スポンサーリンク

2016年11月07日

【暗記】『受験合格は暗記が10割』林 尚弘


受験合格は暗記が10割
受験合格は暗記が10割


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事にて人気だった勉強本

著者の林 尚弘さんは、「授業をしない」等の独自の勉強法を打ち出している「武田塾」の塾長であり、本書もその流れに沿うもののようです。

アマゾンの内容紹介から。
90分で100個の英単語を覚えよ。数学は考えるな!パターンを頭にたたきこめ。2秒で答えが言えなければアウト。暗記には単語カードよりもノートを使え。入試まで絶対に忘れない!武田塾式暗記術。

なお、Kindle版なら、「20%OFF」&「20%ポイント還元」と、新刊ながらお買い得です!





Study / Raul Val


【ポイント】

■1.勉強は「暗記したかどうか」がすべて
 私は、勉強とは、「知識の暗記」に尽きると考えています。
 その知識が教科によって変わるだけです。
 英単語や歴史の年表、数学の解法、そして正解へのプロセスなどを暗記することが「勉強する」ということです。 (中略)
「勉強する」ということは、知識を身につけ、使いこなせるようになること。
 これは大学受験に限らず、社会人になってからの資格取得なども同じことです。
 必要なことを暗記せずには、問題は解けるようにならないし、大事な場面で応用することもできません。
 参考書を読んで理解した気になる。
 授業を聞いてわかったと思う。
 ノートに赤ペンを引いて満足する。
 このように、わかった気になって「暗記」をしていないから、合格というゴールになかなかたどり着けないのです。


■2.九九に隠されている3つの暗記のポイント
●できる量ずつ
 まず大切なのは、自分で覚えられる範囲の、少ない量に分けて暗記することです。
 九九を覚えるときは、一の段から順に始め、しっかり記憶してから次に進んだはずです。 (中略)
 それなのに、たとえば英単語を覚えようとすると、なぜか受験生は50個とか100個をいっぺんに覚えようとします。 「10個ずつやろう」などと小分けにしないため、なかなか覚えられないのです。
●すぐに口に出して言えるように
 2つ目のポイントは、すぐに口をついて出るほど、完璧に暗記してから次に進んだということです。
 九九では、一の段を何も見ずに暗唱できるようになって初めて、二の段に進みました。
「何回やっても七だけ出てこないけど、まあいいか」ということはなかったはずです。
●難しいものは何回も!
 3つ目は、九九の場合、完璧に覚えられるよう、間違いやすいところを集中的に繰り返したということです。
 九九では、「一から九の段まで全部同じ回数、繰り返しました」いう人はいないでしょう。
 たとえば七の段、八の段など難しいところは、一の段などに比べて回数を重ねて覚えたはずです。
(詳細は本書を)


■3.何を覚えれば点数になるかを見極め、暗記できる形に変えて覚える
 どうやって暗記できるようにするか、外交史の授業を例にあげましょう。
 まず、授業の内容で、何が論点になっているかを考えます。
 そうした論点は、試験で出題されるポイントでもあります。ですから、その論点をしっかり説明できるよう、自分で「もしこういう問題が出たら?」「ここで重要なことは何?」と考えるのです。
 そして、「東アジア発展の歴史は?」「ブッシュ外交の基礎となった考え方は?」などの、問いをつくります。
 そのあとで、これらの問いを問題集だと考えて、しっかり説明できるように暗記すればいいのです。


■4.英単語100個の暗記法
(1)英単語を10個に分けて覚える
(2)覚えたかどうかテストする
(3)間違えたものがあったら、覚え直して、完璧になるまで再テストする
(4)(1)から(3)までを繰り返し、50個まで終わったら、50個をテストする
 *間違ったものは覚え直してテストし、50個を完璧に記憶する。
(5)残りの50個でも(1)から(4)までを行ない、最後に100個をまとめてテストする
 *ここでも間違えたものがあったら覚え直して、しっかり記憶する

(詳細は本書を)


■5.2秒で答えが言えなければアウト
 覚えたかどうか、自分でテストをするときに、「えーっと、この単語なんだっけ」と、考え込んでしまうものは、「暗記できていない」とみなします。
 その基準は「2秒で答えが言えなければアウト」です。
 単語というのは、英語の基本ですから、覚えて「使いこなせなければ」意味がありません。すぐに口から出ずに、考え込んでしまうようでは、役に立つまで暗記できていないということです。
 うろ覚えの単語を悩んで思い出そうとする時間があったら、ほかの単語を10個はテストできるはずです。
 悩んでいる間に、成績が上がるわけではありません。
 すぐに出てこない単語は「/」や「×」をつけて、もう一度やり直しましょう。


【感想】

◆「勉強法」というと、よく言われる論点なのが「理解が大事」か「暗記が大事」かというもの。

もちろん、勉強する内容や受ける試験にもよるので、一概には言えませんが、ざっくり言ってしまえば、「受ける試験があるのなら、暗記が大事」というのが、私の個人的なスタンスです。

そういう意味で、本書のタイトルは「10割」は言い過ぎだとしても、その主張には同意したいところ。

ただ、ここがミソなのですが、「書いて覚える」ですとか「語呂合わせをする」のような根本的な暗記スキルについては、本書では言及していません。

たとえば上記ポイントの4番目のように「英単語を10個に分けて覚える」という指示があるだけで、覚え方については本人任せな感じです。


◆ただし、やはり上記ポイントの4番目で言うなら、暗記の手順自体は具体的に触れられていました。

まずノートのページを縦に2分割して、左に覚えたい英単語、右にその日本語訳をダーッと、書いていきます。

その際、10個書いたら1行空けて、次の10個を記入せよ、と。

そして、出来上がった単語表を、その10個ずつ上から覚えていきます。

ちなみに、上記ポイントの5番目にあるように、「2秒で答えが言えなければアウト」とのこと。

この10個ずつ分けて覚えることが、武田塾のスタイルらしく、上記ポイントの2番目にある「3つの暗記ポイント」を踏襲しているわけです。


◆なお、この「3つの暗記ポイント」というのは、私自身、税理士試験で理論を暗記するときに、図らずも実践していました。

最初はまさに、フレーズごとに何度も口ずさみ、それがすらすらと暗誦できるまで繰り返したものです。

また、覚えにくいところを集中して繰り返すのも当然のこと。

私の場合、腱鞘炎にかかっていたこともあって「書いて覚える」ことはしなかった分、特に「九九の暗記」に近いものがあったのかもしれません。


◆さて、この「3つの暗記ポイント」を基本として、本書では参考書のタイプごとに、暗記手順を解説しています。

具体的には第2章から第6章までの、「単語系」「文法系」「数学・理科系」「文章読解系」「講義系」の計5つ。

実際に受験される資格試験が、この5つのどれかに当てはまるのであれば、一読の価値はあると思います。

実は本書では、各タイプごとに、大学受験における代表的な参考書が掲載されているので、大学受験ならまさにツボなんだろうな、と。

もっとも、社会人の方にとっても、少なくともTOEICであれば、「単語系」には当てはまるハズです。


◆ちなみに、現在アマゾンのページでは
林塾長の本を既に持っていられる方は買う必要はありません。この本は林塾長の本を一冊も持っていない方向けの本です。
として、星1つを付けているレビューがありました。

たまたま私は、著者の林さんの本を読んだことがなかったので、今回本書をご紹介しましたが、もし、過去の著作をお読みになったことのある方はご留意を。

さらにそのレビューによると、この本で内容がカバーされているらしくw

参考書だけで合格する法―偏差値37から独学で早慶大・国公立大医学部に入る!
参考書だけで合格する法―偏差値37から独学で早慶大・国公立大医学部に入る!

ただ、こちらは6年前の作品なので、今回、多少なりともアップデートはされてると思われ。

また、この本の中古も多少安いには安いのですが、コンディションが「良い」どまりですし、今回の新作もKindle版で読むなら、金額的にはそれほど変わりないという。


「勉強本オタク」としては、色々と気づきがありました!

受験合格は暗記が10割
受験合格は暗記が10割
第1章 合格への最大のポイント、それは「暗記法」
第2章 基本中の基本、英単語の暗記―「単語系」参考書
第3章 「なぜその答えになるのか?」を説明できるようにする―「文法系」参考書
第4章 数学は「解ける」「わかる」「思いつく」の3ステップ―「数学・理科系」参考書
第5章 「読むため」ではなく「解くため」に覚えよう―「文章読解系」参考書
第6章 辞書代わりに使って理解を深める―「講義系」参考書
第7章 「武田塾式暗記術」で、これだけの期間でここまで伸びる!


【関連記事】

【勉強法】『開成→東大文I→弁護士が教える超独学術 結局、ひとりで勉強する人が合格する』鬼頭政人(2016年08月26日)

【勉強法】『実験心理学が見つけた 超効率的勉強法: ~復習はすぐやるな! 思い込みで点数アップ!~』竹内龍人(2014年04月28日)

【勉強法】『脳科学が教えてくれた 覚えられる 忘れない! 記憶術』篠原菊紀(2016年01月10日)

【スゴ本!】『東大に2回合格した医者が教える 脳を一番効率よく使う勉強法』福井一成(2014年04月26日)


【編集後記】

◆当ブログでは記事にはしておりませんでしたが、現在Kindleの公式セールとして、次のようなものが開催されています。



Amazon.co.jp: 【全タイトル50%OFF】広告&宣伝 選書キャンペーン(11/10まで): Kindleストア

期限は上記タイトルにもあるように、「11月10日(木)まで」ですから、お求めはお早めに!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「私と100冊の勉強本」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)私と100冊の勉強本このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52237168