スポンサーリンク

2014年04月07日

【文章術】『30分で完成する全自動文章法―これ1冊で全部うまくいく!』今井健仁


30分で完成する全自動文章法―これ1冊で全部うまくいく!
30分で完成する全自動文章法―これ1冊で全部うまくいく!

【本の概要】

◆今日ご紹介するのも、昨日に続き、「未読本・気になる本」の記事で人気だった1冊。

その時にも申しあげたように、著者の今井健仁さんは、以前『東大式決断術』を当ブログにてレビューしております。

現時点でもアマゾンに詳細がないので、版元サイトから。
章の初心者が、就活、レポート、論文など幅広い場面で使える。東大法学部、司法試験、大手渉外法律事務所と難関試験を次々に突破した著者が贈る、短時間で自動的に文章を作る方法。

「全自動」という表現が適切かどうかはさておき、私自身も文章を書く上でのヒントを頂きました!





writing in the journal / erink_photography


【ポイント】

■1.対立する意見を書き、それをつぶしていく
シンプルなメッセージを何度繰り返していても、自分の意見ばかりを主張しているように聞こえ、読んでいる人にはなかなか納得してもらえません。
 そこで、「使える文章」は、
「自分のメッセージに対する反対意見もあらかじめ書き、その反対意見をつぷしておくことで説得力を上げる」
というルールにしたがって書かれることになります。
 このルールのことを、「二項対立」と呼ぶことにします。


■2.例えを使って論理を補充する
 何かを伝えたい時、適切な例えを使うと、自分のメッセージの説得力が上がる、ということは、日常的な感覚からもわかると思います。
 詳しくいうならば、自分の伝えたいメッセージと矛盾しない例えがある、という事実を書くだけで、「『AはB』『BはC』よって『AはC』」の「『AはB』『BはC』」部分を補充することができる、というわけです。
 したがって、自分のメッセージを三段論法で補強するためには、
「自分のメッセージの結論を書いた後に、その結論と矛盾しない例を書けばよい」
ということになります。


■3.最後を「二重否定」で締める
「二重否定」とは、「『反対意見』であることは、決してない」と書くことで、二項対立の構図を一文で表現しつつ、自分のメッセージを強調する方法です。
 反対意見の否定形を書くことで、文章全体はこのような二項対立で書かれていた、ということを表し、改めて自分の立場を明らかにすることができる、というわけです。(中略)
 ここで否定する「反対意見」は、反対意見そのものでも、もちろん構いません。
 ただ、三段論法で使った反対意見の例を否定すると、さらに綺麗に締まる場合があるので、頭のどこかに置いておいてもらえれば幸いです。


■4.エントリーシートでの相手のメッセージを読み解く
 まず、エントリーシートとは、応募者が会社の採用したい人材にマッチしているか、確かめる書類です。
 ということは、エントリーシートが伝えようとしているメッセージは、
「あなたが、私たちが求めている人材か、説明してください」
というものとなります。
 もう少し詳しくいうならば、
「あなたの性格・能力・経験が、私たちがしている仕事で活かされるか、説明してください」
ということが、会社側が伝えたいメッセージだといえます。


■5.就活で実績がなければ情熱や努力でアピールする
ここでの実績とは、
(1)結果が人に誇れるもの
(2)結果に至るまでの努力・情熱が人に負けないもの(時間をかけた、集中して取り組んだ、多様なアプローチをした等)
のどちらか、アピールできるものを選ぶことになります。
 (1)、(2)の両方を満たす実績や体験があれば最高ですが、素晴らしい結果がついてこなくとも、情熱や努力はアピールできます。
 そして、情熱や努力をアピールすることで、「過去の自分」と「今の自分」という二項対立の軸を立てることができ、「あなたは、会社に入ってからも成長できる人材ですか」という企業からのメッセージに応えることができる、ということになります。


【感想】

◆ちょっと簡単ですが、この辺で。

とにかく本書の場合、具体例を見ながらでないと、ピンとこないのではないか、という点が一番の懸念事項でして。

かといって、具体例の中心が、大学でのレポートや就活でのエントリーシートなので、全文を引用してまで事例紹介をすべきか少々迷いました。

結局、ボリューム的に、1つでも事例を引用すると、他のポイントの多くを削らねばならないので断念。

それら事例の多くは、第3章の「オートマティック・パターン」にありますので、気になる方はそちらでご確認下さい。


◆ちなみにそのパターン自体は、「はじめに」によると「東大生のレポートや答案、結果の出ているエントリーシートを1000通以上見た中で、共通する部分を集めて作られた」のだそう。

著者の今井さんは、このパターンを自分でも試してみた結果、「司法試験に合格」し、「法律事務所の就職活動でも負けなし」なことから、「実際に使える」と断言されています。

確かに、その第3章から抜き出した、上記ポイントの4番目、5番目は、いずれも納得できるものでした。

ただし、今井さんご自身の経験だけをもって、「ビジネスにも使える」かは、ちと微妙かな、と。

1つでもビジネスシーンでの事例が欲しかった、というのが、正直なところです。


◆なお、本書の中心的なテクニックでもある「二項対立」についてですが、私自身は、今まで「反対意見」といったものに留意したことはありませんでした。

ただし、ここでいう「反対意見」とは、必ずしも、第三者からの意見というのではなく、たとえば就活においては
・他の業種、競合企業
・過去の自分
・現在の業務
ということになります。

実際、本書収録のエントリーシートの事例でも、「反対意見」として「過去の自分」の失敗や挫折を挙げて、「その反対意見をつぶす」文章として、「いかにそれを乗り越えたか」「何を学んだか」等を述べていました。

確かにこれなら、通常のビジネスユースでも使えそうな感じです。


◆ところで当ブログでは、今まで何冊もの文章術の本をご紹介して参りました。

ひと口に「文章術」と言っても、「てにをは」レベルから指導していくものから、成約率を上げるためのものまで多種多様。

本書はそれらの中では、「ある一定の用途」において、「少ない労力で、効果的な文章」を書くことを目的とするものかと。

特に、あまり文章を書き慣れていない方なら、本書の内容を丸呑みしてしまえば、かなり簡単に文章が書けるようになるのではないでしょうか?


就活生さんなら、要チェックで!

30分で完成する全自動文章法―これ1冊で全部うまくいく!
30分で完成する全自動文章法―これ1冊で全部うまくいく!
第1章 「使える文章」の超基本
第2章 「使える文章」のルール
第3章 オートマティック・パターン
第4章 スパイス
第5章 文章のボリュームアップ


【関連記事】

【東大式ライフハック?】『東大式決断術』今井健仁(2012年02月28日)

【文章術】『伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則』山口拓朗(2014年01月16日)

【スゴ本】『いますぐ書け、の文章法』堀井憲一郎(2011年09月09日)

【文章術】『決定版! すっきり書ける文章のコツ80』高橋俊一(2013年07月05日)

【文章術】『いい文章には型がある』吉岡友治(2013年03月26日)


【編集後記】

『思考の整理学』でお馴染み、外山滋比古先生のご本が登場!

乱読のセレンディピティ
乱読のセレンディピティ

これはチェックしておかないと……。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「メルマガ・ライティング関係」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)メルマガ、ライティング関係このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52122842