スポンサーリンク

2016年04月23日

【ケース・スタディ】『「0から1」の発想術』大前研一


4093897638
「0から1」の発想術


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事にて取り上げた「ビジネスアイデア」発想本。

著者はお馴染み大前研一先生です。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
これが「無」から「有」を生み出す思考法だ 。
【15の発想法】を身につければ、新しいビジネスアイデアが次々に湧いてくる!
大前研一氏が、イノベーションを生み出すための発想法を公開する。
ビジネス・ブレークスルー大学大学院で必修の「イノベーション講座」を待望の書籍化!

ビジネスモデル好きには、たまらない1冊です!





dishwasher / David Locke


【ポイント】

■1.下洗いをしなくて良い食洗機とは?
 私が実際に行った調査では、食洗機にセットした食器を洗い終わったらすぐに使いたい、というユーザーはほとんどいなかった。90%を超えるユーザーが、たとえばタ食で用いた食器は翌朝まで使わない、ということがわかったのだ。いわば、食器棚代わりとしても使っていたのである。
「家事のストレスを減らす」「食器の汚れを落とす」というユーザーの目的をかなえるために私が提案したのは、「食器を一晩中、食洗機の中に浸けておく」という方法だった。食洗機の中に洗剤と食器を入れ、お湯ないし水の中に一定時間浸しておくのである。面倒な下洗いの代わりである。そして時間をずらし、次に使う時に間に合うように食洗機を回すようにする。そうすれば、水の使用量も、洗う時間も節約できるし、ユーザーのストレスもなくなると考えたのである。


■2.アメックスが世界で支持される本当の理由
実は、アメックスは法人全体の決済も請け負っているからだ。アメックスと契約している企業は、社員全員にアメックスカードを持たせる。出張では、レンタカーもホテルもアメックスで払わせる。そうすることで、経理処理が容易になるのだ。
 それだけではない。アメックスは、ハーツレンタカーと同様に、企業ごとにディスカウントレートが違っている。ホテルやレンタカー会社、レストランなどと個別に交渉してへビーディスカウントを可能にし、その上で「あなたの会社の社員はこちらのホテルなら、通常料金の30%オフで宿泊できますよ」と提案するわけだ。企業によって、50%オフや20%オフというケースも出てくる。
 企業にしてみれば、アメックスのカードを持たせるだけで出張費が安くなるのだから、それを利用しない手はない。ホテルやレンタカー会社にしても、たとえへビーディスカウントであったとしても、優良顧客の利用が増えて稼働率が上がるならば、それに越したことはない。三方丸く収まり、皆がウィンという関係が成立するのだ。


■3.空いているものを有効利用する
 今までも、レンタルサービスはあった。だが、レンタカーやレンタサイクルは、会社がユーザーのための乗り物を所有するという固定費ビジネスだ。一方、この「アイドルエコノミー」の流れは、それとは異なる。自分たちで所有せずに「空いているもの」を用意し、かつその時間に使っていない個人・企業と、安く便利に使いたいユーザーとを、インターネットやスマホのアプリで簡単に結びつけるというものだ。
 そうやって考えていくと、日本には「空いているもの」が多い。たとえば、日本には約100か所の空港がある。漁港は3000近くもあり、そのうち年間水揚げ高より港湾整備費のほうが高い漁港が2000以上もある。こうした空港や漁港が有効利用されているかと言えば、そうではない。これらをどうにか有効利用できないか、と考えるところから、アイデアが生まれる。


■4.常に職位を2つ上げて考える
 ビジネスマンならば、日頃から自分の扱っている仕事を、2つ職位を上げて考える癖をつけるべきなのだ。なぜなら、発想するレべルによって「解」が異なるからである。自分のレべルで考えているだけでは、いくら思考しても「解」は変わらない。
「職位を2つ上げよ」というのは、1つだけ上げると、自分の直属の上司になってしまうので、どうしても発想が鈍るからだ。
 こうして考えたアイデアは、時折、2つ上の上司に実際にぶつけてみるというのも手だ。そういう発想に対し、上司がどれほどの受容力があるのかを測る手立てになる。
 常に職位を2つ上げて考えるスタンスは、ビジネスマンの思考を深めてくれる。こうしたトレーニングは、リーダーになった時に大いに役に立つのだ。


■5.時間軸をずらす
 まず、購入するパソコンを何年使うつもりなのかを聞く。仮に5年だとしよう。すると、まず必要なのはハードウエアの購入費だ。そしてソフトウエアやネット環境整備などの費用も要る。パソコンを5年使い続けるためには、ソフトウェアの更新料、パソコンのメンテナンス費、電気代もかかる。
 つまり「5年使用するパソコン」と考えた場合、必ずしも「ハードウエアだけの支払い金額の大小」は重要ではないのだ。TCO(Total Cost of Ownership)――総所有コストで比較するのである。
 私がパソコンの営業マンならば、「ハードウエアだけの支払い金額の大小」で決定しようとしている顧客が目の前にいたら、TCOの比較を持ちかける。ソフトウエア費用やメンテナンス費用などを含めた「総所有コスト」で比較するならば、あなたが買おうとしている他社のパソコンよりも、わが社のパソコンのほうがトータルで安いですよ、と勧めるのだ。
 目先の「購入費用」の「時間軸」をずらし、「5年」という新しい判断基準を用意してあげるわけだ。


【感想】

◆当ブログでもセール等の際にKindle版をご紹介しているこのシリーズ。

B010CI1FIK
BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.1(もしも、あなたが「ザ コカ・コーラカンパニーCEO」「ローソンの社長」ならばどうするか?) 大前研一のケーススタディ (ビジネス・ブレークスルー大学出版(NextPublishing))

大前先生が学長を務められているBBT大学大学院では、こうしたケーススタディを毎週1ケース、2年間で合計100ケースこなしているのだそう。

対して、他のビジネススクールのケース・スタディは古いものが多く、つぶれたり吸収合併された会社の事例を含めて、「答えが出ている問題」を扱っているとのこと。

それはかつて大前先生が教授を務めていたスタンフォードでも同様で、日本のビジネススクールに至っては、そのスタンフォードやハーバードの5年前、10年前に作ったケース・スタディを使っているところが珍しくないのだとか。


◆では大前先生が、どのようにしてケース・スタディを検討しているか、というと、本書で挙げた「15の発想法」が用いられているワケです。

下記目次にもあるのですが、項目だけ拾うと以下の通り。
1.SDF/戦略的自由度
2.アービトラージ
3.ニュー・コンビネーション
4.固定費に対する貢献
5.デジタル大陸時代の発想
6.早送りの発送
7.空いているものを有効利用する発想
8.中間地点の発想
9.RTOCS/他人の立場に立つ発想
10.すべてが意味することは何?
11.構想
12.感情移入
13.どんぶりとセグメンテーション
14.時間軸をずらす
15.横展開
このうち目次では、「基礎編」と「実践編」に分かれていますが、基本的には最初の11の発想法で解決できるのだそう(大前先生いわく、「剣道の稽古で言えば『形』である」とのこと)。

ただし、現実のビジネスシーンでは、これだけでは解決できない課題もあり、そうした時のために、11の発想法と組み合わせて使える4つの発想法が「実践編」として紹介されているという。


◆とはいえ、忘れてはならないのは、こうしたケース・スタディは、「解」を見つけることが目的ではない、ということ。

自分自身で情報を収集し、取捨選択し、分析し、事実に基づいた考察を重ねて「自分なりの結論を導き出す」能力を磨くことが重要になります。

そしてそれを何度も繰り返すことによって、発想力や問題解決能力がついていく次第。

さっそく本書の「はじめに」では、こんな問いが出されています。
Q もし、あなたが都道府県魅力度ランキングで3年連続最下位になった茨城県の知事になったら、どのようにして順位を上げるか。
大前先生のお答えは本書にてご確認頂くとして、本書の各章では、「15の発想法」に基づいて解決された、このような課題が数多く収録されています。

最近よく取り上げられる、UberやAirbnbはもちろんのこと、大前先生がかつて提案して実際に採用された事例も多々。

たとえば、この本に詳しく載っているそうですが、マッキンゼー時代に「フラッシュ内蔵型のカメラ」を提案したのは、大前先生らしく。

4833416948
企業参謀―戦略的思考とはなにか


◆また、「15の発想法」に基づいた、世界の各地で実現しているサービスや商品を知りうることができるのも、本書の魅力の1つです。

たとえば、費用の安い外国で手術を受ける「メディカルツーリズム」。

平均するとインドでの医療費は、アメリカの10〜20%で済むのだそう。

外国人に治療してもらうことに、私たち日本人は抵抗があるかもしれませんが、そもそもアメリカではインド人医師が当たり前ですし、イギリスではインド人医師の割合がアメリカより高いのだとか。

それで空港まで無料送迎だったり、手術後には帰国前に観光サービスが付いていたり、建物は高級ホテル並み、となれば、人気が出るのも当然な気が。

実際、アメリカの保険会社では、インドのメディカルツーリズムを受け入れるなら、保険料を安くする、という提案をしているところが出始めているそうです。


◆もちろん、こうした「問題解決」「アイデア発想」系の事例でありうるのが、「成功したケースだけもってくる」というもので、本書にもその可能性がないわけではありません。

大前先生だって、クライアントに提案して実現したものの、数字的には失敗したケースだってあるでしょうし。

ただ、結論を導き出すまでの「発想法」が多いのにこしたことはありませんし、上記でも触れられているように、それらを実際に使いこなせるようになるのが大事なハズ。

今まで大前先生の「もしもあなたが最高責任者 ならばどうするか」シリーズを読んだことがない方でも、とっかかりとして本書を読むのも良いのではないでしょうか。


大前流の発想術をお試しアレ!

4093897638
「0から1」の発想術
はじめに――なぜ「0から1」を生み出す力が重要なのか
基礎編 「0から1」を生み出す11の発想法
1.SDF/戦略的自由度―消費者のニーズを正しくとらえるために
2.アービトラージ―情報格差こそビジネスチャンスになる
3.ニュー・コンビネーション―「組み合わせ」で新たな価値を提案する
4.固定費に対する貢献―「稼働率向上」と「付加価値」の両立を
5.デジタル大陸時代の発想―高速化した変化のスピードについていく方法
6.早送りの発送―「兆し」をキャッチする重要性
7.空いているものを有効利用する発想―Uber,Airbnbもこの発想から生まれた
8.中間地点の発想―「業界のスタンダード」を捨てる
9.RTOCS/他人の立場に立つ発想―「もしあなたが○○だったら」が思考を変える
10.すべてが意味することは何?―発想の飛躍が息の長いビジネスを生む
11.構想―あなたには何が見えるか?

実践編 「新たな市場」を作り出す4つの発想法
1.感情移入―ユニ・チャームはなぜ女性に受け入れられたか
2.どんぶりとセグメンテーション―大ヒットシャンプーの裏にあった考え方
3.時間軸をずらす―「コスト」がネックになった場合の対処法
4.横展開―他の業界にこそ成長のヒントはある
おわりに――「0から1」の次は「1から100」を目指せ


【関連記事】

【メモ】「大前ノート」@プレジデントの3つのポイント:マインドマップ的読書感想文(2010年07月07日)

【88の名言】『大前語録』大前研一(2015年09月18日)

【電通式?】『コンセプトのつくり方 たとえば商品開発にも役立つ電通の発想法』山田壮夫(2016年03月20日)

【オススメ!】『インサイドボックス 究極の創造的思考法』ドリュー・ボイド,ジェイコブ・ゴールデンバーグ(2014年05月15日)

『デザインコンサルタントの仕事術』が想像以上に凄い件について(2014年11月07日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」はこちら。

B00CJ1FEBI
脳を最高に活かせる人の朝時間

「脳ネタ」は好きなんですけど、あまり茂木先生のご本はウチでは取り扱っていないんですよね。

ただ、アマゾンレビューが良さげなので、一応。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「アイデア・発想・創造」へ

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:00
TrackBack(0)アイデア・発想・創造このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52215792