スポンサーリンク

2014年06月05日

【モテ】『アラフォーでも簡単にモテる会話術のすべて』水瀬 翔


アラフォーでも簡単にモテる会話術のすべて
アラフォーでも簡単にモテる会話術のすべて


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、以前「マーケティング系モテ本」と私が評した『なぜかモテる男の技術』を書かれた、水瀬 翔さんの新作。

タイトルには「アラフォー」と入っていますが、コンテンツとしては全世代に通じる秀逸なモノでした。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
40代の男性でも20代女性が口説ける方法があります! 「友人ゼロ人」「在宅の仕事で引きこもり」で、出会いはゼロ。「アラフォー」「不安定な職種」「デブ」「赤面症」「あがり症」「多汗症」と女性から嫌われる条件ばかりの著者が、200万円以上をつぎ込んであみ出した、誰でも再現可能な会話術と口説きノウハウを教えます。500名を超える女性と連絡先を交換できるようになり、さまざまな異性を口説けるようになった方法が、あなたのものになります。

単純な「会話術」のみならず、全般的なモテテクを学べる1冊です!





Just a gigolo / Openkimia


【ポイント】

■1.女性と接する際の「最低限のルール」を守る
 たとえば、黒目を頻繁に左右に動かし、はげしく貧乏ゆすりをしていて、あなたの話を遮って自慢話ばかりする人がいれば、どのように思いますか。
「なんか挙動不審だし、話も嫌味だし、腹立たしいから、関わるのはやめておこう」などと思うのではないでしょうか。
 これを角度を変えてみれば、会話には「黒目を頻繁に左右に動かさない」「貧乏ゆすりはしない」「人の話を遮らない」「自慢話ばかりしない」など、「〜してはいけない」という、暗黙のルールが存在していて、それを守ることができない人間は、縁を切られてしまうということでもあります。


■2.ひとまわり年下の男性が着るような服を選ぶ
 老いという非モテの要素をすこしでも隠せるように、自分よりも若い世代が着るような服装を選ぶのは重要ですが、実年齢とかけ離れた服装にすると、たいていの女性はひくので、若すぎる服装にするのはやめましょう。では、どのくらいの年代を想定して、服を選べばいいのでしょうか。
 わたしがお勧めするのは、アラフォーならアラサー、アラフィフならアラフォーというように、ひとまわり年下の男性が着るような服を選ぶことです。年齢を聞かれたとき、たとえば40代なのに20代というとかなりの違和感がありますが、30代というとすこしの違和感で済むのと同じです。


■3.女性のパーソナルスペースを探る
 具体的には、対面で座っている場合だと、椅子に深く腰掛けて姿勢を正します。すこし話したあと、上半身をわずかに女性側に近づけて、女性の近くにあるものをとります。女性がすこしでものけ反るしぐさをしたり、眉間に皺をよせたりすると、パーソナルスぺースが広いか、あなたの印象があまりよくないため、不用意に近づかないようにします。
 立っている場合だと、さりけなく、すこしずつ近づくことです。女性が後退して距離をとろうとしたところが女性のパーソナルスぺースです。それ以上は近づかないようにします。
 このようにすれば、特に女性に近づきすぎる人は、女性との距離を適切に保てるようになると思います。


■4.女性が感じていることを代弁する
 たとえば個室の冷房が効きすぎていて寒く、しかも料理を頼んだのにまだ来ないと思っていたとします。
 そのとき、女性から「寒いですよねー、料理まだかなー」といわれると、どうでしょうか。ほんのすこし親近感がわくのではないでしょうか。
 会話に困ったときは、これを女性に仕掛けるといいでしょう。
 つまり、いま、女性が感じているであろうことを代弁するのです。
 ただ、女性が何を感じているのかわからないので、つぎのことをネタにするといいでしょう。同じ店にいるので、あなたが感じていることを、高確率で女性も感じているためです。
・周囲の温度:(例)「寒くないですか?」
・周囲のにおい:(例)「ここ、タバコくさくないですか? 大丈夫ですか?」(後略)


■5.女性を上手にほめるための4つのポイント
(例)「コートの中って、そういう服だったんですね。なんか、赤、似合っていますよ」
 さて、ここで鋭い人なら、気がついたにちがいありません。
 実は、上手にほめるには、つぎの4つのポイントが重要なのです。
・ほめるところ:(例)女性の外見のうち、特徴的なところ
・ほめる言葉:(例)オシャレ、似合っているなど
・ほめるタイミング:(例)席についたときから遅くとも注文した品が来るまで
・ノンバーバルコミュニケーションとの関係:(例)偶然を装い、さりげない態度


■6.情報の断片から女性心理を推測する
 ほかにも、「食」と「出身地」の話題から、つぎの材料が得られたとします。
・出身地:島根
・ふだんどの街のレストランにいくのかを知る:銀座
・料理の嗜好を知る:高級料理
 この3つの材料から、女性には「都会に対するあこがれ」があって、「都内住まいで、店に詳しいこと」を示せば、心に刺さるのではないかと推測できると思います。
 このように、会話にて得られる情報の断片を、わたしは「材料」と呼んでいて、材料をあわせていくことで女性の心のうちを推測しています。


【感想】

◆冒頭で「全世代に通じる」と書きましたが、もちろん本書は、アラフォー世代以上が注意すべき点についても触れています。

特に問題なのが、外見的な「老い」。

一般的な「非モテ」の場合だと、「イケメンでない」「太っている」といった話になるのでしょうが、中年以降になるとそれに加えて、「肌つやがなくなる」「髪が薄くなる」「白髪が目立つ」「しみが出る」「ほうれい線が出る」「中年太りになる」「オシャレに無頓着になる」といった欠点も出てきます。

……と書いてる私も、残念ながらいくつか当てはまるものがアリ(涙目)。

そこで本書の第2章では「口説く前の準備をする」と題して、ある程度の「肉体改造」についてアドバイスしています。

この辺のテーマに関しては、以前ご紹介したこの本も参考になるかと。

40歳からのモテる技術
40歳からのモテる技術

参考記事:【若くても使える?!】『40歳からのモテる技術』青木一郎(2010年10月04日)

ただしこの章では、上記3番目のポイントで挙げたパーソナルスペースの話や、声のトーン、話すスピード、表情、しぐさ、態度等についても言及していますので、若い世代も要チェックで。


◆一方、第3章以降が、いよいよ「会話術」になるのですが、もっとも基本的な留意点である「共感する」「余計なアドバイスをしない」といったものは、類書でも触れられていますので、ここではバッサリとカット。

……したのですけど、常連さん以外だと、ひょっとしたらその辺からご存知ないかもしれませんね。

一応、この本等で力説されていることなのですが。

ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)
ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)

参考記事:【モテ】「ベストパートナーになるために」ジョン・グレイ(2007年08月09日)

それ以外では、「女性はふとしたきっかけで妄想する」という指摘にはなるほど納得。

これは例えば「お見合いに寝癖できた」というだけで、「こういう人ってだらしなくて汚部屋、仕事もできなくて、鈍感で人の気持ちもわからない……」と勝手に妄想してしまう生き物なので、ちょっとした所にも注意せよ、と。


◆そして第4章以降が、いよいよ水瀬さんの本領発揮(?)。

「女性を楽しませ」「親しみをもたせ」「異性として意識させる」会話術が紹介されています。

上記ポイントの4番目は前著でも紹介されていましたが、非常に大事な事なので2回言いました、もう1度挙げました。

また、割愛してしまいましたが、水瀬さん曰く「女性との会話では共通点を探せ」などと一般的によく言われているものの、ほとんどの男性は共通点を探そうとして、質問攻めになってしまっており、女性の印象は良くない、とのこと。

そこでこれを避けるにはどうしたらいいか……については、本書にてご確認を。

さらに「ほめ方」についても、上記ポイントの5番目にあるように「4つのポイント」を意識する必要があるようです。

確かに、まだそれほど親しくなっていないうちから、性的な(もしくはそれを連想させる)パーツをほめるのは、リスキーですよね……。

この辺についても、スペースの関係がありますので、詳細は本書をご覧ください。


◆なお、第5章の「材料を集めて正確に女性の心を読む」こそが、本書のキモかと。

ここでは、上記ポイントの6番目にあるように、女性との会話から相手の心理を探り、自分が「さも、その女性にピッタリ」であるかのように売り込むテクニックが明かされています。

私も独身時代はそれなりに、女性と会話し、時には口説いて参りましたが、ここまで「考えて」会話してたかと言うと、まったくそんなことはなく。

適当に話題を振って盛り上がったり、相手の愚痴を聞いて、時にはアドバイスしたり(してはいけないと知らなかったのでw)しておりました。

それにしても、「コトラーのニーズの階層化」を、女性の心のうちに当てはめるとは、目からウロコ……。


◆前著がアマゾンレビューで今イチの評価だった(1人のレビュアーが難癖つけたんで)水瀬さんですが、私は個人的には前著も本書も、モテ本としては良くできていると思います。

画像は割愛しますが、付箋も貼りまくり。

ただし、この手の「コミュニケーションテクニック」を指南する本の前提として、まず「相手を調達する」必要があります。

本書はそれがテーマではないので、特に触れていませんが、水瀬さんの場合は「出会い系のイベント」を活用されているよう。

そこでまずは、そちらでお相手を見つけてから、本書の教えを実践して頂きたいと思います。


会話もゴールから逆算して内容を決めるべきなんです!

アラフォーでも簡単にモテる会話術のすべて
アラフォーでも簡単にモテる会話術のすべて
1.アラフォー男性がモテ続けるにはどうすればいいのか?
2.口説く前の準備をする
3.女性の習性を的確に把握する
4.口説き落とすための会話の具体例
5.材料を集めて正確に女性の心を読む
6.達人が使っている会話のテクニック


【関連記事】

【モテ】『「なんで、アイツが?」なぜかモテる男の技術』水瀬 翔(2013年10月23日)

【若くても使える?!】『40歳からのモテる技術』青木一郎(2010年10月04日)

【モテ戦略!】『モテの定理 女心を知り、恋愛勝者になる究極の戦略』ぐっどうぃる博士(2013年06月29日)

【オススメ】『合コン女王が教える 2時間で女ゴコロをつかむ技術』絵音(2013年04月05日)

【モテ】『もう合コンに行くな―3時間で女をオトす恋愛戦略「ナンパマーケティング」 』リーマンナンパマスター(2009年02月22日)


【編集後記】

◆上記で触れた、青木さんの作品にはKindle版も出ています。

40歳からのモテる技術
40歳からのモテる技術

カバー掛けて読むくらいなら、確かにKindleはいいのかもw


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「モテ・恋愛」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)モテ・恋愛このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。