スポンサーリンク

2015年01月19日

【論理的文章術】『シカゴ・スタイルに学ぶ論理的に考え、書く技術: 世界で通用する20の普遍的メソッド』吉岡友治


4794221010
シカゴ・スタイルに学ぶ論理的に考え、書く技術: 世界で通用する20の普遍的メソッド


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、かつて『いい文章には型がある』が、当ブログでも大人気だった吉岡友治さんの最新作。

『いい文章には型がある』でも「てにをは」レベルのアドバイスは皆無でしたが、本書はさらに「シカゴ・スタイル」に則った文章作法を指南して下さっています。

アマゾンの内容紹介から。
シカゴ大学で確立した世界標準の論文執筆マニュアル「シカゴ・スタイル」に基づき、どんな相手でも伝わる文章を書くための20の普遍的メソッドを公開。何をどう考え、どう整理し、どんな順序で言葉化すべきか?レポート、企画書、志望理由書からメール・ブログ、研究・学術論文まで…あらゆる文章の普遍的な型が身につく本。

タイトルにあるように「論理的に考え、書く」必要のある方なら、要チェックです!





Writing Tools / Frederic Guillory


【ポイント】

■1.「そして」は使わない
andや「そして」は前の文と後の文をたたつなぐだけで、そこに明確な意味を与えないという特性があるのです。よく日本語では「そして」は順接とか付加の接続語と言いますが、「さらに」などに比べると付け加えるという意味合いは不明確ですし、「それから」に比べると時間の推移は曖昧です。
 一方、前から予想される範囲につなぐという点でも、「つまり」「したがって」「それゆえに」に比べれば、前との連続性は間接的で弱い。結局、ただぼんやりと前とつなぐという役目しかありません。


■2.しりとりの流れをつくる
論理的に読みやすい文章にするには、この既知から未知への順序に忠実に従わなければなりません。段落でも文でも、冒頭で古い情報が出され、読者との間で確認してから、それを新しい情報/発見につなげる。
 それに対して、次の文では、その「新しい情報/発見」を分かったものとして(つまり、新しい情報を既知のものとして)、それを、さらに新しい情報/発見につなげる。こういうプロセスが延々と続くわけです。


■3.ポイントは冒頭に
 読者は忙しいので、なるべく早く筆者の「言いたいこと」に到達したい。だから、ポイントは段落の冒頭に置かれます。もちろん、1文で簡潔に書くことが推奨されるので、ポイント・センテンス point sentence と呼ばれます。
 それに対して、サポートは正式にはサポート情報 supporting information とシカゴ・スタイルでは言われます。つまり、ポイントが正しいことを読者に納得してもらうための材料になる、細かくくわしい情報です。要するに、段落の構造としては一番大事な内容を1文で先に述べ、細かくくわしい惰報は後から補充すればいいのです。


■4.「問題+解決+根拠」の形で構成する
その人が何を言いたいか、は細かな表現にこだわるよりも、答えなければならない問いに対してどのように答えているか? つまり「問題と解決」Problem and Solution の構造を明らかにすることで明らかになります。実はこれが論文=論理的文章のすべての基礎にあると言っていいでしょう。
 ただ、なぜ、その答えになるか、が示されていなければ、聞いている/読んでいる人は納得できない。だから、どうして、その解決が正しいのか、その根拠も述べて、解決をサポートする必要があります。つまり、問題+解決+根拠という構造を取るのです。


■5.説明(warrant)をしっかり書く
 論文の初心者は、一般的に、この warrant が苦手です。「なぜなら……からだ」から一足飛びに「たとえば……」とか「実際……によれば」などの例やデータに行ってしまう。実験や観察を主とする論文ではこれで十分な場合もあるのですが、普通はメカニズムやプロセスまでくわしく述べないと、reason (理由)だけでは、相手が納得しにくいことが多いのです。
 とくに、この部分は、筆者の考え方を示す場所なので、warrant がしっかり書かれていないと、十分思考や吟味が行れていない、という印象を持たれる場合が多いのです。


■6.結論では解決を繰り返す
 結論 conclusion で何を書いていいか分からない、という方にときどき出会います。しかし、結論で書く内容は簡単です。なぜなら、論文=論理的文章は意見文である以上、言いたいことは(問題に対する)解決で尽きているからです。
 結論は一番言いたいことをまとめて言うところだから、基本的には、解決を繰り返せばいいのです。逆に言えば、新しい内容は繰り返しにならないので、結論部で書いてはいけない。意外なようですが、これが原則なのです。


【感想】

◆本書を手に取られる、もしくは、本エントリーを読もうとされた方の多くが「『シカゴ・メソッド』って何だろう?」という興味・関心を持たれていると思います。

その「シカゴ・スタイル」とは、本書によると「シカゴ大学で教えられている論文の書き方」であり、「アメリカで博士論文を書く人なら、必ず参照しなければならないと言われている定評のある方法」なのだとか。

残念ながら、ググっても「これ!」というサイトが見つからなかったので、本書の版元である草思社さんのブログエントリーをご紹介しておきます。

世界最高峰の文章上達術をはじめてわかりやすく解説! - 草思社のblog

……と言うか、上記エントリーに、ブクマが付きまくってるじゃないですか(はてなブログだけにw)!


◆とはいえ、本書はその「シカゴ・スタイル」の「マニュアル集」や「教則本」の日本語バージョンではないのだそう。

そもそも英語と日本語の違いもありますし、英語で有効な文章作法も、日本語にはそのまま当てはめられないと思われているとのこと。

ですから、むしろ本書で力を入れていると思われるのは、その根底にある「考え方」です。

吉岡さんは、シカゴ大学院進学前から、日本で小論文を指導してらっしゃったのですが、その「論理的に考え、書く」スタイルは、本場のモノと符合していたのだとか。

そういう意味では本書のコンテンツは、文章術であると同時に、思考術でもあるわけです。

どうりで、以前読んだ吉岡さんのもう1冊の本と、テイストが似ていたワケだな、と……。

4480067957
反論が苦手な人の議論トレーニング (ちくま新書)

参考記事:【議論】『反論が苦手な人の議論トレーニング』吉岡友治(2014年09月16日)


◆上記の本同様、本書も新聞記事や大学入試問題、さらにはブログ記事まで用いて、お話が展開されています。

ただ、それらがちょっとした引用ではなく、1つ1つが結構なボリュームなため、上記ポイントではご紹介できず。

たとえば、赤木智弘さんのこのエントリーが俎上に載っていたのですが。

普通に「普通」という言葉は怖いよね。普通:BLOGOS

本書ではこれを、「冷静で客観的」に書き換える過程を14ページほどを使って詳細に解説しています。

と言っても、決して非難しているわけではなく、このエントリーは「随筆の感じが色濃いが、実は、その底に論文としての構造が存在している」と指摘。

これも筆者の「個性」と言える、とのことです。

むしろ、それに続けて同じエントリーを、より「随筆風」にさらに書き換えた吉岡さんの職人技を、本書にてご確認頂きたいところですがw


◆吉岡さんの著作は、当ブログでは過去2冊、新書を取り上げてきましたが、それらと比べると、本書は少々「骨太」と言うか、読みこなすのに時間がかかるかもしれません。

というのも、「本書の内容」プラス、事例があると「事例の内容」まで理解するよう努めなければならないから。

通常私が、当ブログで取り上げる文章術本は、比較的「読みやすい&実践しやすい」ものが多いのですが、本書は一線を画していますのでご留意を。

また、上記ポイントでもいくつか散見されるように、必要に応じて英単語も登場し、かつ「英文の事例」もあるためか、本書は横書き左開きとなっています。

色々な意味で「速読派泣かせ」の作品ですが、そもそも私なんぞが読み飛ばせる内容ではありませんでしたw


世界標準の文章を書くために!

4794221010
シカゴ・スタイルに学ぶ論理的に考え、書く技術: 世界で通用する20の普遍的メソッド
文のつくり方とつなぎ方

2 段落のつくり方

3 全体を構成する

4 理解から批判につなげる


【関連記事】

【文章術】『いい文章には型がある』吉岡友治(2013年03月26日)

【議論】『反論が苦手な人の議論トレーニング』吉岡友治(2014年09月16日)

【文章術】『書く技術・伝える技術』倉島保美(2014年04月15日)

【オススメ】『ロジカル・ライティング』清水久三子(2013年10月17日)

【ライティング】『入門 考える技術・書く技術』山崎康司(2011年04月12日)


【編集後記】

◆「シカゴ・スタイル」でググっていて見つけた1冊。

4766419774
シカゴ・スタイル 研究論文執筆マニュアル

お値段高杉ワロエナイ……。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「メルマガ・ライティング関係」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)メルマガ、ライティング関係このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52162290