スポンサーリンク

2015年03月26日

【健康】『仕事ができる人は、なぜ、 10歳若く見えるのか?』見山 敏


仕事ができる人は、なぜ、 10歳若く見えるのか?
仕事ができる人は、なぜ、 10歳若く見えるのか?


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事で大人気だった、健康本

最近年を感じるようになってきた私は、思わず買ってしまいましたよ。

アマゾンの内容紹介から。
できる人は週1回空腹の日をつくる。できる人は野菜ジュースを飲まない。できる人は腹式呼吸をする。できる人はエスカレーターを使わない。30万人以上に向き合ってわかった「若く見える人」の習慣。ビジネスで最高の結果を出すセルフメンテナンスの心得41。

実際に読んでみたところ、私も実践したいTIPSがいくつかありました!






rock salt / nate steiner


【ポイント】

■1.「便秘」を引き起こすファストフードやスナック菓子を控える
 健康というと、いいものを体内に入れることをまず思い浮かべますが、大切なことは、まず「出す」ということです。出す、すなわち排泄能力を高めることこそ健康づくりの基礎なのです。
 どんなにいいものを食べても、便秘となり、体内で腐敗させ、しかもガスを発生させていたのでは、血液は汚れっぱなしで、体調もおかしくなるというもの。運動不足もさることながら、ファストフード、スナック菓子は、食物繊維不足をひき起こし、便秘に拍車をかけているのです。


■2.精製塩より天然塩を摂る
 そもそも精製塩のなかった江戸時代、私たちの祖先は、みそ汁、たくわん、おしんこ、めざしと、塩からいものを好んで食べていました。塩をとり過ぎて問題が出はじめたのは、精製塩が大量に市場に出はじめたころからです。(中略)
 天然塩や自然塩の場合、食べ過ぎると、自然にブレーキがかかるようになっています。食べものを食べ過ぎてお腹を壊すことがあっても、副作用に苦しむことはなく、仮にとり過ぎても害になることはありません。体調不良で悩んでいる方々は、ぜひ天然塩に切り替えてほしいと思います。


■3.薄着で皮膚を鍛える
「皮膚は内臓のあらわれ」といわれるくらい、私たちの皮膚は内臓の働きと関係しています。つまり皮膚を鍛えれば鍛えるほど、内臓の働きがよくなるのです。(中略)
 最近ではメンズコスメも種類が増え、男性でも仕粧水や保湿クリームを塗る人が増えていますが、本来は自然に任せ、強い皮膚をつくることが大切です。
 その皮膚を鍛えるために最もオススメな方法は、薄着をすることです。暖衣飽食こそ私たちの命の力を弱める道。あまり無理をする必要はありませんが、できれば今まで着ていたものより1枚程度薄くするといいと思います。


■4.呼吸で内臓の働きをスムーズにする
内臓の中にたった1つだけ、意識的に動かせるものがあります。それは「肺」です。肺は呼吸をつかさどっています。私たちは意識的に呼吸し、肺を動かすこともできるのです。「呼吸は、私たちの意識と無意識を結ぶ重要なカギ」なのです。もっといえば、呼吸を通して肺につながる自律神経も操ることができます。(中略)
 意識して息をゆっくり、長く吐くと、自然に吸う息も深くなります。この動作を意識して行なうようにすることで、内臓の働きを少しずつ変えることができるのです。「夜遅くに食べて胃がもたれる」「飲みすぎて翌日仕事にならない」といったあなたの悩みが、呼吸によってコントロールできるとしたら……しない手はないでしょう。


■5.愚痴を言わない
 私はこれまで講演活動やカウンセリングを通して30万人以上の方に向き合ってきましたが、一流の人とそうでない人の違いは「ある点」にあると思っています。それは、「愚痴をいわない」ということ。どんなに嫌なことがあっても、「愚痴」という形ではなく別の形で発散し、明日の活力にしています。そんな人が、いい結果を引き寄せているように思います。(中略)
 ただでさえマイナス情報の多い環境の中で、自分の言葉を消極的なものにし、自分の気分や感情をスポイルすることは、自殺行為もはなはだしいといえるでしょう。せめて自分の発する言葉くらいは自分のものですから、うまくコントロールするのが人間としての責務ではないでしょうか。


【感想】

◆本書は、下記目次にある4つのテーマごとに、TIPSが掲載されており、その数全部で41。

そしてその小見出しは、すべて書名と同じく「仕事ができる人は、なぜ、〜のか?」というスタイルを取っています。

具体的にいくつかご紹介しておくと、「〜なぜ、野菜ジュースを飲まないか?」「〜なぜ、こだわらないのか?」「〜なぜ、姿勢がいのか?」「〜なぜ、よく笑うのか?」等々。

ご覧頂いてお分かりのように、これらは、「肉体ないしは心の健康」に関するものであり、ぶっちゃけ「健康な人は、なぜ〜」とした方がしっくりします。

もっとも、「仕事ができる人」はおおむね「健康」でしょうから、そういう意味では理屈的には正しそうですがw


◆まず、「肉体の健康」については、第1章と第3章にて。

そのうち、第1章では「食」についてフォーカスしています。

上記ポイントの1番目のような「ジャンキーなモノを食べない」というのは、類書でも言われていることですが、「排泄」と絡めてきたのは興味深いところ。

同様にポイントの2番目の「天然塩」というのは、類書ではあまり言われていなかったと思います。

なお、著者の見山さんご推薦のお塩が「海の精」。

B000FQPS8S
海の精 赤ラベル 240g

私も、独り暮らしをしていた頃なら、速攻買っていたのですが、「料理もしない夫」となった今は、ヨメの許可を得ないと勝手に調味料も買えないという……。


◆一方、「心の健康」については、主に第2章にて。

第4章も「ライフスタイル」ということで、「心」にも関連してきますが、こちらはむしろ「自己啓発」に近い内容になっています。

その第2章で割愛した中に「執着と集中」というお話がありました。

一見似たもののように思えますが、たとえば「自分の好きな事に没頭している状態」というのは「集中」であり、全然疲れません。

ところが「何かにこだわったり、とらわれたりしている状態」というのは、大変疲れやすくなるという……。

たとえば、「不眠症」というのは、「眠らなければならないことへのこだわり」であり、眠りたいのにかえって眠れないわけです。

つまり、「集中するためには、執着しない」よう心がけなくてはいけないのだな、と思った次第。


◆ちなみに本書は、見山さんが2003年に出されたこの本を、大幅に加筆し、リニューアルしたものなのだそう。

4893468073
みるみるよくなる「こころ」と「からだ」 (通勤大学文庫)

「文庫」といいつつ、単行本なのは置いといて、書名や装丁はもちろん、TIPSのタイトルやら何やら全部一新したのだと思います。

結果的に、昨今目につく「ビジネスパーソン向け健康本」の流れに沿っており、リアル書店でも絶賛平積み中の模様。

そして肝心の「なぜ、10歳若く見えるのか?」や、帯にある「木曜の夜こそメシを抜け!」については、実際に本書にてご確認をw


心身ともに健康であるために!

仕事ができる人は、なぜ、 10歳若く見えるのか?
仕事ができる人は、なぜ、 10歳若く見えるのか?
第1章 仕事ができる人の「食のこだわり」
第2章 仕事ができる人の「心のもち方」
第3章 仕事ができる人の「身体の使い方」
第4章 仕事ができる人の「ライフスタイル」


【関連記事】

【超健康!】『30代ビジネスマンの「太らない」「疲れない」21の習慣―世界のエリートが実践している“健康マネジメント"』水野雅浩(2015年02月18日)

【疲労回復!】『休みたくても休めない人の「疲労回復法」: 体の芯から、スッキリ!』上田康浩(2014年12月05日)

【コンディション】『一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?~仕事力を常に120%引き出すカラダ習慣~』上野啓樹,俣野成敏(2014年11月14日)

【モテ?】『10年後も見た目が変わらない食べ方のルール』笠井奈津子(2014年07月27日)

【男のダイエット?】『なぜ一流の男の腹は出ていないのか?』小林一行(2014年03月29日)


【編集後記】

◆本日のKindle日替わりセール本はこちら。

B00JA5J8L8
学研ヒットムック シンプル収納のルール&アイデア

新学期や新年度を前に、読んでおくと良いカモ?


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「健康」へ

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)健康このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。