スポンサーリンク

2015年05月07日

【メモ】キミは「TED講演者が推薦する意識が高い読書リスト」を見たか?



SpaceX CRS-2 Launch Today — Shown at TED / jurvetson



【はじめに】

◆今日の「はてなブックマーク人気記事」で見かけたのが、こちらの記事。

ビル・ゲイツやティム・バーナーズ=リーなどTED講演者が推薦する意識が高い読書リスト - YAMDAS現更新履歴

全52冊のリストだけでなく、推薦者のTED動画のリンクまで掲載されている、お役立ち記事です。

この記事をご覧になって、リストの本の購入をご検討されている方もいらっしゃると思いますので、私が読んだ本について、簡単にレビュー&過去記事をご紹介してみようかと……。




【「TED講演者が推薦する意識が高い読書リスト」より】

シンプリシティの法則
シンプリシティの法則
人々は、生活をシンプルにしてくれるデザインを買うだけではない。さらに重要なことに、それを愛しているのだ。ここ当分の間は、複雑なテクノロジーが私たちの家庭や職場に押し寄せつづけるだろう。したがって、過度な複雑さを減らし、シンプリシティを追求することは、きっと成長産業になるはずなのだ。複雑化するデザイン、テクノロジー、ビジネス、人生をどうシンプルに保つかウェブ・デザインの先駆者が教える、10の法則と3つの鍵。

◆出た当時、土井英司さんのセミナーで激プッシュされた1冊。

禅のように、無駄を省いたシンプルさを追求しているのですが、100ページと短めだったため、レビューを書くのが難しく断念しております。


アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】
アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】
単純な「チェックリスト」が日常に起きるミスを減らし、災害・事故に際しては人命を救う。絶対にミスの許されない医療現場で著者が辿り着いた真実。経営者、投資家、医師、パイロット、建築家、料理人…、あらゆるプロフェッショナルが信じる成功のエッセンスがここにある。米誌「TIME」の「世界で最も影響力ある100人」に選ばれた著者の提言。

2011年の当ブログの年間ランキング1位に輝いた作品。

下記レビューも、ブクマ550超と大人気でした。

参考記事:マッキンゼーが選んだ『アナタはなぜチェックリストを使わないのか?』の10個の原則(2011年06月23日)


ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
整理整頓好きの青年が図書館司書である確率は高い? 30ドルを確実にもらうか、80%の確率で45ドルの方がよいか? はたしてあなたは合理的に正しい判断を行なっているか、本書の設問はそれを意識するきっかけとなる。人が判断エラーに陥るパターンや理由を、行動経済学・認知心理学的実験で徹底解明。心理学者にしてノーベル経済学賞受賞の著者が、幸福の感じ方から投資家・起業家の心理までわかりやすく伝える。

◆こちらは最初の本とは逆に、紹介記事は書いたものの、未だ「積読状態」にある1冊。

もちろん、下巻もご一緒にどうぞ!

参考記事:【速報!】プレミア付きの名著『ファスト&スロー』がいよいよ文庫化!(2014年06月17日)


ずる――噓とごまかしの行動経済学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
ずる――噓とごまかしの行動経済学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
クリエイティブな人、偽ブランドを身につけている人、共同で仕事をする人は、「ずる」しやすい?不正による報酬が高額になると、ずるはむしろ減る?キャッシュレスになると不正が増える?行動経済学の第一人者であるアリエリー教授が、楽しい実験を通して「ずるをするのは悪人だけではない」ことを明らかに!私たちがちょっとした嘘やごまかしを正当化してしまうからくり、ずるを未然に防ぐ効果的な方法を考える。

◆当ブログでは、ダン・アリエリーの作品はすべてレビューしており、この本は彼の最新作にあたるもの。

ちなみにこの本を推薦したパメラ・メイヤーの『しょっちゅうウソをつかれてしまうあなたへ』という作品は、アマゾンでとんでもないプレミアが付いております。
   
       ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \    高過ぎて買えないお!!
     |       |::::::|     |     
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー’    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       堯l、E ノ <
               レYVヽl


参考記事:【オススメ】『ずる―嘘とごまかしの行動経済学』ダン・アリエリー(2012年12月11日)


才能を伸ばすシンプルな本
才能を伸ばすシンプルな本
超一流の人材を輩出する世界中の「才能開発」機関を研究して解明した、自分を磨き、子どもや部下を成長させる52の秘訣。

◆個人的にあちこちで推薦していたのですが、結局、当ブログ以外ではあまり見かけなかった「スキルアップ本」。

「32%OFF」でKindle本が出ているので、未読の方は、この機会にぜひ!

参考記事:【スゴ本!】『才能を伸ばすシンプルな本』ダニエル・コイル(2013年06月08日)


【感想】

◆想像以上に(?)、読んでいない本が多くて、ちょっと反省の巻。

もちろん、元記事で書名が英文で書かれているのは、未翻訳なので、しょうがないとは思います(英書読む気なしw)。

ただ、それでも話題になったものの、結局読んでない本が結構ありました。

例えばこの本とか。

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)
GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

他の本の推薦者として、この本の著者であるアダム・グラントの名前出しておきながら、元々の本を読んでいないという。


◆また、この本は買う気で書店まで行ったのに、その厚さに圧倒されて断念しました。

シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」
シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」

……さすがに600ページ弱はキツいっす(涙目)。

さらにこの本は、「仕事」カテゴリーに含まれていたのに、見た記憶がありませんでした。

サード・メトリック しなやかにつかみとる持続可能な成功
サード・メトリック しなやかにつかみとる持続可能な成功

著者はハフィントンポスト創設者のアリアナ・ハフィントンとのことなので、個人的には読んでおくべきな気が。

その他にも、「意識が高い」作品が多々ありましたので、ぜひ元記事の方もチェックしてみてください!


【関連記事】

マッキンゼーが選んだ『アナタはなぜチェックリストを使わないのか?』の10個の原則(2011年06月23日)

【速報!】プレミア付きの名著『ファスト&スロー』がいよいよ文庫化!(2014年06月17日)

【オススメ】『ずる―嘘とごまかしの行動経済学』ダン・アリエリー(2012年12月11日)

【スゴ本!】『才能を伸ばすシンプルな本』ダニエル・コイル(2013年06月08日)


【編集後記】

◆同じく「読んでおくべきだった」系の作品。

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法
クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法

「スタンフォード大学dスクールの創設者でもあるデイヴィッド・ケリー」と、「その弟でIDEO共同経営者のトム・ケリー」の2人による1冊です。

何故かKindle版が「44%OFF」と安値放出中なので、気になっていた方は、要チェックで!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「読書・速読」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 19:00
TrackBack(0)読書・速読このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。