スポンサーリンク

2014年08月08日

【エリート再び?】『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?【実践編】』戸塚隆将


4023312657
世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?【実践編】


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事では、実は一番人気(?)だった1冊。

当ブログでも大ヒットした『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』の続編がいよいよ登場です!

アマゾンの内容紹介から一部引用。
「基本」は徹底することこそが難しい。
ゴールドマン・サックス×マッキンゼー×ハーバードで学んだ一生成長し続けるための「自信」の保ち方!
20万部突破のベストセラービジネス書、待望の続編!!

前作が腑に落ちた方なら、要チェックです!





Goldman Sachs Tower / Erik Daniel Drost


【ポイント】

■1.過去の振り返りが自信となる
 自信の源はどこにあるのでしょうか。
 自信は、過去の積み重ねから生まれると思います。過去の経験や実績が積み重なって自信が生まれる。まさに、自信の源は過去にあるのではないでしょうか。(中略)
 私は、あえて時間を確保し、自分を振り返る機会を用意するように心掛けています。それが、自信を生み出す源泉と信じています。自分の自信は自分で育てる。そういう意識で振り返りを実践しています。


■2.「10分前到着」を習慣化し謝罪癖をつけない
「すみません」を繰り返し口にする人からは、自信を感じにくいものです。無駄に「すみません」を口にする場面を減らすことで、より前向きな言葉を発することができるようになります。
 遅刻癖がつくと、対人関係のなかで、謝罪から会話が始まることに慣れていきます。その後の会話は、受け身になり、後手にまわります。そして、その瞬間、瞬間が積み重なって、自信がない自分を作り上げていってしまうのです。
 逆に、10分前到着をすると自信を高めることができます。少し早目に到着することで、約束の背景や目的を確認することができます。冒頭、自信をもって、堂々と挨拶することができます。


■3.HBS(ハーバード・ビジネス・スクール)流リーダーシップとは?
 HBSの学生がリーダーに立候補をする際には、「人の上に立つ」という発想は全くありませせん。むしろ、「自分が率先して、誰よりもリスクをとり、チームを先導し、チームの成果に貢献する」という考えです。人の上に立つか、人の下に立つか、となると、上に立つ側と下に立つ側の2つに1つです。
 しかし、「自分が率先して、先導する」には、チームを2つに分けません。全員が、「率先してやる」という思いがあれば、それだけチームの推進力が高まります。


■4.「自分ならどうする?」を問い続ける
 日常には、正解のない問いを考える材料は、溢れています。
 当事者意識を大事にし、「自分ならばどうするか?」を考える癖をつけることはとても有効です。
 人の意見を聞く前に、ネットで調べてしまう前に、まずは、自分なりに問いを設定し、解を導くことで、自分なりの意見は骨太になります。
 そして、いつグループの責任者、会社の代表者になっても、堂々と対応できるという準備を積む土台になります。


■5.「ギブ&テイク」より「シェア&シェア」
 ギブという意識では、いつかテイクできることをつい期待してしまう。ずっとギブできる人は利他主義を徹底できる人です。テイクばかりの人は、利己主義の強い人です。
「シェア&シェア」には、矢印がありません。各人は、チームに対して、自分の存在価値を認めてもらう機会として、積極的に自分の提供できるモノ、情報をシェア(共有)します。そこでは、自分がシェアすることで、自分の価値をチームに認めてもらえる。まさに、自己実現です。(中略)
「シェア&シェア」は、利他主義でもなく、利己主義でもなく、利チーム主義。あなた(You)または私((I)ではなくて、常に私たち(We) が根底にある考え方です。


■6.他人と戦わずに、自分と競うことの3つのメリット
 1つ目は、前述したように、無駄な競争に巻き込まれずに、自分の設定するゴールに最短でたどり着けることです。
 2つ目のメリットは、仮に競争に負けても、過度に落ち込まないことです。
 競争の結果は、外部環境や運にも左右されます。仮に負けても、自分の設定した目標に負けた、自分の努力が足りなかった、と前向きにとらえることができます。
 3つ目のメリットは、人を蹴落としてまで這い上がろうとしないことです。競う相手は、あくまで自分です。人を蹴落とすことは目標外の行為でしょう。


【感想】

◆正直な話、前作を読んだ時点では、それが後に20万部ものベストセラーになるとは、まったくイメージできませんでした(恥)。

そもそも、それほど乗り気にならなかった前作を読むきっかけとなったのが、某有名書店の書店員さんのこのツイートでしたし。
リアルでそんなに売れてるなら、ハズレではないだろうと思って、やっと読み始めたという。

読んだ印象としては、前作のレビュー(下記参考記事参照のこと)にも書いたように、「突拍子もないことをやっているわけではない」ということでした。

そしてそれは、今回の「実践編」でも同様かと。

上記ポイントの2番目の「10分前到着」なんて、類書でも見かける、というか、むしろ「10分前で大丈夫か?」ってくらいですw


◆ただ、こうした「王道系」のTIPSが幅広く支持される、ということは、この本でも感じていました。

4344024990
桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか

参考記事:【仕事術】『桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか』鳩山玲人(2013年12月14日)

上記記事は、「ホッテントリメーカー」で煽っていないにもかかわらず、「はてブ700超」の大ヒットに!

この鳩山さんもHBSご出身ですし、「華麗な経歴」でありながら、「やってることは意外とオーソドックス」というのは、今回の戸塚さんに通じるものがあります。

結局、「仕事」の本質的な部分では、このような「王道系」が正解なのだな、と思った次第。


◆ちなみに本書は、「実践編」を謳うだけあって(?)、こんな「ツール」も収録しています(注:これはアマゾンのリンク画像であり、クリックしても拡大されずにアマゾンのページに飛んじゃいますのでご留意を)。

4023312657


見にくいですけど、タイトルに「自分レジュメ」とあるように、これは「自分のキャリア上の強みと弱みや目標等」を明確にするために、自分自身でまとめておくものです。

本来は、マッキンゼーでプロジェクトリーダーから社内プロジェクトに誘ってもらえるよう、売り込むためにまとめておくものですが、異動や転職にも使えるかと。

……もっとも、これは単にTIPSの1つに過ぎないので、使い方や書き方について、深く掘り下げているのではないのですが。


◆冒頭でも述べたように、前作が気に入った方なら、本書はオススメできるでしょう。

内容に加えて、多少「エリート」の威光による後押しがあるのは、否定できませんがw

まぁ、人が「肩書き」に弱いのは、自然な事ですし、アリストテレスが言うように「ロゴス(論理)」「パトス(情熱)」の土台になるのは「エトス(信頼)」ですからねぇ……。

私だって、リアルで「ゴールドマン・サックス×マッキンゼー×ハーバード」なんてキャリアの人がいたら、多分「言いなり」になるでしょうし(断言)。

それに、結局のところ、仕事や人生に役立つのは、本書のような「基本」を大事にするやり方なのだと思います。


少なくとも上記ポイントの5番目の「シェア&シェア」は実践したく!

4023312657
世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?【実践編】
Prologue世界のエリートが実践する「基本」とは何か?
Chapter1 自信の「芽」を自分で育てる
Chapter2 日々の積み重ねで自信を肉付けする
Chapter3 小さなリーダーシップを積み重ねる
Chapter4 チーム成果を最重視する
Chapter5 目標の「背骨」を鍛える
Chapter6 他人と競わず「自分」と競う
Epilogue 本書のタイトル「エリート」に込めた想い


【関連記事】

【仕事術】『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』戸塚隆将(2013年08月18日)

【仕事術】『マッキンゼーのエリートが大切にしている39の仕事の習慣』大嶋祥誉(2014年07月26日)

【エリート?】『世界のエリートはなぜ次々とチャンスをつかむのか?』鶴野充茂(2014年04月30日)

知らないと損する『エリートの条件』:マインドマップ的読書感想文(2014年02月07日)

【仕事術】『世界エリートの「失敗力」』佐藤智恵(2014年01月21日)

【エリートは見た!?】『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』ムーギー・キム(2013年12月22日)

【仕事術】『桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか』鳩山玲人(2013年12月14日)


【編集後記】

ちょっと気になる本。

4809411796
HELP!―最強知的“お助け”本

翻訳本とはいえ、ちょっとお値段が張るのがナンですが……。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。