スポンサーリンク

2015年10月29日

『自信がない人は一流になれる』がもっと評価されるべき5つの理由


4569828485
自信がない人は一流になれる


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事にて取り上げた自己啓発本

一昨々日の『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』もそうだったのですが、世間的に「常識」と思われていることを、大胆に覆す内容になっています。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
「自信が低い人ほど、将来成長する」――ロンドン大学の人気教授が教える、驚きの成功法則! ハーバード・ビジネス・レビューで絶賛されたベストセラーの初翻訳です。
著者はイギリスの名門大学で教える社会心理学者です。「成功者はなぜ成功したのか」について長年にわたり広範な研究を行ない、「成功に自信は必要ない」という結論にたどり着きました。根拠のない自信は害になるばかり。自信のない人のほうが、自分の現状を正確に把握し、弱点克服のために努力して実力をつけることができるのです。

「目からウロコ」の連続に、またまた付箋を貼りまくってしまいました!



なお、タイトルは久々にホッテントリメーカーのお世話になっておりますw





【ポイント】

■1.逆境で無理に自信を高めると、かえって能力が落ちてしまう
 ここからわかるのは、自信過剰な人は自己防衛の傾向が強いということだ。他人から受けたネガティブな評価と、自己評価が一致しないとき、彼らは他人の評価を無視することを選ぶ。そして自分を納得させるために、自己評価をさらに引き上げるのである。この偽りの自信によって、テストの点数を予想するとき、実力よりもかなり高い点数を予想することになる。そして、実際のテストで点数が悪かったという事実から、彼らがネガティブなフィードバックを素直に受け入れられなかったということがわかる(それに気を取られ、テストに集中できなかったということだ)。
 この実験からわかるのはこういうことだ――逆境に立たされたとき、無理に自信を高めることで逆境を乗り切ろうとする人は、現実が見えなくなるだけでなく、普段よりも能力が落ちてしまう。


■2.努力するのに自信はないほうがいい
 たとえば、ある重要なプレゼンテーションを任されたとしよう。自信がなかったり、不安になったりするのはたしかにイヤなものだ。しかしそのおかげで、失敗や恥をかくのを避けるために、きちんと準備することができる。そしてその結果、自信があって心配していなかった場合よりも、はるかにいいプレゼンテーションを行うことができるのだ。
 つまり、自分を向上させたいと思うなら、スター卜時点で自信はないほうがいいということだ。自信を持つことは、本当の実力をつけるまではむしろ役に立たない。そして自信のなさは、実力を高めることにつながる。言い換えると、成功は努力のたまものであり、そして努力するには自信はないほうがいいということだ。


■3.能力に関しては、自分より他人の意見の方が正しい
 ブライアン・コンリー博士とデニズ・ワンズ博士は、人間の未来の行動を予測するうえで、評判と人格のどちらが当てになるかという調査を行った。未来の行動の中身は、大学の成績、仕事の業績、人間関係などだ。数百におよぶさまざまな研究(被験者は数千人になる)を調査した結果、調べた限りすべての分野で、人格(自分が考える自分)よりも評判(他人から見た自分)のほうが、正確に未来を予測していた。
 つまり、人の能力を判定する場合、本人の意見よりも他人の意見のほうが当てになるということだ。


■4.自信が現実をゆがめる
 心理学の研究によると、自信が高くなるほど、否定的なフィードバックを無視するようになる。せっかく忠告してくれる人を軽く扱い、自分を褒める人ばかり高く評価する。(中略)
 楽観的で、自分を高く評価している人ほど、否定的なフィードバックを受け取ると、現実を自分に都合のいいようにゆがめる傾向がある。この現象には、「補償的自己膨張」という名前がついている。自信が現実をゆがめるというこの現象は、実際に目で見ることができる。脳スキャンを使った研究によって、他者からのフィードバックを処理する脳の部位が明らかになったからだ。自信の高い人と低い人とでは、実際にフィードバックへの反応が異なっていたのである。


■5.成功者は不安を克服するために努力した
 成功者に共通する資質を1つだけあげるとすれば、それは自信のなさを成功によって克服していることだろう。一般的には、成功の秘訣は自信があったからだ、自分を信じていたからだと言われているが、むしろ成功したのは不安のおかげだと言ったほうが正しい。不安がなければそもそも努力もしないだろうし、たいていの人より成功してからも、さらに努力を続けることもないだろう。
 こう考えると、成功している人としていない人の違いは、不安に対する態度だけだとも言えるかもしれない。成功している人は自分の不安と正面から向き合い、不安を克服するために努力したのだ。ここで大切なのは、不安を克服するために何をするかということだ。成功者は、偽物の自信を手に入れるために頑張るのではなく、何か大きなことを達成するために頑張った。成功こそが不安の特効薬だということだ。


【感想】

◆冒頭でも触れたように、今までの常識――「自信は(ないより)あった方がいい」――を、ほぼ全編を通して否定している1冊でした。

その根拠も体験談などではなく、すべて実験や研究の結果によるもの。

たとえば上記ポイントの1番目は、ある実験の結果部分についての考察なのですが、その実験というのが「偽のIQテストを行う」というもので、まず普通にIQテストを行う、といって被験者たちは集められました。

IQテストが終わると彼らは「不合格」「高得点」といった結果が渡されるものの、これは偽物で、誰にどんな結果を渡すかはランダムに選ばれたもの。

次に被験者たちはテストを受ける前に20分の勉強時間を与えられ、2度目のIQテストを受験します。

その際、自分の点数を予想してもらっているのですが、自己評価が低かった人ほど自分の点数を性格に予想し、テストの点数も高かったのだそう。

一方、自己評価が高い人が、最初のテストでネガティブな結果を受け取った場合は、2度目のテストの結果予想が実際よりもかなり高くなり、その結果自体は他と比べてかなり悪かったとのこと。

それを踏まえて、上記ポイントの1番目を再度お読み頂きたく。


◆また、同様に本書で指摘されているのが「能力の低い人ほど自信過剰になる」ということ。

実際最近の心理学の研究では、そのことが証明されており、要は「あまりにも能力が低いので、自分に能力がないことさえも理解できない」のだとか。

そしてこれは、ありとあらゆる分野(ユーモアのセンス、創造性、知性、体を使うスキル等)に見ることができるとのこと。

そういえばこの本でも、「弱いチェスプレーヤーほど自己評価が高い」というお話がありましたっけ。

4167901765
錯覚の科学 (文春文庫)

参考記事:『錯覚の科学』が想像以上に凄い件について(2014年08月19日)

そもそも人は、面と向かってネガティブな評価など言わないものですから、まず「否定的なフィードバック」を得ること自体マレです。

しかも、「楽観的で、自分を高く評価している人ほど、否定的なフィードバックを受け取ると、現実を自分に都合のいいようにゆがめる傾向がある」というのは、上記ポイントの4番目にもある通り。

実際、処理する脳の部位が異なるのですから、どうしょうもないのでしょうが。


◆とはいえ、「根拠のない自信」の必要性を説いた本は、世の中に溢れています(私自身も必要だと思っていました)。

ちなみにググってみると、こんな感じ。

"根拠のない自信" - Google 検索

現時点で上から2番目の記事が、本書の内容に沿うものですが、それ以外は軒並み「根拠のない自信」を肯定するもの。

全部を確認したわけではないのですが、この「肯定派」の根拠になっているものは、実験や研究の結果によるものではなく、ほとんどが一般論か著者自身の体験等に基づくものだと思います。

特に「成功本」においては、「生存(者)バイアス」に過ぎないのではないか、と……。

この「根拠のない自信」を礼賛している方にとっては、本書は耳イタイというか、それこそ「否定的なフィードバック」と見なして、ディスりそうな予感。


◆逆に、誰もが納得するのが、今回は割愛した第6章の「健康」のお話でしょう。

アルコール摂取にせよ、スピード違反にせよ、性感染症にせよ、「自信がある人ほどリスクの高い行動を取る」と言われたら、そりゃそうだよな、とw

また喫煙に関しても、「危険を顧みないからこそ」タバコを吸っているワケで。

なお、自信がある人は喫煙にともなうリスクが気にならなくなり、さらには「やめたくなったらいつでもやめられる」と思い込むのだそう。

反対に内向的な人は、自信が高くないので、喫煙率も低く、たとえ吸っていても外向的な人より、簡単に禁煙できるのだとか。


◆ちなみに本書の著者であるトマス・チャモロ-プリミュージクは、ロンドン大学の教授ということで、ことさらアメリカ文化が推奨している「自信礼賛」に否定的な立場なのかな、という印象を受けました。

ただし、収録された研究結果等はそのほとんどがアメリカで行われたもの(巻末に膨大な注が付されています)なので、人種的な問題ではないと思います(ただし男女間での差はある模様)。

と言うワケで、もともと自信がない方はさておき、「根拠のない自信」が拠りどころの方にこそ、本書を読んで頂きたく。

もしご自分の「周りからの評価が低い」と感じていたら、その改善の手助けになるのではないか、と。

まーでも、本書のアマゾンレビューは荒れるんじゃないでしょうか。

荒れるほど売れるタイプの作品ではないのですが、人にとっては「良薬口に苦し」となること必至です(含む私?w)。


読む人を選びそうですが、こっそりオススメ!

4569828485
自信がない人は一流になれる
第1章 自信と実力は違う
第2章 自信のなさを利用する
第3章 「他人からの評価」ですべてが決まる
第4章 キャリアと自信
第5章 社交スキルの自信と実力
第6章 自信がない人は健康で長生き
第7章 言うは易く行うは難し?


【関連記事】

【意思決定】「まさか!?―自信がある人ほど陥る意思決定8つの罠」マイケル・J・モーブッサン(2010年04月16日)

『成功するには ポジティブ思考を捨てなさい』のあまりの凄さに戸惑いを隠せない(2015年06月10日)

【スゴ本!】『やってのける 〜意志力を使わずに自分を動かす〜』ハイディ・グラント・ハルバーソン(2013年09月24日)

【オススメ!】『習慣の力 The Power of Habit』チャールズ・デュヒッグ(2013年04月26日)

知らないと損する『ウォートン・スクールの本当の成功の授業』(2015年02月14日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B00RB9LN2M
マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本

あまり中古が値崩れしてないところに、「69%OFF」というお値段はお買い得なヨカン。

マンガですから、あくまで「サワリ」として読む分には良さそうです。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52194458