スポンサーリンク

2014年12月27日

東大教授も知らない『セ●クスと恋愛の経済学』の秘密


4492314520
セ●クスと恋愛の経済学: 超名門ブリティッシュ・コロンビア大学講師の人気授業


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「恋愛版『ヤバい経済学』」とでも呼ぶべき1冊(?)。

サブタイトルにもあるように、著者のマリナ・アドシェイド教授は、ブリティッシュ・コロンビア大学で「セ●クスと恋愛の経済学」なる講座を開講されている方です。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
恋愛、セ●クス、婚活、結婚、不倫、離婚といったテーマに経済学の考え方を取り入れ、学生たちがその成果を私生活に生かし始めた人気講義、待望の邦訳。これまでの思い込みを次々とひっくり返す、経済学・心理学の最新研究!

「目からウロコ」の内容に、思わず付箋も貼りまくり!



なお、タイトルは久しぶりに「ホッテントリメーカー」のお世話になりましたw





. Love . / Denise Mayumi


【ポイント】

■1.多くの相手としても幸せにはなれない
エコノミストのデビッド・ブランチフラワーとアンドリュー・オズワルドは、この点を研究しました。1万6000人の米国人を対象に幸福度を3段階で自己評価してもらい、性行動が活発になっても幸福にはならないことを見出したのです。(中略)
 要するに、より多くのセ●クスをすることは人々を幸福にはしますが、より多くのセ●クス・パートナーを持つことは幸福には結び付かないということです。最も幸福な人は1人だけのセ●クス・パートナーを持つ人であり、過去12ヵ月間に、より多くのセ●クス・パートナーを持った人ほど幸福度は低いとこの調査は報告しています。


■2.女子学生が多い方が学内は乱れる
 例えば、学内の性の乱れが自分の子女に長期的なマイナスになるのではと心配する保護者にとっては、男子学生の方が多い大学を選ばせるべきという指針になります。これは大学進学期の娘を持つ親にとっては意外かもしれません。しかし経済学的環境として考えると、娘を他の数多くの女子学生とデート市場で競争しなければならない環境に置かない方が合理的なのです。
 同様に、例えば風紀の乱れのせいで学生数が減らないかと心配する大学当局にとっても、女子学生を優先入学させることの功罪を再考するきっかけになります。それをやめれば学内のセ●クスの需給バランスが改善して「価格」が上がります。乱れた性行動の価格が上がれば、学内のカジュアル・セ●クスの水準は総じて減るはずです。


■3.「ただしイケメンに限る」
 さて、出会いサイトや婚活サイトでは、人はどれだけ外見を気にしているのでしょう? ヒッチ、ホルタサス、アリエリーの人種の好みをめぐる共同研究で用いられた方法に立ち戻りましょう。女性が、非常に魅力的な男性とそうではない男性の2人のうち1人を選べるとします。前者の男性は外見の点でトップ10%に入っており(つまりたいていの人はこの男性を10段階評価で少なくとも9に評価しており)、年収は6万2500ドルです。2人目はワースト10%の外見で年収はXドル。この女性が前者の男性を差し置いて後者の男性を選ぶには、年収がどれだけ多ければよいのでしよう?
 答えは、彼がハンサムな男よりも18万6000ドル以上多く稼いでいた場合です。この結果は、女性にとっては、男性の収入に比べて彼の外見の方がはるかに重要であることを示しています。


■4.結婚は経済的階級制度を強化する
 親の資産が1000ドル未満の男性の結婚相手をランダムに決めたとしたら、伴侶の親の資産もやはり1000ドル未満である可能性は、わずか16%しかないはずです。ですが、実際には35%なのです。
 一方、親の資産が10万ドル以上の男性が、やはり親の資産が10万ドル以上の女性と結婚するランダムな確率は、39%にとどまるはずです。しかし実際には60%です。そして彼らのうち親の資産が1000ドル未満の女性と結婚する人はたった7%に過ぎません。(中略)
 またこうした伴侶選びは、所得格差が時間の経過とともにどんどん広がっていくことをも示唆しています。豊かな家の子弟は自分の親の資産を相続するだけでなく、伴侶の親のそれをも相続するのです。


■5.不倫の期待費用
 議論の便宜上、専業主婦の不倫発覚率が30%、夫が離婚に踏み切る確率は50%、離婚に至った場合に彼女が被る経済的損失は10万ドル相当だったとしましょう。彼女の不倫の期待費用は次の通りです。
0.30×0.50×100000=15000ドル
 だから、不倫のメリットは金銭換算して1万5000ドル以上でなければなりません。
 さて、キャリアウーマンの方はリスクもコストも大きく異なります。不倫発覚率はわずか5%、夫が離婚に踏み切る確率は50%、離婚に至った場合に彼女が被る経済的損失は5万ドル相当だったとしましょう。彼女の不倫の期待費用は次の通りです。
0.05×0.50×50000=1250ドル


■6.背の低い男は若い妻を貰う
 多くの女性が伴侶として長身の男性を求めることを思うと、短躯の男性はあまり魅力のない女性で我慢しなければならないと思われます。しかしエコノミストの二コラス・ハーピンは、彼らに希望の光を投げかけています。経済的に成功している短躯の男性は先々になって長身の友人よりも若い伴侶を見つけられるというのです。(中略)
 ハーピンはフランスのデータを用いて、背の低い男性は、社会的地位を調整した後でも、結婚も真剣な男女関係も得にくいとしています。身長170センチに満たない30歳から39歳の男性のうち結婚しているのはわずか60%ですが、身長170センチ〜180センチになると76%が既婚者です。
 背の低い男性はさらに年をとっても独身傾向が強いのですが、熟年結婚市場では有利になります。外見よりも安定した経済力を求める若い女性がいるからです。背の高い男性はより若いうちに良き家計の担い手として年の近い女性と結婚する可能牲が高いのです。


【感想】

◆いきなり伏字だらけで申し訳ないのですが、これも「Google先生対策」ということで、お許し頂きたく。

何せ、いくら学術的・科学的な内容であっても、NGワードがあると、Google先生は機械的にクロと判定してしまう(うちはまだしもHONZさんもひっかかったそう)ので、始末が悪いです。

同様に、今回付箋を貼った中にも、その手の話がいくつもあったのですが、それらはどうしても外さざるを得ず。

本当は上記ポイントの1,2番目や5番目は、モロにそのお話なんですがw


◆2番目だけは分かりにくいので少々補足をすると、要は、キャンパスで女子の方が多いと、単に「数の上で女性があぶれやすくなる」だけでなく、「男性が優位に立って男女関係の性質を変えてしまう」ということ。

つまり、女性の方が性交渉を「もったいぶれない」ワケです。

本書では、女子の方が多い学校とそうでない学校のそれぞれについて、処女率や「行きずりの相手とセ●クスするのが楽しみ」と答えた割合等を比較しているのですが、いずれも女子の方が多い学校が、性的にポジティブな結果に。

確かに、デパートの男性社員ですとか、女子校の男性教員は、ブサイクでもモテモテと聞きますから、そういうものなのかもしれません。

ちなみに、割合的に振りきれて「女子大」になるとどうなのか、については言及ありませんでした。

一応、外国にも女子大はあるようなのですが。

女子大学 - Wikipedia


◆ところで、割愛したネタの中で興味深かったのが、「どんな人種も同じ人種をパートナーに選ぶ」というお話。

上記ポイントの3番目に出てくる研究の中では、「女性は男性の収入がどれだけあれば異人種のパートナーを選ぶか」について調べているのですが、それによると、たとえば白人女性の被験者は、黒人男性が白人男性よりも15万4000ドル多く稼いでいなければ、最初のメールを送らなかったのだそう。

これがヒスパニックだと7万7000ドル、アジア人だとなんと24万7000ドル多くなければならないのだとか。

そう考えると、クラトロさんのように海外でナンパするのが、いかにハードルが高いかがわかります。

俺らナンパしにヨーロッパさ行ぐだ - ナンパはスポーツ No Girl No Life!

この傾向は黒人女性でも同様なのですが、対照的にアジア人女性は「アジア人男性より白人男性を強く好む」そうで、白人男性相手なら、同条件のアジア人男性よりも年収が2万4000ドル低くても連絡をとったのだそう。

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \    そんなの不公平だお!!
     |       |::::::|     |     
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー’    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       堯l、E ノ <
               レYVヽl



◆同様に割愛したものの触れておきたいのが、本書第9章の高齢者の恋愛市場のお話。

長期的な傾向として、熟年結婚をめぐる市場は大変な活況を呈しているようで、その要因の1つが出会い系サイトやSNSなのだとか。

実際、1997年以降にデートし始めたカップルのうち、ネット上で出会いのきっかけをつかんだ人々は、若者より年配者の方がはるかに多い、という調査結果になっています。

なお、65歳を過ぎると「男性1人に対して女性が3人」という状態になり、一見、男性の売り手市場のようなのですが、実はそうでもないらしく。

というのも、女性たちにとっては年寄り男性の介護をせまられるくらいならば、独り身を選ぶから。

確かに、老婦人のグループは旅先でも、レストランでも良く見かけますが、年寄り男性のグループって、あまり見かけませんよね。


◆そして上記ポイントの6番目だけは、私自身がそうなので、恣意的に(?)選んでみましたw

私の場合は、税理士試験の受験という「結婚できない事情」ゆえ婚期が遅れ、結果的に合格後に年の離れたヨメをもらうことになったのですが、もし背が高ければ、もっと早い段階で結婚していたかもしれません(と言い訳してみるテストw)。

これ以外にも、面白く、かつ、ためになる(もしくはあまりならないw)ネタが詰まりに詰まったこの本。

年末年始に、肩の力を抜いて読んで頂ければ幸いです。


これはオススメせざるを得ません(でも役に立つかは不明w)

4492314520
セ●クスと恋愛の経済学: 超名門ブリティッシュ・コロンビア大学講師の人気授業
序論
1 あなたの恋愛
2 出会いの大学時代
3 バーチャル恋愛
4 渡る世間は鬼ばかり
5 結婚――この妙なる制度
6 生計を立てる
7 新世代の草食系男女
8 生来の好きもの
9 愛の終わり
結語


【関連記事】

【モテ?】身も蓋もない「男女のお話」(2012年04月18日)

【男女】『科学でわかる男と女の心と脳』麻生一枝(2010年10月15日)

理系のための「だから、男と女はすれ違う」入門 (2009年02月16日)

【モテ】「なぜ、その人に惹かれてしまうのか?」森川友義(2007年09月14日)

【モテ】『彼と彼女の科学的「恋の法則」』はオススメ!(2008年10月07日)


【編集後記】

◆冒頭で触れそこねましたが、本書はすでにKindle版も出ております。

B00RB9LN0Y
セックスと恋愛の経済学―超名門ブリティッシュ・コロンビア大学講師の人気授業

それほどお買い得、というほどでもないですが、本書を外で読むには、Kindle版の方が無難かもw


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「モテ・恋愛」へ

この記事のカテゴリー:「科学」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:30
TrackBack(0)モテ・恋愛このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52159675