スポンサーリンク

2016年10月07日

【科学的自己啓発】『スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール』ケリー・マクゴニガル


スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール
スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事でも人気だった、「科学的自己啓発本」。

当ブログでご紹介するケリー・マクゴニガル博士の作品は、本書が3冊目なのですが、今まででもっとも「日本人の読者」を意識して仕上げられています。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
 「時間管理術」「目標設定の立て方」といったビジネススキルから、「雑談の効用」「謝り方」といったコミュニケーション術、ストレス対策まで、日本のビジネスパーソンが抱く様々な課題や悩みを25のテーマに分け、精神論や根性論ではなく、スタンフォード大学やハーバード大学など、世界有数の研究機関の調査結果に基づく科学的見地から「解決の糸口」を示す本書。
 シンプルで分かりやすい説明はもちろん、すぐに試せる具体的な思考法や行動を紹介する「実践的なレッスン」に仕上がっています。

なお、Kindle版は当初、単行本と同じお値段でしたが、若干値下がりしました!





Stanford University / Franco Folini


【ポイント】

■1.効果的な「謝り方」のポイント
  1. 「謝るべきことをしてしまった」と、認めましょう。婉曲的な表現を使ったり、遠回しな言い方をしたりしないで、ただ「やってしまったこと(あるいは、しなかったこと)を言ってください。

  2. あなたの行為によって起きた結果や、相手が受けた損害を知ってください。そのことで、相手にどんな影響を与えましたか? どのくらい損害を与えましたか?

  3. その行動や失敗が教えてくれることに、気づいてください。判断ミス、直そうとしている「良くない習慣」、謝るべき行動を引き起こしたことすべてに、気づくことです。

  4. 相手との関係にコミットすることを、言いましよう。償いを申し出て、相手があなたに何をしてほしいかを聞き、将来同じ失敗を繰り返さないためにどう努力するか、説明してください。


■2.自分の役割を見直す
「関係性」について、マインドセット(考え方)をリセットする私のお気に入りの方法は、監査人の仕事をしているある学生から教えてもらったものでした。彼女の仕事の大部分は、様々な職場へ出向き、規則や法令を順守しているか、確認することでした。行く先々でその職場の従業員が彼女を敵対視したので、彼女は仕事へのやる気をなくしていました。
 そこで彼女は「それぞれの職場の従業員が各人の職務を全うできるよう、規則や法令を守る手助けをしよう」というふうに、自分の役割を見直すことにしました。すると驚いたことに、自分は敵対する存在ではなく、手助けする存在だと考えるようになったことで、他の人の「彼女への接し方」が変わったのです。さらに驚いたことには、彼らはこれまで以上に彼女を信用するようになり、修正されるべき違反事項についても、進んで開示するようになりました。


■3.「イライラ」を「ワクワク」と考える
 例えばある研究では、講演を目前に控えた人数人に対して、「ワクワクする」と自分に言い聞かせるよう、研究者がアドバイスしました。同じように講演を目前に控えた別の人には、できるだけ落ち着くよう、アドバイスしました。――後者は、ほとんどの人がそのままやりそうなことです。どちらの方法も、講演者のイライラを取り除くことはありませんでした。2つのグループのどちらも、「スピーチする際に、変わらず不安を感じた」と報告されました。しかし、イライラを「ワクワクする」という"興奮"として解釈した参加者は、自信にあふれ、準備が整ったように感じたそうです。講演を聴いた人も、落ち着こうと努力した人と比べて、彼らの方が説得力があり、能力があるように見えたと評価しました。


■4.「書くこと」によって逆境を力に変える
 挫折や逆境から力を得るために効く方法の1つが、自分の人生の物語を綴ることです。私は、「レジリエンスの物語」と呼んでいます。例えば、自分のキャリア、人間関係、社内のプロジェクトについてでも構いません。それを書いて、自分で読んでみるのです。
 自分の人生に何が起きたのか、そこからどんな意味を見いだせるのか。自分の長所は何か。何を学んだのか。そのことを自分で書いて読むことによって、逆境を通して力を得ることができます。将来に対する楽観的な見方も、そこから生まれてきます。
 逆境を経験したから強くなるわけではなく(そういう人もいますが)、一番大切なのは、逆境の物語を自分が「レジリエンス(回復)の物語」として読むことによって、マインドセットが変わるのです。そして、逆境が力になっていきます。


■5.会話を通したフィードバック(抜粋)
(1)まず、どんな分野であろうが、その人のゴール(目標)がどこにあるのか聞きます。
(2)次に、自身の経験――彼らのパフォーマンスとは別のこと――を、振り返るように言います。
(3)その次に、気分が良くなったことについて聞きます。
(4)ここで初めて、失望していることがないか、聞きます。
(5)結論を出さない会話で、この(フィードバックの)プロセスを締めくくります。
単刀直入に言うと、手をかけないフィードバックは、確かに短期的に見れば、上司にとってラクです。しかし私の経験では、長い目で見て本当に誰かが変わり、成長するのを手助けしたいなら、振り返りながら評価する「会話を通したフィードバック」の方が効果的です。この方法を試すよう同僚を説得できた時、彼らは大抵喜び、驚きます。スタンフォード大学の教師仲間の1人が最近言いました。「もう昔のようなフィードバックのやり方には戻らない」と。


【感想】

◆冒頭で本書が「『日本人の読者』をもっとも意識している」と申し上げましたが、それもそのはず。

巻末の「監訳者あとがき」によると、本書は「日経ビジネスアソシエ」誌面で2014年6月から2年間にわたり、「日本の読者に向けて」書き下ろされたものなのだそうです。

……冒頭の未読本記事で、版元が大和書房さんから日経BP社さんに変わったことに触れましたけど、こういう事情なら当然かと。

実際、本書を構成するテーマも「時間管理術」「目標設定の立て方」「雑談の効用」「謝り方」といった、「私たち日本人が抱える課題」を中心に選んでもらったのだとか。

もっとも、これらのテーマは「日本人読者」というより、もろに「アソシエ読者」といった方が近い気もしますがw


◆本書ではこれらのテーマが、それぞれ1つの「レッスン」として「節」を構成。

全部で25のレッスンによって、下記目次にある6つの章が成り立っています。

そして各レッスンの最後には2〜3ページを費やした「ポイント」も収録し、理解を深める仕様。

ちなみに、第1章の「成功を、どう引き寄せるか」には、当ブログでご紹介済みの「パワーポーズ」も登場しています。

〈パワーポーズ〉が最高の自分を創る (ハヤカワ・ノンフィクション)
〈パワーポーズ〉が最高の自分を創る (ハヤカワ・ノンフィクション)

参考記事:【成功法則】『〈パワーポーズ〉が最高の自分を創る』エイミー・カディ(2016年07月31日)

ただし、アソシエ誌面で紹介しただけあって、上記の本で「(日本人を含む)東アジア人」に効果のなかったパワーポーズである「机の上に両足をのせ、両手を頭の後ろで組んでひじを外側に突き出す」の代わりに、「背を伸ばして立つ」「腕をまっすぐにして座る」の方が、より効果的に見える、とわざわざ触れられていました。


◆また、第5章の「ストレスを、どう力に変えるか」は、必然的にマクゴニガル博士のこの本の内容がベースになっている模様。

スタンフォードのストレスを力に変える教科書
スタンフォードのストレスを力に変える教科書

参考記事:【オススメ!】『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』ケリー・マクゴニガル(2015年10月26日)

お読みになっていない方は、よかったらこちらのTED動画をご覧ください。



これらはいずれもテーマとしては「自己啓発」なのですが、きちんとした実験や研究によって裏付けられており、私が「科学的自己啓発書」と呼んでいるもの。

同様に上記でテーマとしてあがっている「雑談」も、「生産性を高め、人間性を強める」という研究結果が出ているのだそう。

本書内で紹介されている研究だと、「職場の冷水機のあたりで同僚と交流するケース」なんですけど、それを考えると、やはり「会社の喫煙所」にも効果があったのだな、と(私は非喫煙者ですが)。


◆一方、割愛した中で興味深かったのが、「"あがり症"を克服する方法」なるレッスンです。

ここでは、上記のTED動画の会場で起きた出来事が、ケーススタディとして登場。

なんと、博士のすぐ前にスピーチをした女性が、講演の途中に檀上で、しばらくの間「固まって」しまったのだそうです。

ところが、今にも泣きだしそうな彼女に、観衆がスタンディングオベーションで拍手を送ると、彼女はスピーチを再開し、むしろそれまでよりも説得力があったのだとか。

こうしたアクシデントによって緊張するかと思われた博士ですが、なぜか今までしたどんなスピーチの時より冷静になれたので、その原因を考え続け、ある結論に達します。

要は、博士が冷静になれたのは「観客が私たちを応援してくれている」と「知った」から。

つまり、あがらないためには、「発表者自身」が「観衆をどう見ているか」が重要だというわけです(詳細は本書を)。


◆なお、このTEDでのケースは、博士の個人的な体験に基づくものなので、特に研究結果等はありません(紹介されていないだけかもしれませんが)。

ただ、それ以外の多くの研究結果についても、本文で軽く触れているだけで、巻末にエビデンスや参考文献等のまとめ等がないのは、いかがなものかと……。

博士の過去の著作2冊でも、私は同じことが気になっていたのですが、それは版元さんのスタンスだと思っていました。

しかし日経BP社さんになっても同じということは、原著からしてそういう可能性が高そうな。

もちろん、紹介されていようがいまいが、実践すれば効果が望めるTIPSばかりですから、当ブログの読者さんとの親和性は高いと思います。

基本的に各レッスンごとの関連性もないので、目次を見て、気になる部分だけパラパラ読むのもアリ。


アソシエ仕様の「科学的自己啓発書」をどうぞ!

スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール
スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール
第1章 成功を、どう引き寄せるか
第2章 人間関係を、どう築くか
第3章 やる気(モチベーション)を、どう出すか
第4章 マイナス(負)の感情・状況に、どう対処するか
第5章 ストレスを、どう力に変えるか
第6章 リーダーシップを、どう育てるか


【関連記事】

【オススメ!】『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』ケリー・マクゴニガル(2015年10月26日)

【オススメ!】『スタンフォードの自分を変える教室』ケリー・マクゴニガル(2012年11月02日)

【成功法則】『〈パワーポーズ〉が最高の自分を創る』エイミー・カディ(2016年07月31日)

【科学的自己啓発書?】『「幸せ」について知っておきたい5つのこと NHK「幸福学」白熱教室』エリザベス・ダン,ロバート・ビスワス=ディーナー(2015年01月12日)

【グリット?】『やり抜く力――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける』アンジェラ・ダックワース(2016年09月12日)


【編集後記】

◆昨日前日ランキングを発表した「ニコニコカドカワフェア2016」ですが、この2冊の人気が双璧でした。

コミュ障は治らなくても大丈夫 コミックエッセイでわかるマイナスからの会話力<コミュ障は治らなくても大丈夫>
コミュ障は治らなくても大丈夫 コミックエッセイでわかるマイナスからの会話力<コミュ障は治らなくても大丈夫>

大人のための読書の全技術 (中経の文庫)
大人のための読書の全技術 (中経の文庫)

いよいよ本日限りですので、お忘れなく!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52234128