スポンサーリンク

2015年12月28日

【働き方】『藤原先生、これからの働き方について教えてください。 100万人に1人の存在になる21世紀の働き方』藤原和博


4799318187
藤原先生、これからの働き方について教えてください。 100万人に1人の存在になる21世紀の働き方 (DISCOVER21世紀の学校)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、これからの働き方を考える上でも見逃せない1冊。

自称「教育界のさだまさし」こと藤原和博さんが、「自分自身の付加価値を上げ、『希少性』を高める」方法を指南して下さいます。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
「状況がさまざまに異なり変化する、「正解」なき「成熟社会」では、自分の頭の中で知識・技術・経験のすべてを組み合わせ、それぞれの状況に合わせて、自分も他者も納得できる「納得解」を導き出す「情報編集力」が必要です。」
本書では、リクルート社フェローから民間人校長へと転身し、教育界に前代未聞の変革を巻き起こし続ける藤原和博氏が、21世紀の「成熟社会」を生き抜くための働き方を講義します。

自分自身がコモディティ化しないためにも、要チェックです!





All work / mabahamo


【ポイント】

■1.キャリアを3つ掛け合わせる「三角形モデル」を目指す
 まずは三角形の「底辺」をつくりましょう。ここがあなたのライフラインです。
三角形の左下(左の軸足)=「経済がどうなろうと食っていけるプロの仕事」
三角形の右下(右の軸足)=「前者と掛け算すると相乗効果のある仕事」(中略)
 三角形の底辺を「ライフライン」と呼ぶのは、今後、これなしでは生き残れない時代がやって来るからです。(中略)
 三角形の頂点は、抽象的な目標ではなく、現実的な仕事や状態を指します。
 私で言えば「義務教育初の民間校長を5年務めること」だし、堀江さんで言えば「独房で読書しながら自問自答を繰り返し哲学すること」だったわけです。


■2.成熟社会では「情報処理力」より「情報編集力」
 正解が1つの成長社会では、正解を早く正確に言い当てる力、すなわち「情報処理力」がもっとも重要でした。(中略)
 しかし、成熟社会に入り、あらゆる場で「正解」がない問題のほうが多くなっている。
 ビジネスの世界で、正解が1つで、意思決定はどの経営者がやっても大体同じ、なんてことはないと思います。学校現場でのいじめの解決でも、介護でも、それは同じです。(中略)
 こういう時代により重要になるのは、情報を「処理」する能力ではなく、「編集」する能力です。
 自分の頭の中で、知識・技術・経験のすべてを組み合わせて、そのときそのときの状況の中でもっとも納得できる「解」を導き出す能力のこと。

 自分だけが納得していてもダメです。関わる他者も納得できるものでなければならない。そうした解を私は、「納得解」と呼んでいます。


■3.付加価値を生むブレストの秘訣は「ナナメの関係」にあり
 まず、条件です。
 それは、同じ部署の人や気の合う同期ではなく、「ナナメの関係」の人を巻き込むこと。
 縦の関係でも横の関係でもない、適度な緊張感のある関係性の人をメンバーにするのです。
 上下でも同期や友人でもない(利害関係のない第三者との)関係を「ナナメの関係」といいます。
「縦割り組織」というように、組織はよく上下の関係にたとえられます。そして同期生や同僚など「横の関係を意識することが大事だ」とも盛んに言われます。組織を家の構造になぞらえると、縦の関係が「柱」で横の関係が「梁」ですよね。しかし、組織風土で一番大切なのは柱でも梁でもなく、それらをナナメに支える「筋交い」なのです。
「筋交いの関係(ナナメの関係)」こそ、人間関係を豊かにし、組織を強くします。


■4.プレゼンは「相手の頭の中に像を結ばせる」
 身近な例を挙げておきます。電車のドアが閉まるとき、職員が「危ないですから、駆け込み乗車はおやめください」といったアナウンスをすることがあります。
 この表現は、「駆け込み乗車=事故につながって危ない=やめてほしい」という職員側の"事情"の「説明」です。聞いた乗客は、「ちょっとくらい駆け込んでも別に危なくないよ、こっちは急いでいるんだ!」と思うかもしれません。
 これを乗客に通じるプレゼンにするには、どういう表現が考えられるでしょう?
 たとえば、「もう次の電車が来ております」というアナウンスにすれば、「次の電車にすぐに乗れる=間に合う」という"像"を相手の頭の中に結ばせ、「じゃあ、慌てる必要はない」と思わせることが可能です。職員側の「駆け込み乗車をやめさせる」というニーズにも合致します。


■5.繰り返しの改善で進化を遂げる
 物心ついたときから完成品をいやというほど目にしてきた世代は、常に完成品という正解があると勘違いしやすいのです。しかし、コンピュータも携帯電話も新幹線も、すべての商品は修正し続けた結果としてようやくその形になり、今も変化し続けています。
正解が出るまで100回の会犠を積み重ねるのはムダ。
まずは小さく始めてしまってから、100回修正を続ける。
この姿勢こそ、市場に受け入れられる商品にスピーディにたどりつく王道です。
 今日1つ改善したら、明日もう1つ改善する。1年365日、毎日改善し続ければ、300以上の改善ができます。3年続ければ、1000以上よくすることができます。これだけ改善できれば、会社でも学校でも、商品だってサービスだって、よくならないわけがありません。


【感想】

◆冒頭で挙げた「100万人に1人」のお話は、上記ポイントの1番目のことでした。

ただし、そこでは概略的にしか述べていないので簡単に触れておくと、まず20代の5〜10年で1万時間をかけて、上記で言うところの「左の軸足」を固めます。

次に30代の5〜10年の1万時間で、「右の軸足」を固め、さらにもう1万時間かけて「三角形の頂点」をつくり、これにより「大三角形」が完成する、という仕様。

それぞれの軸で「100人に1人」レベルになることを目標としているため、100×100×100=「100万人に1人」となるワケです。

もちろん1つの分野で道を究めて、それで「100万人に1人」になる(たとえばスケートの羽生結弦君等)ことも理論的には不可能ではないものの、現実的ではありません。

それよりは、「3つの分野の掛け算」で「100万人に1人」を目指すべき、という指摘はうなづけるものです。


◆ちなみに藤原さんは、以前この本で似たようなことを言われていました。

4492045082
藤原和博の必ず食える1%の人になる方法

参考記事:【キャリア】『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』(2013年09月01日)

とはいえ、この作品では各分野にあまり差はなく、どちらかというとベン図で3つの円の重なりあった部分を目指すようなイメージだった記憶が。

それが今回、まず「ライフライン」があって生活を確保し、そこから上を目指すというニュアンスにシフトしています。

これはどうも、グローバルな市場から労働力が流入したり、IT化やロボット化によって、より仕事自体がなくなることを危惧されているからかと。


◆という前提があって、いよいよ第1章以降は、個別のレクチャーが開始されます。

まず第1章のテーマは「情報編集力」。

上記ポイントの2番目で登場していますが、藤原さん曰く、それまで重要だった「情報処理力」が「ジグソーパズル」だとすると、「情報編集力」は「レゴ」である、と。

そしてその「情報編集力」の鍛え方が述べられているのが第2章で、具体的な方法の1つがブレインストーミング。

上記ポイントの3番目では、ブレストを行う上での「条件」である「ナナメの関係」に触れられており、私はこのTIPSは初耳でした。


◆さらには、そうやってでき上がった「納得解」を伝えるための「コミュニケーション」について触れられているのが第3章です。

なお、ここではコミュニケーション全般に関するTIPSがいくつか紹介されており、個人的には「マイナスモードの話を、面白おかしく話す」という「自分プレゼン」が目からウロコでした。

確かにプラスモードの自分の話は「自慢話」と取られかねませんが、マイナスモードなら大丈夫。

ただし単なる「不幸自慢」で終わらせず、明るく締めくくるようにするのが、腕の見せどころでしょう。


◆一方、最後の第4章で割愛した中で興味深かったのが、一瞬で「部下の意識」や「会社の風土」を変えてしまう「シンボルのマネジメント」のお話です。

これはいろいろなことをやるのではなく、一点突破を狙う方法で、たとえば藤原さんがいたリクルートでは、「ハイレベルな技術者の採用」を狙って、1985年に日本ではまだどこも使っていなかったクレイ社のスーパーコンピュータを導入したのだとか。

実際それにより、たとえば東工大のコンピュータ関係の学生のおよそ半分がリクルートを志望したそうで、見事目論見は成功。

これは極端な例ですが、私たちの仕事でもこうした「シンボルのマネジメント」は意識したいですし、本書にはもうちょっとパーソナルな事例もありますので、ご参考まで。


これからの働き方を考えるための1冊!

4799318187
藤原先生、これからの働き方について教えてください。 100万人に1人の存在になる21世紀の働き方 (DISCOVER21世紀の学校)
INTRODUCTION
LECTURE 1 「情報編集力」の時代に脳みそをアップデートする
LECTURE 2 納得解を紡ぎ出す情報編集力の鍛え方
LECTURE 3 「納得解」を共有するための伝える技術
LECTURE 4 「経営者意識」で飛躍する


【関連記事】

【キャリア】『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』(2013年09月01日)

【必読!】『10年後に食える仕事、食えない仕事』渡邉正裕(2012年02月04日)

【全世代必読?】『40歳からの会社に頼らない働き方』柳川範之(2013年12月07日)

【2軸で考える!】『「キャリア未来地図」の描き方』原尻淳一,千葉智之(2013年01月22日)

【働き方】『サラリーマンは、二度会社を辞める。』楠木 新(2012年11月11日)


【編集後記】

◆そういえば、今さらなのですが、アマゾンの2015年のランキングが発表されていますね。

とりあえず、「ビジネス・経済」のランキングがこちら。

Amazonランキング大賞2015(年間) - 本:ビジネス・経済|Amazon.co.jp

一方、Kindle本の「ビジネス・経済」のランキングは、このようになっています。

Amazonランキング大賞2015(年間) - Kindle本:ビジネス・経済|Amazon.co.jp

上位20冊だけなのですが、あまりにかぶってなくてワロタw


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

この記事のカテゴリー:「アイデア・発想・創造」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52202492