スポンサーリンク

2016年03月14日

【外資系?】『外資系トップの思考力―――経営プロフェッショナルはいかに最強の解を生み出すのか』ISSコンサルティング(編)


4478067627
外資系トップの思考力―――経営プロフェッショナルはいかに最強の解を生み出すのか


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、リアル書店で見かけて気になっていた1冊。

一足先に土井英司さんのメルマガで取り上げられてしまったので、ご存知の方も多いと思います。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
意思と熱意があってこそ本質を見抜ける!
世界が認めたリーダーに共通する「勝つ力」
先読み力、共感力、仮題設定力、意思決定力・・・
10人の外資系トップが、キャリアを通じて鍛え上げた思考力を語る

なお、既にややお買い得なKindle版も発売されております!





Multitasking / IntelFreePress


【ポイント】

■1.思考停止しない
 何かを思考するには、まず考えるべき問題を設定しなければなりませんよね。その前提となる情報が間違っていたら、問題設定が狂ってしまうから、いくら正しい答えを出しても意味がありません。大事なことは、最初に正しい問題を提起できるかどうかです。
 ところが、こうした考えるプロセスを踏むことが日本人はどうも苦手なのではないでしょうか。疑ってみようとしない。言われたことをそのまま受け入れてしまう。要するに、思考停止してしまっています。考えることをやめてしまっている。だから問題設定ができないし、結果としてブレイクスルーも起こせない。

――麻野信弘 ダイソン株式会社 代表取締役


■2.考える時間を増やす
 それこそ、求められているのは思考ですよ。ところが、ホワイトカラーは実は考える仕事をしていない。やっているのは、ほとんど作業です。プレゼンのためのスライドを作るのも作業だから、ネスレ日本では3枚以上のスライドは禁止しているほどです。私に言わせれば、1分間あればかなりのことを考えられる。
 だから、考える時間を増やすだけで、思考力は雪だるま式に高まっていくし、引き出しも多くなると私は思っています。思考力はトレーニングを受けて高まるものではない。自分で考えていくしかないんです。

――高岡浩三 ネスレ日本株式会社 代表取締役社長兼CEO


■3.起きていることが自分にどう結び付くか、常に置き直す
 思考力というのは、結びつける能力だと思っています。アカデミックに学んだ内容も、自分のチームにどう使えるか、自分事に置き直してみる。そういう意識を常に持っていたんですね。
 起きていることが自分にどう結びつくか、置き直してみる訓練を普段からしておいたほうがいいと思います。マクロな話でもミクロの話でもいい。いずれの場合も、自分事として考えるには、やっばり訓練していないと急にはできません。
 目の前の議論で過去の経験が問われているのに、その話がとっさに出てこない人がいますね。それは、日頃から継続的に訓練していないから。アンテナが立たないんです。

――西村豊 リシュモン ジャパン株式会社 代表取締役社長リージョナルCEO


■4.ビジネスパーソンに求められる3つの思考力
 ビジネスパーソンに求められる思考力といえば、大きく3つ挙げられます。
 ひとつ目は、課題を設定する力。多くのリーダーがおっしやることでしょうが、みずからが何を課題にするか、正しく設定することが非常に重要です。
 2つ目は、ユニークな解を創り出す力。ビジネスというのは、どこまで行っても競合との競争ですから、相手に勝つためのユニークな解を創り出さないといけない。
 そして3つ目が、実行できる解を選び出す力。ビジネスの世界では、結果を出せなければ何の意味もありません。だから、実行力に対する感性がないといけない。

――御立尚資 ボストン コンサルティング グループ 日本代表


■5.自分に見えていない世界がある、ということを常に認識しておく
 もうひとつ若い人たちにアドバイスがあるとすれば、何かを考えるときは自分に見えていない世界がある、ということを常に認識しておくほうがよい、ということ。ひょっとしたら、こういう場合があり得るかもしれない、という不測の事態について心のどこかで備えておくと、問題が起こったときに修正をかけるにしても素早く動ける。
 私も若い頃、思い込みで失敗してしまったことがよくありました。そういうときは、一歩引いてみて、「なるほど、あっちから見たらこう見えるな」「この人たちはこういう立場でものを考えていたんだな」と、一度相手の立場に立って想像してみる。相手を否定せず、冷静に次の手を考えることで巻き返すことができました。

――三村浩一 スリーエム ジャパン株式会社 代表取締役社長


【感想】

◆冒頭で触れた土井さんのメルマガで、今さら知ったのですが、本書は「外資系トップ」シリーズの中の1冊であり、しかも第4弾であるということ。

4478733341
外資系トップの仕事力―経営プロフェッショナルはいかに自分を磨いたか

4478006970
外資系トップの仕事力II―経営プロフェッショナルはいかに自分を高めたか

B0081WLXF0
外資系トップの英語力

今般、ご紹介するために、改めて個々の作品をチェックしたのですが、どれもおしなべてレビューが高評価です。

それも考えてみたら当たり前で、本来、単独で商業出版できるであろう「外資系トップ」が10人近く集められて、一人当たり24ページほどしか話ができないのですから、それは中身も濃くなります罠。

しかも原稿作成を担当しているのが、お馴染み上阪 徹さん(本書の場合)ですから抜かりありません。

後はテーマが好みかどうかなのですが、本書の場合「思考力」ということで、当ブログにもマッチしているワケです。


◆そこで今回は、それぞれのトップのインタビューの中から、特に「思考力」に関連した部分を、上記ポイントのように抜き出してみました。

モロかぶりな部分は、できるだけ避けたかったものの、それでもポイントの1番目の麻野さんも、2番目の高岡さんも、要は「皆、考えてない」とバッサリです。

……まー、外資系の方から見たら、日本企業で働く人のの多くが、そう見えてしまうのかもしれませんが。

ちなみに、スペースの関係で1人1箇所しか抜き出さなかったため割愛しましたが、その麻野さんのお話の中に「二者択一ではなく、常に第三の道を考えている」というのがあって、これもホントなら触れたかったところです(「growモデル」を使うのだそう)。


◆また本書の冒頭で、編者であるISSコンサルティングさんから「外資系企業のトップなのに『直感』や『感覚』という言葉が多く出てきたのが意外」という指摘もありました。

もっとも、こうした「直感」的なものは、深く考え抜いた蓄積や、現場で肌感覚で得た情報があってのものですから、ありえない話でもないような。

それよりもインタビュー内容で、外資系であるにもかかわらず「現場で叩き上げられた泥臭いお話」が目に付いたことの方が、私にとっては意外でした。

たとえば上記の麻野さんは、ダイソンに転職した際、徹底的に現場を見て回ることから始めていますし、高岡さんもネスレでまったく売れなかった「マギーブイヨン」を担当された際に、売れるきっかけを見つけたのは、スーパーで見かけた他社の商品説明のリーフレットからでした。

特に高岡さんのケースは、その後売上高が急増し、数千ケース単位で商品が動くようになったそうですから、この話だけでも本が書けそうなw(詳細は本書を)。


◆もう1つ興味深いエピソードが、割愛したGEの熊谷さん(下記目次参照)のパートでありました。

まだ若い頃に米国北東地域のセールスを担当した際、米国人の部下に頼まれて値上げのお願いを客先にしに行ったら、相手からガンガンにまくしたてられ、同じように応戦したところ、惨敗したのだとか。

加えて似たような経験を他の客先ともしてうまくいかず、部下との信頼関係も作れなかったのに、またぞろ例の客先との価格交渉の必要がでてきた、と。

そこで熊谷さんは、開き直って日本風営業に徹してしまうことを決意。

これまた同じように相手が攻めてきたのを「おっしゃる通りです」とずっと聞いていて、相手が話疲れたところを見計らって丁寧に話し始めたら、相手が折れて値上げを呑んでくれたのだそう(同席した米国人部下が一番びっくりしていたとのこと)。

他にも付箋を貼りながらも割愛したお話が多々ありましたので、詳しくは本書にてご確認下さい。


外資系を目指す方なら、マストな1冊!

4478067627
外資系トップの思考力―――経営プロフェッショナルはいかに最強の解を生み出すのか
麻野信弘 ダイソン株式会社 代表取締役
上野金太郎 メルセデス・ベンツ日本株式会社 代表取締役社長兼CEO
熊谷昭彦 日本GE株式会社 代表取締役社長兼CEO
高岡浩三 ネスレ日本株式会社 代表取締役社長兼CEO
留目真伸 レノボ・グループ 代表取締役社長
西村豊 リシュモン ジャパン株式会社 代表取締役社長リージョナルCEO
日色保 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 代表取締役社長
平野拓也 日本マイクロソフト株式会社 取締役代表執行役社長
御立尚資 ボストン コンサルティング グループ 日本代表
三村浩一 スリーエム ジャパン株式会社 代表取締役社長


【関連記事】

【ガイシの掟?】『外資系の流儀』に学ぶ7つのコツ(2012年09月15日)

【外資で働く?】『外資で結果を出せる人 出せない人』山元賢治(2011年06月05日)

【キャリア】『戦略コンサルタント、外資系エグゼクティブ、起業家が実践した ビジネスエリートへのキャリア戦略』渡辺秀和(2014年09月14日)

【仕事術】『誰でも使えて成果が出る 外資系コンサルタントの仕事術』井上龍司(2015年12月16日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B0184BHSQU
魔法の世紀

著者の落合さんのことを知らなくて、ググったりYouTubeで動画を観たりしたのですが、ジャンル的に当ブログの読者さんにはちと微妙かも。

ただ、レビューがすごく高評価で、かつ中古もとんでもなく高いので、一応ご紹介まで。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52210278