スポンサーリンク

2015年05月22日

【才能?】『人は、誰もが「多重人格」 誰も語らなかった「才能開花の技法」』田坂広志


4334038565
人は、誰もが「多重人格」 誰も語らなかった「才能開花の技法」 (光文社新書)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、今月初旬にお送りした「未読本・気になる本」の記事にて取り上げた1冊。

メインタイトルは、一見物騒(?)ですが、サブタイトルの方が、本書の内容を適切に表していると思います。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
自分の中に眠る「幾つもの才能」を開花させたいと思うならば、自分が意識していなかった「幾つもの人格」に気がつき、その「多重人格のマネジメント」を行うことが不可欠です。
「多重人格のマネジメント」を行うことによって、「多様な才能」が開花していきます。

自分の中に、新たな才能を見出したい方なら、見逃せないかと。





life-toolbox--richardstep-unleash-your-strengths / RichardStep.com


【ポイント】

■1.「才能」の本質は、「人格」である
 よく、「あの人は、何々の才能がある」といった表現をしますが、この「何々の才能」とは、その大半が、その人物の「人格」や「性格」と呼ばれるものなのです。(中略)
数学者の「数学的思考」の奥には、緻密で論理的な思考を好む「人格」があります。時計職人の「手先の器用さ」の奥には、微細で正確な作業を楽しむ「人格」があります。もとより、「才能」と呼ばれるもののすべてが「人格」ではありませんが、通常の「才能」と呼ばれるものの大半は、「人格」が占めているのです。


■2.安易なポジティブ思考は逆効果
「心の世界」も「電気の世界」と同じで、「プラスの想念」だけが発生するのではなく、同時に「マイナスの想念」も発生してしまうのですね。
 特に、表層意識のところに、無理やり「プラスの想念」を引き出すと、深層意識に「マイナスの想念」が生まれてしまいます。
 例えば、大切な試合を前に、表層意識の世界で、「明日の試合は勝つぞ!」という思い、すなわち、「プラスの想念」を無理やり引き出すと、むしろ逆に、深層意識の世界では、「明日も負けるんじやないか……」という不安、すなわち、「マイナスの想念」が溜まっていくのですね。


■3.人格は「変えよう」とせずに、新たな人格を「育てる」
いま、「怒りやすい人格」の人がいたとします。この「怒りやすい人格」を「寛容な人格」に「変える」ことは至難の業です。なぜなら、仮に、その「怒りやすい人格」を抑圧して、自分の中から「消し去った」と思い込んでも、実際には、心の奥深くに押し込んだだけで、消えていませんから、何かの拍子に、その「怒りやすい人格」が、突如、表に出てきて「爆発」することになります。特に、強く「抑圧」すると、強く「爆発」することになります(笑)。(中略)
 従って、この「怒りやすい人格」はそのままに、新たに、自分の中に「寛容な人格」を「育てる」ことです。もし、すでに、その「寛容な人格」が萌芽として自分の中に存在しているならば、それを大きく育てることです。


■4.立場が引き出す「リーダーシップ人格」
 例えば、強力なリーダーが突然いなくなった状況において、それまで、その強力なリーダーの下で影が薄かったナンバー2が、不思議なほど、リーダーシップを発揮して、その組織を牽引するという事例は、決して珍しくありません。
 これは、何が起こったのかと言えば、強力なリーダーがいなくなった緊急事態において、ナンバー2の中から、「もう頼れる上司はいない」「自分が決めるしかない」という自覚とともに、「リーダーシップ人格」が引き出されてきたのです。逆に言えば、このナンバー2の心の中の、「この上司についていけば」「自分が決めなくても」という依存心が、彼の中の「リーダーシップ人格」の開花を妨げていたのです。そして、それが、彼の「影が薄かった」理由でもあるのです。


■5.「苦手」や「不遇」こそ「人格と才能」を開花させる
「苦手」と思う仕事も、「不遇」と思う時代も、捉え方によっては、それまで自分の中に眠っていた「人格と才能」を開花させる、絶好機なのです。
 そして、人間とは不思議なもので、そうした「前向き」な気持ちで取り組んでいると、実は、どのような仕事も「面白く」なってくるのですね。(中略)
だから、先ほど、「苦手な仕事に取り組むのは、誰にとっても苦痛ですね」と申し上げましたが、実は、「苦手な仕事」が与えられたとき、それを「苦痛」と思うかどうか……。そこが分かれ道なのです。


【感想】

◆お読みになった方もいらっしゃるかもしれませんが、田坂先生は、2014年にこういう本を書かれてらっしゃいます。

4334038018
知性を磨く― 「スーパージェネラリスト」の時代 (光文社新書)

この本の中で先生は、これからの時代には、「思想」「ビジョン」「志」「戦略」「戦術」「技術」「人間力」という「7つの知性」を垂直統合した「スーパージェネラリスト」と呼ぶべき人材が活躍する、と語られているとのこと。

そして、この「7つの知性」を垂直統合するためには、置かれた状況と立場に合わせ、自分の中の「様々な人格」を切り替えて対処する「多重人格のマネジメント」が必要なのだそうです。

すると、先生の予想を超え、多くの読者から、この「多重人格のマネジメント」について「さらに詳しく知りたい」との声が寄せられたのだとか。


◆一方で先生は、2013年から全国のリーダーや経営者を集めた、「田坂塾」を開塾。

こちらでも「多重人格マネジメントと才能開花」について語ったところ、多くの反響があったのだそう。

本書はその「田坂塾」の塾生であり、書籍編集の仕事にも携わっているT氏の提案により、T氏との対談形式として執筆されました。

上記ではスペースの関係上、「(中略)」等の表記によってT氏の発言は割愛しておりますが、対談というよりは、T氏が田坂先生にインタビューするようなスタイルです。

T氏は、さすが田坂塾の塾生だけあって、テーマについてのベースとなる基礎知識があった上で、読者が知りたいようなポイントを、きっちり先生に質問。

この辺は、普通のインタビュアーの方とはひと味違うな、と。

もちろん、田坂塾に入るくらいですから、田坂先生に「いじわるな質問」等はしていないのですがw


◆さて本書は、上記ポイントで挙げているように、「才能」「ポジティブ思考」「リーダーシップ」「苦手」といった、自己啓発書やビジネス書でよく見る項目について、「人格」という切り口で言及しています。

そもそも、上記ポイントの1番目にあるように、「『才能』の本質は、『人格』"という基本的な考え方自体、私にとっては目からウロコ。

ただし、先生によると、普通のビジネスパーソンであっても、一般的なビジネスシーンにおいて、無意識のうちに「人格」を切り替えているのだとか。

たとえば、銀行の窓口で、後輩の研修生に対応をさせている先輩行員を例に挙げると、顧客に対しては「温かく親切な人格」、とまどう後輩の代わりに窓口で作業を行うときは「几帳面で細やかな人格」、実際に後輩指導するときは「厳しくも包容力のある人格」が前にでてきているわけです。

これはビジネスシーンの話だけではなく、会社では厳しい部長が、家では優しいお父さんであったりするようなケースも「人格」の切り替えである、と本書では指摘。

確かに私自身も、オンタイムとオフタイムでは当然切り替えていますし、さらにはこうして「ブロガー」としての「人格」も10年以上育てているというw


◆なお、そのことに関連して、本書の第3章で田坂先生は、「ネットの世界で『匿名』での自己表現」を薦めてらっしゃいます。

と言うのも、ネットの世界で「匿名」で自己表現するとき、誰でも「隠れた人格」が表に出てくる傾向が強くなるから。

確かに「匿名」であれば、変なしがらみに囚われず、自由に活動できる分、「才能が開花」することはありそうです。

私もこのブログを実名でやっていたら、勉強本はともかく「モテ本」や「ナンパ本」をオススメすることはできなかったでしょうし、このブログも全然変わった方向性を持つことになったかと。

……もっとも、その手の本のおかげで、「リンクシェア」の承認がおりなかったんですが(ダメじゃんw)。


◆本書は、久し振りに読んだ田坂先生のご本でしたが、個人的には、かなり楽しめました。

田坂先生のファンの方はもちろん、「ブランディング」や「自己啓発」がお好きな方なら、一読の価値はあるかと。

また、上記ポイントの4番目や5番目は、直接ビジネスシーンにも関係するお話ですから、詳しく読んで頂ければ、仕事の「気づき」も得られると思います。

ただし、上記で触れているように、本書は「対談形式」なため、田坂先生がひとりで語られた場合に比べると、余白が多め。

また、会話なら自然であろう「確認しながら話す」ことが、人によってはくどく感じることもあるかもしれませんので、その辺はご留意ください。


「才能」を開花させたい方なら、要チェックです!

4334038565
人は、誰もが「多重人格」 誰も語らなかった「才能開花の技法」 (光文社新書)
序文 なぜ、このような本が生まれたのか?
第一話 人は、誰もが「多重人格」
第二話 「表の人格」が妨げる才能の開花
第三話 「隠れた人格と才能」を開花させる技法
第四話 「豊かな人間像と人間性」を開花させる技法


【関連記事】

【知的生産】『齋藤ゼミ 「才能」に気づく19の自己分析』齋藤 孝(2014年10月24日)

【エレメント?】『才能を磨く ~自分の素質の生かし方、殺し方~』ケン・ロビンソン,ルー・アロニカ(2014年01月25日)

【好きを極める】「才能を引き出すエレメントの法則」ケン・ロビンソン&ルー・アロニカ (著), 金森 重樹 (監修)(2009年08月04日)

【自分の"強み"を調べてみました】「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」マーカス・バッキンガム(2008年06月26日)


【編集後記】

◆本日も「Kindle日替わりセール」は注目作が!

B00CYI3WRE
日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術 エール大学厳選30講

英語を学ばれている方は、ご検討を。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ブランディング」へ

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)ブランディングこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52177085