スポンサーリンク

2016年10月14日

【高コスパ!】『「普通の服」でおしゃれに見せる方法』から選んだファッションアイテム8点


Men's ファッションバイヤーが教える 「普通の服」でおしゃれに見せる方法
Men's ファッションバイヤーが教える 「普通の服」でおしゃれに見せる方法


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、昨日ではなく、その前の「未読本・気になる本」の記事でも人気だったファッション本

著者であるMBさんの『最速でおしゃれに見せる方法』を読んで、かなりアイテムを買い込んだ私としては、本書も見逃すわけには参りませぬ!

アマゾンの内容紹介から。
現役のファッションバイヤーであり、人気ファッションブロガーのMBによるファッション指南本、第二弾!
個性的なアイテムや、派手な色柄物ではなく「普通の服をさらりと素敵に着こなす」テクニックを多数紹介。
メルマガで大反響だった「スーツの着こなし術」「デート&モテファッション」も必見です。

今回は本書の中から、コスパの高いファッションアイテム(靴が多いのですが)を8つ選んでみましたので、ご覧ください!





Loafers / Robert Sheie


【ファッションアイテム8選】

(注)基本的に本書内には商品写真や型番の記載がない(一部コーディネート写真を除く)ので、すべて文章から推測したものです。


■1.ハルタ「スポックシューズ」

ドクターシューズ スポック 2E ウレタン底 #850
ドクターシューズ スポック 2E ウレタン底 #850
 このスポックシューズはHARUTAのロングセラー。いわゆるドクターのデザインで初心者にもおすすめですが、これは革靴をすでに何足か持っている中級者・上級者も「おっ!」と思わせることが出来るはずです。
 サイドに大きく切れ込みが入ったスリッパと革靴の中間のような雰囲気が魅力。夏なら素足(というかインビジブルソックス)で涼しげに合わせて、春や秋ならソックスを合わせて履くといいでしょう。

◆ハルタは我が家でも、ムスメにローファーを買ったりしていましたが、この「ドクターシューズ」というデザインは、今回初めて知りました(というか見たことないです)。

サイズが1つしかなかったのでリンクを張らなかった別のページに、レビューが30件ほど載っており、それを読む限り、かなり好評な感じです。


■2.ビカーシ ローファー

BICASH(ビカーシ) コインローファー No.008(BLACK) Men's
BICASH(ビカーシ) コインローファー No.008(BLACK) Men's
 定番中の定番ローファー。
 OEM生産を請け負うファクトリーブランド「BICASH」のもの。
 OEMを手がけているだけあって質も高く値段も手頃。初心者が手を出すには最適です。(中略)
 スタイリッシュに見える形でなおかつ革質も上々。
 値段は1万円ちょい程度なので初心者には適した買い物でしょう。

◆確かにOEM生産をしているブランドならば、そのOEM先よりはコスパの高い商品となっているハズ。

ちなみに同じビカーシのこの商品が、以前SHIPSで買って履きつぶした「ON&OFFどちらにも大活躍だったモデル」に似ていて、個人的にハゲシク食指が伸びておりますw


■3.ヘインズ「ジャパンフィット クルーネックTシャツ

(ヘインズ)Hanes Tシャツ プレミアム ジャパンフィット クルーネック
(ヘインズ)Hanes Tシャツ プレミアム ジャパンフィット クルーネック
 2014年に改良リリースされたのがこの「ジャパンフィット」モデル。
 筋骨隆々としたアメリカ人向けではなく、華奢な日本人に向けてリサイズした新しいモデルです。
 形の良さ、素材の良さ、コストパフォーマンスの良さが受け、爆発的にヒット。2000円台と安価ながら高級セレクトショップなどでも取り扱うほど幅広く支持されることとこなりました。
 アームホールを細く仕上げた形ながら、身幅はそこまでジャストフィットさせず、お腹が出た30代以上の男性にもやさしい作り。 
 万人向けに袖丈は少し長めですが、2折りほどロールアップすると短く細く、綺麗な袖になります。

◆おじさん世代には懐かしいヘインズのTシャツ(アメカジショップの定番でしたね!)も、日本人向けにカスタマイズされていたとは!?

ただ、同じヘインズでも、こちらのモデルはかなり「肉厚」らしくて、そちらも気になるところ……。


■4.FHB 腕時計


こちら電池で動くいわゆる「クオーツ時計」ですが、元々は60年代に機械式の高級時計としてデザインされていたもの。
それをデザインだけ拝借し、中身を安価な電池式としてリリースしている人気ブランド。高級時計としてデザインされたものであるため極めて「それっぽい」外観です。でも中身は電池式だからどれも3万円台程度。知人も「富裕層を相手にしなけれぱならないため、少しハクが欲しい」といった理由があったのでこちらをすすめしました。パッと見は間違いなく機械式に見られます。

◆ここからは第5章の「Q&A」のコーナーからで、「手ごろな値段で仕事で使える時計」を問われたMBさんが勧めたのが、このFHBというブランド。

具体的にどのタイプとかどのモデルがいい、という話ではなかったので、リンクはアマゾンの商品一覧にしましたが、なるほど「機械式っぽい」デザインですね。


■5.カミナンド「プレーントゥレザー」

[カミナンド] PLAIN SHOES  16129
[カミナンド] PLAIN SHOES 16129
ブーツだと2、3万円くらいが限度ですが、短靴なら……。「カミナンド」の「プレーントゥレザー」が1万円台。海外生産でコストを下げているブランドです。フォルムもレザーも非常によく、自信を持っておすすめできます。1万円台で買える短靴の中では群を抜いておすすめ。

◆リンク先だとキャメルが表示されてしまいますが、色はほかに黒と茶もありますのでご安心を。

靴底が明るめの色なため、黒でもややカジュアルな雰囲気になっているのが気にならなければ、デザインもシャープですし、オシャレっぽいです。


■6.TOOT ナノボクサー パンツ

(トゥート)TOOT 定番型 メンズ ナノボクサー パンツ BC150280  ブラック XL
(トゥート)TOOT 定番型 メンズ ナノボクサー パンツ BC150280 ブラック XL
アンダーウェアは「イザ」という時大事ですね。
 ではTOOTのボクサーパンツ(2000円くらい)はいかがでしょう。穿き心地も大変快適です。伸縮性、通気性がよくストレッチのきいたコットンメインの素材。「ナノボクサー」と言ってボクサーでも面積が小さく、脚の履き口がかなりタイトなモデルです。これ、セクシーで本当にカッコいいですよ。

◆ただしこの商品、なまじ「カッコイイ」がために、「AV男優さんとも時折かぶってしまう」とのこと……って、「AV観てる」宣言キタコレw

それはさておき、イザというときの勝負パンツとして、1つ買っておきたいな、と(勝負する機会もないですがw)。


■7.セトラー「FOLD WALLET」

Whitehouse Cox『ホワイトハウスコックス』SETTLER 『セトラー』正規取扱店 OW-1058-Small 3 Fold Wallet-Black
Whitehouse Cox『ホワイトハウスコックス』SETTLER 『セトラー』正規取扱店 OW-1058-Small 3 Fold Wallet-Black
メンズの財布はやはり、余計な装飾のないシンプルなものがべストだと思います。値段を重視すると難しいところですが、「セトラー」の「FOLD WALLET」(2万円くらい)など。以前から紹介している英国老舗ブランド「ホワイトハウスコックス」は上質な革を使用していて非常におすすめなのですが、短財布で4万円ほど。「セトラー」はそんなホワイトハウスコックスのホリデーライン。つまりセカンドラインのような扱いです。
革質はお墨付きで、値段は本家よりも手頃。

◆ホワイトハウスコックスは、革製品で有名ですし、私もキーケースをもう何年も愛用しております。

そのセカンドラインであれば、品質は抜かりないでしょうし、お値段も半分程度というありがたさ。


■8.BEAMS LIGHTS「レザークラッチバッグ」

(ビームスライツ) BEAMS LIGHTS / レザークラッチバック 51620036382 19 (BLACK/ONE SIZE)
(ビームスライツ) BEAMS LIGHTS / レザークラッチバック 51620036382 19 (BLACK/ONE SIZE)
シンプルなデザインでレザーのツヤ感もあり、値段もほどほど。

◆えらく短いコメントなのは、他のいくつかの商品も一緒にオススメされているから。

一応質問は「結婚式に持っていくバッグは?」ということで、クラッチバッグが紹介されているのですが、あまり使う機会がないので、それほど高いものを買う必要もないかな、と。


【感想】

◆以上、気になったアイテム8選でした。

本当はもっと色々紹介されているのですが、商品画像が使えないメーカー(ユニクロや無印等)は、割愛せざるを得ず。

そして、本書に限らずMBさんのオススメする服のかなりの割合がユニクロであるため、結果的に靴がメインとなってしまいました。

本当は、鞄も上記ポイントの8番目のところで他にいくつかありましたし、別の質問でリュックが紹介されているのですが、「結婚式のバッグ」や「リュック」は、ビジネスパーソンとして使う頻度が高くないため、割愛した次第です。


◆それに、服のオススメは、以前ご紹介したこちらと、あまり変わりなかったですし。

最速でおしゃれに見せる方法
最速でおしゃれに見せる方法

参考記事:【ファッション】『最速でおしゃれに見せる方法』MB(2015年09月17日)

こちらの本で激推しされていた、ユニクロの「黒のスキニーフィットテーパードジーンズ」「スーピマコットンクルーネックTシャツ」は、私もさっそく買いましたよ!

また、着こなしの基本である、「コーディネートは2要素をロックする」「ボトムスは細みを選ぶ」あたりは、当然本書でも継続して言われています。

ただし、上記の本が出てから約1年経っており、その間に発行した有料メルマガや、ニコニコ動画等で発信した「アップデートされた情報」も加味されているのが、本書の特徴かな、と。


◆……と、さも上記の『最速でおしゃれに見せる方法』が本書の前作のように書いていますが、実際には本書の前作は、当ブログ未紹介のこちらになります。

Men'sファッションバイヤーが教える 「おしゃれの法則」
Men'sファッションバイヤーが教える 「おしゃれの法則」

この本、『最速でおしゃれに見せる方法』よりも1か月後に出たこともあって内容的にかぶりがあり、かつ、『最速でおしゃれに見せる方法』に比べて、写真が少なかったため、Kindle化のタイミングででも取り上げようと思っていて、現在に至るというw

それはさておき、今気が付いたのですが、現時点で2冊ともアマゾンに在庫がなくて、中古も結構高いですね……。

Kindle版があれば、どちらもさぞかし売れたでしょうけど、版元違う2冊が、発売1年たってKindle化されてないということは、本書も望み薄かと。

いずれにせよ、この2冊から約1年間のアップデートされた情報を得る意味で、どちらの本を持っていたとしても、本書を読む意義はあると思います。

また、MBさんの本を初めて読む方でも、セオリーは押さえてありますので、ご安心を。


過去作品が在庫切れですし、本書も品切れ必至です!

Men's ファッションバイヤーが教える 「普通の服」でおしゃれに見せる方法
Men's ファッションバイヤーが教える 「普通の服」でおしゃれに見せる方法
1.もう1度知る、これがすべてです
 ONもOFFも「普通の服でおしゃれになる」方法
2.カンタンにおしゃれに見せるコーディネートのコツ
 メンズファッション基礎講座(1) 着こなし編
3.結局、どこで何を買えばいいのか
 メンズファッション基礎講座(2) アイテム編
4.実践!MB的コーディネート 知りたいのは、普通の人に似合う服
 ONとOFFにすぐ使えるコーデ案
5.教えてMBさん! メンズファッションQ&A


【関連記事】

【ファッション】『最速でおしゃれに見せる方法』MB(2015年09月17日)

【ファッション】『できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則』大山 旬(2015年06月29日)

【オシャレ指南】『イチから学ぶ、MEN'S FASHION RULE BOOK』に学ぶ着こなし6選(2014年06月23日)

【モテファッション】『大人のための私服の教科書』久保田卓也(2013年11月18日)

【お洒落】『9割の人が間違った買い物をしている 成功している男の服選びの秘訣40』宮崎俊一(2012年12月20日)


【編集後記】

◆そのMBさん関連で、唯一Kindle化されているのが、こちらのシリーズです。

服を着るならこんなふうに(1)<服を着るならこんなふうに> (カドカワデジタルコミックス)
服を着るならこんなふうに(1)<服を着るならこんなふうに> (カドカワデジタルコミックス)

一応まとめ買いすると「36%ポイント還元」(1057円)される模様。

以前のカドカワセールでは、3巻が対象外だったので、3冊全部買うなら、まとめ買いがややお得なようです。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ファッション」へ

この記事のカテゴリー:「文房具その他ツール」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)ファッションこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52234755