スポンサーリンク

2016年04月21日

【働き方】『未来から選ばれる働き方』神田昌典,若山陽一


4569830110
未来から選ばれる働き方 (PHPビジネス新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事にて取り上げた、「仕事術本」

お馴染み神田昌典さんが、UTグループ株式会社代表取締役社長兼CEOの若山陽一さんと、これからの時代における働き方を探ります。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
2024年までに「会社」は一度、死ぬ。働き方はどう変わるのか? 飛躍できる人、組織の条件とは?
「景気が低迷した20年、私たちが失ったのは経済成長だけではないことを、若山陽一氏から衝撃とともに教わった」と経営コンサルタント・神田昌典はいう。
現実を知り、未来に備える書を著すときに神田昌典が選んだ共著者・若山陽一は「正社員として雇った社員を派遣する」という信念のもと、日本のモノづくりを支えるUTグループの代表。
二人の対論から、新しい時代に飛躍するために持つべき「勇気」、身につけるべき「力」を導き出す意欲作。

神田さんの『2022―これから10年、活躍できる人の条件』の続編とも言える1冊です!





Business meeting in coffee shop with Windows Mobile devices / gailjadehamilton


【ポイント】

■1.これからの会社をめぐる環境の変化
 あれこれ話が広がりましたが、ここまでの話をまとめると、会社をめぐる環境の変化には次の3つがあります。
【従来】社内の活動が価値を生み出す→【今後】社外の活動も価値を生み出す
【従来】社内リソースの活用が容易→【今後】社外リソースの活用も容易
【従来】人間がすべてを判断する→【今後】コンピュータも判断し始める
 これらの変化によって、これまでの「会社」は2024年までには、「一度、死ぬ」というのが私の予測です。


■2.ハイブリッド型人事とは?
 まず定義ですが、ハイブリッド型人事とは、「組織ビジョンに共感し集ってきたチームメンバーが、それぞれのワークライフスタイルで、求められる責任を果たしながら、自己実現していく最適な場所と制度を創り上げる試み」ということになります。
 シンプルに言い換えますと、仕事も家庭もしっかりと責任を果たしながら、誰もが楽しく働ける場所をつくりましょう、という私たちなりのチャレンジなのですが、これが始めてみると、なかなか難しい。
 なぜなら、もともと会社といえば、正社員ばかりだったのが、そのうち正社員と派遣社員になり、次に正社員と派遣社員+契約社員となり、さらに正社員と派遣社員+契約社員+業務請負、しかも業務請負先の社員や、取引先の社員が集まってくるという状況が生まれているからです。


■3.中途採用においてチェックする3つの要素(若山社長)
 僕は、中途採用試験では、次の3つの要素をシビアにチェックします。
(1)コミットメント――当社に来て、何をしてくれるのか。
(2)エビデンス――今までどんな仕事をしてきたのか。
(3)アップサイド――伸びしろ。前職で年収1000万円なら、弊社で2000万円プレーヤーになれるかどうか。
 これらを判断するうえで、必ず聞くことは、「成功体験」です。
「これまで働いてきて一番成功したことは何か」を聞けば、課題に対してどんなアプローチをするのかがわかります。


■4.未来に選ばれる人が持つ、3つの勇気
「会社」がなくなる時代には、どのような人材が飛躍していくのか?
 この問いの答えを、これまで若山社長と語りながら、探求してきました。振り返ってみますと、次の3つの勇気を持つことが大切だという結論に、私たちはたどり着いたようです。
●激変する技術環境に対応し、未知なる分野に踏み出す勇気。
●暗闇のなかでも、輝かしい未来ビジョンを描き、1人からでも声をあげる勇気。
●自分と共振するビジョンを持つ組織を見分け、その組織とともに成長していく勇気。
 この3つの勇気を持つ人が、未来から選ばれ、活躍していきます。


■5.会社やサービスなどに一貫性を持たせる「ワンワード・エクイティ」
 これは、『モチべーション3.0』などの全米べストセラーを著したダニエル・ピンクさんが、2013年に私と共同で行なった講演会で話していた言葉。正確には、「これからは、ワンワード・エクイティの時代だ」と述べていました。
 これはいったいどういうことかというと
「あなたの資産(才能)を、表現する一言はないか」
 ということです。
 これだけ世の中の情報量が多くなると、人は情報をパッと見て判断するようになります。パッと見て、よくわからなそうな情報だと、スルーされてしまいます。だからこそ、あなたの会社の特徴を、象徴するワンワードで表現することが必要だというわけです。


【感想】

◆本書が神田さんと若山さんの共著ということは、事前には知っていましたが、少々意外だったのが、章ごとに分担されていた、ということ。

下記目次をご覧頂ければお分かりのように、第1章、3章、5章を神田さんが、第2章と4章を若山さんが、それぞれ執筆されています(第6章は対談)。

そして若山さんのパートでは、若山さんがほぼすべて、ご自分の会社のことを話されているという仕様。

このうち、第2章は若山さんの「回顧録」が中心、一方第4章は、若山さんの会社の特徴に言及する、というものです。

もちろん、神田さんの話に絡めて、本書のテーマに沿ったものにはなっているものの、神田さんの本のつもりで本書を手に取ると、少々面食らうかもしれません。


◆とはいえ、若山さんの会社であるUTグループは、独特な社風を持つ会社のようで、一番の特徴は、社員が「派遣される『正社員』」である、ということ。

つまりUTグループに正社員として採用されて、クライアント先に「派遣」されるわけです(これっていわゆる「特定派遣」というものでは?)。

さらにUTグループの場合、クライアントの事業の現場を理解した社員が、UT本社での管理業務に携わり、望めばUTの株主にもなれる、とのこと。

しかも「エントリー制度」という、社員が現場のマネージャーや執行役員に立候補できる制度もあるのだとか。

実際、35歳で上席執行役員になった「若手のホープ」は、もともとは高校中退して時給900円で働いていた派遣社員なのだそうです。


◆一方第3章では、神田さんの「最近の働き方」に言及。

メディア等でご存知の方も多いと思いますが、神田さんは2010年に「癌の宣告」を受けたことで、30数名いた社員に別れを告げて、事実上会社を解散しています(厳密には神田さん1人残して)。

一応癌は完治はしたものの、再発する危険性も考え、その後は「1人会社」のまま、かつての社員である「社外ブレーン」と新たな体制を構築。

手がけていた仕事の多くを、そのまま継続したのだとか。

ところが、このまま社員ゼロのアウトソーシングの体制でいくのかと思いきや、今再び「正社員が必要である」と考えるようになったとのこと。

目指すのは、上記ポイントの2番目にある「ハイブリッド型人事」です。

この辺の心境というか、考え方の変化については、本書の第3章をお読み頂きたく。


◆なお、神田さんご担当の章である第5章では、上記ポイントの4番目の「3つの勇気」を得るための「コネクティング・インテリジェンス」について解説されています。

フォトリーディングを開発した、ポール・シーリィ博士によると、個人が矛盾やズレを起こしやすいコネクトは、次の3つである、とのこと。
(1)思考と感情
(2)個人と社会
(3)意図と行動(振る舞い)
この3つのコネクトを一致させた個人がたくさん集まり、組織に矛盾やズレがなければ、最強の組織ができあがる(UTグループもその1つ!)、とのことなのですが、詳しくは本書にてご確認下さい。


未来から選ばれる人や組織になるために読むべし!

4569830110
未来から選ばれる働き方 (PHPビジネス新書)
まえがき
第1章 あなたの会社は進化するか、それとも絶滅か――神田昌典
第2章 目の前から、正社員が消えた10年――若山陽一
第3章 会社をなくしてわかった可能性と限界――神田昌典
第4章 才能が自然に磨かれていく「場」を創る――若山陽一
第5章 コネクティング・インテリジェンスの時代――神田昌典
第6章 [対談]これから10年、飛躍するための条件
あとがき ――2020年、日本の人口は45歳以上が過半数を占めるようになる


【関連記事】

【"かなめ"になる】『「新しい働き方」ができる人の時代』セス・ゴーディン(著)神田昌典(監訳)(2011年07月01日)

【はてブ3000超!】ダニエル・ピンクの新作『モチベーション3.0』がついに登場!(2010年07月06日)

【働き方】『藤原先生、これからの働き方について教えてください。 100万人に1人の存在になる21世紀の働き方』藤原和博(2015年12月28日)

【一石多鳥?】『25歳からのひとりコングロマリットという働き方』おち まさと,本田 直之(2012年01月25日)

【全世代必読?】『40歳からの会社に頼らない働き方』柳川範之(2013年12月07日)


【編集後記】

◆先日マンガの『ぼのぼの』が、何十巻も10円で一瞬だけ(?)放出されていたのですが、今現在は「90%超」のポイント還元になっているようです。

B00EJD0XNS
ぼのぼの(1) (バンブーコミックス 4コマセレクション)

とりあえず、15巻までは1巻あたり52円ほどでお買い求め頂ける模様。



とはいえ、念のため購入前には、ポイントのご確認をお願いします!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

この記事のカテゴリー:「ブランディング」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ

Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52215580