スポンサーリンク

2016年03月25日

【怒りの本質論】『怒りに負ける人、怒りを生かす人』安藤俊介


4022513675
怒りに負ける人、怒りを生かす人


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事にて取り上げたコミュニケーション本

著者である安藤俊介さんのデビュー作『アンガー・マネジメント』は、中古価格が4700円超という人気ぶりなので、本書も見逃せませぬ!

アマゾンの内容紹介から。
日々くり返される「イライラ」「カチン!」について悩んだときに開きたい「怒り」のバイブル。「怒らない」のにうまくいかない人「怒る」のにうまくいっている人―その差は何?世界で15人、米国人以外で唯一のアンガーマネジメント・トレーニングプロフェッショナルが語る「怒りの本質論」

ついカリカリしてしまう方なら、要チェックです!





angry face / _gee_


【ポイント】

■1.怒りは消えても、壊れたものは元に戻らない
「怒り」にかぎらず感情は、放っておけば小さくなっていく傾向があるのです。
 ずっと怒っていたり、ずっと悲しんでいたり、ずっと喜んでいたりはできない。
 しかし、「怒り」に駆られて、言ってはいけないことを言ったり、取り返しのつかないことをやったり、何かを破壊したり、そうした行動の結果、壊れた人間関係や仕事、物体は元に戻ることはないのです。
 それは、時代を超えて受け継がれている「真理」なのだな、と感じます。


■2.「とっさに怒る」の悲劇を防ぐためには、6秒待つ
「怒り」の感情を抱いたときに、最もやってはいけないことを、たった1つあげるとしたら何だと思いますか?(中略)
 それは「反射」です。だから、
・反射的に何か悪いことを言う
・反射的に悪影響のある行動をとってしまう
 こうした行動をなくすこととが、まず重要です。(中略)
 そのため、よくセミナーなどでご紹介するテクニックの1つに、「怒りを感じたら、まず6秒数えてください」というものがあります。
 怒りの感情のピークは6秒といわれているからです。日々のささいな怒りなら、6秒心の中でゆっくりと数えるだけでも、収まることも多いのです。


■3.ムダな怒りは、複雑な計算や翻訳でそらす
怒りをそらすのに参考になるアンガーマネジメントのテクニックがあります。「カウントバック」と呼ばれるものです。
 例えば、「100、97、94、91、88……」というように100から3ずつ引いて計算しながら数を数えるのです。あるいは、「ワンハンドレッド、ナインティナイン、ナインティエイト……」と英語で数を数えてもOKです。
 これは、とにかく少し複雑な計算をする、翻訳することで「意識を怒りの対象から遠ざける」ためのテクニックです。
 なぜ、怒りから気をそらすのに、計算や翻訳が有効なのでしょうか。
 それは私たちの脳の仕組みに関係しています。

(詳細は本書を)


■4.怒るときは「原因」より「目標」、「過去」より「未来」について語る
 妻とケンカした際に、「なんで、あなたは家事を手伝ってくれないの?」と「原因」を問われても、夫には責められた思いしか残らないものです。
 それならば、「家庭と仕事の両立でつらいの。あなたと楽しく結婚生活をするために、家事をもう少し手伝ってほしいの」と「2人の理想の結婚生活」を語りながら「家事を手伝ってほしい」と言われたほうが、納得感があるはずです。
 怒るときは、「原因」よりも「目標」や「理想」を大切にしてください。
 そして、「過去」よりも「未来」について語ることも重要です。


■5.怒りを損切りする勇気を持つ
 たとえ心底怒りたくなることがあっても、どこかで損切りしたほうがいい。
「あいつだけは許せない」と思ったとしても、他人も過去も変えられません。
 また、復讐したいとか、見返してやりたい、などの気持ちも非建設的です。
 どこかで、「運が悪かった」「失敗だった」「ひどい目にあった」とあきらめて、ふんぎりをつけて、前を向く。
 その怒りは、私の人生を幸せにするか、を考える。
 アンガーマネジメントを、「人生」というスパンで考え、怒りを損切りする勇気をもつことも重要なことです。


【感想】

◆本書の著者である安藤さんのデビュー作のタイトルでもあり、安藤さんが代表理事を務める協会の名称でもある「アンガーマネジメント」。

これは「怒りの感情と上手に付き合う心理トレーニング」を意味します。

そしてこのような立場であるにもかかわらず、10年以上前の安藤さんは、ちょっとしたことでイライラしては、人間関係がぎくしゃくしていたのだそう。

つまり本書のタイトルでいうところの「怒りに負ける人」だったわけです。

それが「アンガーマネジメント」を学ぶことにより、「怒らない」自分へと変身。

また、怒るにしても「こう表現すればよかったんだ」と気づき、「怒りを生かす人」になったのだとか。


◆ここでのミソは、「怒りを我慢すればいい」わけではない、ということ。

どんなことにも「怒らない」と、今度は「怒りをため込んでしまう」ことになります。

すると自分自身に多大なる負荷・ストレスを与えることに。

その結果、体調がすぐれなかったり、心の病になってしまったりする、とのこと。

結局それもまた、「怒りに負ける人」にすぎません。


◆そこで怒るときには、上記ポイントの4番目のように「原因」より「目標」、「過去」より「未来」を意識すべし!

さらに、何を相手に言うかについては、「怒りの細分化」を行うと良いのだそう。

たとえば、「共働きの夫婦で夫が家事育児を手伝ってくれない」という場合、「怒るポイント」をしぼるために、マトリクスに当てはめます。

具体的には「自分で変えられる/変えにくい」を縦軸に、「難易度が高い/低い」を横軸に4象限に設定し、「自分で変えられる」かつ「難易度が低い」ものから相手に伝えていくという。

たとえば「子どもが泣いているのに起きない」というのは「自分で変えられる」ものの、寝ている状態のことなので「難易度は高い」ですし、「ゴミの出しのやり方が下手」というのは「難易度は低い」ものの、相手の評価次第なので「自分で変えにくい」ことになります。

さらに、「家に帰ってくるのが遅い」というのは、会社の都合もあり、すぐには仕事を減らせないでしょうから、「自分で変えにくい」上に「難易度は高い」ことに。

結局、「テレビを観ている」や「ゆっくり食べている」といったものが、「自分で変えられる」し、かつ「難易度は低い」ので、この辺から伝えていけばいいわけです。

……私も何かヨメに言いたいことがあったら、これに従おうっとw


◆その上で意識しておきたいのが、上記ポイントの2番目にあった「反射」です。

安藤さんいわく、アンガーマネジメントを学んで10年以上、9万人を超える人の怒りに向かい合ってきたうえで、最もやってはいけないことをたった1つを選ぶとしたら「これ」なのだとか。

その結果、上記ポイントの1番目のように「言ってはいけないことを言ったり、取り返しのつかないことをやったり」してしまったら、「壊れた人間関係や仕事、物体は元に戻ることはない」のですから要注意!

「ついカッとなってしまって……」という言い訳をたまに目にしますが、そうならないようにしたいものです。


「怒りやすい人」や「怒りたいのに怒れない人」は要チェック!

4022513675
怒りに負ける人、怒りを生かす人
第1章 「怒りに負ける人」「怒りを生かす人」の違いとは?
第2章 日々、イライラする、ささいなことにムッとくる場合
第3章 大きな怒りを感じたり、怒りが積もり積もった場合
第4章 「怒りたいのに、怒れない」と悩んでいる場合
第5章 「怒りを生かす人」であるために大切な8つの習慣


【関連記事】

『「怒り」のマネジメント術』に学ぶ「怒りと付き合う7つのTIPS」(2011年09月14日)

【怒りの制御】「アンガー・マネジメント」安藤俊介(2008年10月14日)

【コミュニケーション】『アドラー流 たった1分で伝わる言い方』戸田久実(著),岩井俊憲(監修)(2015年03月06日)

【下から目線?】『相手を怒らせずに言いにくいことを伝える100の方法』植西 聰(2014年05月23日)


【編集後記】

◆告知記事のときにアナウンスしていなかったので、お知らせを。

【Kindle】「幻冬舎新書540円均一フェア」始まりました(2016年03月11日)

こちらのセール、アマゾンの公式ページでも「3月17日まで」となっていますが、現在延長中です。

ただし、koboでは本日である「3月25日9時59分まで」、となっていたので、そろそろ本当に終わる可能性が高いかと。

……もっとも値段設定の関係上、お買い得本は少ないのですがw


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「コミュニケーション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)コミュニケーションこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52211382