スポンサーリンク

2014年04月17日

【メモ】「オート リバティ」が想定外に高級そうに見える件


オート リバティ 水性ボールペンリバティ /ブラック 142.5MM 33.6G CB-10GLブラック
オート リバティ 水性ボールペンリバティ /ブラック 142.5MM 33.6G CB-10GLブラック


【はじめに】

◆今日は、久々に文房具ネタをお送りしようかと。

実は今までも何度か、他の方のブログや、自分のアソシエイト結果で目にしていたのが、上記の水性ボールペン「オート リバティ」

その外見からは考えられないお手頃価格(アマゾンでは900円弱)なこともあって、評判ではあったものの、自分自身、水性ボールペンは使わないので、スルーしておりました。

しかし、そろそろ本業でサインしまくる季節がやってくるということで、このくらいのハッタリが効くボールペンも1本欲しいな、と思い、とうとう入手してしまった次第。

果たして、実物はどんなものだったかご覧ください!




【「オート リバティ」レビュー】

◆まずは全体像から。



他のボールペンのように箱に入って来るかと思いきや、簡易なビニールに入って、アマゾンの書籍用の薄い箱で送られてきて、ちとワロタw

それはさておき、私のデジカメのせいか、自分の腕のせいかは分かりませんが、今回掲載した画像と違い、実物はえらく重量感があります。(マジでw)

というか、実際に重さも結構あって、プラスチック製のボールペンとはひと味違う(こちらは真ちゅう製)感じ。


◆キャップを外したところ。



ペン先からのアングルでも高級感が漂っております。

ちなみにこのキャップは、結構キツくて、持ったままの状態では片手で外すことができないくらい。

逆に、ハメる時には「カチッ」としっかりした音がします。

どう考えても、乾燥とは無縁w

なお、グリップ部分は同じ黒色なので分かりにくいものの、ラバー製で滑りにくくなっています。

これは何気にありがたい仕様。


◆せっかく高級そうに見えるので、スーツの胸ポケットに挿してみたり。



キャップ部分しか見えないものの、余計なギミックがない分、これまた何も言わなければ、高いと思われることウケアイです(多分)w

どこかの宝石つけちゃったボールペンは、反省汁!

なお、スーツの胸ポケットにペンを挿すことの是非については、こちらの記事をご参考にして頂きたく。

胸ポケットにペンを差すのは「あり」!?「なし」!? | サラリーマンのファッションを考える

ここで触れられているように、ポケットにクリップの跡が付いてしまう可能性は否定できません。

この「オート リバティ」のクリップも決して弱くはない(だからこそ、ノート等にしっかりホールドできるのですが)ので、その点はご注意ください。


◆一応筆記具なので、実際に書いたところもw



久しぶりに水性ボールペンを使ったのですが、油性とは違った滑らかさですね〜。

ただし、細かい字を書くのはやはり向いてなさげ。

この程度のラフなサイン等ならいいんですが、漢字書いたら悲しいくらいごちゃごちゃになってしまいました。

「字、汚ね!」というツッコミが怖いので、ごちゃごちゃの画像は自重。

ただ、さらさら書ける分、メモ書きとかアイデア出しにはいいのかもしれません。


【所感などなど】

◆他所でも言われてましたが、これをパッと見せられて「いくらだと思う?」と問われたら、まさか1000円しないとは答えられないと思います。

ヨメに「これいくらくらいすると思う?」と聞いたら「5000円くらい?」とか言っちゃうし(ホントにw)。

もっとも、5000円は大げさにしても、3000円と言われてもほとんど違和感がないですよ、これ。

ぶっちゃけ、ジェットストリームも、こっちの路線で1本出して欲しかったというかw

見た目だけではなく、上記で触れたように重さや、キャップの閉まり具合等々、高級感というか重量感があふれまくり。

記念品や贈答用にぴったり、という声も納得の1品です。


◆後は機能性ですか。

この製品がどうこうというより、水性ボールペン自体、ほとんど使ったことがない自分。

万年筆を使うようなシチュエーションなら、おそらくマッチすると思います。

筆圧かけずに、サラサラ書くみたいな。

そもそも私は、申告書のサインに使う気でいたのですが、カーボン紙で下に写るような筆圧で書いても、ペン先は大丈夫なんでしょうか?

うーん、やっぱり油性ボールペンのリフィルを改造して使うべきか……。


◆なお、この「オート リバティ」は、私の買った「ブラック」の「太軸」以外にも、色が「ブラウン」「シルバー」、軸が「中軸」「細軸」のバリエーションがある模様。

ということは、「3種類」×「3種類」の計9種類のバージョンがあるということですな……とチェックしたら、確かにありました。

こちらは「ブラウン」の「中軸」。

オート 水性ボールペンリバティ CB-10BLブラウン
オート 水性ボールペンリバティ CB-10BLブラウン

こちらは「シルバー」の「細軸」。

オート 水性ボールペンリバティ CB-10SLシルバー
オート 水性ボールペンリバティ CB-10SLシルバー

なかなか「シルバー」の「細軸」もシャープで良さげ。

近いうちに、中軸と細軸も買ってしまいそうな自分w


騙されたと思って、買ってみるがヨロシ!

オート リバティ 水性ボールペンリバティ /ブラック 142.5MM 33.6G CB-10GLブラック
オート リバティ 水性ボールペンリバティ /ブラック 142.5MM 33.6G CB-10GLブラック


【関連記事】

【文房具】『ジェットストリーム プライム 3&1』をやっとこさ入手しました!(2013年11月05日)

【文房具】知らぬ間にフリクションボールの3色ペンが出ていた件(2012年01月05日)

【文房具】仕事用のボールペンが決まりました(2011年04月02日)

【文房具】「世界一のなめらかさ」ぺんてるVICUNA(ビクーニャ)を買ってきました!(2010年02月24日)

【絶品!】『ジェットストリーム4&1』をオススメする5つの理由(2008年12月16日)

【文房具】「ジェットストリーム『Fシリーズ』」が結構キテる件(2008年11月15日)

【ジェットストリーム!】ジェットストリームの新シリーズを買ってきました!(2008年03月06日)


【編集後記】

◆こんなムック本があるようなのですが。

MonoMax別冊 この文房具がすごい! 2014年 ~最新文房具 試してわかった“使える度
MonoMax別冊 この文房具がすごい! 2014年 ~最新文房具 試してわかった“使える度"ランキング!! (e-MOOK)

どうもチェック漏れしていた模様。

気になります……。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「文房具その他ツール」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)文房具その他ツールこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52124088