スポンサーリンク

2016年09月29日

【全20冊】未読本・気になる本(2016年09月29日)



Sharing a book with Jack / mia3mom



【はじめに】

◆今日お送りするのは、2週に1度の恒例である「未読本・気になる本」のエントリー。

今回も、ちょうど2週間目に投稿することができました。

ところで前回のラインナップでは、Kindle版のある作品が少なかったのですが、今回はそういうこともなく。

また作品自体も多いように感じたのは、やはり「読書の秋」を業界として意識されているからなのでしょうか?

それはさておき、今回も全20冊、ご確認のほど、よろしくお願い申し上げます!




【未読本・気になる本、全20冊】

あなたを悩ます話してもわからない人
あなたを悩ます話してもわからない人
「わかりやすく説明しているのに、なぜ理解してくれないのか」「相手の立場に立って寄り添っても、伝わらない」
あなたの周りにいるかもしれない、「話してもわからない人」とのコミュニケーション術を事例と一緒に紹介。
個人の善意だけでは解決につながらない、組織人としての意識を持ち状況を見直す、などこれからのコミュニケーションがクリアになるヒントが分かる一冊。

◆私自身、説明が上手いとは思っていないので、何でもかんでも自分のせいにしていますが、多少は本書の言うとおりなのかも。

新刊ですが、Kindle版は「20%OFF」とお求めやすくなってます。


(図解)大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる
(図解)大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる
東大で20年間教えてきたミクロ・マクロ経済学のエッセンスが、図解でわかりやすく学べる!

◆先日のセールで、マンガ本や図解本も、ニーズがあると判明したので、試しにこちらも。

Kindle版があるのも、ポイント高いです!


50歳からの出直し大作戦 (講談社+α新書)
50歳からの出直し大作戦 (講談社+α新書)
突然のクビも、趣味も、子供時代の夢も、すべてが人生大逆転のきっかけに!「無敵の50代」を謳歌する働き方。49歳で左遷人事、55歳で子会社出向、58歳で起業した、68歳の現役経営者が自ら取材、50代で花開いた人たちの成功理由は?

◆タイトルや内容紹介を見て、てっきり自己啓発書だと思ったのですが、とあるレビューを読んで分かったのが、「出口さんが、ご自身と同様に50代で起業し成功している6氏と対談し、一冊の本にまとめたもの」なのだそう。

こちらも新刊ですが、Kindle版なら「16%OFF」となっています。


仕掛学
仕掛学
押してダメなら引いてみな。一言で言うとこれが仕掛けの極意です。
人に動いてほしいときは無理やり動かそうとするのではなく、自ら進んで動きたくなるような仕掛けをつくればよいのです。
ただ、言う は易し行うは難し。そのような仕掛けのつくり方はこれまで誰も考えてきませんでした。
本書では仕掛けの事例を分析し、体系化。
「ついしたくなる」仕掛けのアイデアのつくり方についてご紹介します。

◆当ブログでは「アイデア本」は、正直それほど人気がないのですが、この作品は面白そうなヨカン!?

Kindle版なら、若干お安くなっています。


世界最高峰の頭脳集団NASAに学ぶ決断技法―不可能の壁を破る思考の力
世界最高峰の頭脳集団NASAに学ぶ決断技法―不可能の壁を破る思考の力
「わからない」に、逃げない。NASA×MIT×スタンフォードの天才たちの思考の方程式を完全体系化。「人類史上初」に挑み、切り拓く英知はビジネスに活かせる!

◆装丁を見る限り、「全然NASAらしくない」のですが、版元が東洋経済さんですから大丈夫かと。

すぐ上の本と同じく、こちらもあまり値引きしていないものの、Kindle版のご用意があります。


たった5つでモチベがあがる技術
たった5つでモチベがあがる技術
モチベーションには「変わる」という性質があります。裏を返せば「変えられる」のです。適切なときにモチベーションを適切に高められれば、自分も充実し、組織も成果が上がり、豊かな社会の実現につながってゆきます。
特に、組織の長などリーダーシップを発揮したい人にとって、「人が何で動くのか」すなわち「人のモチベーション」を知っているというのは必須条件でしょう。自分のモチベーションだけでなく、周囲の人のモチベーションを高められれば、その効果は計りしれません。
本書は、第1章で、ぶれないモチベーションを生み出すための5つの要素を解説します。第2章では、日常の仕事のシーンで活用するイメージが湧くように、Q&A形式でモチベーションを育てるヒントを綴っています。

◆「なんだよ、章が2つしかないなんて、これ、途中だろう」とオモタら、第2章だけでも、とんでもないコンテンツ量でしたw

そして、これまたありがたいことに、Kindle版も配信中です。


【完全ガイドシリーズ152】 ビジネスグッズ完全ガイド (100%ムックシリーズ)
【完全ガイドシリーズ152】 ビジネスグッズ完全ガイド (100%ムックシリーズ)
新社会人はもちろん3年目、5年目、10年目……世に働くビジネスマンに読んで欲しい!
仕事の効率を上げたいなら良い道具を使うのが手っ取り早い。
当たり前だけどやすかろう悪かろうの道具では、仕事もストレスも溜まっていくばかり。
本書では月刊誌MONOQLOで何百とテストした中から選ばれた、ホントに使える道具だけをピックアップ!
効率UPでみなさんの定時で帰れる確率をグンッとあげてくれるハズです!

◆アマゾンの内容紹介があんまりなので、上記は版元サイトから引用しました。

つい先日、MonoMaxさんの作品をご紹介したばかりですが、こちらも当ブログ的には見逃せないところです。


太らない間食 最新の栄養学がすすめる「3食+おやつ」習慣
太らない間食 最新の栄養学がすすめる「3食+おやつ」習慣
いったい、1日に、どのくらいおやつを食べてもいいの?
その疑問に徹底的にお答えします! !
しかも、本書で紹介するおやつは、
・いつも買っているコンビニで買えるもの
・スーパーフードやトクホなど、いわゆる「健康にいいもの」以外
・あんまり高いものはイヤ
・野菜スティックみたいに、「ガマンしてます! 」というのは論外
と、徹底的に「おやつの楽しみ」にこだわりました。
ガマンするよりも健康にいい、「おやつの食べ方」を教えます!

◆食事本、外食本、コンビニ本等、当ブログでも色々と紹介してまいりましたが、とうとう本書は「間食」がテーマ!

お求めやすいKindle版は、明日配信予定です。


導く力 自分をみつめ、自ら動く
導く力 自分をみつめ、自ら動く
元世界銀行副総裁・西水美恵子氏推薦! 世界で通用する真のリーダーの在り方とは?
他者は、あなたの何についてくると思いますか? これまで2万人以上のリーダー養成に携わってきた著者が、人や組織はもちろん、社会や自分自身をも導いていく真のリーダーの考え方を、質問形式で丁寧に解き明かす。
各項目の最後には、ドラッカー、アドラー、孔子、坂本龍馬、ニーチェ、ドストエフスキー、マーティン・ルーサー・キング、マザー・テレサ等、古今東西の偉人の名言も50紹介。

◆人の上に立ったり、人を指導する立場の方なら、要チェックな1冊。

ほぼ「20%OFF」というお得なKindle版も、お求めいただけます。


これが答えだ!  人生の難題をことごとく乗り越える方法
これが答えだ! 人生の難題をことごとく乗り越える方法
肥満なのに減量できない、きりもなくスリムになりたい、仕事を失った、子供に先立たれた、ガンを宣告された、男(女)運が悪い、いつも孤独、つらい過去を断ち切れない、親のせいで人生が狂った、なぜか性生活が嫌でたまらない、生きる目的を失った、 死んでしまいたい・・・そんな思いに駆られたら、この先どうして生きていけばいいのだろう?誰でもぶつかる「人生の悩み」へのこれが最終回答だ!

◆アマゾンの内容紹介より、本書の帯にある「全米一の『しくじり先生』が語る 誰もがぶつかる人生の悩みへの"効果実証済み"の回答集」という方が分かりやすいかと。

本書のKindle版も、「20%OFF」とお得です。


フェラーリはクラウンよりも安かった!  3億円つかってわかった資産のつくり方
フェラーリはクラウンよりも安かった! 3億円つかってわかった資産のつくり方
元居酒屋チェーンオーナーが事業を売却し、3億円つかってわかった「お金の原理原則」。
収入が上がらない時代に、普通の人が資産1億円を手にする方法とは――

◆タイトルからして、一見怪しそうですが、著者の鬼頭宏昌さんの作品は、起業本を中心に、当ブログではかなり前に4冊ほどご紹介しております。

元々は土井英司さんご推薦の著者さんですし、本書もその辺のお金本とはひと味違うと思われ。


スマホの5分で人生は変わる
スマホの5分で人生は変わる
歩きスマホは脳がバカになる!? 【使われる側】から【使いこなす側】へ!
スキマ時間にスマホを有効活用する驚異の裏技が満載!
普段、暇つぶしでSNS、動画、ゲーム、などに使っているスマホの5分を変えるだけで、 時間とお金を節約できる「スマホ活用術」や、あらゆるムダがなくなる「超スマホ整理術」、悪い習慣を一気に良い習慣に変える「スマホのルール」など初公開!

◆当ブログで以前ご紹介した、著者の小山竜央さんの作品は、当普通の自己啓発書というか、特にスマホやITネタに寄った内容ではありませんでしたが、果たして本書は!?

ただし、残念ながらKindle版のお値段は、単行本と同じと言う……。


3分で立ち直る方法
3分で立ち直る方法
「なんで自分はいつもこんなにダメなんだろう……。こんな自分を情けなく思う……」
そんなことを考えてしまうことはありませんか。
本書は実際にカウンセリングを受けているように解消してくれます。
しかも心理学の専門用語がないので、とても読みやすいです。

◆今回のラインナップの中で、凹みがちな方にオススメしたいのがこちら。

Kindle版だと、ややお求めやすくなっております。


独裁力 (幻冬舎新書)
独裁力 (幻冬舎新書)
国際試合禁止の処分を受けるほど末期的な状態だった日本バスケットボール界を、わずか半年で問題解決に導き、新リーグを設立、一躍救世主となった著者。なぜ門外漢にもかかわらず、短期間で未曽有の改革を成し遂げることができたのか。嫌われることを恐れずに、しがらみを断ち切り、トップダウンで独裁的に決断を下す。ただし、私利私欲があってはいけない。著者はそれが優れたリーダーの条件だという。今年80歳になる爛ャプテン瓩、その稀有なるリーダーシップと果てなきバイタリティーの源を明かす、すべてのビジネスマン必読の書。

◆サッカーファンとしては、「Jリーグ初代チェアマン」や「日本サッカー協会会長」であったことが思い出されますが、最近はバスケットボールのトップリーグの統一に貢献した川淵さん。

本書も新書ながら、すでにKindle版が配信されています。


「良い質問」をする技術
「良い質問」をする技術
雑談・商談・会議・打合せ・取材で役立つ!
上司・部下・取引先・家族・友人が驚く&感謝される!
日本で最も多く質問をし、思考を重ねてきたプロが教える本質的なテクニック。

◆内容紹介の続きにあった「『良い質問』の8つの特徴」や「『良い質問』をする12のコツ」を見て、「これは読まねば!」と思ったワタクシ。

Kindle版は、単行本より数日遅れて10月3日配信予定です。


なんでお店が儲からないのかを僕が解決する
なんでお店が儲からないのかを僕が解決する
流行る店とチャンスをつぶす店はどこが違うのか? 1年365日外食を続ける堀江貴文氏だからこその、全く新しい視点でのレストランビジネスへの提言です。大炎上した「鮨屋の修業問題発言」の真意は? 食べログとはどう付き合うべきか?
本書内には堀江氏ならではの鋭い視点からの飲食店改革論と共に、実際の有名レストランシェフたちの悩みにもズバリと解答しています。
さらに巻末には著者が推薦する457店のリストもついてますので、こちらもお楽しみください。

◆メルマガで色々な相談に回答してきた堀江さんだけに、この手の本は「ガチ」だと思われ。

推薦するお店リストも、ガイドブック的に使えそうです。


心を動かす話し方 (SB新書)
心を動かす話し方 (SB新書)
ボストンコンサルティング時代は、大企業相手に数億円規模のコンサルティングの場数を踏み、徹底した情報収集や調査と巧みな表現力でクライアントを魅了。
かつて「5000万円以下の情報はタダで教えていた」とも語っていた著者が、仕事に、そして人生に効く戦略的話術の本質を説く。
単に話し方を説くだけでなく、表現力につながる理解(読解)力と想像力を総合的に指南する。

◆堀 紘一さんと「話し方本」というと、ちょっと結びつかなかったのですが、5000回以上も講演をされてきたのならば、それは得るべき点は多々あるハズ。

新書版とお値段が同じなのがアレですけど、Kindle版のご用意もあります。


スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール
スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール
「時間管理術」「目標設定の立て方」といったビジネススキルから、「雑談の効用」「謝り方」といったコミュニケーション術、ストレス対策まで、日本のビジネスパーソンが抱く様々な課題や悩みを25のテーマに分け、精神論や根性論ではなく、スタンフォード大学やハーバード大学など、世界有数の研究機関の調査結果に基づく科学的見地から「解決の糸口」を示す本書。
シンプルで分かりやすい説明はもちろん、すぐに試せる具体的な思考法や行動を紹介する「実践的なレッスン」に仕上がっています。

『スタンフォードの自分を変える教室』でお馴染み、ケリー・マクゴニガル博士の最新刊は、版元が大和書房さんから日経BP社さんに変わったせいか、ややビジネス色が強くなった印象が。

個人的に推している「科学的自己啓発書」の流れに沿う作品のようなので、これも要チェックですね。


一流の人は、本のどこに線を引いているのか
一流の人は、本のどこに線を引いているのか
「そうだ、その通り! 自分の考えは間違っていなかった」と感じる箇所に線を引くのは、単なる「自己陶酔」にすぎない。自分が「正しい」ことを確認したところで、パワーアップの糧にはならない。逆に、読んだときには多少の嫌悪感があっても、どういうわけだか“気になる"1行に出会うことがある。こんな1行には、思い切って線を引いてみたい。線は、新しい発見や役に立った箇所、そして自分の考えと「ちがう」箇所に引くことで、成長の糧になるのだ。

◆土井英司さん、久々の新刊は、もっともお得意なコンテンツである「読書術」でした!

「実践に役立つ読書術とおすすめ本をあますところなく公開する」とのことなので、当ブログの読者さんは、今のうちに予約しときましょうw


Men's ファッションバイヤーが教える 「普通の服」でおしゃれに見せる方法
Men's ファッションバイヤーが教える 「普通の服」でおしゃれに見せる方法
現役のファッションバイヤーであり、人気ファッションブロガーのMBによるファッション指南本、第二弾! 個性的なアイテムや、派手な色柄物ではなく「普通の服をさらりと素敵に着こなす」テクニックを多数紹介。メルマガで大反響だった「スーツの着こなし術」「デート&モテファッション」も必見です。

◆書影がなくともご紹介したかったのは、本書の著者が、今最も勢いのあるバイヤー&ファッションアドバイザーであるMBさんだから。

版元さん的に『Men'sファッションバイヤーが教える「おしゃれの法則」』の続編だと思いますが、1年前に出たそちらでさえ、未だKindle版がないので、大人しく単行本を買うのがオススメ。


【編集後記】

◆上記でご紹介しにくい作品から。

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。
ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

スタイルとしては『もしドラ』風ですが、テーマが「ニーチェ」ですから果たしてどうなるか?

一応、Kindle版の用意もあります。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ

Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)ランキング・未読本紹介等このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52233317