スポンサーリンク

2014年10月16日

【全16冊】未読本・気になる本(2014年10月16日)



Shleepy Bonbon / Boemski



【はじめに】

◆今日お送りするのは、2週に1度の「未読本・気になる本」のエントリー。

子供達の学校が台風で休校になる等、バタバタしていたため、若干遅れてしまいました。

そして今回も、前回同様、バラエティに富んでいる感じ!?

それでは、全16冊ご覧ください!




【未読本・気になる本、全16冊】

プロジェクトを成功させた「挑戦者」に学ぶ ヒットの教科書 (NIKKEI TRENDY BOOKS)
プロジェクトを成功させた「挑戦者」に学ぶ ヒットの教科書 (NIKKEI TRENDY BOOKS)
情報誌『日経トレンディ』の人気連載「ヒットの軌跡」からの珠玉の18選。
プロジェクトを任された挑戦者たちの“熱いハートと冷静な判断"がヒット商品を生み出す。
その成功の秘密を気鋭の消費トレンドジャーナリストが解き明かす。

◆登場するヒット商品は「伊右衛門 特茶、コップのフチ子、鍋キューブ、フィットカット カーブ、蒸気レス炊飯器」等々。

この手のお話は、実は大好物なんですよね〜w


群衆の智慧 (角川EPUB選書)
群衆の智慧 (角川EPUB選書)
あなたの世界を大きく変える1冊だ。本当に驚くような内容で、私がここ数年読んだビジネス書の中でも最も素晴らしいものだった―。あのマルコム・グラッドウェルも絶賛!多様な集団が到達する結論は、一人の専門家の意見よりもつねに優るという説を提示し、ウェブ時代の新しいパラダイムを予見した。今も多くの識者に引用・推薦される、社会人必読の話題の教科書『「みんなの意見」は案外正しい』が新装再刊!

◆著者名を見て「あれ?」と思ったら、上記内容紹介の通り、『「みんなの意見」は案外正しい』の新装再刊でした。

そちらの単行本が出たのが、8年以上前なので、未読の方はこの機会にご一読を。


フレームワークで人は動く 「変革のプロ」が使いこなす18の武器
フレームワークで人は動く 「変革のプロ」が使いこなす18の武器
ビジネス・フレームワークを「コト(事)系」と「ヒト(人)系」の2つのタイプに分け、フレームワーク(18の武器)の使いこなし方をわかりやすく解説。
変革のプロは、コト系フレームワークを「企画」「計画」「実行」に役立て、ヒト系フレームワークを使って「布陣」「組閣」「展開」していた。
「コト系」×「ヒト系」で、人は動く!
知っているだけでは何の役にも立たないフレームワークの使いこなし方がわかる。

◆先日土井英司さんがメルマガで紹介されたばかりなので、ご存知の方も多そうな。

著者の清水さんは、以前ご紹介した『ロジカル・ライティング』が良かったので、こちらも非常に気になります……。


打ち合わせの天才 (光文社新書)
打ち合わせの天才 (光文社新書)
日々、誰もが何気なく行っていることだが、仕事を実質的、かつ着実に前へ進める役割を担っているのが「打ち合わせ」。一見、犹談瓩里茲Δ亡兇犬蕕譴訛任噌腓錣擦發△襪、その中でのキラリと光るひとことから企画が生まれ、人気商品やヒットにつながった、というのはよくある話だ。手軽なニュアンスがあるものの、まさにビジネスの成功を左右する最も重要な行為である。にもかかわらず、真正面から論じられてこなかった打ち合わせの意義やノウハウを、あらゆる業界のトップから現場まで多くの一流たちを取材してきたノンフィクション作家が徹底指南!

◆「インタビュー」や「会食」の本ならありましたが、本書のテーマは「打ち合わせ」。

店選びから話し方、提案の仕方まで、あれこれ指南してくれそうです。


元NHKアナウンサーが徹底指導! 自信が持てる「話し方」講座(CD付)
元NHKアナウンサーが徹底指導! 自信が持てる「話し方」講座(CD付)
「人前に出るとアガってしまう」「口べたで恋人ができない」「初対面の人と話すのが苦手」など、話し方・伝え方の悩みを簡単に解消できるノウハウ満載! 指導してくれるのは元NHKアナウンサーの相澤 静さん。正統派の技法を、ビジネスやプライベートの場で役立てるための独自の理論を確立。親しみやすくわかりやすい説明で、セミナーや講習会はいつも超満員。「ハッキリした話し声で明朗快活に」「キレのある発音で滑舌よく」…。実践練習は、すべて相澤さんのお手本をCDで聞くことができます。

◆アナウンサーさんの「話し方」本にも色々ありますが、本書はなんとCD付き。

相澤さんのお名前でYouTubeで検索したら、いくつか出てきましたので、とりあえずこちらをお聞きください。


Live Simply シンプルに生きるための162のコトバ
Live Simply シンプルに生きるための162のコトバ
累計250万部突破の21冊から162のフレーズを厳選。「本業なんかなくていい」「モノのために働かない」「常識より自分の判断基準」など、しがらみを断ち、自由に、身軽に生きるための習慣やルールが満載です。

◆昨日の記事の編集後記でもご紹介しておりますが、本田直之さんの最新刊だけに、こちらも見逃せない1冊。

本田さんは以前『トリガー・フレーズ』という同じようなコンセプトの本を出されているので、そのリバイス版ではないでしょうか。


「なぜか売れる」の公式
「なぜか売れる」の公式
超簡単なのに、MBAベース! 自然に「売れる」仕組みをつくるポイントは3つだけ。何を、誰に、どうやって。それぞれのポイントは何か。自転車店、パン屋など、具体的ケースから説く画期的マーケティング入門。

◆個人的にマーケティング本は大好物なんですけど、当ブログでは今ひとつ反応が悪いのが悩みのタネ。

その点本書は、「画期的マーケティング入門」ということなので、期待しております!


脳がシビれる心理学
脳がシビれる心理学
●女性は父親と似た人と結婚する?
●合コンは赤い服で勝負する?
●入れ墨を入れた男はもてる?
●お酒を飲むと異性が魅力的に見える?(中略)
プロレスマニアでもある新進気鋭の心理学者が世界最新の科学論文をもとに脳科学、心理学、行動科学の世にも奇妙な不思議を解き明かす。

◆何となく「モテネタ」が含まれてるっぽいので、ピックアップした本。

プロレスマニアは関係ないですが、著者の妹尾さんは「京大学大学院人文社会系研究科(心理学研究室)修了」「心理学博士」とのことなので、内容的には大丈夫だと思います。


世界の一流だけが知っている 成功するための8つの法則
世界の一流だけが知っている 成功するための8つの法則
ウェブで660万回以上視聴された人気のTEDスピーカーがあなたに教える。
ジェフ・ベゾス、ビル・ゲイツ、リチャード・ブランソン、セルゲイ・ブリン、ラリー・ペイジ、マーサ・スチュアート──500人以上の著名人にインタビュー。一流の人たちが共通して行っている習慣を徹底分析し発見した「成功の法則」を伝授する。

◆こちらは、ご記憶の方もいらっしゃるかもしれませんが、以前『TED 驚異のプレゼン』レビューした際に、記事内でTED動画もご紹介してます。

このリチャード・セント・ジョンの動画は、実ははてブ600超のこの記事でも上3本に入る人気だっただけに、この本も必読の予感!?


やりなおす経済史---本当はよくわかっていない人の2時間で読む教養入門
やりなおす経済史---本当はよくわかっていない人の2時間で読む教養入門
「経済史は欲望のドラマだ!」
代ゼミ人気No.1講師が教える、歴史の流れと「なぜ?」がわかる、社会人のための学びなおし講座。
世界恐慌、バブル崩壊、リーマン・ショック、アベノミクス…歴史のストーリーで学ぶ、マンガのように面白い、カネをめぐる仁義なき世界抗争劇。
封建制からアベノミクスまで、ビジネスパーソンが教養として最低限知っておくべき、1300年の物語を2時間で一気に学ぶ。

◆著者の蔭山克秀先生は、「3科目すべての講義が、代ゼミのサテライン衛星授業として、全国の各代ゼミ校舎に映像配信されている」という人気講師。

そこらへんの学者先生が書かれた本よりも、よほど面白い内容に仕上がっているのではないか、と。


Yahoo!ファイナンスで速攻決算書分析
Yahoo!ファイナンスで速攻決算書分析
Yahoo!ファイナンス上の情報を使いながら決算書を分析する方法を解説。身近な企業を例に,会計知識ゼロでもわかる。就職や投資等の会社選びで失敗したくない人は必読。

◆決算書関係の本は「完全スルー」なワタクシですけど、こういうアプローチなら面白そうなw

内容紹介があっさりしすぎてるのと、ページ数の割にお値段高めなのが、ちと微妙ですが……。


どうしてあの人はクリエイティブなのか?―創造性と革新性のある未来を手に入れるための本
どうしてあの人はクリエイティブなのか?―創造性と革新性のある未来を手に入れるための本
本書は、オーラル・ロバーツ大学にて創造性、イノベーション、起業家精神、組織行動について教えている著者が、最新の研究結果から導き出した「クリエイティビティの本質」を解説します。
なぜ、アインシュタインやエジソンは画期的な発見や発明ができたのか-‐?
スティーブ・ジョブズが成功した理由は--?
ピクサー映画やポストイットなどの世界的ヒット商品はどうやって生まれたのか--。
イノベーションを起こした企業や人の実態に迫りながら、最高のアイデアの出し方、作品の質を高める会議、問題解決のためのアプローチ法など、クリエイティブになるための方法を紹介します。

◆上記内容紹介では割愛したものの、本書にはあのダニエル・ピンクや『アイデアの99%』の著者であるスコット・ベルスキが推薦文を寄せています。

果たして「世の中にあふれている成功者のエピソードのほとんどは、実話からかけ離れた迷信」という言葉の意図するところは!?


イギリス式シンプル問題解決法図解思考50のルール
イギリス式シンプル問題解決法図解思考50のルール
ピラミッド、マトリックス、パイチャートなど、本書に掲載されている50のダイアグラムは、物事の新しい捉え方、整理の仕方を表しているので、これまでの自分の思考パターンを抜け出し、新たな視点を取り入れることができるようになる。
例えば、問題の解決方法をいくつも考えつくことができるようになったり、説得力のある説明ができるようになるなど、新たな考える枠組みとして、またコミュニケーションの手段として、さまざまな場面でそのメリットを実感できる。
プレゼン、戦略・交渉、企画立案、意思決定、営業、目標達成などの複雑な問題をシンプルに解決して、最大の成果をもたらす最強のフレームワークの使い方がわかる。

◆今回の記事内で、個人的にもっとも気になっているのがこの本。

今まで何冊かの「図解ネタ」の本(図解本に非ず)をご紹介してきましたが、この本も「スゴ本」の匂いがしております!?


合理的なのに愚かな戦略
合理的なのに愚かな戦略
優れた企業の優れた経営者が策定した戦略が失敗するのはなぜか? 個々の戦略、戦術の失敗には、一貫して「組織のあり方」や「意思決定者の認知構造」にその原因を見出すことができる。
特に意思決定者の思惑や目論見(=戦略ストーリー)を超えた「逆説的」な形で現れる失敗は、合理的な戦略を “愚かな"結果に導くことになる。(中略)
登場する主な企業は誰もが知る有名企業。しかし、読者はその多くの事例のなかに自分の会社の姿を見出すことになるだろう。
「あなたの会社に似た会社」の失敗がそこにある。

◆本書の著者であるルディーさんの作品は、以前マーケティングネタの『売り方は類人猿が知っている』をご紹介したことがありましたが、本書はそれとは違って「経営論、企業文化論」とのこと。

登場する企業も「サッポロビール、サントリー、コカ・コーラ、ベネッセ・コーポレーション、ノードストローム、キヤノン、ゼロックス、アップル、フォード、ソニー、東芝、ダイソン、パナソニック、サウスウエスト航空 etc...」と豪華なので、これまた興味津々……。


統計学が最強の学問である[実践編]---データ分析のための思想と方法
統計学が最強の学問である[実践編]---データ分析のための思想と方法
異例のベストセラーの著者が贈る最良の実践入門。
『統計学が最強の学問である』では概略の紹介に留めた統計手法の「使い方」を解説する。
統計学や数学の歴史的なエピソードも楽しみながら、「平均」や「割合」といった基礎知識から、「重回帰分析」のようなハードルの高い手法までを本質的に理解することができる。

◆現時点で書影がないものの、あのベストセラーの[実践編]ですから、ご紹介しないわけには参りませぬ。

幾多の類似本はありましたが、これこそが『統計学が最強の学問である』の続編と呼ぶにふさわしい1冊でしょう!


ここらで広告コピーの本当の話をします。
ここらで広告コピーの本当の話をします。
コピー1本で100万円請求するための教科書。 コピーライター志望者、若手コピーライターに知ってもらいたい本当の話。 “伝える"だけのコピーなんて、コピーじゃない! 著者は、広告キャンペーンでプレイステーションの全盛期をつくり、いまなお最前線で活躍するクリエイター・小霜和也氏。 コピーライティングというビジネスの根底を理解すると、効果的なコピー、人を動かすコピーが書けるようになる。 広告とコピーに関わるすべての人に役に立つ、いままでにないコピーライティングのビジネス書。

◆コピーライターさんのご本は、『伝え方が9割』以降、かなり幅広い層に受け入れられてきた気がする自分。

なのに本書は「“伝える"だけのコピーなんて、コピーじゃない」と『伝え方が9割』に喧嘩売ってるかのような内容紹介がステキですw


【編集後記】

◆この本は本来、上でご紹介してもいいのですが、出遅れたので。

4844336746
できる100ワザ Google AdSense 必ず結果が出る新・ネット広告運用術

100ワザシリーズのアドセンス本です。

当ブログでは、ご紹介しにくいんですが、アサマシ村の村民としては買っておかねばw


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)ランキング・未読本紹介等このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。