スポンサーリンク

2015年08月07日

ビジネスの達人がこっそり教えてくれる『自分を変える1つの習慣』の真実


4478022577
自分を変える1つの習慣


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の中でも人気だった1冊。

ここ1年程、当ブログでは実験等をエビデンスにした「科学的自己啓発書」を取り上げることが多かったのですが、本書は「王道」というか、久々の「ガチな自己啓発書」でした。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
うまくいく方法は1つしかない。
人生・仕事・お金・目標・人間関係、「わずかな違い」が自分を変える!
年商数百万ドルのサウスウェスタン・コンサルティング社の共同設立者が教える、すべての成功者が行っているたった「1つの習慣」。

タイトルも久しぶりに「ホッテントリメーカー」を使ってみましたw





Escalator / Stew Dean


【ポイント】

■1.人生を楽にするために「犠牲」を払う
 私たちは、「楽な道」を選べば人生が「楽」になると考えます。しかし、人生を楽にするためには、「いまこの場所で、困難から逃げずにすべきことをする」という「犠牲」が必要なのです。
 これは、私たちの考え方を根本からひっくり返す、極めて大切な考えです。そして成功者はこの「犠牲」について、他の人が気づいていない法則を知っています。それは、
「目の前にある、しなければならないことを終わらせるのは、思っているよりも短い時間ですむ」
ということです。
 これが、私たちが日々直面するさまざまな判断に当てはまる、「苦しみのパラドックス(矛盾)」です。すなわち、「目先の楽な選択は、長い目で見た困難を招き、目の前の困難に取り組むことが、長期的には楽な人生につながる」というものです。


■2.固い決意でターニングポイントを乗り越える
 私たちは、人生のなかで、このような運命の分かれ道に何度も遭遇します。
 誰もが、精神的にきついこのポイントを速く通り過ぎ、楽になりたいと考えています。
 しかし実際には、決意をして「分水嶺」を乗り越えようとする人がいる一方で、諦めて引き返そうとする人がいます。そしてその「違い」が、私たちの人生に大きな違いをもたらしているのです。重要なのは、
行動することを決定するために必要な「精神的エネルギー」の方が、実行に必要な「身体的エネルギー」よりも大きい場合がほとんどだということです。
 つまり、「ジムでエクササイズすること」よりも、「ジムに行くと決意して、自宅の快適なソファーから立ち上がること」の方が難しく、重要なのです。


■3.誰も見ていないところでも「正しい行い」をする
 成功に至る道は、正しい行為で舗装されています。
あなたの人生は、コンピュータのオペレーティング・システムのようなものです。正しく操作すれば、効率的、効果的にソフトウェアを実行してくれます。でも、無理な操作をすれば、正常には動作してくれません。
人生で成功できるかどうかは、誰も見ていないところで「正しい行ない」ができるかどうか
で試されています。誰からも称賛されず、誰からも見られていない状況で、あなたは正しい行ないができるでしょうか? 成功者には、それができます。成功者は誰も見ていないところでも正しい行ないをします。なぜなら、それが「正しいことだから」です。
 それが、誠実さです。


■4.適切なタイミングで努力する
 釣り人はたいてい、「早朝」か「夕暮れ時」を狙って、海に出かけます。
 なぜなら、その時間帯だと「魚がよく釣れるから」です。
 午前11時に海に行き、頑張って何本も釣り糸を垂れ、何時間も粘ったとしても、早朝や夕方と同じような成果は得られません。
「十分な時間頑張ったか?」ではなく、「適切なタイミングで頑張ったか?」
を考えるべきなのです。
 釣りをする人なら、釣りのときにはすでに「この法則」を実践しているはずです。しかし、この法則は、仕事や家庭生活にも当てはまるのです。
「今日、どのくらいのことができるだろうか?」ではなく、「今日、自分に与えられた時間のなかで、何をするのがもっとも効果的だろうか?」を考えましょう。
 この「小さな発想の切り替え」が、とてつもなく大きな結果を生みだすのです。


■5.信念は言葉ではなく行動に表れる
 私たちの信念は、言葉に表れるのではなく行動に表れる。それが、「行動の法則」です。
 私たちは、「振り子の法則」が何かを理解はしていても、それを「心から信じてはいない」のです。
 この本の内容についても同じことがいえます。
読んだ内容を頭では理解したつもりでいても、「行動」に移さないのであれば、それを信じていることにはなりません。
 あなたが実際に考え方と「行動を変えた」とき、初めて本の内容を信じていることがわかるのです。
 私がお世話になった牧師のリック・ラソーはいつも、「人が何を信じているかを知りたければ、その人のスケジュール帳と小切手帳を見ればいい。なぜなら、人の信念は、その人が何に時間とお金を使ったかに表れるからだ」と言っていました。


【感想】

◆本書のタイトルにある「1つの習慣」について触れてしまうと、ネタバレになるかな、と思ったものの、アマゾンの内容紹介の詳細部分にしっかり書いてありました。
そう、「1つの習慣」とは=「セルフ・コントロール(習慣の力)」です。
それを受けて、本書の「はじめに」では、「【1つの習慣】の7つの法則」なるものが列挙されています。

これについては、逆に、上記ポイントでご紹介しようと思ったら、下記の通り、目次で列挙されていたという。

要は本書は、この「7つの法則」それぞれについて、各章を割り当てて、解説されているわけです。


◆そして、同じく「はじめに」の冒頭で紹介されているのが、本書を通じて何度も登場する「2つの生き方」でした。

たとえば「エスカレーター」と「階段」が併設されている場所に来た時、あなたはどちらを使うでしょうか?

ここで言う「エスカレーター」とは、「努力せずに目的地に上がれるラクな生き方」の比喩であり、「階段」とは「わずかながらでも健康につながる生き方」の比喩のこと。

成功者は、もちろん「階段を使う生き方」をしており、つまり、成功とは「小さな習慣の積み重ね」によってもたらされる、というのが著者の主張です。

もちろんこれは、「階段を使う」という話だけでなく、何か選択肢があった場合に、「目先で楽して、将来的に損となる方を選ばない」ということなのですが。


◆それを踏まえて上記ポイントを眺めてみると、いずれもこの主張に沿ったものであることが分かります。

特に上記ポイントの2番目にある「行動することを決定するために必要な『精神的エネルギー』の方が、実行に必要な『身体的エネルギー』よりも大きい場合がほとんど」という指摘は、なるほど確かに。

何かのイベント等でも、行く前は「どうにも気が乗らない」ものが、いざ行ってみたら「来て良かった」ということが、私の人生でも多々ありました。

加えて本書曰く、成功者は「すべきかどうか?」というマインドセットを、「いかに成し遂げるか?」に切り替えている、とのこと。

つまり、そもそもが「ジムに行くべきか否か」という次元では悩んでいないワケですね。


◆もう1つ、上記ポイントの4番目の「時間」の話に関連して、本書では「『忙しい』『時間がない』と言うのは、自分を甘やかすことです」とバッサリ。

要は「『忙しくて他のことをする余裕がない』と口にした瞬間、他の重要なイベントを創造的にスケジュールに組み込もうとする意欲を捨て去っている」のだそうです。

……なんと耳イタイお言葉。

何でも、この本によると、「成功し、富を築いた人々は、『どちらか1つ』ではなく、『どちらも』という発想をしている」のだとか。

4837956629
ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人―お金を引き寄せる「富裕の法則」

私も、このブログのために、睡眠時間や子供と一緒にいる時間を削らざるをえない、と思いこんでいるのですが、まだ工夫すべき余地があるのかもしれません。


◆冒頭でも触れたように、本書は当ブログでブーム(?)の「科学的自己啓発書」ではなく、ガチな「王道的自己啓発書」です。

ビジョンボードを推奨しているのは、個人的には「ちょっと……」と思うのですが、そう思ってるからこそ、私は成功していないのかもしれませんし(?)。

ちなみに、本書の原書は、本国ではかなりの高評価の模様。

0399537236
Take the Stairs: 7 Steps to Achieving True Success

日頃、スキルアップ系の書籍ばかり読まれている方も、夏休みくらいは、こういう「ザ・自己啓発書」的な作品を読んでみても、良いのではないでしょうか?

……何故か大文字と太文字を多用していて(原書でも?)、「煽り系のビジネス書」のようでしたが。


人生において成功するために!

4478022577
自分を変える1つの習慣
はじめに
第1章 「小さな選択」の積み重ねこそが成功を呼ぶ
   【犠牲】――「パラドックスの法則」
第2章 いまいる場所で全力を出し続ける
   【決意】――「先行投資の法則」
第3章 「思考の集中」をコントロールする
   【集中】――「拡大の法則」
第4章 思考を現実化する言葉の使い方 
   【言葉】――「創造の法則」
第5章 適切なタイミングに2倍の努力をする 
   【計画】――「収穫の法則」
第6章 長い目で見れば失敗はプラスに変わる 
   【信念】――「長期的視点の法則」
第7章 「何をなすべきか」は知っている。行動に移さないだけ 
   【行動】――「振り子の法則」


【関連記事】

【希望術?】『5年後の自分を計画しよう 達成する希望術』シェーン・J・ロペス(2015年06月19日)

知らないと損する『ウォートン・スクールの本当の成功の授業』(2015年02月14日)

【習慣】『良い習慣、悪い習慣: 世界No.1の心理学ブロガーが明かすあなたの行動を変えるための方法』ジェレミー・ディーン(2014年09月07日)

【成功本?】『誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則 完全版』ジム・ドノヴァン(2014年08月27日)

【自己啓発】『失敗しないとわかっていたら、どんなことをしてみたい?』ジョン・C・マクスウェル(2014年03月06日)


【編集後記】

◆本日の「Kindle日替わりセール」から。

B00U787OJU
自分からどんどん勉強する子になる方法

中古が値崩れしていないので、「73%OFF」はかなりのお買い得かと。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。