スポンサーリンク

2014年04月14日

【仕事術】『やり直し・間違いゼロ 絶対にミスをしない人の仕事のワザ』鈴木真理子


やり直し・間違いゼロ 絶対にミスをしない人の仕事のワザ (Asuka business & language book)
やり直し・間違いゼロ 絶対にミスをしない人の仕事のワザ (Asuka business & language book)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「ライフハック系」の仕事術の本。

著者の鈴木真理子さんは、企業研修等を通じて3万人以上のビジネスパーソンを指導されてきた方だけあって、本書にも「分かりやすくてタメになる」TIPSが数多く収録されていました。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
仕事をするうえでミスをしやすい77項目について、その対策を平易な文章と図版で、分かりやすく解説しました。
「メール」「整理・整頓」「メモ・ノート」「報連相」「スケジュール管理」など、かゆいところに手が届く内容となっています。
また、全ての項目に図版が入っているので、読みやすく、分かりやすい。
楽しみながら、読んだらすぐに使えるテクニックが学べます。

私自身、さっそく試してみたいワザがいくつかありましたよ!





my desk / arvindgrover


【ポイント】

■1.送るファイルは本文を書く前に添付する
 添付忘れの原因は何でしょうか。思うに、メール本文を先に書き上げるとホッとし、つい送信ボタンを押してしまうからでしょう。誤字脱字はチェックしたとしても、添付ファイルの有無は見落としやすいのです。
 そこで、送るファイルがあれば本文を書く前に添付してください。メールの作成画面を上下で分けてとらえ、上部を入力し終えてから下部にある本文へと移りましょう。すると目線も画面の上から下へと自然に流れていくので、ミスが防げます。


■2.相手の宛名は単語登録しておく
以前やりとりしたメールを検索したり、名刺を探すのは意外と手間がかかるもの。何より間違いがあって、相手を不快にさせてはいけません。宛名を間違えないのは、最低限のマナーと心得ましょう。
 宛名のミスを防ぐには、単語登録が役立ちます。
 例えば「青空商事株式会社 営業部 満天一郎様」なら「@あお」などと登録します。登録の仕方は「@+社名の2文字」など、自分なりのルールを作って統一してください。そして「単語登録リスト」を作り、都度更新しておきましょう。


■3.ひな型で書き換えるところは赤字にしておく
 文書を再使用するとき、間違えやすいのは時候の挨拶だけではありません。他には、日付や数量、金額などの数字、相手の会社名・役職・氏名もミスしやすい箇所と言えます。(中略)
 書き換えのミスをなくすための秘策は、変更箇所を赤字にして保存することです。スペースにする方法もありますが、書式が崩れたり、必要な言葉を書き忘れる可能性があるため、赤字で目立たせておくといいでしょう。


■4.マイごみ箱でバッファーを作る
 日頃へオフィスの整理整頓セミナー」を担当すると、参加者の皆さんから様々なお悩みを聞きます。やはりモノが捨てられない人が多いのですが、少数派ながら「必要な書類まで勢いよく捨ててしまうので、困ることがあるんです」という話も聞きます。
 そこで実践したいのが、マイごみ箱を作ることです。「いらない」と思った書類やメモはいったんマイごみ箱に入れ、1日〜数日間保管しておきましょう。入れるのは紙ゴミだけで、ぺットボトルなどは入れません。
 シュレッダーにかけたり、共有のゴミ箱に捨てると書類は元に戻りませんが、マイごみ箱にあればセーフです。とくに下書きのメモ、経費請求するレシートなどは誤って捨てやすいようです。


■5.手帳は消せるペンで書く
 手帳は消せるボールぺンで書くと効率的です。もしキャンセルや変更があれば消せるからです。(中略)
 私はフリクションの3色ボールペンを手帳用にしています。
「黒=相手のある仕事」「青=自分のタスク」「赤=締切日」で書き込んでいます。色別にすると、手帳を開いたとき「今日は○○の締切日」と視覚に訴える効果があります。


■6.ファイルの使い回しは、まずコピーしてから
 ファイルを使い回すときは、「名前を付けて保存」するのが一般的ですが、つい文書をいじってしまい「上書き保存」のツールバーをクリックしてしまうことはありませんか?
 このミスをなくすには習慣を変えるのが一番です。
 真っ先にすべきはファイルのコピーです。必ず分身を作ってください。(中略)
 複数のファイルを入れたフォルダーなら、フォルダーごとコピーし、フォルダー→ファイルの順に名前を変えましょう。これで既存のデータを活かしながら、ミスなく効率的に作業を進めることができるようになります。


【感想】

◆記事タイトルや冒頭で「仕事術」と申し上げましたが、本来こういった事柄は、「仕事」というよりは「作業」に近いもの。

ただし、こうした部分がおろそかだと、本来の大事な仕事が足元からすくわれかねません。

実際、私も仕事上のメールで、ファイルの添付忘れをしたことが、過去何度かありました。

送信先からすぐ指摘を受けられればいいですが、外出したり帰宅してから気が付いた場合には、結構悲惨なことに。

今使っているGmailは、メール内に「添付」の文字があると、いちいち「ファイルが添付されていません」とアラームを出すので、最近では添付忘れはないものの、逆にもらうメールに添付されてないことがしばしばあるという。

これはもう、Gmail以外のメールソフトをお使いの方は、ぜひご留意頂きたく。


◆上記ポイントの2番目の単語登録も、それ自体はよく使われているものです。

ただ、一般的な仕事術本では「挨拶文」等を登録するところ、「相手の社名と名前」というのは、結構目からウロコ。

私の場合、本来の仕事と同じくらい、版元さんからお知らせメール等が届くので、この機会に登録しておこうかと。

またメール絡みで言うなら、割愛した中で「休暇予定はメールの署名に入れる」というのもありました。

このように、メール絡みについては、できるだけ工数を減らすのが、ミソと言えるでしょう。


◆なお、手帳については、私自身が使っていないため、抜き出すべきかどうか判断に迷ったのですが、一応「フリクション推奨」ということで。

3色ということは、このモデルになりますか。

パイロット フリクションボール3 05 ブラック P-LKFB60EF-B
パイロット フリクションボール3 05 ブラック P-LKFB60EF-B

そういえば、最近4色モデルも出た模様(軸の太さは同じようです)。

パイロット フリクションボール4 ダークブルー
パイロット フリクションボール4 ダークブルー

本書ではフリクションの使い方として「会議等の候補日がいくつかあって、相手方からの返事待ちの時に、候補日時すべてに印を付けて、確定後、いらない印を消す」というものを挙げていました。

確か別の本では、「修正前の情報が可視化できるのがアナログの良い所」という話もあったと思うのですが、必要に応じて、二重線等で消せばよいと思います。


◆本書の「おわりに」には、「本書にあるTipsのひとつでも2つでも、『すぐに使える!』と思ってもらえたら筆者として嬉しく思います」とありました。

確かにこの手の本の使い方としては、「取り入れられるものだけでも取り入れる」というのが正しいかと。

そして私も、上記ポイントの2,3,4,6辺りは取り入れたいと思っております。

さすがに、ベテランのビジネスパーソンだと「今さら」なお話も含まれていますが、逆に若手の方なら話は別。

アマゾンの目次ページに、全77のTIPSが掲載されていますので、そちらをご確認の上で検討してみて下さい。


ミスをしがちな方なら要チェックです!

やり直し・間違いゼロ 絶対にミスをしない人の仕事のワザ (Asuka business & language book)
やり直し・間違いゼロ 絶対にミスをしない人の仕事のワザ (Asuka business & language book)
第1章 メール・ビジネス文書 編
第2章 整理・整頓 編
第4章 コミュニケーション・報連相 編
第5章 スケジュール・時間管理 編
第6章 仕事の習慣 編
第7章 日々の心構え 編


【関連記事】

東大教授は『なぜかミスをしない人の思考法』の夢を見るか(2013年11月30日)

【整理術】『会社では教えてくれない! 頭のいい整理術・ファイリング術』桃山 透(2013年10月09日)

はてなユーザーが選ぶ超イカした「最強のデスクワーク術」10選(2009年09月25日)

【作業効率化】「ミスゼロ、ムダゼロ、残業ゼロ! 」オダギリ展子(2008年07月14日)

【仕事術】「できる人の実践前倒し仕事術」(2009年01月22日)


【編集後記】

◆ちょっと気になる本。

起業 失敗の法則
起業 失敗の法則

すでに土井英司さんがメルマガで紹介されてしまったので、読みたい方は予約済みかもしれませんが……。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52123749