スポンサーリンク

2014年05月05日

【心理術】『仕事もプライベートも 「思い通りにならない相手」を動かす心理術』水島広子


仕事もプライベートも 「思い通りにならない相手」を動かす心理術
仕事もプライベートも 「思い通りにならない相手」を動かす心理術


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、精神科医・水島広子さんによる、「人を動かす」ための本。

しかも、私は存じなかったのですが、著者略歴によると「衆議院議員として児童虐待防止法の抜本的改正をはじめ、数々の法案の修正に力を尽くし実現させた」方なのだそう。

アマゾンの内容紹介から。
人は変えられないけれど、動かせる!企画が通る、営業がうまくいく、上司が折れる、夫・妻が変わる。対人関係療法の第一人者が明かすスゴイ方法。

頑固な国会議員も動かしたそのテクニックとは!?





Smart Spaces Symposium / Cea.


【ポイント】

■1.自分の領域から出ない
「困っているから、助けてください」「楽しいから一緒にやりませんか?」……これら以外の「動かし方」は、実は「相手を変えようとする不毛で暴力的な試み」にすぎず、トラブルや関係性の悪化につながることが多いのです。
 ですから、自分も相手も幸せになる「動かし方」を目指すのであれば、「自分の領域から出ない」(まさに、「出過ぎた真似」をしない)ということを、とくに意識しておく必要があります。


■2.「対立構造」を作らない
 嫁・姑関係の難しさは、「対立構造」の典型的なもの。夫が姑の肩を持つのは、必ずしも姑贔屓だからというわけではないはずです。単に「対立構造」から逃げたい一心で、「まあ、お袋に悪気はないのだから、うまくやってくれよ」と言っているだけ、という可能性が高いでしょう。
 ですから、ここでの「夫を動かす」ポイントは、「対立構造」を作らないこと。
 姑の悪口を言えば言うほど、「嫁VS姑」の対立構造ははっきりしてしまいます。
「お義母さんに○○と頼んでおいてもらえる? あなたの言うことはすぐに聞いてくれるから」というような頼み方をしたほうが、事態はうまく進むはずです。


■3.相手が重視するものに合わせて話しかける
 例えば、転職後の給料が思ったよりも少なくて、それをも上司に訴える場合。
「この額面では、ちょっと生活が難しいんです。子どももちょうど教育費がかかる年頃で……なんとかならないものでしょうか」というのは「情」に訴える話し方です。
 一方、「転職してきたときの条件はこうだった。それなのに実際に支給されたのはこれだけだった。株式の影響を考えても、これではどうしても理屈が通らない」という言い方は、「理」タイプの上司に有効だと思います。


■4.相手の「文脈」を理解する
 例えば、友人から遊びに誘われて、それを断ってしまった場合。
 その友人が愛情のあふれた環境で、とても大切に育てられた人であれば、自分の誘いを断られたとしてもとくに悪くとらえずに、「単に、都合が悪いんだろうな」と思えるかもしれませんが、虐待されるなど、大切に育てられなかった人は、断られると「自分が拒絶された」「自分と出かけたりしたい人なんて、誰もいないんだ」などと受けとめるかもしれません。
 これらも、相手の「文脈」を知らないと、「なぜそんなに極端な反応をするのだろう」と不思議に思うと思います。
 こうした相手の「文脈」を理解しようとする気持ちは、「人を動かす」際にとても重要なものなのです。


■5.自己評価の低い人の方が動いてくれにくい
 例えば、子どもが大人に「遊んで」と頼むと、子ども慣れしていて余裕のある大人は遊んでくれるものです。このとき、幼児は大人を「動かしている」と言えます。
 大人の側はなぜ動くのでしょうか。それは、余裕があるから。
 実は、動かない人は、「自分にはでぎない」と思っていたり、「ここで動くと自分の価値が下がる」と思っていたりするものなのです。あるいは、「いつも自分ばかり搾取される」という被害者意識がある人もいるでしょう。
 つまりは自己評価の低い人たちのほうが動いてくれにくい、という側面があるのです。


■6.「自分の企画」は「みんなの企画」にする
ストレートに、「この企画に協力していただけますか?」だけでは、どうしても「企画者と協力者」という構図が生まれてしまいます。
「これがたたき台なのですが、どんなふうにするとよりよくなると思われますか?」
 などと尋ねて、あくまでもその人の主体的な意見を引き出せれば、だんだんと「みんなの企画」になってきます。また、得意分野がある人には、「○○さんでないとここはうまくいきませんから」などと伝えて、責任を分担してもらってもよいでしょう。


【感想】

◆冒頭で申しあげた水島さんの国会議員時代のエピソード。

これが本書の「序章」の初っ端で紹介されており、なかなか興味深いものでした。

何でも、水島さんが野党(本書では明記されていませんが、民主党)議員として、超党派で重要な法律の改正作業に取り組んでいた時のこと。

水島さんはその法律に、「子どもの権利」という言葉をどうしても入れたかったものの、与党の重鎮議員達は賛成してくれなかったのだそう。

もちろんここで、「国際的に恥ずかしい」とか「時代遅れ」と主張して争うこともできました。

ただ、水島さんはそうはせず、「○○議員ほどの物のわかった方が賛成できないのなら、何か理由があると思います。なぜ賛成できないのか、何がご心配なのかを教えてください」と穏やかに尋ねたのだとか。


◆その重鎮議員の具体的な反対理由や、その後のやり取りは本書を読んで頂くとして、いずれにせよ水島さんは見事「人を動かす」ことに成功。

さらにこのエピソードをご自身のホームページで「理解ある与党の皆さんに恵まれて感謝しています」と書いたところ、その重鎮議員がわざわざお礼を言いに来てくれたのだそう。

その後も別の与党議員が「水島議員と一緒に仕事をしたが、とても公平な人柄だった」と評価したり、違う大物議員からは助言をもらったりと、大人気!?

それもこれも、本書で紹介されているようなTIPSを水島さんが実践していたからにほかなりません。

ただし、水島さんはご自身のことを「地盤、カバン、看板」のない、「公募に応募して当選しただけの若い議員(当時32歳)」と言われてますけど、お父さんは元参議院議員の水島裕さんみたいですね。

水島広子 - Wikipedia


◆ちなみに、上記Wikipediaによると、水島さんは米国から「対人関係療法」を導入した第一人者とのこと。

対人関係療法 - Wikipedia

本書においてもベースとなっているのは、この「対人関係療法」です。

水島さんいわく、対人関係療法では、相手を動かしたいと思うとき、まずは「相手に期待する役割」を整理して、それをお願いする形をとるのだとか。

そして、「思い通りに動いてくれない相手」に対しては、「自分の期待が相手にとって適切であるかどうか」「それが正確に伝わっているか」を見ていくのだそう。

上記ポイントの4番目、5番目辺りは、まさにそういったニュアンスが伺えますね。


◆なお、割愛した中で考えさせられたのが、「相手が『何を恐れているのか』を探る」というお話でした。

例えば「靴下を洗濯機に入れてくれない」「話をしてもろくに返事してくれない」といった「妻の小言」の裏に、「怖れ」があるかもなんて、思いもよりませんよね?

この場合、「自分という存在がないがしろにされているのではないか」「自分は十分に愛されていないのではないか」という「怖れ」がある可能性が考えられる、とのこと。

ただし妻本人は「怖れ」として自覚できず、単なる「小言」になっているという……。

ところがこれに対して、「小言ばかりの君といても幸せでない」などと言ってしまったら、まさに「愛されていないかも」という「妻の怖れ」を直撃してしまいます。

じゃあ、どうすればいいか……については本書にてご確認を(スイマセン)。


人は変えられませんが、動かせます!

仕事もプライベートも 「思い通りにならない相手」を動かす心理術
仕事もプライベートも 「思い通りにならない相手」を動かす心理術
序章 「人を動かす」って、どういうこと?
1章 「人を動かす」心理術1 「敵・味方」の関係に陥らないコツ
2章 「人を動かす」心理術2 「安心させること」で、相手の言動は変わる
3章 「人を動かす」心理術3 お互いに気持ちよく動ける「大目標」の見つけ方
4章 「人を動かす」行動術1 「困った状況」をなんとかしたい!
5章 「人を動かす」行動術2 どうする?「それでも動いてくれない人」
6章 「人を動かす」行動術3 多くの人を「巻き込む」方法


【関連記事】

【140の戦略?】『説得とヤル気の科学 ―最新心理学研究が解き明かす「その気にさせる」メカニズム』スーザン・ワインチェンク(2014年01月19日)

【交渉術?】『一瞬でYESを引き出す 心理戦略。』メンタリスト DaiGo(2013年08月05日)

【誘導話法】『一瞬で人の心を誘導する技術』加藤聖龍(2013年02月07日)

【50のレッスン】『一瞬で「人を動かす」心理術』三宅裕之(2012年07月23日)

絶対に公開してはいけない『心を上手に操作する方法』:マインドマップ的読書感想文(2012年06月29日)

この『最強交渉人が使っている 一瞬で心を動かす技術』がすごい!!(2012年05月15日)


【編集後記】

◆当ブログが激プッシュしている、伊東明先生のご本がいつの間にか出ていました(しかも1ヶ月以上前に!)。

「中途ハンパ」は必ず直る!
「中途ハンパ」は必ず直る!

ファンとしてお恥ずかしい限りです……。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「コミュニケーション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
TrackBack(0)コミュニケーションこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52126652