スポンサーリンク

2016年09月19日

【脳科学】『「すぐにやる脳」に変わる37の習慣』篠原菊紀


「すぐにやる脳」に変わる37の習慣
「すぐにやる脳」に変わる37の習慣


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事でも人気だった脳科学本

著者の篠原菊紀教授の作品は、以前レビューした『脳科学が教えてくれた 覚えられる 忘れない! 記憶術』がかなり良かったので、本書もさっそく読んでみました。

アマゾンの内容紹介から。
無理なくモチベーションをあげる方法が満載!1秒で集中できる。「めんどくさい」「やる気ない」「集中力が続かない」が消え、パフォーマンスが3倍あがる。脳科学×臨床心理学で仕事、勉強、目標達成に役立つ!

なお、当初単行本と同額だったKindle版も、ありがたいことに値下げしております!





brain and gears / jrduboc


【ポイント】

■1.細かな行動をほめる
 仕事をしようと立ち上がったら「よく立ち上がった」「その一歩がえらい」。
 勉強を始めたら、「よし、よく始めた」「いい感じ」「楽しい」。
 無理やりにでも行動と快感をむすびつけておくのです。そしてそれを繰り返すのです。
 バカみたいと思われるかもしれませんが、このバカみたいな繰り返しが大事なのです。
 この繰り返しで「望ましい行動」と「快感」が線条体でむすびつき、「やろうかな」と思っただけで線条体が前倒しで発火するようになるのです。線条体が発火すれば、一秒で集中できます。
 これが「すぐにやる脳」を作る最大のコツです。


■2.視線を上に向ける
 ドイツのマックス・プランク研究所ではこんな研究も行われました。
 空のティッシュ箱のようなものを上下に積み重ね、その中におはじきをたくさん入れます。
 そしておはじきを下から上に上げたり、上から下に下げたりといった作業をしてもらいます。
 このときに、たとえば、この夏の思い出を教えてくださいといった質問をします。
 すると、なんとおはじきを上に上げる動作をしているときには、ポジティブなことを、すばやく、たくさん思い出しやすくなる。下に下げているときには、ネガティブなことをよりはやくたくさん思い出すのだとか。


■3.不安を書きだす
「困った」「どうしよう」など、頭の中でグル回りしているストレスを外在化すると(外に出すと)、カウンセリングを受けてすべて話したようにすっきりし、脳のメモ帖が使いやすくなるのです。
 研究を行ったべイロックによれば、この効果は学校の試験に限った話ではなく、仕事でのプレゼン、スピーチ、面接などでもあてはまるそうです。プレッシャーのかかることをする前には、不安を書き出す、あるいは誰かにその不安を打ち明けることが、パフォーマンスを向上させてくれるのです。


■4.ルーティンを作る
 あなたが仕事や勉強を始める前に行うと役に立ちそうなこと、ルーティンになりそうなことを、できるだけ書き出してください。
 そのなかで、いけそうな3つに○をつけ、うまくいきそうな仕事の前にしてみましょう。ルーティンも行動ですから、快感とむすびつけておかないと、ルーティンをやる気が起こりません。3回ぐらいは、そのルーティンでうまくいった体験が必要です。
 手っ取り早いのは、最近うまくいったときのことを思い出し、そのとき、仕事などの前にしていたことをちょっと洗練してルーティンにすることです。


■5.太ももタッピングで切り替える
 太ももに両手の手のひらを下向きに置きます。
 そして、リズミカルに太ももを叩きます。
 トン、トン、トン、トン、「やりたくないな〜」と思いながら叩きます(タッピング)。
 実はこれ、EMDRという心理療法で、トラウマ軽減法として使われる技法です。
 いやなこと、つらいことを思い浮かべながら、タッピングの刺激を入れると、ストレスが軽減し、トラウマの軽減にもつながるそうです。(中略)
「やりたくないな〜」はトラウマでもないですし、過去の記憶でもない。
 しかし、未来の展望についての記憶ではあるので、それを変えるのにトラウマ解除法が役に立ちうるのです。


【感想】

◆「すぐやる」「先送りを防ぐ」といったテーマは、当ブログでも人気であり、過去何冊か作品をご紹介してきております。

もっとも、テーマは同じようなものでも、アプローチはいくつかあり、たとえば以前ご紹介したこちらの作品では「心理学的アプローチ」を用いていました。

「先延ばし」にしない技術
「先延ばし」にしない技術

Kindle版アリ

参考記事:ビジネスの達人がこっそり教えてくれる『「先延ばし」にしない技術』の真実(2012年01月09日)

それに対して本書は、タイトルにもあるように「脳科学的」なものが中心(心理学ネタもありますが)。

先日レビューしたばかりのこちらも、その系統ですね。

すぐやる!  「行動力」を高める“科学的な
すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な"方法

Kindle版アリ

参考記事:【脳科学?】『すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な"方法』菅原洋平(2016年08月03日)


◆ただし類書がある以上、ネタがかぶってくるのは、致し方ないところ。

たとえば本書では、「とりあえず始めてしまう」という「作業興奮」についても触れられているものの、多くの本に登場しているので、割愛しました。

……ただ、それを言ったら、上記ポイントの3番目の「不安を書きだす」や、4番目の「ルーティンを作る」辺りも初見ではないんですけどねw

もっともこの2つは、そこまでメジャーなTIPSではないと思うので、一応取り上げてみた次第。

特にルーティンの方は、効果もさることながら、「具体的な作り方」を知らなかったので、そちらをご紹介してみました。

また注意点もあって、篠原先生いわく、「ルーティン自体を目的としない」こと。

そのためにも、ルーティンから仕事・勉強に移るという「流れを決めておく」のが大切なのだそうです。


◆逆に割愛した中で興味深かったのが、「報酬と罰を組み合わせる」というTIPS。

実験自体がやや複雑で、引用しきれなかったため、カットせざるを得なかったのですが、「アメとムチ」の効果を定量的に表しており、なかなかに秀逸ではないか、と。

これはアメリカ、ペンシルバニア大学で行われた実験で、「1日7000歩を歩くのを13週間続ける」という目標を設定し、被験者を以下の4つの賞金群に分けて測定したもの。
(1)目標達成日に1.4ドル、月に最大42ドル受け取れる

(2)事前に42ドル与えられ、そこから達成しなかった日に1.4ドルを差し引かれる

(3)目標達成日に5ドルまたは50ドルのくじ引きを行う(ただし、くじの期待値は(1)と同じ)

(4)報酬は受け取らず、万歩計の数字のフィードバックのみを受け取る
その結果どうなったか……については、本書にてご確認を(ネタバレ自重)。

とある群だけ、目標達成率が有意に高かったそうですから、これは実生活に取り入れなくては。


◆ただ、上記のTIPSもそうなのですが、本書は「すぐにやる」という部分には、かならずしもこだわっていません。

「やる気がない」のを出させたり、いったん始めたものを続けたり、切れた集中をとりもどしたりする等々、広い意味での「目標達成」にフォーカスしている感じ。

もちろん、こういった部分が整備されていれば、すんなり始められますから、確かに「すぐにやる」と言えなくもないですか。

そもそも「すぐにやる」ことができても、「途中で飽きる」ようでは意味がないですもんねw


「仕事、勉強、目標達成に役立つ」1冊!

「すぐにやる脳」に変わる37の習慣
「すぐにやる脳」に変わる37の習慣
第1章 「すぐにやる脳」を育てる王道習慣
第2章 3分で「すぐにやる脳」になる思考習慣
第3章 いつもフレッシュな脳にしておく生活習慣
第4章 「すぐにやる」が続く脳トレ習慣


【関連記事】

【勉強法】『脳科学が教えてくれた 覚えられる 忘れない! 記憶術』篠原菊紀(2016年01月10日)

【脳科学?】『すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な"方法』菅原洋平(2016年08月03日)

【仕事術】『超一流のすぐやる技術』横山信弘(2016年07月15日)

【スゴ本!】『ヤル気の科学 行動経済学が教える成功の秘訣』イアン・エアーズ(2012年10月30日)

ビジネスの達人がこっそり教えてくれる『「先延ばし」にしない技術』の真実(2012年01月09日)


【編集後記】

◆昨日ご紹介した幻冬舎のセールに関して。

【6500冊超!】「Kindle本50%OFFセール」開催中!(2016年09月16日)

速報ベースで申し上げると、この辺が売れ筋でした(売上順ではなくて、管理画面の登場順です)。

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ
お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ

35歳の教科書 今から始める戦略的人生計画
35歳の教科書 今から始める戦略的人生計画

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣
心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

一応ご参考まで。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「潜在意識・右脳開発」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:00
TrackBack(0)潜在意識・右脳開発このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52232313