スポンサーリンク

2015年02月24日

【メモ】『週刊ダイヤモンド2015年2/28号』のエクセル特集を読んでみました


週刊ダイヤモンド2015年2/28号
週刊ダイヤモンド2015年2/28号「雑誌]


【はじめに】

◆今朝の記事の編集後記でも触れましたが、今週号の『週刊ダイヤモンド』の第1特集はエクセルです。

そこで、今ひとつエクセルがマスターしきれない私としても、おっとり刀で購入してみた次第。

なかなか役に立った部分と、よく分からなくて「目がテン」になった部分とがありましたが、軽くご紹介してみようかと。





MS Excel 2010 ~ What-If Analysis Icon / barbourians


【「エクセル特集」レビュー】

■Part1.≪基礎編≫ 新入社員を一人前に変える

◆初っ端に登場するのは、とあるメーカー社員営業の宮田正夫さん(仮名・23歳)。

エクセル初心者の彼が、エクセルセミナーに参加することによって、スキルアップする過程が描かれています。

加減乗除あたりはさておき、セミナー後、さっそく業務で披露される関数が「VLOOKUP(ブイルックアップ)」というのは、なかなかハードルが高いな、と。

VLOOKUP関数の使い方 [エクセル(Excel)の使い方] All About

……実はワタクシ、未だ使ったことがありませぬ(小並感)。

他にも、「COUNTIF」や「SIMIF」といった、営業業務に直結しそうな関数が登場するので、何となく知ってるレベルの方は、この機会にマスターすると良いカモ(自分もですがw)。


■Part2.≪基礎編≫ 押さえておくべき8大関数

◆宮田さんのお話に続くのは、「利用頻度の高い」エクセルの8大関数について。

ネタバレ自重しようと思ったら、アマゾンにしっかり中身が出てましたw
SUM/AVERAGE/IF/SUMIF/REPLACE/COUNTA/COUNTIF/VLOOKUP
このうち「SUMIF」「COUNTIF」「VLOOKUP」については、上記でも登場していますが、いずれにせよ、この8つはマスターしておくべきのよう。

なお、それとは別に「超速 ショートカットキー一覧」という表が掲載されているんですが、これはカラーコピーして、こういうデスクマットに入れときたいレベルでした。

透明デスクマット 900×600mm つや消し A737
透明デスクマット 900×600mm つや消し A737


■Part3.≪実践編≫ データ分析を極める方法

◆こちらではまず、「無意味な分析を回避する! 大ガスに見る作業前概念図」と題して、「データ分析前の準備」を指南してくれています。

ただし、これはまさに「エクセル使う前」のお話なので、ここでは割愛。

続いて、エクセルでビッグデータ分析をすべく「相関分析」のやり方も収録。

……エクセルの「分析ツール」なんて、知りませんでしたよ。

分析ツールを読み込む


◆さらには、「コンサル業界の達人が伝授 BCG式ミスを防ぐ活用法」なるコラムも。

これは、ざっくり言うと「1つのファイル内に、分析結果を示すシートと手で数値を入力するシートを分けて管理する」というものです。

見開き2ページでかなり掘り下げられており、かつ、手順も10項目あるので、気になる方は、やはり誌面でご確認ください。

本書では、「給与明細から年末調整の計算を行う」という具体例が挙げられているのですが、確かに税金関係では、このようにシートを分けているところが多い感じがします。


■Part4.≪実践編≫ Excelで決算書に強くなる

◆ここからは、「決算書」をエクセルで分析する方法等を。

日本を代表する企業である「オリエンタルランド」「トヨタ自動車」「ファーストリテイリング」の業績を、過去10年分入力し、営業利益率を分析しています。

エクセル自体は複雑ではないので、むしろ、「そこから何を読み取るか」が重要かと。

また、コラムの「危ない会社の予兆 スカイ、エルピーダに見る危ないサインの見抜き方」も、投資等なさってる方なら必見だと思いますね。


■Part5.≪応用編≫ 事業計画と見やすい表を作る

◆今回の特集のキモとも言えるのが、『外資系金融のExcel作成術』でお馴染みの慎 泰俊さんの手による物語形式のコンテンツ。

大量12ページにも渡って、エクセルを使い「買収案件の財務分析」をしています。

ここでは、「ショートカットキー」や「表の見た目を整えるための基本」といった、私でも理解できる項目もありますが、肝心の財務モデルがちんぷんかんなので、結局お手上げ(スイマセン)。

ただし、実務等で財務モデルをお使いの方なら、「一読の価値アリ」だと思います。


■<<特別付録≫ 目からうろこのExcel活用術

◆今回の特集の最後は、『入社1年目のエクセル仕事術』の中山真敬さん伝授の「目からうろこのExcel活用術」なるTIPS集。

こちらには「簡単な割にとても便利なワザ」が10個収録されています。

ちなみに、最初の5個が「データ入力を10倍スピードアップ」で、後半5個が「仕上げを手早く行う」というテーマ。

この本、当ブログでもご紹介しているのに、10個のうち、忘れていたものがいくつかあったという(ダメじゃんw)。

入社1年目のエクセル仕事術
入社1年目のエクセル仕事術

参考記事:【エクセル】『入社1年目のエクセル仕事術』中山真敬(2014年05月08日)


【感想】

◆今回の特集は、「基礎編」「実践編」「応用編」と結構幅広い層を対象としたものでした。

内容的にも、四則計算等の初歩的なところから、財務モデルのようなものまで広範囲でしたし、エクセルを全く知らない方でない限り、いずれかのページで学ぶことは可能だと思います。

ただ、意外だったのが、同じ版元さんなのに、先日ご紹介したばかりのこの本に、まったく言及がなかったこと。

ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術−−−数字力が一気に高まる基本スキル
ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術−−−数字力が一気に高まる基本スキル

参考記事:【エクセル】『ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術』熊野 整(2015年02月22日)

それなのに、ライバルである東洋経済さんでこの本を出された慎 泰俊さんがメインを張っているという謎……。

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方
外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方

もっとも、『週刊ダイヤモンド』を読んでる読者さんには、直接関係ないですし、この特集はこの特集で、かなりチカラが入っているとは思いますが。


エクセル力を高めるために!

週刊ダイヤモンド2015年2/28号「雑誌]特集1 エクセルで数字力を鍛える!
週刊ダイヤモンド2015年2/28号「雑誌]


【関連記事】

【エクセル】『ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術』熊野 整(2015年02月22日)

【はてブ2000超!】『ビジネスプロフェッショナルのExcel術』(2014年09月20日)

【資料作成】『外資系コンサルが実践する 資料作成の基本 パワーポイント、ワード、エクセルを使い分けて「伝える」→「動かす」王道70』吉澤準特(2014年08月20日)

【エクセル】『入社1年目のエクセル仕事術』中山真敬(2014年05月08日)


【編集後記】

◆今回のエクセル人気を受けて、積読状態だったこの本を改めて読んでおりますw

Excel大全 神ワザ1000+α (三才ムックvol.772)
Excel大全 神ワザ1000+α (三才ムックvol.772)

でもネタが多すぎるので、もしご紹介するとしたら、10個くらいは選ばないと……。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

この記事のカテゴリー:「ITスキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 19:00
TrackBack(0)ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52166434