スポンサーリンク

2015年05月15日

【やる気UP!】『「やる気」が出る心理学』中越裕史


4569822754
「やる気」が出る心理学


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、以前、「未読本・気になる本」の記事で取り上げたものの、その後すっかり忘れていた1冊。

昨日の記事で取り上げた「スキルアップ」同様、当ブログでは「やる気」も人気のテーマです。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
「どんなときも、自分自身の感覚を信じること」。あれこれ考えすぎるのをやめて、「今、自分がどう感じているのか?」。まずは、それを指標にすること。やる気の出ない自分に向き合い、自分なりのやる気の出し方を考えるきっかけをつかむために、一つの基本的な原則を示す。

なお、Kindle版は、今しばしお待ちください。





September 13, 2013 at 09:58PM / Arya Ziai


【ポイント】

■1.やる気の出し方はオーダーメイド
 僕たちは普段、食べ物なら「甘い物が好き」「辛い物が好き」と自分の個性を尊重できるし、恋愛でも「筋肉質な男性が好き」「ぽっちゃりした女性が好き」など、自分の好みを尊重できます。
 そんなものは個人の好みの問題であって、他人にどうこう言われる問題でもないし、何か絶対的に正しい好きな食べ物とか、異性のタイプなどがあるわけではありません。
 やる気もそれと同じです。やる気の出し方は十人十色。本当に個性が色濃く反映されます。上司や先輩、世にいう成功者のやる気の出し方が僕たちにも合うかというと、そんなことはありません。
 だから、やる気を出したいと思うのであれば、人の意見に左右されることなく、自分なりのやる気の出し方を、オーダーメイドする必要があるのです。


■2.解決志向ブリーフセラピーに学ぶ、やる気の出し方
 解決志向ブリーフセラピーには、非常にシンプルで現実に即した、中心哲学となる3つのルールがあります。それは、
<ルール1> もしうまくいっているなら、それを変えようとするな。
<ルール2> もし1度やって、うまくいったのなら、またそれをせよ。
<ルール3> もしうまくいってないのであれば、(何でもいいから)違うことをせよ。
 というものです。自分のモチべーション・スタイルを考えるとき、この考え方は非常に有効です。

493887427X
森・黒沢のワークショップで学ぶ解決志向ブリーフセラピー


■3.うまくいっていないにもかかわらず続けていることを書き出す
「愚痴っぽいことばかり書いてしまう……」という人もいるかもしれませんが、それはそれでかまいません。そういうときはぜひ愚痴でもいいので、思いつくままたくさん書いてみてください。その中で、1つでも今すぐ役に立つものがあればそれでいいのです。
 それに愚痴ばかりが出てしまうというのは、自分自身の働き方を根本から見つめ直すための、よいきっかけになるときかもしれません。(中略)
 今の職場ではどうしてもやる気が出ない。にもかかわらず、ずっと働き続けてしまっている。そういう自分自身に気づいたときは、もっと自分に合った職場環境を探してみるのも、1つの方法ですよ。「もしうまくいってないのであれば、(何でもいいから)違うことをせよ」ですからね。


■4.疲れてやる気が出ないときは、しっかり休みを取る
 心身が疲れているとき、無意識はこれ以上無理をさせないように、僕たちからやる気を奪います。だから、やる気が出ないというのは、ある意味、僕たちを守る心の働きなのです。
 こうなると、いくら意識で無理矢理に自分を奮い立たせて、やる気を出そうとしても、僕たちの思う通りにはいきません。こういう状況では意識と無意識では、無意識のほうが圧倒的に主導権を握っています。体を守るという無意識の働きは、動物として最も大切なことですから当然です。
 疲れているから、やる気が出ない。それは意識ではどうにもできないことで、強い意志など関係ないのです。たとえ焦る気持ち、みんなに置いていかれる気持ちがあったとしても、勇気を持って休みを取る。これ以外にやる気を回復させる方法はありません。


■5.楽しいはずなのに面倒でやっていないことをする
 実際のカウンセリングの中でも、「若いころは映画好きで、1人でよく映画館に通ったものですよ。でも、今はDVDで済ましてしまって……」とか、「学生時代は一人旅とかよくしたし、今でも行ってみれば楽しいと思うのですが……」という方は、かなり多いです。
 そういう方々に共通するのは、「やってみたら絶対に楽しいとは思うのですが……」という言葉です。
 そういうときはカウンセリングの中で、「では今回のカウンセリングの宿題として、次回来られるまでに、1人で映画館に行ってきてもらえますか?」と課題を出したりします。(中略)
 やってみたら絶対に楽しいと思うけれど、腰が重くてやっていないこと。そういうことは大幅に心のエネルギーを回復させるんですよ。


【感想】

◆本書の著者である中越さんが、働く人のカウンセリング、特にやる気に関する相談を受けていて感じるのが、上司や先輩等、立場が上の人に言われたアドバイスや、著名経営者等のビジネス書に書いてあるアドバイスに、必要以上に影響を受けていることが多い、ということなのだそう。

確かに後者の場合、「ガンガン目標を達成する」的な趣旨のものは多いですし、当ブログでも、そういう本をご紹介したことは多々ありました。

もちろん、達成動機の強い人ならば、それでも問題はありませんが、そうでない人も当然いるわけです。

結局、人はそれぞれ独自の「モチベーション・スタイル」があり、それはあくまで今の自分にとって、心の芯から納得できるやり方であること。

それこそまさに、上記ポイントの1番目で言われていることになります。


◆本書の第1章では、具体的に「オーダーメイドのやる気の出し方」を模索。

まずは、自分自身のことを紙に書き出してみます。

「この1週間でやる気の出たこと」。

「今までの人生でやる気があったとき」。

そして、上記ポイントの3番目にある「うまくいっていないにもかかわらず続けていること」等々。

これらを踏まえて、「今の自分が取り入れてみたいと思うモチベーション・スタイル」を決定するわけです。


◆一方、このモチベーション・スタイルを実行してもやる気が出ない場合、まず考えるべきは、「疲れが溜まっていないか」ということ。

本書の第2章では「モチベーション・リカバーでやる気回復!」と題して、こうした「疲れ」の対処策に言及しています。

問題は、肉体的な疲労だけでなく、精神的なストレスもやる気を損なうということ。

そういえば、この本には「金銭的なトラブルを抱えると、情報処理能力が落ちる」というお話がありましたね。

4152095245
いつも「時間がない」あなたに:欠乏の行動経済学

参考記事:【オススメ!】『いつも「時間がない」あなたに:欠乏の行動経済学』センディル・ムッライナタン,エルダー・シャフィール(2015年03月01日)

いずれにせよ、プライベートなトラブルは、やる気に影響を与えます。

それを「プライベートで嫌なことがあったからといって、仕事のやる気がなくなるなんて、甘い事は言ってられない!」と自分に鞭打ち、さらにイライラすることで、より一層プライベートが悪化する……といった事態はさけて頂きたく。


◆ちなみに、割愛した中で興味深かったのが、「モチベーション経費」という考え方です。

これは「やる気を出すためにお金を使うこと」であり、実際、ある程度やる気に対してお金を使ったほうが、うまくやる気を出せる人が多いのだそう。

確かに、高い文房具を使うことで、やる気が出る、という話や、ホテルのカフェで仕事をすると捗る、という話はよく聞くところ。

同じように、旅行やマッサージに行くことで、やる気がでるのなら、立派な「モチベーション経費」です。

中越さんご自身は、サラリーマン時代、少し高めのビジネスバッグを使っていた、とのこと。

それでやる気が高まるなら、こういった経費は決して無駄遣いではなく、むしろ費用対効果が高いと言えるワケなので、積極的に導入したいものです。

……私も痩せたおかげで既製品が着れるようになったので、久しぶりにちょっと高めのスーツを新調しちゃいましたし(ヨメには内緒でw)。


◆ちなみに当ブログでは、「やる気」に関する科学的なアプローチをした本として、以前この作品をご紹介しました。

4163757600
ヤル気の科学―行動経済学が教える成功の秘訣

参考記事:【スゴ本!】『ヤル気の科学 行動経済学が教える成功の秘訣』イアン・エアーズ(2012年10月30日)

この本はこの本で、確かに「スゴ本」なのですが、あくまでこれも「ビジネス書のアドバイス」に過ぎません。

「実験結果ではこうなのかー」と鵜呑みにすることなく、あくまで「心の芯から納得できるやり方」かどうかを検討すべき。

本書はきっと、その手助けをしてくれると思います。


やる気を回復するために!

4569822754
「やる気」が出る心理学
第1章 モチベーション・スタイルを創ろう!

第2章 モチベーション・リカバーでやる気回復!

第3章 仕事の意味が見つかるモチベーション・ロゴス

終章 まとめ


【関連記事】

【スゴ本!】『ヤル気の科学 行動経済学が教える成功の秘訣』イアン・エアーズ(2012年10月30日)

【140の戦略?】『説得とヤル気の科学 ―最新心理学研究が解き明かす「その気にさせる」メカニズム』スーザン・ワインチェンク(2014年01月19日)

【オススメ!】『習慣の力 The Power of Habit』チャールズ・デュヒッグ(2013年04月26日)

【スゴ本!】『やってのける 〜意志力を使わずに自分を動かす〜』ハイディ・グラント・ハルバーソン(2013年09月24日)

【はてブ3000超!】ダニエル・ピンクの新作『モチベーション3.0』がついに登場!(2010年07月06日)


【編集後記】

◆自分ではなく、相手に「やる気」を出させたい場合なら、こちらを。

4873116570
説得とヤル気の科学 ―最新心理学研究が解き明かす「その気にさせる」メカニズム

レビューは上記関連記事にて。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。