スポンサーリンク

2015年07月12日

【説得術】『どんな人も思い通りに動かせる アリストテレス 無敵の「弁論術」』高橋健太郎


4022512806
どんな人も思い通りに動かせる アリストテレス 無敵の「弁論術」


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、発売当時、アマゾンに新刊の在庫がなくて買いそびれていた1冊。

さらに、中古にプレミアが付いていた事もあってスルーしていたのですが、さすがに現在は落ち着いたようです。

アマゾンの内容紹介から。
誰が相手でも、絶対に話を通す!哲学×心理学×会話術。2300年前に完成していた最強絶対の“説得メソッド”。最強哲学者が教えるモノの言い方。

なお、Kindle版なら「32%OFF」と大変お買い得です!





Aristotle / maha-online


【ポイント】

■1.説得のテンプレ「トポス」に従って話すと論理的になる
 例えば、あなたが上司に「A社の担当は、新人の田中には荷が重い」ことを伝えたいとします。このとき「比較のトポス」を使うと、
「A社の担当は、3年目の佐藤でも苦労したんですから、新人の田中には荷が重いですよ」
 となります。いかがですか。単に、「新人の田中には無理ですよ」と言うよりも、論理的に聞こえ、説得力も増したのがわかるでしょう。
 現実の議論でも、こうしたトポスにしたがって話ができるかどうかが、その人の話が「論理的」に聞こえるか、ひいては「話の内容が正しい」ように聞こえるかどうか、の分かれ目になります。よく「頭のいい人の話し方」などと言いますが、そうした話し方をする人は、本人が意識するにせよしないにせよ、大抵こうしたトポスにしたがって話しているのです。


■2.手頃な行為をみつくろって怒りへ誘導する
 先ほど、「無視」「いやがらせ」「侮辱」が、相手に怒りの気持ちを抱かせる原因になると述べました。
 この原理を使えば、聴衆の怒りを向けさせたい人間の手頃な行為をみつくろって、その行為は聴衆への「無視」「いやがらせ」「侮辱」だと主張すれば、怒りへの誘導ができることになるでしょう。例えば、自分の嫌いな市長に対し、聴衆の怒りを向けさせたい場合はこうです。
自分「市長は私たちの訴えを完全に無視したそうです」
聴衆「それはまたなぜ?」
自分「理由なんかないですよ。私たちのことをバカにしてるんです」


■3.アリストテレスによる「友愛を抱かれやすい人物」(抜粋)
・こちらの友の友
・こちらの敵を同じく敵とする人
・こちらが憎んでいる人に憎まれている人
・こちらの長所をわかってくれる人
・悪口を言わない人  
・切磁琢磨するライバル   (詳細は本書を)
 ターゲットが聴衆にとってこのような人物だと主張すれば、その人は、聴衆をターゲットへの友愛の情へ導くことができるでしょう。また、自分がそういう人物であるとアピールできれば、聴衆に自分への友愛を抱かせられるわけです。


■4.聴衆を怖がらせて味方にする
 では、聴衆の恐れを利用し、自分の主張を有利に運ぶにはどうすべきか?
 そう、それが、聴衆にとっての「身にせまった悪だ」と主張すればいいのです。
 例えば、以下のような論法はよく見るでしょう。
「××法が、政府で議論されている。一見、一般市民には関係なさそうな話だ。しかし、いったん運用されれば、あなたの生活に大きなダメージを与えかねない……」
 この手の「じつはあなたに関係がある」と強調する主張には、人の恐れをあおる効果があるのです。


■5.中傷に対する6つの防衛ライン
 中傷に対しては、以下のパターンのうちで、状況や材料的に可能なラインで反論しましょう。
 イメージとしては、相手からの中傷に対し、こちらには「6重の防護壁」があると考えてください。相手の攻撃やこちらの状況次第で、防衛ラインを内側へ移していく感じです。
第1防衛ライン「そのような事実はない」
第2防衛ライン「事実だが害があるようなことではない」
第3防衛ライン「害があるかもしれないが聴衆に対してではない」
第4防衛ライン「聴衆に対して害があったとしても、言われているほど甚大でない」
第5防衛ライン「法(道徳)的に問題はない」
第6防衛ライン「法(道徳)的に問題はあっても重大なものではない」  (詳細は本書を)


【感想】

◆今回上記で引用した部分は、著者の高橋さんが書かれたものなのですが、その元となっているのが、アリストテレスの『弁論術』という書籍です。

4003360486
弁論術 (岩波文庫)

そして、この弁論術は「理性的な弁論術」とも呼ぶべきものなのだとか。

さて、ここで注意すべきは「論理的な弁論術」ではないことです。

「論理的であること」とは「理性的であること」の一部に過ぎず、「理性的である」ためには、論理を柱に据えながらも、人間の感情面にも、正しく対処できなければならない、とのこと。

実際、『弁論術』全3巻のうち、第2巻の大半というボリュームが、「聴衆の心への働きかけ方」に割かれているそうです。


◆それを踏まえて、上記ポイントでも、2〜4番目までが第4章の感情面をテーマにした章からの抜粋に。

一方、実はかなりのページを費やしている第3章からは、1番目のポイントしか抜き出しませんでした。

というのも、この第3章は、いわゆる「論理的な説得術」の話であり、一般的な「説得術の本」でもよく目にするから。

……もっとも、そのルーツはすべて、アリストテレスの『弁論術』にあるのかもしれませんが。

ちなみに、第3章では、「定義のトポス」から「帰納のトポス」まで、計14個のトポスが紹介されていますので、気になる方は本書にてご確認ください。


◆逆に、前述のように「感情面」のお話は多めに抜き出しているのものの、それでも若干補足を。

まず、上記ポイントの3番目では「友愛」が出てきますが、「友愛」の反対は、「憎しみ」なのだそう。

ここでその「憎しみ」と、上記ポイントの2番目に出てくる「怒り」との違いなのですが、「怒り」は、仕返しや時間の経過などで癒されることがある一方、憎しみは癒されることはない、とのこと。

そして、「憎しみ」とは、「怒り」よりも強力に聴衆をあおることのできる感情なのだとか。


◆もう1つ、上記ポイントの4番目の「恐れ」についてですが、単に恐怖を煽るだけではだめで、そこに必要不可欠なものがあるのだそう。

それが「一点の希望」です。

アリストテレスは『弁論術』の中で、「救われる希望がなにか残っている必要がある」と言っており、要は「まったくの絶望ではダメ」ということ。

なぜなら、「どうにもならない問題」だと、人は「恐れ」よりも「あきらめ」の感情を持ってしまうから。

本書では、どのように「恐れ」を抱かせるのか、具体的に手法まで述べられているので、これまた気になる方は要チェックでお願いします。


◆なお、第5章で述べられているのが、「人柄」であり、これこそ俗にいう「ロゴス、パトス、エトス」のうちの「エトス」にあたるもの。

今まであまり、このテーマについて述べられていた本を読んだことがなかったので、ここは結構参考になりました。

何と言っても、「聞き手が思わず味方したくなるような人柄」のトポス(テンプレ)が、30超も列挙されているという親切ぶりw

この手の説得術の類書を沢山読んでいる人でも、併せて読まれることをオススメしたいです。


何としてでも「人を動かしたい」方に!

4022512806
どんな人も思い通りに動かせる アリストテレス 無敵の「弁論術」
1. 超入門!無敵の「弁論術」とは何か―確実に相手を説得し、人に負けない「最強の会話術」
2. 誰も教えてくれない「人を説得する技術」―最強哲学者が生み出した3つの無敵メソッド
3. 勝手に「説得力」が出る話し方―第1の最強メソッド・無敵のテンプレ「トポス」に当てはめる
4. 聞き手の「気分」を手玉に取る話し方―第2の最強メソッド・聴衆の「感情」をコントロールし、支配する
5. 思わず味方したくなる人の話し方―第3の最強メソッド・自分の「人柄」を演出する
FINAL 悪用厳禁!人をだます「詭弁」の知恵―「禁じ手」から自分の身を守る術


【関連記事】

【説得術】『嫌われずに人を説得する技術』伊東 明(2013年02月05日)

【質問力?】『すごい説得力: 論理的に考え、わかりやすく伝える話し方』に学ぶ6つの質問テクニック:マインドマップ的読書感想文(2012年07月26日)

この『最強交渉人が使っている 一瞬で心を動かす技術』がすごい!!(2012年05月15日)

あの芥川賞作家もびっくり 驚愕の『論理で人をだます法』(2012年02月14日)

【超説得】『瞬間説得―その気にさせる究極の方法』ケヴィン・ダットン(2011年06月30日)

【屁理屈?】『ウザい奴を言い負かす技術』北野真事(2011年10月10日)


【編集後記】

連日の「Kindle日替わりセール」本で恐縮なのですが、当ブログでご紹介しているので。

B00SIFXNZ8
本質思考―MIT式課題設定&問題解決

「65%OFF」というセール価格なので、気になる方はこの機会にぜひ。

参考記事:【コンサル流】『本質思考: MIT式課題設定&問題解決』平井孝志(2015年01月26日)


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「コミュニケーション」へ

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:00
TrackBack(0)コミュニケーションこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52182611