スポンサーリンク

2014年12月26日

【全20冊】今年ご紹介した仕事術の本を振り返ってみました【2014】



Hard Work (Vicios I) / Eneas



【はじめに】

◆今日お送りするのは、年末恒例の「今年1年を振り返る」企画。

今回は、当ブログでも人気の高い「仕事術本」をまとめてみたいと思います。

【全20冊】今年ご紹介した仕事術の本を振り返ってみました【2013】(2013年12月24日)

【全22冊】今年ご紹介した仕事術の本を振り返ってみました【2012】(2012年12月25日)

【全20冊】今年ご紹介した仕事術の本を振り返ってみました【2011】(2011年12月26日)

【全20冊】今年ご紹介した仕事術の本を振り返ってみました【2010】(2010年12月26日)

なお、毎度申し上げている通り、この「振り返り企画」は、売上順に並べてしまうと、年間ランキングが推測されてしまうので、今回も「記事を投稿した順」に列挙。

そして「仕事術本」の中から、「月間ランキングに登場した分のみ」でご紹介しております(12月分は現時点での上位分のみ)。

それでは全20冊、ご覧ください!




【2014年に人気だった仕事術本】

ゼロ秒思考  頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング
ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

◆本書は2013年の年末にご紹介したのですが、前回の「仕事術本」記事の後だったため、こちらにて掲載。

お手頃なKindle版も出ましたので、そちらもご検討下さい。

参考記事:【思考術】『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』赤羽雄二(2013年12月27日)


外資系コンサルの資料作成術---短時間で強烈な説得力を生み出すフレームワーク
外資系コンサルの資料作成術---短時間で強烈な説得力を生み出すフレームワーク

◆本書が純粋な意味での「仕事術本」かというと、ちと微妙なのですが、何せこの本2月に断トツの1位となっておりまして。

当ブログにおける、1日の最多注文数を記録した注目作です!

参考記事:【BCG流?】『外資系コンサルの資料作成術---短時間で強烈な説得力を生み出すフレームワーク』森 秀明(2014年02月22日)


モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術
モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術

◆「文具コンサルタント」土橋 正さんの久々の新刊。

あの土橋さんのご本ですから「文具本」かと思いきや、実は「仕事術本」なんですけど、下記参考記事は、「文房具」中心にレビューしているという(ダメじゃんw)。

参考記事:【文房具10選】『モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術』土橋 正(2014年02月23日)


世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書
世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書

◆これぞまさに「新時代の仕事術本」(多分w)!

さすが、人気ウェブサイト「デイリーポータルZ」の編集長だけあって、林 雄司さんはぶっ飛んでましたw

参考記事:【オススメw】『世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書』林 雄司(2014年04月12日)


早く正しく決める技術
早く正しく決める技術

◆出口さんは、当ブログでは読書本がお馴染みですが、この本は、しっかり仕事の役に立ちます!

それより何より、下記記事内でご紹介している、出口サンのカラダを張ったデイリーポータルZでの宣伝(「ハトが選んだ生命保険に入る」)をお読み頂きたいな、とw

参考記事:【決断力】『早く正しく決める技術』出口治明(2014年05月16日)


頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?
頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?

◆自分が「頭がいい」かどうかは別としても、マッキンゼーやBCGが使っているのであれば、方眼ノートを取り入れるしかないでしょう!(単純w)

なお、お手頃なKindle版も出ていますので、未読の方は、ぜひご検討を。

参考記事:【ノート術】『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』高橋政史(2014年05月22日)


非学歴エリート
非学歴エリート

◆書名で誤解を受けて、炎上気味にホッテントリ入りしましたが、書かれている内容はガチな仕事術。

ブクマも久しぶりに1000を超えており、おそらく本年度の記事としては最多ではないか、と。

参考記事:『非学歴エリート』のあまりの凄さに戸惑いを隠せない(2014年05月25日)


人事部だけが知っている あなたの評価を上げる方法 (中経出版)
人事部だけが知っている あなたの評価を上げる方法 (中経出版)

◆本書は5月にレビューしておりますが、本がランク入りしたのは、10月の「ニコニコカドカワ祭り」のおかげ。

また、上記リンクはKindle版になっておりますので、お求めの際にはご留意ください。

参考記事:【出世の秘訣?】『人事部だけが知っている あなたの評価を上げる方法』高野美佳(2014年05月31日)


コクヨ式 机まわりの「整え方」 社内で実践している「ひらめきを生む」3つのコツ
コクヨ式 机まわりの「整え方」 社内で実践している「ひらめきを生む」3つのコツ

◆仕事の生産性を上げるためには、本書の内容のような、ところから始めるべきかな、と。

もちろん、個人で実践できるものと、組織的にやらねばならないならないものとがありますので、その辺は臨機応変で。

参考記事:【超整理?】『コクヨ式 机まわりの「整え方」 社内で実践している「ひらめきを生む」3つのコツ』齋藤敦子(2014年06月02日)


仕事の「ミス」をなくす99のしかけ
仕事の「ミス」をなくす99のしかけ

◆99もセレクトしただけあって、初級レベルから中級はたまた上級レベルまでの「ミス防止」のTIPSが満載!

なお、下記参考記事では、私でも実践できる「初級レベル」が中心となっております。

参考記事:【ミス防止!】『仕事の「ミス」をなくす99のしかけ』松井順一(2014年06月04日)


実践型クリティカルシンキング (次の10年にプロフェッショナルであり続ける人の教科書)
実践型クリティカルシンキング (次の10年にプロフェッショナルであり続ける人の教科書)

◆「東大法学部〜日銀〜マッキンゼー」と華麗な経歴を歩んでこられた佐々木裕子さんの作品。

ただの思考法だけでなく、「自分が年金営業所の所長である、という設定で、部下のAさんの営業成績が思わしくない場合に、どうすればAさんの売上があがるかを考える」といったような演習も登場するので、仕事にも役立つハズ!

参考記事:【思考法】『実践型クリティカルシンキング』佐々木裕子(2014年07月01日)


なぜ昇進するのはいつもあなたではないのか もっと早く知っておきたかった「社内政治」の技術
なぜ昇進するのはいつもあなたではないのか もっと早く知っておきたかった「社内政治」の技術

◆当ブログでも密かな人気なのが、本書のような「出世本」。

アマゾンのレビューは微妙な評価ですが、自分では「攻撃」しない人でも、「防御」はする必要があるので、本気で出世したい方なら、要チェックでしょう!

参考記事:【出世の秘訣?】『なぜ昇進するのはいつもあなたではないのか もっと早く知っておきたかった「社内政治」の技術』ジェーン・ホラン(2014年07月11日)


コンサル一年目が学ぶこと
コンサル一年目が学ぶこと

◆個人的に、ファンである大石哲之さんの仕事術本。

1年目でなくとも、またコンサルでなくとも、役に立つTIPSに溢れております。

参考記事:【オススメ!】『コンサル一年目が学ぶこと』大石哲之(2014年07月30日)


プレゼンは資料作りで決まる! 意思決定を引き寄せる6つのステップ
プレゼンは資料作りで決まる! 意思決定を引き寄せる6つのステップ

◆本書が出た時期は、立て続けに良い「資料作成本」が発売されました。

こうした資料が手際よく作れるのも、ビジネススキルの1つだと思われ。

参考記事:【資料作成】『プレゼンは資料作りで決まる! 意思決定を引き寄せる6つのステップ』天野暢子(2014年08月06日)


4761270144
<決定版>年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書

◆発売直後から在庫切れが続いていた、まさに「スゴ本」。

Kindle版の登場によって、当ブログでも、さらにお買い上げ頂きました。

参考記事:【スゴ本】『<決定版>年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書』和仁達也(2014年08月14日)


外資系コンサルが実践する  資料作成の基本  パワーポイント、ワード、エクセルを使い分けて「伝える」→「動かす」王道70
外資系コンサルが実践する 資料作成の基本 パワーポイント、ワード、エクセルを使い分けて「伝える」→「動かす」王道70

◆実は、ガチな仕事術本である前作も、今年8月にランクインした吉澤準特さんの新作は、余裕で8月のベスト10入り。

本書はどちらかというと、「資料作成本」なのですが、それも1つの「仕事術」ということでw

参考記事:【資料作成】『外資系コンサルが実践する 資料作成の基本 パワーポイント、ワード、エクセルを使い分けて「伝える」→「動かす」王道70』吉澤準特(2014年08月20日)


4822269949
ビジネスプロフェッショナルのExcel術 (日経BPムック)

◆この手の「画像あってこそ」の本は、レビューが難しいのですが、版元さんの記事がブクマ2000超となったため、それに便乗した次第w

ただし、下記参考記事自体は、ブクマ30超と平凡に終わりましたが(涙目)。

参考記事:【はてブ2000超!】『ビジネスプロフェッショナルのExcel術』(2014年09月20日)


精神科医が教える集中力のレッスン
精神科医が教える集中力のレッスン

◆「集中力」がテーマであるがゆえ、てっきり「勉強本」かと思いきや、そこまでは特化していなかった1冊。

むしろ「集中力」自体は、ビジネスパーソン必須のスキルですから、広義の意味では仕事術本だと思います。

参考記事:【集中力】『精神科医が教える集中力のレッスン』西多昌規(2014年09月25日)


エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする
エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

◆ダニエル・ピンクや、クリス・ギレボーが推薦しているだけあって、中身は濃厚。

実際、本国での原書の評価も、かなり高いモノでした!

参考記事:【本質主義】『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』グレッグ・マキューン(2014年11月20日)


外資系コンサルが教える「勝ち方」の教科書 (中経出版)
外資系コンサルが教える「勝ち方」の教科書 (中経出版)

◆現在進行中の12月からは、もう1冊この本を。

ただしリンクは、実際にほとんどの方がお買い上げ頂いているKindke版の方になります。

参考記事:【仕事術】『外資系コンサルが教える「勝ち方」の教科書』笛木克純(2014年12月20日)


【関連記事】

【全20冊】今年ご紹介した仕事術の本を振り返ってみました【2013】(2013年12月24日)

【全22冊】今年ご紹介した仕事術の本を振り返ってみました【2012】(2012年12月25日)

【全20冊】今年ご紹介した仕事術の本を振り返ってみました【2011】(2011年12月26日)

【全20冊】今年ご紹介した仕事術の本を振り返ってみました【2010】(2010年12月26日)

【全23冊】今年ご紹介した仕事術の本を振り返ってみました(2009年12月27日)


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

この記事のカテゴリー:「読書・速読」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52159522