーマの類書とはひと味違います。

……もっとも、ここまで過酷な環境にいる人の方が少ないとは思いますがw


◆ちなみに本書の冒頭に、著者とは別の「元シールズ隊員」で「元特殊作戦担当国防次官補」の人物からの「推薦の言葉」があり、その人いわく上記の5つの要素のうちで、一番大切なのは「楽観主義」である、とのこと。

ただしそれは、上記ポイントの1番目にあるように「能動的」でなければなりません。

特に「彼らが楽観的に成功を信じるのも、万全な準備をしたから」という一節には、うなづくことしきり。

神頼みとは違い、やるべきことをすべてやった上で、「楽観的」になる、という教えは、説得力があります。

本書の第1章では、この「能動的な楽観主義」の実例がいくつも紹介されていますので、ご参考まで。


◆ただし、楽観的な態度だけでは、レジリエンスを身につけることはできません。

なぜなら、どん底に落ちたときは、楽観主義だけでは這い上がってこられないから……ということで、2番目の「決断力と行動力」が必要となり、さらに「決断」するためには、3番目の「道徳的な指針」がカギとなる……といった具合に、残りの4つの要素もそれぞれ重要となってくる模様。

私は最初、「道徳的な指針」が、どうレジリエンスと関係するのかと思ったのですが、読んでみて、なるほどな、と。

さすが博士号を持った人が3人集まって書いただけあって、レジリエンスを多角的に分析していると思いました。

それでも、個人的には「レジリエンス」と言ったら、「粘り強さ」辺りを中心にした方がしっくりくるんですけどねw←頭カタイ


メンタルを、より強化したい方に!

STRONGER「超一流のメンタル」を手に入れる
STRONGER「超一流のメンタル」を手に入れる
序章 超一流のメンタルとはどのようなものか?
第1章 能動的な楽観主義を手に入れる
第2章 決断力と行動力を手に入れる
第3章 道徳的な指針を手に入れる
第4章 粘り強さを手に入れる
第5章 周囲のサポートを手に入れる
終章 超一流のメンタルを手に入れる


【関連記事】

【働き方】『逆境力の秘密50 何があっても打たれ強い自分をつくる』ジョン・リーズ(2016年10月19日)

【メンタル】『なぜ、一流の人はハードワークでも心が疲れないのか? 実践版「レジリエンス・トレーニング」』久世浩司(2014年11月03日)

【ストレス耐性】「凹まない人の秘密」アル・シーバート(著) 林田レジリ浩文(翻訳)(2008年04月24日)

【ライフハック】『メンタルが強い人がやめた13の習慣』エイミー・モーリン(2015年08月28日)


【編集後記】

◆昨日ご紹介した「Kindle大規模セール その3」からの売れ線をご紹介。

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 マクロ編
スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 マクロ編

世界のトップエリートが実践する集中力の鍛え方 ハーバード、Google、Facebookが取りくむマインドフルネス入門
世界のトップエリートが実践する集中力の鍛え方 ハーバード、Google、Facebookが取りくむマインドフルネス入門

マンガでやさしくわかるU理論
マンガでやさしくわかるU理論

今回はこの3冊が同数で1位でした!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52238634