スポンサーリンク

2015年06月10日

『成功するには ポジティブ思考を捨てなさい』のあまりの凄さに戸惑いを隠せない


4062194732
成功するには ポジティブ思考を捨てなさい 願望を実行計画に変えるWOOPの法則


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、当たり前のように受け入れられている「ポジティブ思考」に「まった!」をかけた1冊。

よくある、単に注目を集めるためだけの「逆張り本」なのかと思いきや、エビデンスもしっかりした「ガチ」な内容でした。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
目標を達成するには、ひたすらポジティブに夢見るよりも、理想と現実のギャップに注目し、対策を立てたほうが効果的なのだ。困難も障害もない世界が存在するのは、ポジティブ本のなかだけなのだから。
本書では巷にはびこる安易な「ポジティブシンキング肯定論」に警鐘を鳴らし、科学的かつ実践的な「目標を達成する4つの方法」を提唱する。

なお、タイトルは久し振りに「ホッテントリメーカー」のお世話になりましたが、確かにそのくらいインパクトがありましたよ!





Start diet today / Alan Cleaver


【ポイント】

■1.ポジティブな夢が将来をダメにする
 私は20年にわたってドイツとアメリカの両方で、さまざまな年齢の人々をさまざまな状況で観察した。反論を予測し、研究手法をあれこれ変えてみた。多様な研究で同様の結果を出すことができれば、自分が取り組んでいるのは実体のある心理現象なのだと、自信がもてると思ったのだ。そしてそのとおりになった。
 自分でも最初はかなり驚いたのだが、同じ結果が繰り返し出た。過去の経験とかけ離れたポジティブな空想や願い、そして夢は、充実した人生に向けて行動するモチべーションには変換されなかった。正反対のものへと変わったのだ。


■2.過酷な現実にはポジティブな夢が必要
 つまり、ポジティブな空想にはいいところがたくさんある。ただ、状況次第なのだ。ダイエットや禁煙や就職には役に立たないかもしれないが、砂漠で生きながらえるとか、政治的弾圧の下で生き延びるとか、マリファナの売人をしたボーイフレンドに裁判官が刑を宣告するのを待つのには、たしかに役立つ。とにかく大切なのは、空想にできる以上のことを求めないことだ。その力と限界を理解しているかぎり、ポジティブな空想は束縛ではなく協力者として働いてくれる。


■3.ポジティブな空想が能力を低下させるワケ
 ここまでの話から、「夢を実現したい!」とどんなに熱意を抱いていても、ポジティブな空想はしばしば人の気をゆるませ、能力を低下させる理由が見えてくる。
「願いがかなった」というイメージは、自分自身に「やせるために運動したり食事を改善したりする必要はないよ」とささやくのだ。(中略)
なぜなら、心はすでに最終的な成功と達成の状態に先回りしているからだ。自分がつくり出した成功イメージにだまされた心は気を抜いて、達成の状態を楽しむ――たとえ現実ではまだ何も行なわれていなくても。
 こうして人は知らないうちに、実際に成功するために必要なただひとつのこと、すなわち行動を起こすことに対して、まったく準備ができていない状態になる。


■4.メンタル・コントラスティングで成績を上げる
 やる気満々の子どもたちめいめいにノートを配った。最初に、キャンディーをもらう自信がどれくらいあるか、どれくらいほしいと望んでいるかを答えてもらう。そのあと生徒の半数は、キャンディーを勝ち取った場合に起こる「1番いいこと」と「2番目にいいこと」をノートに書く。残りの生徒はメンタル・コントラスティングを行なったうえで「1番いいこと」を書くが、続けて「2番目にいいこと」を書くのではなく、キャンディーをもらうのを邪魔する行動はどんなことかを思い描く。(中略)
 2週間後、生徒たちはクイズに挑み、全員がキャンディーをもらった。
 課題は生徒全員にとって達成可能であり、それまでに成功の予想をしたことがないような新しいものだ。そして私たちの予想どおり、メンタル・コントラスティングをした生徒のほうが、「1番いいこと」と「2番目にいいこと」という成功を思い描いただけの生徒よりも、クイズでいい成績をとった。


■5.WOOPの法則
*WOOPの「W」はあなたの頭にある願い(Wish)や心配ごとだ。

*最初の「O」は結果(Outcome)だ。結果について考えよう。

*2番目の「O」は障害(Obstacle)だ。集中して考えよう。

*WOOPの「P」は計画(Plan)だ。

(詳細は本書を)


【感想】

◆冒頭の内容紹介には「巷にはびこる安易な『ポジティブシンキング肯定論』に警鐘を鳴らし」とありますが、安易もなにも、本書は基本的に「ポジティブ思考」については、ネガティブなスタンスです。

たとえば、下記目次にもあるように、第1章のタイトルは「ポジティブ思考は毒になる」。

ここでは、勉強からダイエット、リハビリ、起業の夢まで、ありとあらゆるケースにおける「ポジティブ思考がマイナスに働いた研究結果」が列挙されています。

一方で、第2章では「ポジティブ思考のメリット」と題して、「いやいや、ポジティブ思考だってプラスになることはあるんですよ」と持ち上げているのですが、その具体例というのが、上記ポイントの2番目にもあるように、極めてレアなものばかりという。

これらは、「自分ではどうにもできない過酷な現実」であり、逆に言えば、普通に自己啓発書を読んで「何かしらの行動を起こそう」とする人には無用、ということになります。


◆なんでそこまで「ポジティブ思考」がダメか、という理由については、続く第3章にてご確認を。

具体的には、上記ポイントの3番目の通りであり、「願いがかなった」イメージを持つことにより、気を抜いてしまうのが問題なわけです。

この第3章では、いくつかの実験が提示されており、いずれも「ポジティブな空想」を行った場合に、「行動を起こさない」「血圧が低下する」といった結果が出ていました。

そしてさらには、「できる限りこの状態にいたい」と望んで、「空想を引き延ばしてくれそうな情報に注意を向ける」ため、本来であれば、「難しいと気づけば、違う決心ができる」のに、それをも阻むという二重の問題に。


◆そこで登場するのが、上記ポイントの4番目にある「メンタル・コントラスティング」です。

これは、簡単に言うと「夢を見ること」と「それについての障害をイメージすること」をセットで行うことで、意外な事に「夢→障害」の順番が大事という。

ちなみに逆の順番だと「逆メンタル・コントラスティング」と呼んで比較対象の1つとしているのですが、効果がないことが証明されています。

本書の第4章では、これまたさまざまなケース(対人関係の願いごと、イケメンとのお付き合い、創造性テスト、移民問題等々)における実験結果を列挙。

いずれの場合でも、「メンタル・コントラスティング」に有意な効果があることが証明されています。

ただし、その「願い」は、実現可能である必要があり、何でも夢がかなうわけではないことには、ご注意を(当たり前ですが)。


◆さて、この「メンタル・コントラスティング」を、さらに効果的にする秘訣が「もしこういう状況なら、こう行動する」という文言を添えること。

これは「実行意図」と呼ばれるもので、「メンタル・コントラスティング」と一緒に行うことによって、「心の働きが最大になる」のだそう。

そしてそれをまとめて1つのツールとしたものが、上記ポイントの5番目の「WOOP」(願い「Wish」、結果「Outcome」、障害「Obstacle」、計画「Plan」の頭文字)です。

本書では、「運動習慣」「食生活改善」「リハビリ」「節酒」「恋愛」「勉強」等々について、実際に「WOOP」を設定して、効果を測定。

具体的には本書を確認して頂くとして、明らかに効果が出ているのが分かりました。


◆本書では、このWOOPを簡単に行うための「WOOPカード」を図で解説しており、これがなかなかに使い勝手が良さげ。

今日1日(24時間以内)にやることから、人生の目標まで、さまざまなケースに適用することが可能です。

何でも無料の「スマホアプリ」まであるようで、このアプリを使えば、4つのステップを順番に行い、自分の願いを長期にわたって追跡し、どのくらい成就したかを確認することが可能なのだそう(もちろん英語版でしたが)。

アプリを使うかは別にして、いずれにせよ、ここまでエビデンスがある以上、今まで「ポジティブシンキングで夢がかなわなかった」「目標が達成できなかった」という方は、1度お試し頂きたいと思います。

我が家でも、さっそくムスメの勉強に使ってみようかと。


これはオススメせざるを得ません!

4062194732
成功するには ポジティブ思考を捨てなさい 願望を実行計画に変えるWOOPの法則
1.ポジティブ思考は毒になる
2.ポジティブ思考のメリット
3.心は「願い」にだまされる
4.夢をリアルに追及する
5.無意識を利用する
6.WOOPのマジック
7.人生をWOOPで回す
8.ポジティブ思考を「毒」から「薬」へ


【関連記事】

【スゴ本!】『やってのける 〜意志力を使わずに自分を動かす〜』ハイディ・グラント・ハルバーソン(2013年09月24日)

【科学的自己啓発書?】『「幸せ」について知っておきたい5つのこと NHK「幸福学」白熱教室』エリザベス・ダン,ロバート・ビスワス=ディーナー(2015年01月12日)

【オススメ!】『習慣の力 The Power of Habit』チャールズ・デュヒッグ(2013年04月26日)

【オススメ!】『スタンフォードの自分を変える教室』ケリー・マクゴニガル(2012年11月02日)

【スゴ本!】『ヤル気の科学 行動経済学が教える成功の秘訣』イアン・エアーズ(2012年10月30日)


【編集後記】

◆本日のKindle日替わりセールは、当ブログでご紹介済みのこの本です!

B00W4W747E
「あるある」で学ぶ 忙しい人のためのExcel仕事術(できるビジネス) (できるビジネスシリーズ)

今年の4月に出たばかりで、中古もバカ高いのに「61%OFF」とは、激お買い得かと。

参考記事:【エクセル】『「あるある」で学ぶ忙しい人のためのExcel仕事術』植山周志(2015年04月14日)


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52179185