スポンサーリンク

2016年10月06日

【モテ】『モテ上司 部下も仕事もまとめてオトす秘密の流儀』いつか


モテ上司 部下も仕事もまとめてオトす秘密の流儀 (じっぴコンパクト文庫)
モテ上司 部下も仕事もまとめてオトす秘密の流儀 (じっぴコンパクト文庫)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、リアル書店で捕獲した文庫版の書き下ろしモテ本

著者のいつかさんは、「角川いつか」名義で著作も多く、ググってたら角川春樹さんの5番目の奥さんだったことが判明しました(本書には全然関係ないですがw)。

アマゾンの内容紹介から。
デキる男は、オンナを制す。恋愛ノウハウを巧みに使い、女性社員を味方につける技を伝授する。成功者の強者の理論がこの一冊に。

表向き「男性からもモテる」となってますが、基本的には「女性からモテる」ためのノウハウが詰まった1冊です!





boss and secretary / DaveBleasdale


【ポイント】

■1.モテる男にもれなく備わるのが「余裕」
 モテる男の例を突き詰めていくと、モテる男とは「余裕のある男」のことだと思う。
 精神的にも、体力的にも、時間的にも、性格的にも。(中略)
 余裕さをすぐには身につけもれなくとも、相手が好意を持っための手段を1つや2つは達成できるだろう。
 あなたは、体力をつける努力をしているだろうか?
 聞き上手になるにはどうすればいいか、考えたことがあるだろうか?
 努力と工夫で、かなりカバーできるはずだ。 
 苦しくても、お金があるように振る舞う。
 体力がなくても、ここぞという時には無理をしてみる。
 上から下まで、いいものを身につける。
 背筋を伸ばし、堂々とする。
 こうした姿勢から余裕さは生まれてくる。


■2.「放っておかない」男がモテる
 優しい風貌と、温かく穏やかな語り口で警戒心を解く。相手の話を聞きまくる。そして、いつの間にか、恋愛話にもっていく。
「ふうん、大変だったんだ。そんな男じゃダメだよね」
「うん、今ならわかるんだけど。でもその時はね……」
「君くらいの子なら、男は放っておかないだろうなあ」
 女の子は、ちょっと恥ずかしそうに笑う。内心、存分に自尊心を満たされながら。
「僕も放っておかないけど」
 いきなりの言葉にはっと息をのむと、目の前にいるのは、情熱的で精かんな色男。ただのいい人、優男だったはずなのに、いつの間にか脳内変換されている。
「放っておけない」ではなく、「放っておかない」と言うところがミソ。
 相手の感情が開いたら、なるべく能動的、主導的な言葉を吐く。女性がハッとしたら、あとは優しい言葉で、男性主導で攻め続ける。


■3.女性を対等に扱う
 私は昔、マスコミの先輩から、男性は大きく分けて2種類いると教えられた。
「女なんか」「女のくせに……」が本音で、はなから女性を蔑視している男性。たとえば会議の場なら、女性が発言するというだけで、もうまともに聞いていないタイプ。
 もう一方は、女性を「人間」として対等に見られる男。一緒に仕事や付き合いができて、なんの差別もなく仲間として接する。
 当然のことながら、後者の男性こそが「モテ上司」にふさわしい。(中略)
 まずは徹底して女性を「対等」に扱ってみることだ。
 こうした女性の支持を得ると、嘘のように出世階段を順調に上っていけるし、彼女たちからもたくさんのものを得ることができるのだ。
 成功者と言われる人たちは、うまいことこの手を使って女性の力を味方につけている。


■4.お礼のタイミングを逃さない
 たとえば、雑用を頼んですぐ、愛想よくいつも一声かけているなど、なにか頼み事をして、お礼を言うのは当たり前のことだ。
 大切なのは、その場で、すぐにひと声かけること。
 女性は、極端に言えば、「その時」を生きているからだ。
 女性はよく、「言葉にしてくれないとわからない」というが、それだけでは足らずに、「その時」に小さなお礼の言葉がないと、不満が積もっていっていつか爆発、ということにもなりかねない。
 文書がうまくできた、いつもきちんと物事を整理してくれる、手配上手で助かるなど、お礼を言うポイントは結構あるはずなので、それを見逃してはならない。


■5.ほめてばかりいない
「ほめることとは、ほめないこと」と先輩から聞いたことがある。
 ほめてばかりいたら、ほめ言葉の1つひとつが軽くなる。下手をするとおべっかと思われかねない。
 まずはほめずに、認めることだ。
 そしてほめずに、納得する。
 さらにほめずに、惚れ込む。
 誤解しないでほしいが、部下がした素晴らしいことすべてをスルーしろ、というわけではない。その事実を共に喜ぶくらいの気持ちで、きちんと言葉に出して認め、感心し、さらに惚れ込もうということ。
 つまり、ほめ言葉にするなということだ。
 そうやって、ずっとほめずにいることが、最高に効果的な「ほめ言葉」を生み出すことになる。


【感想】

◆いやもう、結構「納得」ずくしの1冊でした。

もちろん、類書でも言われていることも多いので、それほど「目からウロコ」というほどでもないのですが、改めて活字として読むとうなづきまくり。

たとえば上記ポイントの1番目の「余裕」などは、ホント「基本中の基本」だと思います。

たとえば食事をごちそうした際に、男性に余裕が感じられないと、女性も変なプレッシャーがかかったり、料理も美味しく味わえないでしょう。

また、たとえいいものを身に着けていても、余裕がない様子だと「無理してる感」が半端ありません。

結局「余裕があるか否か」というのは、「器が大きいか否か」に他なりませんから、女性が男性を評価する基準としては、しごく真っ当なものだと思われ。


◆かといって、女性に対して「上から目線」ではないことは、上記ポイントの3番目のとおりです。

今は一応「男女雇用機会均等法」とかありますが、私より上の世代にはまだなかったので、「女性はお茶くみ」という考えが根強く残っていました。

もっとも、今でも会社や職種によっては、似たような考えのところも多い模様(日本全体の傾向?)。

それだけに、「女性と対等」というか「女性に敬意を払える」男性は、女性にとってポイントが高いのは当然のことかと。


◆そして上記ポイントの4番目にあるように、「タイミングを逃さずお礼を言う」!

これ、「後で言えばいいや」とか思っていると、本当に忘れちゃいますので、多少言いにくくても、強引にでも言っちゃった方がいいです。

しかも、「後で言う」のと「その時言う」のとでは、女性の評価が違うみたいですから、「こまめに」がミソ!

私も家では、ヨメに礼を言うタイミングを逃さないよう気を付けております。

……気を付けないとできない時点で、「モテ失格」ですがw


◆一方、類書ではあまり見かけた記憶がないのが、上記ポイントの5番目。

私は基本、「ほめておけばいい」というスタンスだったので、これは意外でした。

ただしかなり上級テクと言うか、よほど相手から信頼を得ていないと、相手の「承認欲求」が満たされないのではないか、と……。

もちろん「叱るべきところは叱り」「注意すべきところは注意する」のは当然ですが、多少軽くなっても「ほめ言葉」は多めの方がいいと、個人的には思っています。


◆ちなみにここまでとは逆に、まったくビジネスシーンとは関係ないのが、上記ポイントの2番目のモテテク。

エピソードに登場しているのは、いつかさんの大学時代の知人で、「一見して平凡だが、モテるタイプではない」男性とのことですが、正直これは使う男性のキャラクター次第な気がしないでもなくw

また割愛したものの、「高級クラブのママを落とすテク」なんてのも収録されていますので、こちらもご参考まで。

いずれにせよ、社内でモテることで社内恋愛となった場合、別れ方いかんによっては社内の立場や出世にも影響が出ますし、不倫だと法的な問題も出てきますので、ご注意ください。

……ってくらいにモテてみたいものですがw


職場で輝く男性になるために!

モテ上司 部下も仕事もまとめてオトす秘密の流儀 (じっぴコンパクト文庫)
モテ上司 部下も仕事もまとめてオトす秘密の流儀 (じっぴコンパクト文庫)
第1章 「モテ上司」の心得―なぜ、あの人は部下や女性社員を味方にできるのか
第2章 あなたはモテ上司になれるのか―タイプ別モテ上司への道
第3章 モテ上司はこうして生まれる―女性社員の見る目が変わる、モテるメカニズム
第4章 モテ上司のオンとオフ―ゆとりを感じさせるエッセンス
第5章 他言無用!禁断のモテ上司の恋愛テクニック


【関連記事】

【モテ】『確実にモテる 世界一シンプルなホメる技術』仁科友里(2016年08月06日)

【モテ】『モテ理論』植草美幸(2015年07月05日)

【女子目線】『やはりモテる男 意外にモテない男の違い』に学ぶ社内恋愛を成功させる7つのポイント(2011年01月06日)

【大人モテ?】『こんな男に女は惚れる 大人の口説きの作法』に学ぶ7つのNG(2013年04月25日)

【モテ】スゴすぐる「女性脳のトリセツ」7選(2012年12月12日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

組織戦略の考え方 ――企業経営の健全性のために (ちくま新書)
組織戦略の考え方 ――企業経営の健全性のために (ちくま新書)

ちょっと内容的には硬めですが、アマゾンレビューのほとんどが高評価です。

「64%OFF」ということで、送料加味するとKindle版がお得なことに。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「モテ・恋愛」へ

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 07:00
TrackBack(0)モテ・恋愛このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52234037