スポンサーリンク

2015年11月04日

【対話術】『<特別版>年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの対話術』和仁達也


4761271094
<特別版>年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの対話術


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、昨年当ブログでも人気だった『年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書』の続編。

今回は、より実践的なクライアントとの「対話術」について、著者の和仁達也さんが指南してくださいます。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
「相手を動かす言葉」を選び、口にする人には、それができる理由があります。社長が離れられなくなるコミュニケーションの「表」と「裏」。成果を出すコンサルタントは、「対話の型」を持っている!

なお、若干お買い得なKindle版も出ておりますので、ご検討のほどを。





Session 4: Interactive Dialogues on the Way Forward ITU: Development Opportunities and International Standards as Part of the Global Strategy Against Counterfeit and Substandard ICT Products / ITU Pictures


【ポイント】

■1.見込み客のお困りごとを言語化する
 そこでコンサルタントとして、事業を始める前に何をしておけばいいかというと、「自分が対象とするクライアントがどんなお困りごとトップ3を抱えているかを明快に言葉にする」訓練をしておくことなんです。
 できれば1文で表現できるようにしておくこと。そして、それをストーリーで語れるようになればべストです。(中略)
 ストーリーで語るとは、お困りごとに関するたとえ話をこれまでの自分の経験談や、知人の事例を紹介しながら伝えるということ。すると目の前の見込み客は、「ああ、うちの会社でもそれに近いことがあるある!」と親近感を抱いてくれます。
 そうなると、見込み客にとってそのお困りごとのストーリーは、もはや他人ごとではなくて自分ごとになりますから、姿勢が前のめりになるんですね。つまり聞く姿勢が生まれます。


■2.質問の「意図」に答える
 そこで、問題です。次のカッコ内に、どんな言葉が入るでしょうか?
デキない営業マンやコンサルタントは、【   】にそのまま答える。
デキる営業マンやコンサルタントは、【   】に答える。
 では1分間、シンキングタイムです。…考えましたか?では、答えです。
デキない営業マンやコンサルタントは、【相手の質問】にそのまま答える。
デキる営業マンやコンサルタントは、【質問の意図】に答える。
 質問そのものじゃないんです。質問に隠された「意図」が重要なんです。
 なのでそこに答えるには、人から質問をされたら、「相手がなぜそれを尋ねるのか?」の意図であり真意を汲み取ろうとする必要があります。


■3.パートナー型コンサルタントが抱いてもらうべき3つの期待
 では、クライアントからどんな期待を抱いてもらうといいかというと、次の3つです。
 まず1つめは、「この人と話をしたら頭がスッキリ整理されたな、という感じ」を持ってもらえること。これは理想的です。対話するごとに、脳内が快になります。
 2つめに、「見落としている盲点によくぞ気づかせてくれた、という惑じ」です。具体的には、「なるほど!」という言葉を何回も言ってもらえていたとしたら、それはクリアできている証拠です。
「なるほど!」というのは、自分が見落としている盲点に気づかされた時に、思わず出る言葉だからです。
 3つめに、「この人と話をしていると先が見えてきてワクワクしてきた、という感じ」です。


■4.「2ステップ許可獲得法」で相手から「OK」を引き出す
「当社のシステムは○○になっています。それをあなたにも適用していいですか?」
 この「2ステップ許可獲得法」は、いきなり1ステップで「○○をしていいですか?」と言うよりも受け止めやすいはずです。
 なぜなら、前段の当社のやり方・システムを説明している間は、クライアントは他人ごととして聞けるからです。「それをあなたにも適用していいですか?」と言われて初めて自分ごとに変わります。
 相手は自分に振られる前までは一般論として聞いているので、前段は二ュートラルな立場で安心して聞ける。その相手を見ていると、こっちもしゃべりやすい。そんな相乗効果が働くのです。


■5.「安心・安全・ポジティブな場」を作るための5つのポイント
すべて肯定語でしゃべる

相手に恥をかかせない

「先に言えば説明、あとで言えば言い訳」を徹底する。つまり、「前置きトーク」をちゃんと準備する

相手に先にしゃべらせる

表情やしゃべり方に気をくばる

(詳細は本書を)


【感想】

◆冒頭で触れたように、本書は和仁さんの『年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書』の続編にあたるため、そちらを読んでらっしゃる方にとっては、まさに「実践編」という感じ。

和仁さんの推奨する「パートナー型コンサルタント」の考え方に納得し、「では自分も!」と思われた方にとって有り難いであろう「具体的なアクション」、特にコンサルタントにとって大事な「トーク」部分にフォーカスされています。

もちろん、前作を読んでらっしゃらない方でも、内容が理解ができるよう和仁さんは意識されてらっしゃる(「はじめに」で、その旨記述がありました)ので大丈夫。

なお、この「パートナー型コンサルタント」と、従来からのコンサルタントにありがちな「先生型コンサルタント」の違いについては、本書のプロローグにて解説がありますので、前作を未読の方、並びに内容を失念された方は、こちらをお読みください。

ちなみに、税理士業界では税務署を退官してから税理士になる人(OB税理士)が非常に多いため、「高齢+公務員(お役所)」という「先生型」が生まれやすい土壌がありますが。


◆このプロローグに続く第1章は「新規営業時」の対話術であり、おそらくここが本書の一番のキモだと思います。

逆にここがクリアできないと「お客がいない」わけですから、それ以降の章の内容は不要ということ。

実際私も、割愛した部分も含めて、この第1章に一番付箋を貼りました。

さらにクライアントを獲得するだけでなく、その顧問料をいかに高い価格で納得してもらうかも大事です。

たとえば和仁さんの場合は、同業者や税理士、社労士と比較されるのではなく、「クライアントの幹部社員」を設定したとのこと。

つまり、「常勤のナンバー2」だったら、報酬を月額70万円とか80万円支払わねばならないところ、「月1回の出社なので月額15万円」という発想で「価値提供」をしたわけです。

もちろん、そうするためには、「自分自身が『これは絶対にお得だ』」と心から確信できるレベルで腹落ちする必要があるのですが。


◆さらに、なるほど、と思ったのが、値切られたときの切りかえし方です。

他のお客さんの手前、「NO」という手もありますが、もう1つの選択肢が、「条件付きでイエスと言う」もの。

これはたとえば「時間単価を下げずにサービス提供する方法を提案する」ものです。

具体的には、「滞在6時間で15万円」ですと、「時間単価は2万5000円」ですから、半分に値切られた場合は「時間を3時間にする」という形で対応。

もしくは「2時間で7万5000円」を提案すれば、時間単価としては、逆に値上げになります。

さらにもう1つ、「時間軸を長くとり、後で値上げをするシナリオを、あらかじめ描いておく」という考え方もあるのですが、詳しくは本書にてご確認を。


◆なお、上記ポイントの5番目に登場する「前置きトーク」に関しては、本書の第4書を丸々費やして解説がされています。

これは主に3つの使用目的があり、具体的には「事前期待をマネジメントする」「心構えをつくる」「効果を最大化する」というもの。

本書では「心構え」のパターンとして、「社長にとって耳の痛い指摘をするときの前置きトーク」の具体例がありました。

確かに社員へのヒアリングの結果が「社長への注文等」だった場合、それをそのまま社長に伝えたら、「どっちの味方なのか?」と反感をもたれかねませんし、最悪、契約解除にもなりかねません。

そこで社長に「聞く耳を持ってもらう」ために「前置きトーク」が必要なのですが、これまたかなりのボリューム(その分、色々と考えられています)なので、詳細は本書にて。


◆以前前作を、当ブログで多くの方にお買い上げ頂いた際には、どんだけコンサル(もしくはコンサル予備軍)がいるのかと思いましたが、本書はむしろ、コンサル以外の方にも応用できそうな。

たとえば商品やサービスの価格の値上げや、内容の変更等。

また、一般的なコミュニケーションスキルとしても、言いにくいことを伝えたり、こちらの言い分に納得してもらうためのTIPSと読みかえることができると思います。

実際私も大昔に、自分より年下の社長さんに経営面でアドバイスしたところ、「先生にそういうお話をして欲しくない」と言われたことがありました。

おそらくこれも、私が「前置きトーク」を駆使したり、上記ポイントの5番目の「相手に恥をかかせない」辺りに注意して置けば避けられたことだと思います。

もちろん、コンサル関係の方であれば、本書をそのまま丸ごと1冊活かせることウケアイ。


前作がツボだった方なら、当然読むべし!

4761271094
<特別版>年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの対話術
プロローグ 〈心の準備〉能力は違わないのに、対話術で年収が変わる本当の理由
1.〈新規営業時〉顧客の本音を引き出し、即決を促す対話術
2.〈コンサル開始時〉コントロールしないのに相手が勝手に動き出す仕組みを作る
3.〈課題の深掘り〉「本人も気づいていない問題の核心」を引き出す質問術
4.〈ペースを握る〉相手を安心させ、信頼を積み上げる「前置きトーク」
5.〈対話で解決〉「聞くよりしゃべりたい衝動」との付き合い方
6.〈落とし穴〉コンサルタントが対話で「やらかした」事件簿
7.〈長期契約締結〉気づきを与え、信頼と尊敬を得る着眼点の見つけ方


【関連記事】

【スゴ本】『<決定版>年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書』和仁達也(2014年08月14日)

【決め台詞】『コンサルタントの「ひと言」力』野口吉昭(2011年05月29日)

【スゴ本!】『コンサルタントのための“キラーコンテンツ"で稼ぐ法』五藤万晶(2013年09月05日)

【オススメ】『「プライスレス」な成功法則 クライアントの落とし方、マーケットの動かし方』ケヴィン・アレン(2013年02月24日)

【衝撃!?】『コンサルタントの危ない流儀 集金マシーンの赤裸々な内幕を語る』デイヴィド・クレイグ(2014年01月20日)


【編集後記】

◆HONZのレビューを見て、読みたくなった1冊。

4163903631
FIFA 腐敗の全内幕

うーん、やっぱり日韓ワールドカップの時の「韓国×イタリア」戦は……。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

この記事のカテゴリー:「コミュニケーション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52195086