スポンサーリンク

2015年11月07日

【50%ポイント還元】対象商品2,600冊以上!「文春祭り」開催中





【はじめに】

◆またぞろ金曜日の夜になって、きんどうさん情報によって、新たなKindleセールを知ったワタクシ。

Amazon.co.jp: 【50%ポイント還元】文春祭り 2600タイトル以上(11/8まで): Kindleストア

「11月8日まで」ということなので、急いで昨夜「全2,626冊」をチェックしたものの、とても記事にできる時間はありませんでした。

そこで書こうと思っていたレビューはいったんお預けにして、取り急ぎ既読本並びに、未読本記事で取り上げた書籍や、気になる作品をピックアップしてみた次第。

なお、会社名が「文芸春秋」というだけあって、7割ぐらいは文学・評論系だったのですが、料理本やスポーツ本でも食指が動くものがチラホラありましたw

いずれにせよ、セールは明日までなので、お買い求めはお早めが宜しいかと。





Amazon Kindle 2 / jfingas


【「文春祭り」より】

B012CHHXD0
赤を身につけるとなぜもてるのか? (文春e-book)

◆ついこないだご紹介したばかりだけあって、中古の値段がまったく値崩れしておらず、50%分丸々お得な作品。

土井英司さんもメルマガでプッシュしてますし、個人的にもオススメです。

参考記事:【スゴ本】『赤を身につけるとなぜもてるのか?』タルマ・ローベル(2015年08月11日)


B00UWP0YO0
羽生善治 闘う頭脳 (文春e-book)

◆送料考えたら、この本も中古よりお買い得。

書影に「ビジネスに役立つ発想のヒントが満載」とあるのも気になるところです。


B00V85FEX4
凡文を名文に変える技術 (文春新書)

◆下記未読本記事にて取り上げていた作品。

レビューもなかなか高評価なので、エッセイやブログを書かれる方なら要チェックかと。

参考記事:【全18冊】未読本・気になる本(2015年03月24日)(2015年03月24日)


B00OCAI07O
フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち

『マネー・ボール』でお馴染みのマイケル・ルイスが新たに選んだターゲットは「超高速取引業者」でした。

HONZの記事はホッテントリ入りしましたし、当時購入を迷われた方は、この機会にぜひ!

参考記事:【全16冊】未読本・気になる本(2014年10月01日)(2014年10月01日)


B00S0RKOTW
ペテン師と天才 佐村河内事件の全貌 (文春e-book)

◆第45回大宅壮一ノンフィクション賞(雑誌部門)受賞作品。

アマゾンレビューも軒並み評価が高いですし、私も時間があったらぜひ読みたい1冊です。


B00MBAQZ6A
詐欺の帝王

◆主人公が「オレオレ詐欺の帝王」と聞くと、頭悪そな印象を受けたのですが、あにはからんや。

「ワンクリック詐欺」「未公開株詐欺」「社債詐欺」そして「イラク・ディナール詐欺」とまさに詐欺のデパート状態で、最後まで飽きずに読み切れること必至です!

参考記事:本当は残酷な『詐欺の帝王』の話(2014年06月22日)


B00KVTG586
臆病者のための億万長者入門

◆私も大好きな橘玲さんの「臆病者のための〜入門」シリーズ第3弾!

ポイント還元すれば、送料加算前の中古より断然お買い得です。


B00JFNAU1C
1985年のクラッシュ・ギャルズ

◆この本は文庫本が出た当時、HONZでレビューを読んだことがありました。

確かに私が若かった頃は、女子プロレスもアイドル並みの人気があったんですよね(遠い目)。


B00I5H3ZXY
売る力 心をつかむ仕事術

◆セブンの鈴木さんの本というと、ジャーナリストの勝見さんの書かれたものが多いのですが、こちらは鈴木さん本人の作。

類書が多いので、何冊か読んでいるとネタもかぶるのですが、鈴木さん関係の本を1冊も読まれた事のない方なら、目からウロコが落ちまくるのではないか、と。

参考記事:【セブン-イレブン流】『売る力 心をつかむ仕事術』鈴木敏文(2013年10月18日)


B00IOG1DD0
世界を変えた10冊の本

◆すいません、この本買ったままで、積読状態になっていました。

中古にそれなりのお値段が付いているため、送料考えたら、明らかにお得ですね。


B00IJO2ZXE
ビブリオバトル 本を知り人を知る書評ゲーム

◆今気が付いたんですが、一番参考になったレビューって、酒井穣さんが書かれてますねw

私はどうせ他の方に本をオススメするのなら、このブログでもいいかな、と割り切ってますけど、試みとしては面白いと思います。

参考記事:【書評ゲーム?】『ビブリオバトル 本を知り人を知る書評ゲーム』谷口忠大(2013年04月22日)


B00BALV3YU
刑務所なう。シーズン2 前歯が抜けたぜぇ。ワイルドだろぉ?の巻 (文春e-book)

◆今となってはなつかしい、ホリエモンの刑務所日記の続編。

下記レビューでは、巻末の「刑務所図書館」から本をセレクトしておりますが、なかなか興味深いものとなっています。

参考記事:【全13冊】『刑務所なう。シーズン2』から本を選んでみました(2013年02月23日)


B009A4969I
刑務所なう。 ホリエモンの獄中日記195日 (文春e-book)

◆こちらはその前作で、続編同様、中古にそこそこのお値段がついているため、送料考えたらKindleの方がお買い得という。

なお、私は買っていないものの、出所後の作品も出ております。

参考記事:【ホリエモンの今】『刑務所なう。』堀江貴文(2012年03月21日)


B00TIDU48S
タクシー王子、東京を往く。 日本交通・三代目若社長「新人ドライバー日誌」 (文春e-book)

◆出た当時はあまり食指が動かなかったのですが、後にαブロガーの渡辺千賀さんの書評を読んで、興味津々。

これが今ならワンコインで読めるんですから、セールってありがたいですねw


B00CB9Q2P0
生命保険のカラクリ

◆お馴染みライフネット生命の岩瀬さんの手による「本業絡み」の1冊。

今から保険に入る、もしくは追加する予定のある方は、その前に一読をおすすめします。

参考記事:【世帯主必読?】「生命保険のカラクリ」岩瀬大輔(2009年10月18日)


B00YTWIEWQ
夢を食った男たち 「スター誕生」と歌謡曲黄金の70年代 (文春文庫)

◆今の若い方はご存知ないでしょうが、昔「スター誕生」というオーディション番組があったんですよ(遠い目)。

著者の阿久 悠さんは、作詞家としても超一流ですが、下記参考記事の本を読んで、むしろプロデューサー的な才能を感じました。

参考記事:【クリエイティブ】『「企み」の仕事術』阿久 悠(2012年06月05日)


B00CB9Q2VO
臆病者のための株入門

◆上記『臆病者のための億万長者入門』同様、橘玲さんの初心者向け投資本。

結構昔の新書なのに、中古がそれなりの値段なので、今般送料考えたらKindle版の方がお買い得となっております。

参考記事:「臆病者のための株入門」橘 玲(著)(2006年05月01日)


B016NW8N7K
充電完了。 電子書籍の明日はどっちだ……【文春e-Books】

◆当ブログでもライティング系の作品をご紹介したことのある永江 朗さんが、電子書籍についてまとめた本。

電子オリジナルとはいえ、どうも出たのが先月末らしいので、とりあえず買っておきますw


B016NW8N84
芸能界のグルメ王が世界に薦める! 東京 最強の100皿 (文春e-book)

◆先月出たばかりのグルメ本。

元々のKindle価格が、単行本の「28%OFF」なのに、それに「50%ポイント還元」して、実質「ワンコイン状態」でありますw


B00PLGP9EU
芸能界のアテンド王が教える 最強の店77軒 (文春e-book)

◆もう1冊、同じ渡部氏によるグルメ本も同じ価格設定……って、これ、単行本をプロパーで買ってるんですよねw

ただ、今さらなんですけど、わざわざ持ち歩くのもスマートじゃないですし、こういう本こそKindleで常備しとくべきじゃないか、と思っている次第……。


B009FUWQ9O
普通のダンナがなぜ見つからない?

◆この本、出た当時「勝間塾」で課題図書になったそうで、今下記記事を読んでも、確かにいい事言われてますw

先日も「アラフォー女性が婚活サイトで理想の男性を検索した結果→これが現実だ!」なんて記事も上がっていましたし、現状を知る意味では、一読の価値はあると思います。

参考記事:【勝間塾推奨?】『普通のダンナがなぜ見つからない?』西口 敦(2011年07月09日)


B00WYT2KZS
帳簿の世界史 (文春e-book)

◆こちらは、HONZのレビューがホッテントリ入りしたので、ご存知の方も多いことかと。

こういうハードカバーで重い本こそ、Kindleで読むべきだと思われ。


B00KKGVSSM
インサイドボックス 究極の創造的思考法

◆下記レビューの付箋の画像でお分かりのように、個人的にはオススメの1冊。

アイデア本というと、ただアイデアを出すところで終わりがちですが、本書の場合それを実践にまで落とし込んでいるのがポイント高いです。

参考記事:【オススメ!】『インサイドボックス 究極の創造的思考法』ドリュー・ボイド,ジェイコブ・ゴールデンバーグ(2014年05月15日)


B00RSVS0IS
捏造の科学者 STAP細胞事件 (文春e-book)

◆「第46回大宅壮一ノンフィクション賞 書籍部門」受賞作品。

アマゾンレビューに明らかに素人ではない専門家の方々がちらほら散見されているのがすごいです。


B00RYT6MY8
英会話不要論 (文春新書)

◆下記の成毛眞さんの作品を彷彿とさせるタイトルで、思わずクリックしてしまいましたw

やたらレビューも高評価なので、気になる方は要チェックです!

参考記事:【脱英語?】『日本人の9割に英語はいらない』成毛 眞(2011年09月07日)


B00SWFAE1U
バカになれ! カリスマ・エンジニア「ゼロからの発想術」 (文春e-book)

◆文芸春秋さんにしては、珍しく(?)仕事術本がw

内容紹介読んでいたら「宣伝費はゼロ。アラブの王族にクチコミさせる。」とかあってワロイましたww


B00I9WMYZA
ハウスワイフ2.0

◆下記未読本記事で取り上げていた1冊。

女性で起業を志す方にオススメしたい作品です。

参考記事:【全16冊】未読本・気になる本(2014年02月16日)(2014年02月16日)


B00HVR4M7C
外国人社員の証言 日本の会社40の弱点

◆現地にいる人は普通に知っているのでしょうが、普通、日本国内にいたら知らないであろう「外国あるある」が満載の1冊。

グローバルな上司や部下と働く方なら、必読ではないでしょうか?

参考記事:【弱点?】『外国人社員の証言 日本の会社40の弱点』小平達也(2013年11月20日)


B009DEDPFQ
亜玖夢博士の経済入門 (文春文庫)

◆これまた橘玲さんの作品ですが、少々すっ飛んだストーリー形式になっています。

しかしテーマは、橘さんお得意の経済学ということで、「楽しみながら学べる(?)」ことウケアイです。

参考記事:【快作!】「亜玖夢博士の経済入門」橘玲(2007年12月12日)


B009T70WN0
生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント (文春新書 868)

◆サイバラ流「お悩み相談室」。

今改めて本書の内容を下記レビューで読んだら「これは、イカンやつや……」(性的な意味でw)

参考記事:【サイバラ流?】『生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント』西原理恵子(2012年07月20日)


B009A4999U
もし顔を見るのも嫌な人間が上司になったら ビジネスマン危機管理術 (文春新書)

◆会社勤めをする以上、人間関係の問題は避けては通れませぬ。

悩まれている方が、本書を読んで、少しでもラクになりますように。

参考記事:【危機管理術】「もし顔を見るのも嫌な人間が上司になったら」江上 剛(2010年07月29日)


B0099O0ERW
聞く力 心をひらく35のヒント (文春新書)

◆ご存知、150万部突破の大ベストセラーもセール対象に。

送料払って1円本を読むか、Kindleで400円ちょっとで読むかの選択肢ですかね……。


B009DEDLPU
断る力 (文春新書)

◆お馴染み勝間さんのヒット作なのですが、下記参考記事の書影でお馴染みの「だが断る」ポーズがないと、ずい分印象が違いますねw

それはさておき、本書を読んでやる気になっても、実際にはなかなか断れないのが、私たち小市民なのですが。

参考記事:【オススメ】「断る力」勝間和代(2009年02月19日)


B009DED12I
勝つための論文の書き方 (文春新書)

◆タイトルで気になってクリックしたところ、なんと12年前の本だと言う。

しかも、初っ端のレビューのタイトルが「バーバラ・ミントにも対抗できる!」ですから、これは読んでみたいところですw


B009DECSHW
28年目のハーフタイム (文春文庫)

◆今ではスポーツジャーナリストとしては、大御所の1人となってしまった金子達仁さんの「事実上のデビュー作」。

テーマといい内容といい、サッカーファンなら「必読」とも言える作品だと思います。


B00CXLJCFS
「空気」の研究

◆下記レビューの本である、鴻上尚史さんの『「空気」と「世間」』は、本書を意識して書かれているという。

著者の山本七平氏いわく「『空気』とはまことに大きな絶対権をもった妖怪」とのことで、確かに言い得て妙だな、と。

参考記事:【結構スゴ本】『「空気」と「世間」』鴻上尚史(2010年09月07日)


【関連記事】

【メモ】今月の「Kindle月替わりセール」(15年11月)(2015年11月03日)


【編集後記】

◆上記ではご紹介しにくい未読本を。

B009DED43O
龍時(リュウジ)01─02

B009DED5SS
龍時(リュウジ)02─03

B009DEDBAU
龍時(リュウジ)03─04

サッカー未経験者でも楽しめて、サッカー経験者なら思わず唸るクオリティのサッカー小説。

私はたまたま、雑誌に収録されていた話を一話だけ読んだのですが、ものすごいリアリティに圧倒されました。

今ならどれも、送料以下の金額で買えるので、買って読みふけりたい気持ちはやまやまなんですが、このブログでレビューできない本は、読んでいる時間すらないという(涙目)。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「読書・速読」へ

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ

Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)読書・速読このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。