スポンサーリンク

2015年01月06日

【資料作成】『外資系コンサルタントの図解の技術』橋本歌麻呂


479804265X
外資系コンサルタントの図解の技術


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、リアル書店で捕獲した資料作成本。

著者の橋本歌麻呂さんは、コンサルティングファームでも「物事を図解化して分かりやすく説明する能力」に定評があった、というお方です。

アマゾンの内容紹介から。
ビジネス上の問題の8割は図解で解決できる!センスもデータ処理も必要なし!外資系コンサルティングファームで活躍した著者が教える「わかりやすい」と評判のテクニック。

資料作りにお悩みの方に、格好の1冊となるかも!?





The eXtended Web / mikecogh


【ポイント】

■1.「図解すること」は「考えを整理すること」と同じ
 様々な情報が入ってきて頭が混乱しているとき、いったん図解にしてみましょう。すると、考えが整理され、自然と何がポイントなのか見えてくるはずです。
 ポイントが見えてくるとはどういうことでしょうか? それは次の4点を押さえているということです。
・全体像が見える
・重要な箇所がすぐにわかる
・構成要素の関係が明らかになっている
・不要なものが削られている
 実はこの4点というのは、まさに図解するときに必要な思考そのものなのです。だから、図解すると頭の中が整理され、スッキリ理解できるようになるというわけです。


■2.色や濃淡に意味を持たせる
 なぜ、色を変えるのか、なぜ濃淡を変えるのかについては、必ず理由が必要です。その理由とは、分類が異なったり、重要度の重み付けが違ったり、原因と結果のような関係が成り立つようなときです。もし、不必要に変えているのであれば、受け手を混乱させてしまいます。また、原色やピンクや赤、オレンジなどの目立つ色を理由なく多用することは避けましょう。


■3.図解が持つべき4つの機能
(1)内訳を出す……要素を分解して、構成する内容を列挙する。

(2)比較を行う……要素を列挙して、「どれがよくて、どれが悪いのか」、あるいは「何が同じで何が違うのか」比較を行うこと。

(3)範囲を見る……要素をいくつかの範囲に分けて、特徴を表す。各範囲が重なり合うこともある。

(4)関係を表す……原因と結果の因果関係。時系列や順序などの前後関係。


■4.7つのテンプレート
(1)表組型 ・縦軸と横軸を使って、見出しの要点をまとめたり、比較したりする。

(2)樹形型 ・根幹になる要素を基点にして、展開したり、遡及したりする。

(3)段階型 ・時系列や前後関係に並べて、要点を述べる。

(4)相関型 ・要素同士の結びつきを表す。

(5)座標型 ・軸を引いて、要素同士の立ち位置から比較する。

(6)階級型 ・要素の集合に階級がある。

(7)包含型 ・要素の集合に含むのか含まれないのかで比較する。重なりを表す


■5.見せる図解のための6つの仕上げテクニック
1 統一感をつくろう

2 方向を揃えよう

3 角と端を揃えよう

4 メリハリをつけよう

5 5つを超えたら分類を見直そう

6 1点をハイライトしよう

(詳細は本書を)


【感想】

◆良い図解術本というのは、掲載された図やチャート、グラフが良くないといけないわけで、逆にそれは、テキストでレビューすることの限界をも意味します。

たとえば、以前書いたこの記事なのですが。

【はてブ2000超!】『ビジネスプロフェッショナルのExcel術』(2014年09月20日)

当初、当ブログでご紹介するのは断念していたものの、版元サイトの記事に、図がふんだんに使われていたのを知り、それを援用することでなんとかアップできたという。

翻って、今日ご紹介した作品ですが、図がないと、上記ポイントだけ見ても、ぶっちゃけ良く分からないと思います。

……版元さん、図を使った記事書いてくれないかなぁ(チラッ

150131追記:版元さんが図を掲載したページを立ち上げて下さいました!

外資系コンサルタントの図解の技術


◆また、他にも図がなくて泣く泣く割愛したのが、下記目次の第6章「ストーリーで学ぶ図解の使い方」。

ここでは、ストーリー形式によって「実際のビジネスの現場で、図解をどのように使用するか」を学びます。

主人公・影山真治が、自社である医療機器製造会社・東洋カーメンの「売上不振」や「不良在庫」といった問題を、図解によって分析。

さらには具体的な施策にまで落とし込んでいきます。

類書でも、具体例を使っているケースはいくつもありましたが、このように複数の問題を、流れに沿って解決していくパターンはなかった気が。


◆そしてその際に用いるのが、上記ポイントの4番目の「7つのテンプレート」です。

実際にここで図を提示できると分かりやすいのですが、それはさすがに断念。

本書では第3章が該当しますので、気になる方はリアル書店でチェックしてみてください。

また、続く第4章ではこれらのテンプレートの組み合せ技が披露されていて、実はここの方が「お見事!」なんですけど、こちらはもっと図がないと分かりにくいんですよね……(涙目)。


◆なお、リアル書店でのチェックを推奨しといてアレですが、本書には結構な誤植がいくつかありました。

具体的には「図解とその見出し(タイトル)が合ってない」というもの。

それがまた、ことごとくこのパターンばかりなので、ミスと言うより、どこかの過程で何かあったんじゃないかと。

……以前、会社の後輩の女性に頼まれてCDを3枚貸してあげたら、ケースとインナーとCDが全部バラバラにセットされて返ってきたことを思い出しました(違

現時点でアマゾンにはレビューがありませんが、そのせいで★が1つとかになっていたらちょっと可愛そう(サイトをパッと見て★が少ないと、その時点で離脱してレビュー内容までは読まない人が多い)なので、今回ここでアナウンスした次第。

……土井英司さんだって「誤植が目についた」と言いつつ、メルマガで紹介されることもあるので、お許し頂きたく。


コンサルタント流の図解術を手軽に学べる1冊!

479804265X
外資系コンサルタントの図解の技術
第1章 図解の3つの目的
第2章 図解についての5つの誤解
第3章 7つのテンプレート図解術
第4章 テンプレートの組み合わせ技
第5章 見せる図解のための6つの仕上げテクニック
第6章 ストーリーで学ぶ図解の使い方


【関連記事】

【資料作成】『外資系コンサルが実践する 資料作成の基本 パワーポイント、ワード、エクセルを使い分けて「伝える」→「動かす」王道70』吉澤準特(2014年08月20日)

【資料作成】『プレゼンは資料作りで決まる! 意思決定を引き寄せる6つのステップ』天野暢子(2014年08月06日)

【BCG流?】『外資系コンサルの資料作成術---短時間で強烈な説得力を生み出すフレームワーク』森 秀明(2014年02月22日)

【オススメ!】『外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック』山口 周(2012年10月22日)

【スライド作成】『研究発表のためのスライドデザイン』宮野公樹(2013年05月06日)

【資料作成】『「伝わる」「通る」ビジネス資料作成術』渡辺克之(2013年05月03日)

もしものときのための『ウォールストリート・ジャーナル式図解表現のルール』6選(2011年04月13日)


【編集後記】

◆今日の本に関連して。

4480068082
ビジネスに効くスケッチ (ちくま新書)

内容紹介を読むと、「洞察力が身につくスケッチ眼、スピード重視で徹底的に省略するシルエット表現、図解で理解しプレゼンテーションでも発揮できるスケッチ思考、発想が湧き出すトレペ着想、さらに基本的な線の引き方から使える文房具の考察まで。目からうろこの技術がぞくぞく」なんてあって、非常に気になりますw

もっともこの本も、具体的な図あっての作品なので、当ブログでご紹介できるかは微妙なのですが……。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

この記事のカテゴリー:「プレゼンテーション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52160844