スポンサーリンク

2016年07月06日

【モテ】『モテと非モテの境界線 AV監督と女社長の恋愛相談』二村ヒトシ,川崎貴子


4062729458
モテと非モテの境界線 AV監督と女社長の恋愛相談


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、リアル書店で勇気を出して買った(?)「モテ本」

当ブログではすでに何冊か著作をご紹介している二村ヒトシさんが、自ら会社を経営する傍ら婚活塾を主催する川崎貴子さんとともに、悩める男性にアドバイスする1冊です。

アマゾンの内容紹介から。
男の欲望を知り尽くしたAV監督と、女のリアルを熟知した婚活アドバイザーが現代日本男子の恋愛、結婚問題に迫る!大人気「現代ビジネス」連載が待望の書籍化!

なお、Kindle版なら1000円しないでお求めいただけます!





Lovers / kozumel


【ポイント】

■1.理想の女の子は空から降ってこない
川崎 ガツガツモテようとせず、まじめに働いている独身男性に話を聞くと、彼らは、いきなり美女が現れたりしたら自分はすごい恋愛に落ちる、とぼんやり信じているんですよね。そういうドラマが自分の身に起こったら行動を起こすんだ、今はまだ本気を出してないだけなんだ、と思っているみたいに見えます。でも合コンに行ったりしても、タレントみたいな美女がいるわけじゃないし、運命を感じる出会いがあるわけでもない。だから、なんだか決めかねていて、結婚にもお付き合いにも踏み出さない。もっといい子がいるはずだって、待っているんです。

二村 空から理想の女の子が降ってきてくれさえすれば本気出す、って思ってる若い男は、いっぱいいる。つまり『天空の城ラピュタ』のシータ。


■2.器が大きい男性がモテる
二村 卑下しているようで、実はプライドが高いんだよね……。あなたがモテたことがない理由は、この1点につきますよ。美人じゃないと付き合う対象じゃないという意識があること。それだけです。美人が好きなのは、それでいいんです。それがあなたの心の穴なんだろうから。ただ、美人じゃない女性も女性なんだと意識するだけで、美人にもモテるようになります。

Cさん うーん、わからないです……。意識するだけで何かが変わるんですか? 性格が? 魅力が出るんですか?

川崎 女の人は、男性の器をよーく観察しています。いろいろなことに対して「これしかダメ」と限定している人を見ると、「器が小さいな」と思ってしまうんです。逆に器が大きくて許容範囲が広い人は、すごくモテる。だから、ヤリチンの男の人や、「結婚という名の修行経験者」である既婚男性がモテてしまうことにもなるんだけど。


■3.結婚までに踏む3ステップ
川崎 まず、この人いいなという人を見つけますよね。すると、話しているうちに類似性を見つけるんです。好きな食べ物が一緒とか、どちらも旅行に行くのが好きとか、簡単なことでいい。共通項を見つけて仲良くなるのがステップ1。そして、次に一緒に楽しい体験をする。ディズニーランドに行ったり、おいしいレストランに行ったり、時間や体験を共有して更に仲良くなるのがステップ2。その次に来るのが、自己開示。このステップ3の自己開示が、結婚に向けて二人の仲をぎゅっと深める大事なところなんです。
「実は僕、こういう過去かあって」「実は私、こういう部分があって」とお互いを見せ合う。特に女性は、「私にだけ話してくれた」は愛情の証と受け取ります。勇気を持って開示し合うことがお互いを「かけがえのない人」に昇格させます。


■4.変化を受け入れる
二村 大抵の男は「変われ」と言われれると、そこで無意識に身構える。本人が自覚している以上に、男は傷つきやすい心を持っていますから。侵入されたり、変化させられたりすることに対して、いつも身構えてガードしてる。

川崎 ガードしている意識すらなく、ガードしてますよね。

二村 女の人は、自分の体が不愉快な「性的なまなざし」にさらされることに対して、常に身構えている。男は自分の肉体が性的な対象だと思ってないから、体は無防備でだらしない。でも精神に関しては本当に男は守りが固い。「俺は変わらなくていい!」と拒絶する。変わることは自分のプライドに関わることだと思ってるんだよね。


■5.自分の欲求を自覚する
川崎 ゴールがはっきりしないと、それに対してどんなリソースが必要かもわかりません。今回相談を受けたり、二村さんの話を聞いたりしてわかったのは、男性は自分の心に無自覚すぎるということ。まずは、「自分って何が好きなのか」「どういう状態だと幸せか」といったことを、自覚することから始めてほしいですね。

二村 「こうしたら結婚できる」という解決策は、ここでは提示できないよね。ただ、問題が明らかになったことには、すごく意義があると思う。いつか結婚したいと思っているけれど、うまくいってない人には、まず自分の欲求はなんなのかということを考えることをおすすめします。


【感想】

◆本来、こういうモテ本、特に二村ヒトシさんの関与された作品なら、もっと早くチェックすべきところでした。

ところが私は完全に勘違いしていたのが、川崎貴子さんが「女性向け婚活塾」をやっていることもあって、本書が女性向け、良くても男女両方に向けて書かれていると思っていたこと。

内容的には完全に「男性向け」ですし、登場する相談者4人もすべて男性です。

もちろん、こういう「男性」ないし「男性のイタい考え方」を理解する、という意味では女性にも読む価値があると思いますが、上記では割愛した「モテテク」に関しては、もれなく「男性仕様」になっているという。


◆その具体的なテクニックや注意点については、それぞれの相談者の話を聞く時点で、「こうした方がいい」とアドバイスしているものなのですが、具体的にはこんなところが。

 ・「どうしたら女性のプライドを守ってあげられるか」を考える

 ・自分が楽しそうに振る舞う

 ・横並びで座るときは、顔だけでなく体も相手に向ける

 ・知らない話題になったら「教えて」と言う

 ・相手の話したいことを見つけて、そっちに持っていく

 ・目を見開いたり、前傾して「あなたに興味がある」ことを伝える

 ・相手を減点法で見ずに、いいところを探してほめる


これらは、相談者における問題点から導き出されたものですが、読者の皆さんの中にも、当てはまったり、心当たりのある方もいらっしゃるかもしれません。

箇条書きにすると「はいはい、わかってます」となりそうなものでも、本書の実際にダメだしされている部分で読むと「イタタタ」となるんじゃないかと思います。


◆ところで、肝心の相談者メンツについては、下記目次にもあるのですが……。

・いい人なのに女運がやたらと悪いAくん32歳

・モテているのに幸せになれないBくん31歳

・美人との結婚を夢見るCくん25歳

・潔癖症の中年Dさん40歳

ただ、正直なところ、「ちょっと変わったラインナップ」な気がしないでもなく。

Bくんはメンヘラ好きですが、いわゆる「ヤリチン」。

Cくんは新聞社勤務で、お給料はかなりもらっているものの、面食い(「佐々木希みたいな彼女欲しい」)の童貞。

Dさんは40歳にして20代女性狙いであり、「篠崎愛」が理想。

結局、コミュニケーションスキルの改善や、そのほかのテクニックで、すぐに改善できるのは、Aさんくらいなんじゃないか、とw


◆そんなこともあって、上記ポイントでは、相談に対する回答部分は、少なめになってしまいました。

Bさんは論外だとしても、CくんとDさんは、具体的なモテテク以前に、「マインドセット」の問題だと思いますし……。

もっとも、上記ポイントの2番目にもあるように、「美人へのこだわりを捨てる」だけで、かえって美人にもモテるようになるわけですから、こうした「考え方を変える」のも大事なこと。

といいつつ、上記ポイントの4番目にあるように「変えることができない」のが男性でもあるのですが。

いずれにせよ相談者の面々は、経済的な問題や外見的な問題で「モテない」方々ではないので、その辺がネックになっていらっしゃる方は、あらかじめご留意を。


◆ちなみに、上記ポイントの2番目で「心の穴」の話が出てきますが、当ブログでご紹介済みのこの本をお読みの方は、ご存知のことかと。

478167108X
なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか (文庫ぎんが堂)

参考記事:【モテ】『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』二村ヒトシ

この本、非常に評判がよく、何人か恋愛に悩む女性にも紹介したことがありますが、いかんせん「女性向け」なんですよね。

その点、今回ご紹介した本書は、男性向けであり、腑に落ちやすいこと必至。

さらに川崎貴子さんも、やってる婚活塾は「女性向け」なのに、「何でこんなに女性の落とし方を知ってるの?」というくらい、細かいテクニックを披露されていますので、こちらもお見逃しなく。


モテたいなら読むべし!

4062729458
モテと非モテの境界線 AV監督と女社長の恋愛相談
CHAPTER 1 結婚とは「戦い」で「博打」!?
CHAPTER 2 実は男こそ、結婚しないとヤバい
CHAPTER 3 初デートで「モテる美女」は落とせるのか
  ――いい人なのに女運がやたらと悪いAくん32歳の場合
CHAPTER 4付き合ったら痛い目を見る「メンヘラ女子」の見抜き方
  ――モテているのに幸せになれないBくん31歳の場合
CHAPTER 5「童貞男子」はなぜ童貞を死守するのか
  ――美人との結婚を夢見るCくん25歳の場合
CHAPTER 6「万能感」より「変わる勇気」
  ――潔癖症の中年Dさん40歳の場合
CHAPTER 7モテない時代の対話術


【関連記事】

【モテ】『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』二村ヒトシ(2014年04月13日)

【モテ】『すべてはモテるためである』二村ヒトシ(2011年01月14日)

『淑女のはらわた 二村ヒトシ恋愛対談集』二村 ヒトシ,犬山紙子,小明,川村エミコ,まんしゅうきつこ,荒牧佳代,はあちゅう,ジェーン・スー(2014年02月14日)

【女性必読!】「ベスト・パートナーになるために」ジョン・グレイ(2007年08月14日)

【モテ】『彼と彼女の科学的「恋の法則」』はオススメ!(2008年10月07日)


【編集後記】

◆そういえば一度申し上げましたが、当ブログで毎年大量にお買い上げいただいていたこのモテ本が、やっとKindle化されたのでした。

B01H17JAY6
ベスト・パートナーになるために―――男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた

一応今なら「50%OFF」なんですが、単行本のKindle化のようで、600円以上してしまいます。

ただ、さらに「20%ポイント還元」の対象となっているので、Kindleで読まれたい方は、チャンスだと思われ!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「モテ・恋愛」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)モテ・恋愛このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52224547