スポンサーリンク

2014年10月01日

【全16冊】未読本・気になる本(2014年10月01日)



Leopold Looks for Reading Material / Jason Grote



【はじめに】

◆今日お送りするのは、2週に1度の「未読本・気になる本」のエントリー。

ここ数日私用で忙しかったので、久しぶりに2日ばかり遅れてしまいました。

そして今回は、いつもよりちょっとバラエティに富んだラインナップの模様!?

それでは、全16冊ご覧ください!




【未読本・気になる本、全16冊】

社長のための世界の朝礼ネタ集
社長のための世界の朝礼ネタ集
ヒット商品の驚きの誕生秘話や、名だたるキャッチフレーズが生まれた意外な理由、はたまたケガの功名のようなアイデアによる逆転劇などなど、優れたブランドは、いずれも人の心を引き付けてやまない「物語」を持っています。
本書では、ナイキ、IKEA、フォルクスワーゲン、3M、ヴァージン航空、ザ・ボディショップ、ギネスビールといった世界一流ブランド70社、計76本の企業秘話を紹介! もちろん、すべて実話です。知られていない裏話や、予想もつかないアイデアがふんだんに盛り込まれており、マーケティングに携わる方をはじめ、どんな仕事にも通じる「ビジネスの秘訣」が詰まった本です。

◆この本、リアル書店でチェック済みなんですけど、かなり面白そう。

ただしボリューム的に、当ブログの引用スタイルだと、個々の話が断片的になってしまうので、レビューが難しそうな感じです。


ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」
ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」
140字のつぶやきが世界のみんなをつないだ!自分の思いを短文で発信する―たったそれだけのシンプルなサービスが、2億7000万人に愛され、社会を動かすようになったのはなぜ?共同創業者のビズ・ストーンが、ツイッターの誕生秘話や裏話をユーモアたっぷりにつづる。「チャンスは自分で作り出せ」「最悪のシナリオを受け入れる覚悟をしないかぎり、最高のシナリオは手に入らない」など、成功するためのヒントが満載。

◆この本もチェック済みでして、巻末に収録されたnanapiのけんすうさんの解説は必読と思われ(マジ)。

著者のビズ・ストーンは、ITベンチャー創始者にしては珍しく、学歴的には決してエリートではなかったのが興味深いです。


グロービスMBAで教えている プレゼンの技術---人を動かす勝利の方程式
グロービスMBAで教えている プレゼンの技術---人を動かす勝利の方程式
多くのリーダーを輩出してきたグロービスが教える、日本のビジネスパーソンのためのプレゼンの技術。
プレゼンの組み立て方や、スライド作成の注意点、練習・リハーサルで抑えるべきこと、本番での振る舞い方…などを、日本の会社でありがちなストーリーや失敗事例とともに、丁寧に解説します。

◆逆に当ブログではコンスタントに人気なのが、プレゼン本。

外資系やらコンサルタント系の本が多い中、果たしてグロービスのプレゼン本は如何に!?


普通の会社員がフリーランスで稼ぐ
普通の会社員がフリーランスで稼ぐ
専門知識やスキルを活かして、組織にとらわれずに、働く場所や時間、仕事量などを自由に選ぶ動きが広がっています。
これまでは、フリーランスというとクリエイティブ系やIT系がメインでしたが、営業・人事・企画・広報など、いわゆる「文系総合職」と呼ばれる普通のサラリーマンがフリーランスとして働くという新しい波が起こりつつあります。
出産・育児・介護でフルタイムで働くのは難しい……。
そんな個人のニーズと、急な休職などの人手不足や部署の立ち上げなどの経験不足を補いたい企業のニーズが合致した結果の「総フリーランス時代」の到来なのです。
本書ではそれらの流れを解説しつつ、実際に文系総合職がフリーランスとして働く際の収入や待遇などの情報、そして心構えやノウハウなどをお伝えします。

◆今までも、フリーランスや独立の本は色々ありましたが、本書の特徴は、それらと違い「文系総合職」を対象にしているところ。

なお、さっそくKindle版も用意されていますw


スポーツ遺伝子は勝者を決めるか?: アスリートの科学
スポーツ遺伝子は勝者を決めるか?: アスリートの科学
スポーツにおける強さの源は「遺伝か環境か」――古くて新しいこのテーマに、めざましい発展を遂げる先端科学はどこまで迫っているのだろうか? TEDトークで話題のジャーナリストが、その最前線を紹介する。陸上競技、野球、サッカー、バスケット、テニス、スキー、ゴルフ、チェス、犬ぞりなど、さまざまな種目を検証。赤道直下から北極圏まで世界各地を訪ねて多くのオリンピック・メダリストや研究者を取材し、アスリートの肉体の秘密に迫る。あなたのスポーツ観と人間観を根底から変え、観戦とトレーニングの楽しみを倍増させる科学ノンフィクション。日本版オリジナルの序文を収録。(巻末解説/福典之)

◆HONZ辺りで取り上げられそうなネタですが、個人的にサッカーの部分だけでも読んでみたい1冊。

著者名でググったら、TEDの動画もありましたので、興味のある方はどうぞ。


知らないとソンする!価格と儲けのカラクリ
知らないとソンする!価格と儲けのカラクリ
今流行の、もしくは問題の、日ごろ目にするモノやサービスの儲けの仕組みを一挙公開。通常知ることのできないカラクリの裏側まで、全部わかります。
たんに価格の実態のとどまらず、浮き沈みの激しい業界の変遷・現状・課題までグラフと図で詳述。マーケティングの研究・勉強に使えるだけでなく、賢い消費者になるための、これからの時代を生き抜く必需品です!

◆こういったビジネスモデル本も、当ブログではなかなかの人気です。

特に今後起業や独立を考える方なら、この手の知識は今のうちから携えておくべきだと思われ。


4495528610
自分の力を最大限に発揮する! 脳のトリセツ (DO BOOKS)
私たちの脳が発揮できる力には限りがあります。脳の力を大切なことに使うか、ムダなことに使うか。日々の生活でどちらを選ぶかによって、成果は大きく変わってきます。
本書では、脳のリハビリで用いられている「エラーレス・ラーニング(誤りなし学習)」の考え方をもとに、「言葉」「自律神経」「注意」を変える行動習慣を紹介。
いつもの行動をちょっと変えるだけで自分の脳が当たり前に能力を発揮できるようになる、「脳の上手な使い方」を教えます!

◆当ブログでは『あなたの人生を変える睡眠の法則』『誰でもできる! 「睡眠の法則」超活用法』という過去2冊の著作が、いずれもスマッシュヒットとなった菅原洋平さんの最新刊。

今回は「脳ネタ本」ということで、これまた要チェックなテーマですね!


4575307416
セクシー女優ちゃん ギリギリモザイク
大ヒット漫画『アラサーちゃん 無修正』作者の元A●女優・峰なゆかが描く「A●という戦場」の全(!?)裏側。
スカウト、隠語、カネ、巨乳、素人、熟女、性病、握手会、男優の悲哀、大人のおもちゃ、セックスを魅せる技術、女優同士の「格付バトル」……
タブー破りの現場奮闘記!

◆今や売れっ子マンガ家である峰なゆかさんが、『アラサーちゃん』とは別に描いた自伝(風?)マンガ。

ちなみに、峰さんが月イチでWeb連載している「女くどき飯」の最新版には、当ブログでも「カリスマナンパ師」として知られている高石さん登場されていますので、モテ本好きの方は要チェックでw


4844373773
問題解決のあたらしい武器になる視覚マーケティング戦略
「売り上げが上がらない」「商品力がない」「差別化できない」など、多くの企業が簡単には解決できない悩みを抱え、苦しんでいます。
しかし、伸びている企業はこういった問題をロジカルに考えるだけではなく、ビジュアルやデザインといった視覚に訴える戦略を経営に取り込み、飛躍しています。
なぜ、視覚なのか? ヒトが得る情報量の90.9%は視覚によるという研究結果があります。感情は視覚から得る情報によって錯覚を引き起こし、錯覚は期待を抱かせます。
そして感情を帯びた期待によって、人は行動に行動を起こすのです。
ぜひ、問題解決に新しい視点「視覚マーケティング」を取り入れてみてください。

◆直接デザインを専攻していない方であっても、今やビジネスシーンにおいて、デザインは避けては通れない要素の1つかと。

著者のウジさんの過去の作品に比べて、本書はよりビジネスに直結している感じを受けております。


4534052200
うまい棒は、なぜうまいのか? 国民的ロングセラーの秘密
「1本10円」という子どものおこづかいでも買いやすく、種類が豊富でいろいろな味が楽しめるお菓子であることから、誰もが一度は食べたことがある“国民的ロングセラー"となっている「うまい棒」。
今年で35周年をむかえる「うまい棒」の製造本数は1日約200万本、最近では本格的なパウダーにこだわった20円のプレミアムうまい棒も話題になっています。
本書では、そんな駄菓子の王様「うまい棒」について、パッケージにも登場するおなじみのキャラクター「うまえもん(仮)」と、「めんたい味」のパッケージに登場する「博士」が、ロングセラーの秘密を解き明かしていきます。

◆実は私の大好物の1つ(もう1つは「元祖たこやき亭」w)がこの「うまい棒」で、一時期毎日セブンイレブンで買っていたら、店長さんは、ウチの子供のおやつだったと思っていたという(恥)。

そんな「うまい棒」のヒミツが明かされている本書は、レビューはしなくとも読んでおかねばなりませぬー。


4163901345
芸能界のアテンド王が教える 最強の店77軒
芸能界のアテンド王の秘密のアドレス。
年間500軒を食べ歩く芸能界のグルメ王渡部建のオススメ店リスト公開。デート、合コン、一人メシなど、状況別に70軒以上を紹介。

◆結婚してからは、あまり話題のレストラン等をチェックしていないワタクシですが、たまにはいいお店に行きたいもの。

著者の渡部さんは「ホメ本」なら当ブログでもレビューしたこtがありますが、こんな一面も持たれていたとは!?


4569762530
見た目だけで人を見抜く技術 (PHP文庫)
一人一人の顔は、全く違います。同じ両親から生まれた兄弟でも似ていないということもあるでしょう。実は、顔にはその人の性格や才能が大きく反映されているのです。
本書は、アメリカで大きな発展をとげたパーソノロジー(人相科学)を使って、自分自身や周囲の人の性格の読み解き方をアドバイスするもの。
眉と目の間隔が狭い人はフランクな付き合いが好き? 眉山が尖っている人は企画力がある!? 鼻下が短い人はナルシスト?など、内面と外見の意外な関係が分かる一冊。隠れた才能を発見できるかも!

◆装丁は微妙ですし、テーマも眉唾ものですが、元となった単行本に、現時点で1万円超のプレミア価格がついているとなると、話は別。

文庫本ゆえ、ただでさえ値段がお安いので、これはもうゲット確定ですね!


4478016380
ピクサー流 創造するちから
「モンスターズ・インク」「トイ・ストーリー」「ニモ」……ヒットを積み重ねるピクサー。
「アナと雪の女王」世界的ヒットで完全復活したディズニー・アニメーション。
彼らの成功を支えた、本当の理由とは?ピクサー創業者でディズニーアニメーションのトップが、その内側を惜しみなく開示する。

◆晩年のジョブズの近いところにいたと思われる、ピクサー創業者であるエド・キャットムルが、ピクサーの秘密を明かした作品。

本書の「あとがき:私の知っているスティーブ」やジョブズが亡くなる直前のエピソードは、涙なくして読めないそうなので、ジョブズファンならきっと見逃せないハズ。


4798137790
キャズム Ver.2 増補改訂版 新商品をブレイクさせる「超」マーケティング理論
世界中で60万部超、売れ続けるバイブルが遂に増補改訂!
本書が解説する「キャズム理論」は、いまや米国のみならず世界中の常識となったマーケティング理論です。今回の改訂により、成功例/失敗例を問わず、すべての事例が刷新されたほか、ハイテク市場の発展段階をまとめた「トルネード理論」の概要と、ネットビジネスの急成長モデルとして「フォー・ギアズ・モデル」の解説が新たに加わりました。自社製品の生き残りをかけている企業の経営者、営業/マーケティング担当者、必読です!

◆「改訂版」というのはよくありますが、「成功例/失敗例を問わず、すべての事例が刷新」というのは、かなり本格的かと。

前版をお持ちの方はもちろん、未読の方も、この機会に一読されると良いかもしれませんね。


458412454X
「成功法則」を本気で科学する (ベスト新書)

◆まだアマゾンにも版元にも内容紹介がないのですが、タイトルからして面白そうな新書。

成功本を論じた本にも色々ありますが、個人的には、これは「当たり」の予感がw


4532319552
How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント
■グーグルで語られる新しい経営の「格言」(「コンセンサスには意見対立が必要」「悪党を退治し、ディーバを守れ」「10倍のスケールで考えよ」……など)やグーグル社内の秘話を、驚異的なスピードで発展した社史とともに初めて明かす。
■すべてが加速化している時代にあって、ビジネスで成功する最良の方法は、スマート・クリエイティブを惹きつけ、彼らが大きな目標を達成できるような環境を与えることだ。本書は、ただその方法をお教えするものである。

◆まだ発売まで10日近くあるのに、アマゾンランキングでは既に3ケタ台にまで伸びている「Google本」。

Google現会長(前CEO)のエリック・シュミット達が語る「Googleの働き方」の本ですから、こちらも見逃せないです!


フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち
フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち
証券市場の民主化によってニューヨーク証券取引所とNasdaq以外の証券取引所が乱立するようになった2009年ぐらいから、ディーラーたちは不思議な現象に悩まされる。コンピュータスクリーンが映し出す各証券市場の売値と買値で取引しようとすると、ふっと売り物や買い物が消えてしまうのだ。その値が消えて、買う場合だったらば、必ずそれより高い値で、売る場合だったらばそれより低い値で取引が成立してしまう。
ウォール・ストリートの二軍投資銀行に務めるブラッド・カツヤマは、ドンキホーテのように、単身調査に乗り出す。
するとそこには、私たちの注文を10億分の1秒の差で先回りしていく超高速取引業者「フラッシュ・ボーイズ」の姿があったのだ。

まだ書影もないのですが、(141003追記:書影追加)これはちょっと問題作っぽいので無理やり押し込む自分w

あのFACTAの発行人である阿部重夫さんの特別原稿も収録しているとのことで、特に投資をなさっている方なら要チェックでしょう!


【編集後記】

◆今回も編集後記では、上で取り上げられなかった作品をご紹介。

4838789599
BRUTUS特別編集合本 日本一の「手みやげ」&「お取り寄せ」は、どれだ!? (マガジンハウスムック)

思うんですけど、センスのいい「手みやげ」「お取り寄せ」は、ビジネスにも好影響があるかと。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)ランキング・未読本紹介等このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52149194