スポンサーリンク

2014年09月06日

【自己啓発】『断言しよう、人生は変えられるのだ。』ジョン・キム


476313387X
断言しよう、人生は変えられるのだ。


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事でも人気だった1冊。

HONZで田中さんが大絶賛されていた、ジョン・キム先生の最新作です。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
この本の著者、ジョン・キム先生もかつては、今のままではいけない、新しい人生を切り開きたい、と心から渇望しながらも、自分の人生を変えるのは難しいのではないかと、もがき苦しんだ時期を送ったことがあるそうです。
「でも、安心してほしい」と著者は言います。
人生を変えるのは難しいことでもなんでもなく、必要なのは、少しばかりの勇気と、ほんのちょっとした視点の転換である、と。

本書はきっと、「人生を変える」きっかけになってくれるハズです!





calisto_620_group_conference_crop / plantronicsgermany


【ポイント】

■1.悪意の中の真実に感謝する
 親友には、親友であるからこそ、できない忠告がある。相手に欠点を見つけたとき、アドバイスをしたいが、それまでのさまざまな情から、それができない場面がある。しかし、敵対的な意識を持っている相手は、そんなことは気にせず、いろんな攻撃をしてくる。
 その攻撃の99パーセントが間違っていたとしても、そこに1つの学ぶに値する真実があるとすれば、その敵でさえ、敵対する相手ではなく、感謝の対象と捉えることができる。
 つまり、自分の成長のための種を投げてくれたのだ。敵に対して、「ありがとう」という言葉をかける必要はない。だが、心の中で感謝をするといい。


■2.人と対立することは無意味である
 人と対立することは、実はほとんどのケースで必要ない。無意味であるといっていい。にもかかわらず、特に若い頃は、対立したがる。敵をつくりたがる。
 そうした人間の共通点は、自分の中に不安があることである。自分の存在に対して不安があるから、敵をつくったり、対立軸をつくったり、物事を白黒に分けて、トレードオフをつくりたがるのだ。
 そうすることによって、自分の立ち位置を理解することができると考える。だから、そういうことをやりたがる。弱い人間ほど、敵が欲しくなる。敵は、存在の不安から生まれるのだ。


■3.言いたいことをワンフレーズで表現する
 世の中の現象は複雑で、すべて記述しようとすると、本が何万ぺージあっても足りないものだが、それをワンフレーズに落とすことができるかどうか。本質を見極めることができるかどうか。その訓練をするといい。(中略)
 300ぺージを1ぺージに要約するときは、299ページ分を捨てる覚悟がなければいけない。濃度高く、凝縮していかなければいけない。いらないものを削っていくと、最終的に残るのは1ぺージであり、ワンフレーズになる。
 そんなふうにワンフレーズに落とし込む練習をしていくと、物事を本質的に理解する、考える習慣が付く。


■4.相手の発言に付加価値を加えて返す
 大学のゼミで何かのグループワークを行うときに、学生たちに対して常に言っていた言葉がある。それは、すぐに判断するな、決めつけるな、ということだ。(中略)
 耳で聞いたら、すぐに口から言葉を発するのではなく、耳に入れて、頭で付加価値をプラスして返す、ということである。改善する方法でもいい。
「あ、それもいいと思うんだけど、それにこういうのを加えたら、もっといいんじやないかな」
 プラスアルファを付けて返し、次の人も、またその次の人も、と繰り返していくと場の空気は一変するようになる。
 そうすれば、誰がどんな話をしても、不安はなくなる。未熟な話だったとしても、心配はいらなくなる。周囲がそれを受け止め、未熟なものに対して成熟度を加え、返してくれるからだ。


■5.時間の使い方を徹底的に意識する
 生きていくために必要なものに、お金がある。お金のマネジメントは多くの人が意識している。何にいくら使ったか、今日はいくら使ったか。お金の使い方を検証するために家計簿を付けている人もいる。
 しかし、お金は稼ぐことができるが、時間は稼ぐことができないのだ。その意味では、実はお金以上にマネジメントが必要なのが、時間なのである。
 感情は可視化し、客観化することで制御したり、改善したりできると書いたが、時間の使い方についても同様だ。自分が何に時間を割いているのか、何に時間を奪われているのかを徹底的に意職しなくてはならない。自分自身で時間の使い方について意識を深めていかない限り、時間を自分の思い通りにコントロールすることなど決してできないのだ。


■6.自分の信念を貫く
 100人いて、99人が左に行っても、自分は右が正しいと思ったら、自分を信用して右に行く。その決断ができるくらいでなければ、イノべーターにはなれない。
 スティーブ・ジョブズの言う「Stay foolish」とはそういうことだと私は考える。自分にとって正しいことをしなさい、ということなのである。世の中から愚かと言われても、自分にとっては正しい道を進む。そういう生き方をしなさい、と。
 自分に対する絶対的な信念がなければ、時代をつくり出すことなどできない。時代を先導することなど、到底できないのである。


【感想】

◆以前当ブログでご紹介した『媚びない人生』(便宜的に「前作」と、ここでは呼びます)同様、「自己啓発王道ど真ん中」な本でした。

そういえば、冒頭のHONZでの田中さんのエントリーでも「10年後、20年後に読んでも古びることのない普遍性がこの本にはあると思う」と言われてるのですが、前作の時も同じようなこと、つぶやいてらっしゃいましたね。
要は、それくらい「王道」だということで。

もちろん、1つ1つのTIPS自体は、一部を除いて異なっていますのでご安心下さい。


◆違いの中で、今回とりわけ特徴的だったのが、「対立」ないしは「批判」に関する記述が目立ったこと。

上記ポイントの1番目や2番目が典型的ですが、他にも

「議論に値しない人とはぶつからない」

「敵対する人が現れたら、幸せを祈ってあげる」


といったものがありました。

また、

「自分を苦しめる人に力を与えているのは自分である」

という悟りも、何やら「苦しめられている」ことが前提のような?

この辺りは、前作出版の後、色々とあった……というか、慶應の准教授をお辞めになっていたことは、本書の「おわりに」で初めて知ったのですが(遅すぎ)。


◆とは言え、本としての「クオリティの高さ」は相変わらず。

今回、画像は割愛しましたが、前作同様、付箋を貼りまくっております。

構成的には、下記目次にあるように、「8つの力」によって「人生を変える」方法を指南するスタイル。

特に、当ブログの読者さんであれば、第7章の「読書力」は必読だと思います。

ただし、「大好きな本」として紹介されている30冊ほどの作品すべてが「古典」なのは、「新作本中心」の当ブログとしてはツライところ。

いや、自著で古典ばかりオススメになる方多いんですけど……。

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__)____
  |     ` ⌒/ ─' 'ー\
.  |       /( ○)  (○)\
.  ヽ     /  ⌒(n_人__)⌒ \  >>今、その本読んでるこっちの気持ちを ムググ…
   ヽ   |、    (  ヨ    |
   /    `ー─−  厂   /
   |   、 _   __,,/     \




◆本書は、『媚びない人生』がツボだった方には、まず間違いなく満足して頂けると思います。

ないしは、上記で触れたように「王道系自己啓発本」がお好きな方も同じハズ。

この若さで、よくこういった深みのある本が書けるものだな、と私なんぞは思うのですが、これも世界各国を周ったり、色々な経験を積んでらっしゃるからなのだな、と納得している次第です。

……それにしても、何も知らずに本書を読んだら、「著者は60過ぎ」と言われても全然違和感ないんですがw


タイトル通り「人生を変えたい」方にオススメ!

476313387X
断言しよう、人生は変えられるのだ。
第1章 感情力
第2章 解釈力
第3章 感受力
第4章 対話力
第5章 人脈力
第6章 時間力
第7章 読書力
第8章 選択力


【関連記事】

【オススメ】『媚びない人生』ジョン・キム(2012年05月26日)

【成功本?】『誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則 完全版』ジム・ドノヴァン(2014年08月27日)

【自己啓発】『失敗しないとわかっていたら、どんなことをしてみたい?』ジョン・C・マクスウェル(2014年03月06日)

友達には秘密にしておきたい『自分を変える89の方法』(2013年10月01日)

意外と知られていない『自信がつく方法』のテクニック10選(2012年06月08日)

【ネバリズム】『たった1つの言葉が人生を大きく変える』マーディ・グロース(2012年04月04日)


【編集後記】

◆お馴染み成毛 眞さんの新刊は、まさかの企業研究本!?

4023312703
成毛眞の本当は教えたくない意外な成長企業100

でも、成毛さんの会社の事業内容考えたら、ある意味真っ当なんですけどねw


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:00
TrackBack(0)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52145917