スポンサーリンク

2014年08月18日

【Amazon】このブログでの人気本(2014年上半期ランキング)





【はじめに】

◆今日お送りするのは、2014年上半期の当ブログにおける売上ランキング

毎年7月に行っているのですが、今年はうっかり忘れていて諸事情により1ヶ月遅れとなってしまいました。

なお、過去4年間の同エントリーは以下の通りです。

【Amazon】このブログでの人気本(2013年上半期ランキング)(2013年07月19日)

【Amazon】このブログでの人気本(2012年上半期ランキング)(2012年07月28日)

【Amazon】このブログでの人気本(2011年上半期ランキング)(2011年07月25日)

【Amazon】このブログでの人気本(2010年上半期ランキング)(2010年07月24日)

それでは1月1日から6月30日までのランキングを、さっそくご覧ください!





Shipments from Amazon / public.resource.org


【ランキング】

30位

4072952486
誰でもすぐ口説けるようになる技術

◆6月のトップに輝いた、「恋愛カウンセラー」マーチンさんの「男性向けモテ本」。

ファッションやセリフはさておき、口説くときのポジショニングまで指導してくれるありがたい1冊です。

参考記事:【モテ】『誰でもすぐ口説けるようになる技術』マーチン(2014年06月18日)


第29位

課金ポイントを変える 利益モデルの方程式
課金ポイントを変える 利益モデルの方程式

◆本書は1月の月間ランキングに入ったのもビックリでしたが、まさか半期のランキングにまで登場するとは、完全に想定外でした。

当ブログの読者さんは、こういった「ビジネスモデル本」もお好きなんですね……。

参考記事:【課金モデル?】『課金ポイントを変える 利益モデルの方程式』川上昌直(2014年01月06日)


第28位

戦略思考トレーニング (日経文庫) (日経文庫 I 49)
戦略思考トレーニング (日経文庫) (日経文庫 I 49)

◆この本をご紹介したのは、「昨年の上半期」であり、何故に今年の上半期にまで登場したのか詳細不明。

確かにホッテントリにはなりましたし、検索エンジンでも上位に表示されるようなのですが。

参考記事:『戦略思考トレーニング』が想像以上に凄い件について(2013年04月20日)


第27位

速読勉強術 (PHP文庫)
速読勉強術 (PHP文庫)

◆以前からお話しているように、本書の有用性は、新司法試験を2位で通ったという噂のsunさんによって保証済み。

なお今回の順位は、単行本、文庫本、Kindle本の総合計によるものになります。

参考記事:「速読勉強術」宇都出雅巳(2007年02月03日)


第26位

もっとモテたいあなたに 女はこんな男に惚れる (文庫ぎんが堂)
もっとモテたいあなたに 女はこんな男に惚れる (文庫ぎんが堂)

◆女性向けの官能小説家・大泉りかさんによる「男性向け」モテ本。

「男女の出会いのスポットに潜入して、その実情をレポートする」という連載を3年半も続けていた大泉さんだけあって、「出会いの場所」に関する記述は信用できそうです。

参考記事:【モテ】『もっとモテたいあなたに』に学ぶ7つのNG(2013年12月09日)


第25位

90秒で好かれる技術
90秒で好かれる技術

◆昨年と同様にランク入りしたのですが、左サイドバーの人気記事の筆頭にあることくらいしか、お買い上げ頂いた理由が分かりませぬ。

記事投稿後、そろそろ3年経つのにもかかわらず、未だ当ブログにおける被ブクマ数トップに輝いております。

参考記事:友達には秘密にしておきたい『90秒で好かれる技術』(2011年08月19日)


第24位

ザ・ゲーム 【30デイズ】 ――極上女を狙い撃つ
ザ・ゲーム 【30デイズ】 ――極上女を狙い撃つ

◆昨年発売されて、年間ランキングの5位に躍り出た、モテ本の新定番候補。

個人的には前作(『ザ・ゲーム』)よりも、ノウハウチックなところが気に入っています!

参考記事:【オススメ!】モテ本『ザ・ゲーム 【30デイズ】』がやっぱりスゴかった件(2013年07月13日)


第23位

9割の人間は行動経済学のカモである ―非合理な心をつかみ、合理的に顧客を動かす
9割の人間は行動経済学のカモである ―非合理な心をつかみ、合理的に顧客を動かす

◆1月末に発売されて、1月&2月にはランク入りしなかったのに、なぜか5月のランキングで15位に入った謎の作品。

6月はまた圏外でしたし、どうやってここまで登り詰めたのか、私自身よく分かっておりません!?

参考記事:【バイアス?】『9割の人間は行動経済学のカモである ―非合理な心をつかみ、合理的に顧客を動かす』橋本之克(2014年01月30日)


第22位

「先延ばし」にしない技術
「先延ばし」にしない技術

◆こちらは出てから2年半経っても、未だお買い上げ頂いている仕事術本

何度か申し上げたように、「時間管理系」の作品の中ではピカイチだと思います。

参考記事:ビジネスの達人がこっそり教えてくれる『「先延ばし」にしない技術』の真実(2012年01月09日)


第21位

東大に2回合格した医者が教える 脳を一番効率よく使う勉強法
東大に2回合格した医者が教える 脳を一番効率よく使う勉強法

◆個人的に、ここ数年で一番インパクトを受けた勉強本

「脳科学的アプローチ」をしている作品としては、池谷裕二さんの『受験脳の作り方―脳科学で考える効率的学習法』が有名ですが、より一層受験に特化した強力な勉強本です!

参考記事:【スゴ本!】『東大に2回合格した医者が教える 脳を一番効率よく使う勉強法』福井一成(2014年04月26日)


第20位

読書は「アウトプット」が99%: その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方 (知的生きかた文庫)
読書は「アウトプット」が99%: その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方 (知的生きかた文庫)

◆「週末起業」というフレーズが肩書きとなっている藤井孝一さんですが、実は読書メルマガもお出しになっています。

そんな藤井さんの「読書本」ですから、それは読みごたえもあります罠。

参考記事:【読書術】『読書は「アウトプット」が99%: その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方』藤井孝一(2014年01月02日)


第19位

モテる技術 (ソフトバンク文庫)
モテる技術 (ソフトバンク文庫)

◆昨年同様、「A●B喰いナンパ師さん」がプッシュによって、売上を伸ばしたモテ本。

ただし、現在は絶版になったようで、代わりに「入門編」「実践編」に分冊されております(今回の集計にはこの2冊は含めておりません)。

参考記事:【モテ】あの"幻の名著"「モテる技術」が文庫本になって復活した件(2008年07月11日)


第18位

ゼロ秒思考  頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング
ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

◆この本の場合、1月&2月だけでなく、昨年12月のランキングにも入っていた(6位)ので、そちらも足せば、さらに上まで目指せていました。

なお、下記参考記事内でご紹介している「Vコーン」も、多くの方にお買い上げ頂いております!

参考記事:【思考術】『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』赤羽雄二(2013年12月27日)


第17位

合コン女王が教える 2時間で女ゴコロをつかむ技術 (文庫ぎんが堂)
合コン女王が教える 2時間で女ゴコロをつかむ技術 (文庫ぎんが堂)

◆女性著者の作品としては、他に類を見ないほど「男性寄りのスタンス」なのが本書の魅力。

実はKindle版だと、ベスト3に入るほどの人気ぶりでした!

参考記事:【オススメ】『合コン女王が教える 2時間で女ゴコロをつかむ技術』絵音(2013年04月05日)


第16位

ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル (フェニックスシリーズ)
ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル (フェニックスシリーズ)

◆19位の本同様、「A●B喰いナンパ師」さんの昨年6月の記事の後押しで、売上を伸ばしたモテ本。

中古本も相変わらず値崩れしませんが、Kindle版ならかなりお手頃に入手できますね。

参考記事:【速報】"究極のナンパバイブル"こと『ザ・ゲーム』が新版で発売される件(2012年07月31日)


第15位

才能を伸ばすシンプルな本
才能を伸ばすシンプルな本

◆昨年、読んだのと同時に大騒ぎして、激プッシュしまくったにもかかわらず、ほとんど話題にならなかった「スゴ本」(個人的に)。

私のことを疑ってらっしゃる方は、まず下記参考記事をお読みください!

参考記事:【スゴ本!】『才能を伸ばすシンプルな本』ダニエル・コイル(2013年06月08日)


第14位

最短で結果が出る超勉強法 (講談社BIZ)
最短で結果が出る超勉強法 (講談社BIZ)

◆当ブログにおける「戦術系勉強本」の定番。

2月から文庫本がKindle化された(書名は違いますが、目次が一致してるので同じ本かと)ことにより、売り上げを伸ばしております。

参考記事:【スタディ・ハック】「最短で結果が出る超勉強法」荘司雅彦(2007年07月02日)


第13位

メイド喫茶元オーナーが書いた 女の子の取扱い説明書
メイド喫茶元オーナーが書いた 女の子の取扱い説明書

◆左サイドバーの人気記事で紹介されているせいか、根強い人気を誇る1冊。

この本も、毎回Kindle版での人気が、かなりのプラスになっていますね。

参考記事:「女の子の取扱い説明書」について最低限知っておくべき3つのこと(2010年03月28日)


第12位

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある
天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある

◆巷で話題の「東大卒美人弁護士」による「努力系勉強本」。

「努力」したからこそ、東大や司法試験に合格したのは事実なのですが、その「努力」し続ける能力というのも、やっぱりある種の才能だと思うワタクシ……。

参考記事:【科学的根性論?】『天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある』山口真由(2014年01月22日)


第11位

なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか (文庫ぎんが堂)
なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか (文庫ぎんが堂)

◆建前としては「女性向け恋愛本」であるにも関わらず、実は男性が読んでも有意義なモテ本。

下記参考記事内のツイートを見て、涙した男性も多々!?

参考記事:【モテ】『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』二村ヒトシ(2014年04月13日)


第10位

確実にセ●レを作る方法 300
確実にセ●レを作る方法 300

◆過去の『裏モノJAPAN』のモテネタだけを集めた「お買い得」な1冊。

アマゾンでは何故かdisられていますが、私がホッテントリ入りを果たしながら、Google先生にお叱りを受けた記事、「自然といちゃつけるお店7選@裏モノJAPAN」の元ネタがフルバージョンで収録されているだけでも「買い」だと思われ。

参考記事:【モテネタ】『確実にセ●レを作る方法 300』が内容充実していた件(2013年11月27日)


第9位

ツカむ! 話術 (角川oneテーマ21)
ツカむ! 話術 (角川oneテーマ21)

◆お笑いコンビ「パックンマックン」のパックンこと、パトリック・ハーランさんのトーク術の指南本。

実はKindle版が売り上げの半分を占めており、また、今回のランキングにおいてKindle版の1位をゲットした作品です!

参考記事:『ツカむ! 話術』が想像以上に凄い件について(2014年04月10日)


第8位

脳が教える! 1つの習慣
脳が教える! 1つの習慣

◆6年も前にレビューした本であるにもかかわらず、2ちゃんのスレッドでスレ主が下記参考記事を紹介したら、アクセスが殺到!

ぶっちゃけ、当時お買い上げ頂いた冊数の、4倍以上の売り上げになってしまいました(多謝!)。

参考記事:【実践!】「脳が教える! 1つの習慣」ロバート・マウラー(著),本田直之(監修)(2008年07月06日)


第7位

コミュニケーションのための催眠誘導 「何となく」が行動を左右する (知恵の森文庫)
コミュニケーションのための催眠誘導 「何となく」が行動を左右する (知恵の森文庫)

◆上記でも触れた、「A●B喰いナンパ師」さんの記事が出て以来、今年の2月以外の全ての月別ランキングでランク入りしたヒット作。

これはもはや、モテ本の新しい定番本として認定してよいのではないか、と。

参考記事:「催眠誘導」石井裕之(2007年02月19日)


第6位

「からだ」と「ことば」のレッスン (講談社現代新書)
「からだ」と「ことば」のレッスン (講談社現代新書)

◆その「A●B喰いナンパ師」さんの新たな記事(下記参考記事)によって、爆発的にお買い上げ頂いたのが、こちらの本。

元々、カリスマナンパ師であるシンジさんが推奨されていた本でもあり、2大巨頭(?)によるプッシュのおかげで、当ブログでも大人気でした。

参考記事:【モテ】AKB喰いナンパ師が新たにオススメしているモテ本3冊(2013年11月11日)


第5位

デザイン思考が世界を変える
デザイン思考が世界を変える

◆当ブログでは、以前ご紹介済みの「プレミア付き新書」が、文庫化されたもの。

下記参考記事が、皆さまにブクマされまくったおかげで、アマゾンでも好順位をゲットした模様。

参考記事:【速報!】プレミアが付いていた「デザイン思考本」が文庫化した件(2014年05月07日)


第4位

図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!
図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!

◆当ブログの読者さんにとっては、もはやお馴染み過ぎる定番勉強本。

ベスト3には入れませんでしたが、他の「上半期のパッと出本」が下半期に数字を伸ばせない中、最終的に丸1年コンスタントにお買い上げ頂くので、年間ランキングでは毎回1,2位を争う仕様となっております。

参考記事:<【記憶&速読】「図解超高速勉強法」椋木修三/A>(2008年05月04日)


第3位

非学歴エリート
非学歴エリート

◆今年の上半期で、レビューが最多ブクマ数(1000超!)をゲットした作品。

当ブログの記事にしては珍しく、NewsPicksで話題になった(マネックスの松本 大さんのお名前も)のも特徴です。

参考記事:『非学歴エリート』のあまりの凄さに戸惑いを隠せない(2014年05月25日)


第2位

ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)
ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)

◆4位の本と並んで、当ブログにおける、モテ本のド定番。

現時点では、1位の本にやや離されているのですが、どこまで追いつき、そして年末までに追い抜けるのか……?

参考記事:【モテ】「ベストパートナーになるために」ジョン・グレイ(2007年08月09日)


第1位

外資系コンサルの資料作成術---短時間で強烈な説得力を生み出すフレームワーク
外資系コンサルの資料作成術---短時間で強烈な説得力を生み出すフレームワーク

◆一応はてブ人気記事(ホッテント)入りはしたものの、そのブクマ数からは考えられないほど、お買い上げ頂きました。

とにかく、当ブログにおける「1日における1冊の注文数」の最高値を叩き出しておりますので……。

参考記事:【BCG流?】『外資系コンサルの資料作成術---短時間で強烈な説得力を生み出すフレームワーク』森 秀明(2014年02月22日)


【感想】

◆前回同様、総括から。

まず、昨年&一昨年同様「1位の本がぶっちぎり」で、これまた何故か昨年&一昨年同様「2位の約1.5倍の売り上げ」ということにw

ぶっちぎっても別にいいんですけど、何で3年連続で「2位の約1.5倍」なのかは謎です。

もっとも、これだけ大差をつけていても、これが年間ランキングになると、上記でも触れたようにゴール前で定番本に抜かれるハメに。

たとえば、上半期で昨年1位だった『そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか』は、年間では3位に。

一昨年上半期で1位だった『10年後に食える仕事、食えない仕事』も、年間ではやはり3位に終わっています。

……毎月コンスタントにお買い上げ頂くことが、いかに大きいか、という。


◆ジャンル的に見ると、今年も例年同様(?)「モテ本強し!」

2位、6位、7位、10位、11位、13位、16位、17位、19位、24位、26位、30位と合計12冊は、過去最多でしょう。

昨年の7冊からは大きく増えていますし、もはや全体の1/3をも上回る状態に。

これ以上増えるようですと、もはや「ビジネス書ブログ」とは呼ばれなくなりそうな悪寒……。


◆また、もう1つの「柱」である勉強本は、4位、12位、14位、15位、21位、27位と、計6冊。

前回から1冊増えたとはいえ、繰り越してきた本が4位、14位、15位、27位と4冊もあるので、もうちょっと新刊で何とかしたかったかな、というのが、正直なキモチです。

ただ、21位のような斬新な本は、そう滅多に出てこないモノ。

15位の本もそうなのですが、「良い本」なのに「話題にならない」、というのは、書評系ブロガーとしては、大変もどかしく思うと同時に、己の無力さを痛感しているのですが。


◆さて、毎年8月になると、小中学校の夏休みが始まり「読書感想文」のニーズが増えるハズ……なのですが、今年は当ブログは、その特需がない模様(涙目)。

それ以外にも、検索エンジンの評価が変わったのか、今までかなりのビッグキーワードでアクセスが流入していたものが、突然無くなったりしております(号泣)。

また、9月からは、アソシエイトの料率もさらにキツくなるため、アサマシ村の村民としては、ちょっとキツいところ。

[N] Amazonアソシエイト、9月から紹介料率を変更へ → カテゴリ毎に固定(家電2%などが低い一方でKindle8%など高いものも)

それでも、「プロブロガー」ならぬ「趣味ブロガー」としては、日々淡々と更新して、読者さんのお役に立てれば、と。


下半期もよろしくお願い申し上げます!


【関連記事】

【Amazon】このブログでの人気本(2013年上半期ランキング)(2013年07月19日)

【Amazon】このブログでの人気本(2012年上半期ランキング)(2012年07月28日)

【Amazon】このブログでの人気本(2011年上半期ランキング)(2011年07月25日)

【Amazon】このブログでの人気本(2010年上半期ランキング)(2010年07月24日)

【Amazon】2009年上半期売上ランキング(2009年07月18日)


【編集後記】

◆今年の上半期、本以外でもっともお買い上げ頂いたのは、昨年同様コレでした。

ブルーム 今治タオル レオン バスタオル 2枚セット サンホーキン綿 (ホワイト) leon_bt2_wh
ブルーム 今治タオル レオン バスタオル 2枚セット サンホーキン綿 (ホワイト) leon_bt2_wh

……おそらく、半期ランキングで登場するのは、今回が最後だと思いますが。

参考記事:【メモ】アマゾン人気第1位のバスタオル気持ち良すぎワロタw(2012年10月28日)


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)ランキング・未読本紹介等このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。