スポンサーリンク

2014年07月29日

【お金】『お金の話にきれいごとはいらない』に学ぶ「お金に見放される人」の6つの特徴


4837925499
お金の話にきれいごとはいらない: 自分を「会社のように」経営する人生戦略 (単行本)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、当ブログでは何度か著作をレビューさせて頂いている、リンク・アンドモチベーションの小笹芳央さんの最新作。

「お金」とタイトルにあったので、リアル書店ではスルーしかかったのですが、サブタイトルが「自分を『会社のように』経営する人生戦略」とあったので、これは読まねばとゲットした次第です。

アマゾンの内容紹介から。
頭がいい人だけが知っている“お金”のしくみ。ビジネスパーソンが、今日から「稼ぐ、遣う、貯める、殖やす」法。そのコンビニのレシートが、あなたの「財務指標」である。「持ち家」=「長い目で見て得」は、正しいか。自分のお金をどう作り、どう守ればいいか?その「ゲームのルール」

今回は、本書の中から「お金に見放される人」の特徴を6つ選んでみましたので、ご覧ください。





Money Everywhere / ota_photos


【ポイント】

■1.「お金なんて」と斜に構える
 前章で、「お金は言葉と同じようなものだ」という話をしました。つまり、お金に興味がないということは言葉に興味がないことと同じなのです。
 興味がなければ、それについて学ぼうともしないでしょうし、守るべきルールや原理原則もないがしろにすることになる。
 しかも、始末が悪いのは、興味がないというのは言葉の上だけで、私の経験の範囲でいえば、そういう人ほど実はお金に対して執着が強いのです。
 そんな「興味がないふり」を装っていては、お金は集まってきません。


■2.時間感覚が緩い
 時間にルーズな人もお金に縁がありません。
 細かい例ですが、DVDレンタルの延滞料金。今はものによってはレンタル料が5日間で200円など格安になっているそうです。
 しかし、期限内に返却しないと、借りたときよりも高い"法外"な延滞料金を取られる。
 2〜3枚借りて数日遅れたら、DVDが1枚買えるくらいの遅延料金になっていた、という話も聞きます。
 時間にルーズであるということがとんでもない損失に直結しているわけです。


■3.保身のために嘘をつく
 残念ながら、日本の企業社会には嘘が絶えません。食品(表示)偽装、耐震偽装、粉飾会計……。いちいち例を挙げていたら枚挙にいとまがないほど。
 しかし、その嘘が発覚したときにどうなるかは、多くの方がご承知のとおりです。(中略)
 嘘がそうした破滅への道に一歩踏み出すことであるのは個人も変わりません。
 周囲から人々が離れ、人間関係の輪から外されるのです。生きるための基盤でもあったネットワークが断ち切られるのですから、これはきつい。
 たとえ、経営が順調だった「自分株式会杜」も1つの嘘からほころびができ、転落してしくものだということを、しかと心しておく必要があります。


■4.「やりきる前」にあきらめる
 思い出してみてください。小学校時代の体育の授業で、鉄棒の「逆上がり」に苦労したという経験は誰にもあるでしょう。初めから簡単にできる人はいません。(中略)
「自分株式会社」だって同じです。伸びを実感できない時期に、粘ることが大切なのです。(中略) 
 経営がうまくいかない人は、伸びない時期であきらめてしまう。「俺って、逆上がり(この業界や、この仕事)に向いてない」という総括を早々としてしまうわけです。


■5.リスクを取らない
 腹をくくるということは、リスクを引き受けるということです。
 誤解を怖れずにあえていってしまうと、なまじ受験戦争を勝ってきただけに高学歴の人ほどこれができない、リスクを取らない傾向があるように見えます。
 しかし、腹をくくりリスクを引き受ける、ということの中にチャンスがあり、お金が待っているのです。なぜなら、その仕事に正面切って向き合うことになるからです。向き合わざるをえないといったほうがいいかもしれませんね。
 一方、リスクを取らない人は、仕事に対してなんだか斜に構えています。
 別の選択肢のほうに気を取られ、正面を向くことができない。能力の差ということ以前この違いは決定的です。


■6.なんでも「人のせい」にしがち
 なにか自分にとってよからぬことが起きたり、不利益を被ったりしたら、世の中が悪い、政治が悪い……。
 仕事で実績が上がらなかったら、上司が悪い、部下が悪い、取引先のせいだ……。なにもかも、なにかの責任にしないと気がすまないのです。
 責任転嫁をする相手がいなくなったら、最後は「ああ、なんて運が悪いんだ!」ということになるのでしょう。
 そんな「他責な人」も、お金とは無縁で終わるパターンが多いようです。なぜなら、そういう人のもとには信頼というものが集まらないからです。


【感想】

◆以上、「お金に見放される人」の6つの特徴でした。

実は上記ポイントは、いずれも下記目次の第3章「だから、こんな人はお金に見放される!」から引用したもの。

実際の第3章では、12ほど挙げられていたので、丁度半分ですか。

ただ、改めて眺めてみると、いずれも「お金」に関わらないものばかりであり、「お金に見放される」を「成功しない」や「人脈が伸びない」と言い換えても違和感がない気が。

もちろん、「お金」や「人脈」と「成功」は密接に関わっていますし、その根底にあるのが「信頼」であるという点では同じなのかもしれませんが。


◆この第3章とは反対に「お金が集まってくる人」について述べられているのが、本書の第2章です。

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \    何でこっちを書かないんだお!!
     |       |::::::|     |     
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー’    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       堯l、E ノ <
               レYVヽl


……というお気持ちはごもっともなのですが、ぶっちゃけ個数的に全部挙げても(ry

そこで、小見出しだけサクッとご紹介しておくと、こんな感じです。

 ●お金は「信頼があるところ」に集まる

 ●お金は「いいね!」ボタンに集まる

 ●お金は「未来があるところ」に集まる


……って、これだけ書いてもよくわからないと思いますが、詳細は本書にて(ネタバレ自重)。


◆ただ、こうしたTIPS的なお話よりも、本書のキモとなるのは、「自分株式会社(アイカンパニー)」という概念でしょう。

パッと見「起業して独立する」ようですが、そうではなくて、ざっくり言うと、「自分の会社を経営するように、戦略的に自分とお金(キャッシュフロー)のことを考える、ということ。

本書では、会社と同じように「沿革」を書き出し、「自分のたどってきた道」を振り返ることを推奨しています。

その具体例として、実際に「とあるビジネスマン」の沿革が見開き2ページで掲載されているのですが、これがなかなか興味深いモノでした。

縦軸に年齢、横軸に所属企業・部署、担当業務、業績、意識、成長点、イベント、年収を配し、時系列的に自分自身を振り返るワケです。

さらには、「自分株式会社」の「ビジョン」を書き出したり、簡易的な決算書を作成したり、と「会社」のように捉えているという……。

これは確かに、一度やってみると良い(特に会社勤めの方)かもしれませんね。


◆本書の最後の章と続く実践編は、「8つのチェックポイント」「10の決まりごと」と、実はブログ向きな内容だったのですが、今回は丸ごと割愛しております。

特に実践編の方は、本書のまとめ的な意味合いもあるので、リアル書店でチェックされる方は、まずこちらをオススメ。

ぶっちゃけ当ブログでは、あまり「お金」の話は人気がないのですが、それこそポイントの初っ端にあるように「『お金なんて』と斜に構える」ことですぞ(ムック風)!

もちろん読んだからと言って、秒速で稼げる(ヨザーさん風)わけではありません(当たり前)ので、その辺はご留意を。


稼いでいる人なら知っている、お金の仕組みがここに!

4837925499
お金の話にきれいごとはいらない: 自分を「会社のように」経営する人生戦略 (単行本)
1 自分を「株式会社」のように経営する。すると、お金で大事なことは全部わかる
2 「お金の習性」を知っている人のところに、お金は集まってくる
3 だから、こんな人はお金に見放される!
4 伸びる会社なら、当たり前にやっている戦略を活かす―「稼ぐ」「遣う」「貯める」「殖やす」知恵
5 これからずっと“人生の資金”に不自由しないための「8つのチェックポイント」
実践編 お金で満足する人生を送るための「10の決まりごと」


【関連記事】

【仕事術】『なぜか評価されないあなたへ 心に刺さる耳の痛い話』小笹芳央(2013年10月29日)

【お金持ち】『今こそ「お金の教養」を身につけなさい』に学ぶ7つのコツ:マインドマップ的読書感想文(2013年05月24日)

【お金】『なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?』山口揚平:マインドマップ的読書感想文(2013年03月11日)

【壮絶!】「借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記」金森重樹:マインドマップ的読書感想文(2009年02月09日)


【編集後記】

◆ちょっと気になる本。

4062189534
冬を越せるキリギリス 好きなことだけ続ける仕事術

メンタリスト DaiGo氏は分かるとして、共著者の樹林 伸氏って、あのMMRの「キバヤシ隊長」ですよね?

そんな方が仕事術の本を出してしまうなんて……。


      _人人人人人人人人人人人人人人_
        >    な なんだってー!!    <
        ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
        _,,.-‐-..,,_       _,,..--v--..,_
    /     `''.v'ν Σ´        `、_,.-'""`´""ヽ
    i'   / ̄""''--i 7   | ,.イi,i,i,、 、,、 Σ          ヽ
.     !ヘ /‐- 、u.   |'     |ノ-、 ' ` `,_` | /i'i^iヘ、 ,、、   |
    |'' !゙ i.oニ'ー'〈ュニ!     iiヽ~oj.`'<_o.7 !'.__ ' ' ``_,,....、 .|
.   ,`| u       ..ゝ!     ‖  .j     (} 'o〉 `''o'ヽ |',`i
_,,..-<:::::\   (二> /      !  _`-っ  / |  7   ̄ u |i'/
. |、 \:::::\ '' /        \ '' /〃.ヽ `''⊃  , 'v>、
 !、\  \. , ̄        γ/| ̄ 〃   \二-‐' //`




人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52140988