スポンサーリンク

2014年06月09日

【速報】『影響力の武器[第三版]』がいよいよ登場!


影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか
影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか


【はじめに】

◆先日「未読本・気になる本」の記事をお送りしたばかりなのに、とんでもない大物を釣り損ねていました!?

かねてから私自身「マイフェバリット」「今まで読んだ本の中でベスト」等々、惜しみない称賛を送っていた名著『影響力の武器』に、7年ぶりの新版が出るとのこと。

参考記事:「影響力の武器」を読み解く−第1回 導入 - 法廷日記

これは当ブログとしても、取りあげないわけにはまいりませぬ!

140714追記:

[第三版]購入後、記事を書きました!

【速報!】『影響力の武器』の[第三版]を[第二版]と比較してみました:マインドマップ的読書感想文





Affiliate Summit West 2010 595 / affiliatesummit


【『影響力の武器[第三版]』について】

◆まず、本書の内容に関して、アマゾンの内容紹介から引用します。
社会で騙されたり丸め込まれたりしないために、私たちはどう身を守れば良いのか? ずるい相手が仕掛けてくる"弱味を突く戦略"の神髄をユーモラスに描いた、世界でロングセラーを続ける社会心理学の名著。待望の第三版は新訳でより一層読みやすくなった。楽しく読めるマンガを追加し、参考事例も大幅に増量。ネット時代の密かな広告戦略や学校無差別テロの原因など、社会を動かす力の秘密も体系的に理解できる。
もうちょっと詳しく知りたくて、版元さんのページを開いてみたものの大差なく(涙目)。

影響力の武器[第三版] - 株式会社 誠信書房

そこで上記内容紹介での[第2版]との変更点を列挙すると、こんな感じでしょうか?

・新訳で読みやすくなった

・マンガが追加された

・参考事例を大幅に増量


以下、それぞれについて思うところを。


■1.「新訳で読みやすくなった」

◆普通「新訳」と言う場合、翻訳者さんが変わることが多いモノですが、本書の場合、第2版も第3版も、「社会行動研究会」で同じ。

もっとも中の人が変わっているのかもしれませんし、同じ人であっても、よりこなれた(?)翻訳になっているのかもしれません。

この辺は、昨年暮れに出たこの本と『影響力の武器[第2版]』の関係にも似ている気が。

影響力の正体  説得のカラクリを心理学があばく
影響力の正体 説得のカラクリを心理学があばく

紛らわしいので、当ブログではおおっぴらに取り上げませんでしたが、どうもこの本、『影響力の武器[第2版]』の翻訳違いに過ぎない模様。

チャルディーニ『影響力の武器』/『影響力の正体』:同じ本なんですがなぜ? - 山形浩生 の「経済のトリセツ」

果たして、今回の第3版はどうなることやら?


■2.「マンガが追加された」

◆このことに関しては、喜んでいいものか微妙。

そもそもマンガでないと分からない類の話ではないですし、図解があった方がより分かりやすい、ということもあまりないハズです。

なのに高らかに(?)「マンガ」と言われてしまうと、この本からの引用があるんじゃないかと……。

影響力の武器 コミック版
影響力の武器 コミック版

参考記事:【ネタ?】『影響力の武器 コミック版』が想像の斜め上だった件(2013年09月16日)

ちなみに、上記参考記事:記事でも書いたように、このコミック版、日本独自の企画ではなく、原著があります。

Influence: Science and Practice: The Comic
Influence: Science and Practice: The Comic

絵柄が分かりやすいよう拡大図(リンク先は同じ本です)でw

Influence: Science and Practice: The Comic

このコミック版については、上記でレビューした通りなのですが、挿絵として使う分には問題ないかと。


■3.「参考事例を大幅に増量」

◆「事例の増量」の前に、まずはページ数の変遷を。

実は第1版から第2版にかけて、確かにページ増量がありました。

●懐かしの第1版⇒356ページ

影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか
影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか

●第2版⇒496ページ

影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか
影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか

この時、なんと140ページもの増量があったわけです。

しかし、アマゾンでも版元でも確認した限り、第2版から第3版にかけては、ページ数がまったくの一緒!?

●第3版⇒496ページ

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか
影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

それなのに「事例を大幅に追加」と言われてしまうと、必然的にどこかを削ったのではないかと思わざるを得ず……。


【所感などなど】

◆以上、ドキドキ半分、わくわく半分な『影響力の武器[第三版]』についての、事前予想(?)でした。

なお、上記コミック版以外にも、『影響力の武器』シリーズの作品は出ています。

それがこの実践編。

影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣
影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣

参考記事:【スゴ本】「影響力の武器 実践編」がやっぱりスゴかった件(2009年06月10日)

これがまた、ホント事例集じゃないかってくらい事例が多い作品なので、ここからいくつか事例を持ってきても不思議ではありません。

つまり、第2版にコミック版のマンガと実践編の事例を加味したものが、今回の第3版じゃないかな、とか……。


◆ただ、いずれにせよ第3版が出る以上、第2版は絶版というか、今あるだけ(&マーケットプレイス)になってしまうかと。

私はすでに、第2版を2人に贈呈していますが、他の方にプレゼントされるなら、さすがに中古はアレですから、版元に在庫があるうちに入手しておくべきでしょう……って誰にあげるの、ってツッコミが来そうですがw

逆に第3版については、マンガが収録される等「読みやすさ」を意識しているようなので、第2版に挫折した方や、お子さんや若い方に読ませる方がお求めになると良さそうな。

私はもちろん、できるだけ早く入手するツモリでおります。

……なぜならそれがマニアだからw


7年ぶりの新作だけに待ち遠しいです!

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか
影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか


【関連記事】

【モテ】彼女が欲しい? よろしい、ならば『影響力の武器』だ!(2012年02月10日)

【速報!】最強のビジネス本「影響力の武器」の[第二版]がいよいよ登場!!(2007年08月18日)

★「影響力の武器」 (ロバート・B・チャルディーニ (著))について(2005年12月01日)

【スゴ本】「影響力の武器 実践編」がやっぱりスゴかった件(2009年06月10日)

【ネタ?】『影響力の武器 コミック版』が想像の斜め上だった件(2013年09月16日)


【編集後記】

◆同じく、未読本記事に載せ損ねた1冊。

「期待」の科学 悪い予感はなぜ当たるのか
「期待」の科学 悪い予感はなぜ当たるのか

やはり翻訳本には面白そうな作品が多いですね!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

この記事のカテゴリー:「コミュニケーション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 20:00
TrackBack(0)ランキング・未読本紹介等このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52131157