スポンサーリンク

2016年11月05日

【文章術】『何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術』山口拓朗


何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術
何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、今月の「Kindle月替わりセール」の対象作品からの1冊。

約3か月ぶりに文章術の本を手に取ってみた次第です(Kindle版ですがw)。

アマゾンの内容紹介から。
読んだその日から実践できる!文章作成のプロが伝授する、超・文章力上達法。メール、ブログ、Facebook、メルマガ、論文、セールス文、社内レポート、企画書…あらゆる文章がスラスラ書ける5つのステップ!

もちろん単行本でも読めますが、中古に送料を足すと定価を超えてしまうほどの人気ですから、600円以上安いKindle版がオススメです!





Richard's photography class notes / Terry Madeley


【ポイント】

■1.書く前に、口でうまく説明する
 あなたは、あなたがもっている情報を、口で人に説明することができますか?  
「うまく説明できる」という人は、きっとその情報を文章にすることができるはずです。一方で、「うまく説明できない」という人は、もしかすると、文章にすることはできないかもしれません。
口でうまく説明できる 文章にできる
口でうまく説明できない 文章にできない
 「書く」も「話す」も、同じ「思考のアウトプット」です。したがって、文章を書くのが苦手な人は、書く前に一度、書く内容を人に話してみましょう。情報を理解・整理するトレーニングになるほか、文章作成する際の下書き代わりにもなります。


■2.体験談では事実よりも気持ちを語る
読む人の感情を動かすのは、結局、「事実」ではなく、書き手の「気持ち」、つまりは「こっち情報」なのです。  
「失敗体験」だけでなく、「成功体験」「うれしかった体験」「感動体験」「苦しかった体験」など、どんな体験でも棚下ろしのやり方は同じです。
 体験(事実)の棚卸しをすると同時に、その体験時に「どんな感情を味わったか」「どんなことを考えたか」についても必ず棚卸ししてください。読む人は、出来事そのものではなく、その出来事に直面した当事者が、何を感じ、何を考えたのか、その"ココロのうち"を知りたがっています。
 逆にいえば、読む人の気持ちを引くためには、書き手自身の"ココロのうち"を赤裸々に語ることが重要なのです。


■3.目的はより深く踏み込む
 あなたが、以下(1)〜(3)の文章を書くとします。その目的はそれぞれ何でしょうか。
(1)仕事の依頼文→仕事の依頼概要を伝える
(2)上司に提出する企画書→企画の概要を伝える
(3)自社商品のチラシ→商品の特性を説明する
 それぞれ矢印の右側に記したものが目的では、「踏み込みが浅い」と言わざるを得ません。より深く踏み込まなければ、最良の結果は得られません。
 下記は深く踏み込んだ目的の一例です。
(1)「その仕事、引き受けた!」と即答してもらう
(2)「おもしろい企画じゃないか!」とすぐさま採用してもらう
(3)「この商品がほしい!」と即購入してもらう(中略)
目的の踏み込みが深いほど、大きな成果をもたらしています。「目的の差」がそのまま「文章の質(内容、構成、言葉の選定、書き方など)の差に変換されるからです。


■4.文章フォーマット活用術
●結論優先フォーマット
〃誅 ⇒由 6饌領 い泙箸
●物語フォーマット
〆胆 転機 成長 ぬね
●列挙フォーマット
〜澗料 ⇔鶺鵤 N鶺鵤 の鶺鵤 イ泙箸
●主張フォーマット
ー臘 ⇒由 6饌領 ね汁曚気譴詒刃世悗梁弍 ズ銅臘
●SNS紹介・宣伝フォーマット
‖慮魁壁圓猟鷦─ ⊂匆陝宣伝対象との出合い(不の解消) 紹介・宣伝対象の説明 い泙箸
(詳細は本書を)


■5.「ほんの少しの高低差」をつくる
高低差を自在にコントロールできるようになると、ほんの数行で物語を書くことができるようになります。(中略)
トップを確信して疑いませんでしたが、張り出された順位表を見て愕然としました。私の順位は4位。私以上の成績を収めた人が3人もいたのです。
【高い】トップを確信していた。
【低い】私の順位は4位。私以上の成績を収めた人が3人もいた。
 もしも、この文章から「トップを確信していましたが」のくだりが省かれていたとしたら、書き手の落胆は、さほど感じられなかったはずです。「期待していた → 裏切られる」という高低差のなかに、書き手の落胆や失意が表現されているのです。


【感想】

◆「文章術」というテーマに対して、かなり広範囲からアプローチした1冊でした。

そもそもタイトルにある「何を書けばいいかわからない人のための」というフレーズからも、単なる「てにをは」を指導する本でないことは分かります。

それがゆえ、冒頭の内容紹介にもある「5つのステップ」という手順を踏むわけで。

具体的にはアマゾンのページから引用しますが。
(1)外部の情報収集(ネット、本、テレビ、新聞)
(2)内部の素材集め(自分の中の情報整理)
(3)素材を表(見取り図)で可視化
(4)フォーマットに落としこむ(5つのシーン別)
(5)磨き上げる(テクニック)
これを見てもお分かりのように、いきなり書き出すのではなく、情報収集のところから始まるのが、本書の特徴と言えます。


◆ただ、ここで注意しなくてはならないのは、「情報収集」と言った場合、普通は「外部情報」をイメージしますが、実は「内部情報」もカバーしなくてはならない、ということ。

つまり自分の過去の体験を「棚卸し」するワケです。

TIPSとしては割愛したものの、実は何かを述べる際に、自分の体験を絡めると説得力大!

さらに、上記ポイントの2番目にあるように、単なる体験の「事実」だけではなく、「気持ち」を加えることによって共感も得られます。

ビジネスシーンではあまり使わないかもしれませんが、ブログやSNSでは効果的なのではないか、と。


◆一方、何を書くかが決まっても、どう書いたらいいかが分からない方は、上記ポイントの4番目にある「文章フォーマット」をチェックすべし!

たとえば「結論優先フォーマット」なら、ビジネス文章からメール、SNSまで、あらゆる文章作成で使えますし、最後の「SNS紹介・宣伝フォーマット」なら、商品紹介やセールスページでも活用できます。

また、「物語フォーマット」は、Facebookやブログのプロフィールに最適とのこと。

本書では、それぞれのフォーマットについて、具体的な文章例も併せて解説しており、分かりやすかったです。


◆なお、割愛した中で個人的に印象に残ったのが、第6章の「SNSで使える文章術」にあった、「エモーション×ロジック」という書き方。

これは、SNSで文章を書く際に、エモーション(情動)とロジック(論理)の両方を意識する必要がある、というもので、前者が共感力を、後者が説得力を生み出します。

本書では「たくさん『ありがとう』を口にする人は幸せになれる」という記事を書く具体例が登場するのですが、自分が実際にやって効果があったことをエモーショナルに書いているのですが、それだけだと読んでる側としてはマユツバもの。

一方同じ内容を、「最近の脳科学の研究によると……」と、学術的な根拠だけで書いた文章ですと、納得はするものの、ワクワクはしません。

そこで両者を組み合わせてみると、なるほど確かに共感力と説得力を兼ね備えているという(詳細は本書を)。

ブログやFacebookをなさっている方は、ぜひお試しアレ。


◆そのSNS関連で言うなら、本書は人気ブロガーを目指す方なら、一読の価値があると思います。

読者ターゲットの絞り方から、記事の切り口、タイトルの付け方まで至れり尽くせり。

たとえば、「冷え症の原因と改善策」というテーマで、4つの切り口が紹介されていたのですが、「知的好奇心をくすぐる」「意外性を示す」「常識を覆す」「体験を語る」と、さまざまなアプローチ法があって、これらがそれぞれアクセス伸びそうなものばかりという(詳細は本書を)。

ただ、本書にある「『アンチ』が出現したら、その裏には何倍ものファンが存在するのだから、まずは喜びましょう」という考えは、ブログを始めたばかりの方にはなかなか腑に落ちにくい気が。

まぁ、誰にも見向きもされない過疎化したブログよりは、アクセスは増えるでしょうけど、アンチに執着されるとブログ自体が長く続けられない可能性もでてくるので、その点はご注意ください。


ワンランク上の文章を書くために読むべし!

何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術
何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術
第1章 文章の良し悪しは「情報整理」で決まる!
第2章 STEP(1)素材集め「あっち情報」を集める
第3章 STEP(2)素材集め「こっち情報」を集める
第4章 STEP(3)うまい文章への最短ルート!レバレッジを最大化する「見取り図」ワーク
第5章 STEP(4)文章あてはめフォーマット術
第6章 "番外編"SNSで使える文章術
第7章 STEP(5)完成度をカクダンに高める「磨き上げの技術」


【関連記事】

【文章術】『伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則』山口拓朗(2014年01月16日)

【文章術】『大人のための書く全技術』齋藤 孝(2016年04月01日)

【オススメ】『新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング』唐木 元(2015年08月14日)

【知的生産】『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』印南敦史(2014年11月29日)

【スゴ本】『いますぐ書け、の文章法』堀井憲一郎(2011年09月09日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

限界費用ゼロ社会 <モノのインターネット>と共有型経済の台頭
限界費用ゼロ社会 <モノのインターネット>と共有型経済の台頭

レビューをザーッと見た感じでは、高い評価の人はかなりアツく語ってらっしゃいますね。

中古に送料を加味すると、ほとんど定価並みなので、Kindle版なら本日限りで1500円弱お得ということに!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「メルマガ・ライティング関係」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:00
TrackBack(0)メルマガ、ライティング関係このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52236964