スポンサーリンク

2016年06月14日

ビジネスの達人がこっそり教えてくれる『一流の人は、○○しない。』の真実


4798046949
一流の人は、○○しない。うまくいく人がしない70の習慣


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事にて取り上げた、自己啓発本

お馴染み中谷彰宏さんが、「一流」と「二流」の違いを指南してくれています。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
一流になるためには、一流がしていることをして、一流がしていないことをしなければいいのです。
それだけです。
「自分がしていなくて、一流がしていること」というのは、まだ気づきやすいのです。
むずかしいのは、何をしていないかに気づくことです。
この本は、気づきにくい「一流がしていないこと」を学ぶための本なのです。

なお、タイトルは久々に「ホッテントリメーカー」のお世話になりました。

また【編集後記】では、「お買い得本」を2冊取り上げていますので、最後までご覧ください!





celebrities / rick


【ポイント】

■1.一流は、正論を言わない
 一流は、当たり前のことは、あえて言いません。
 そんなことは、言わなくてもわかっているのです。
 二流は、声を大にして当たり前のことを言います。(中略)
 ネット上に流れる意見は、当たり前の正論が多いのです。
 正論がつまらないのは、「自分は正しい。あなたは間違っている」ということで終わるからです。
「私は間違っている。これは偏った意見です」と言えるのが、一流です。
 議論に勝とうとするのが二流です。


■2.一流は、「暑い」「寒い」を言わない
「暑い」と言ったからといって、別に温度が上がるわけではありません。
 一方で、温度が下がるわけでもありません。
 ただし、雰囲気的に暑苦しさが広がります。
 誰かが扇子をバタバタとあおぎ始めた瞬間に、その場に「暑いんだな」という空気が漂うのです。
 一流の人は、まず扇子を半開きにします。
 あおぎ方はレガートで、バサバサという音を立てません。
 二流の人は、扇子を破れるぐらい目いっぱい開いて、速い回転数でバタバタとあおぎます。
 もともとそれほど暑くない場でも、それによって暑さを感じるようになってしまいます。
 暑苦しさ・寒さ・痛さ・しんどさを感じさせないのか、一流なのです。


■3.一流は、怒鳴らない
 声が大きくなっている人は、それだけ動揺しているのです。
 動揺の極致が「怒鳴る」です。
 不満に思った時に、「どうなってるんだ」と怒鳴るのは意味がありません。
 怒鳴る人は、「私は追い詰められています」と表明しているようなものです。
 ホテルのサービスサイドからすると、怒鳴っているお客様はたいして怖くありません。
 すでに精神的に崩れているからです。
 冷静にクレームを言ってこられると、「これはややこしい問題だ」と考えます。
 怒鳴ると、「あ、騒いでいる人がいるな」と軽く見られます。
 一流の人が怒鳴ることはないのです。


■4.一流は、名刺に肩書きを2つ以上書かない
 二流の人たちは、肩書が多ければ多いほど、格が上のように感じるのです。
 一流の世界では、「肩書が2つ以上あるということは、1つの肩書で食べていけない人」と解釈します。
「肩書が2つあって偉いな」ではなく、「1つの仕事でまだ食べていけないのか。早く1つの仕事で食べていけるようになるといいですね」という気持ちで肩書を見ます。
 肩書の名称が長くなればなるほど、「まだ食べていけない人」と思われます。
 食べていけるようになればなるほど、肩書がどんどん短くなります。
 最終的には肩書は消えます。
 誰が見てもわかるからです。
 オバマ大統領は、肩書に「大統領」と書く必要はないのです。


■5.一流は、体重を気にしない
 どんなにやせても姿勢が悪ければ、ただの貧相なオッサンです。
 一流は、体重も体脂肪も見ません。
 体重が多くて体脂肪率が高くても、姿勢のいい一流の人はたくさんいます。
 おなかは出ていても姿勢がいいのは、外国人に多いパターンです。
 二流は、体重は気にしますが、姿勢は気にしません。
 一流は、体重は気にしないで、姿勢を気にします。

 自分の姿勢だけでなく、まわりの人の姿勢も見ます。
「胸が大きいな」より「姿勢が悪い女性だな」と、姿勢が最初に気になるのです。


【感想】

◆中谷彰宏さんの作品は、その多くで「できる人」の行動様式をテーマにしています。

タイトルを見ても『なぜあの人は〜なのか』ですとか、『ファーストクラスに乗る人の〜』ですとか、本書に近い『超一流の〜術』といったシリーズ物も多々。

そして今回、本書では「一流」をテーマにし、「二流」との違いを明らかにしています。

中でも、冒頭の内容紹介にあるように「一流の人がしないこと」にフォーカス。

冒頭の内容紹介は、まさに本書のプロローグである「一流は、一流の『すること』をマネるより、『しないこと』を学ぶ」からのものになります。


◆以降、目次を見ると、「一流の人がしない」ことだらけ。

下記目次は、本書の目次ページからの引用なのですが、このような感じで列挙されています。

「安売りスーツを着ない」なんて言うのは、一流なら当然だと思いますが、書影の帯にもあった「記念写真を撮らない」なんて、なぜなんだろう、と気になりますよね(それゆえ、ネタバレ自重w)。

もっとも、その「安売りスーツを着ない」理由というのも、ちょっと想定外でして、中谷さんいわく「安売りスーツは、原価率が低いから」。

つまり「原価が5000円の3万円のスーツ」よりも、「原価が9万円の10万円のスーツ」の方がお得である、と言うワケです。

ちなみに、このTIPSの他にも、着こなし絡みがいくつかあるのは、オシャレな中谷さんらしいな、と。


◆もう1つの目立った傾向としては、「立ち振る舞い」に関して。

上記ポイントの5番目の「姿勢」のほか、「歩いた時に頭が上下しない」「音を立てない」「首をかしげない」「横目で見ない」「手遊びをしない」といったNG集が並びます。

こういった事柄も、相手あっての「コミュニケーション」と違って、自分で意識すればできるハズですから、気を付けていたいもの。

私は「音を立てない」のは得意なのですが、小首をちょっとだけかしげるクセがあるので、改善したいところ。

もちろん、それ以外にも「二流」と指摘されてもしょうがないポイントがあるので、直していく所存です。


◆逆に、上記ポイントの1番目の「正論を言わない」というのは、個人的には「目からウロコ」でした。

一流こそ「間違ったことを言わない」のかと思いきや、「一流は人と違う見方を優先する」とのこと。

その節にあった「本になって買いたくなるブログは、当たり前のことを書いていないブログです」という指摘は、ブロガーとして激しくうなづかされました(本を出したいワケではないですがw)。

炎上することもありますが、ちきりんさんのブログは、普通の人とは違う見方であるのは確かです。

「情報」にせよ、「考え方」や「切り口」にせよ、「人と違ったもの」という視点は意識しておきたいな、と。


一流を目指す方なら、要チェックです!

4798046949
一流の人は、○○しない。うまくいく人がしない70の習慣
一流は、一流の「すること」をマネるより、「しないこと」を学ぶ。
一流は、記念写真を撮らない。
一流は、どこでも座ろうとしない。
一流は、正論を言わない。
一流は、電車のつり革につかまらない。
一流は、親指が反らない。
一流は、カバンを重そうに持たない。
一流は、歩いた時に頭が上下しない。
一流は、大胸筋トレをしない。
一流は、安売りスーツを着ない。〔ほか〕


【関連記事】

【出世読本?】『一流役員が実践してきた 入社1年目から「できる人になる」43の考え方』安田 正(2014年05月10日)

【子育て】『一流の育て方―――ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる』ムーギー・キム,ミセス・パンプキン(2016年03月10日)

【コンディション】『一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?~仕事力を常に120%引き出すカラダ習慣~』上野啓樹,俣野成敏(2014年11月14日)

新入社員なら知っておくべき『一流の人に学ぶ自分の磨き方』の5つの法則(2012年03月31日)

【勝負服?】『一流の男の勝てる服 二流の男の負ける服』政近準子(2013年02月21日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B00JOVZIW6
No.1理論 ―ビジネスで、スポーツで、受験で、成功してしまう脳をつくる「ブレイントレーニング」

単行本はかなり昔からあって、私も読んだ記憶があるのですが、中古が意外と値崩れしていないのがスゴイです。

それが今日のセールでは「69%OFF」に「20%ポイント還元」も付いて、300円ちょっとでお求め頂けますから、未読の方はぜひご検討を!


【編集後記2】

◆たまたまアマゾンアソシエイトの集計を見ていて気が付いたのが、こちらの作品。

B01G82SYF6
一生モノのモテ理論 理想の女性を射止めるテッパン法則 31のルールとタブー (スマートブックス)

参考記事:【モテ】「テッパン男」檀 れみ(2008年11月05日)

かつて新書版を上記のとおりレビューしたことがあるのですが、どういう風の吹き回しか、現在中古に2000円以上のプレミア価格がついているという(謎)。

それが何故か、このKindle版が「20%ポイント還元」つけて300円ちょっと、ということになっています。

この価格がいつまでなのか分からないのですが、気になる方は、お早めにどうぞ。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52221194