スポンサーリンク

2014年02月20日

【モテ】男女の性差について学べる本10冊



Girl and boy in historical costume facing away from each other by a tree trunk. The boy is holding a stick, the girl is holding a handkerchief. [front] / Boston Public Library



【はじめに】

◆昨日あたり、はてな界隈で話題になっていたのがこちらの記事。

男性と女性のモノの考え方の違いについて:はてな匿名ダイアリー

途中まで読んでて、「あれ、これって……」と思ったら、最後にちゃんと元ネタ(?)が挙げられていました。

そして、この手の「男女の性差」に関する本は、当ブログでも今まで何冊か取り上げてきたワケでして。

そこで今日は、それらの中から、10冊ほどご紹介してみようかと。

上記の記事にブクマされた方なら、要チェックです!




【男女の性差について学べる本10冊】

ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)
ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)

◆その上記記事の元ネタとなっていた(「だいたいが本の受け売り」とのこと)本。

というか、当ブログではもう何度も年間ランキング入り(2013年は1位と僅差の2位)しているので、ウチの読者さんならご存知の方がほとんどでしょう。

「男女の性差」を学ぶ上で、最初に読んで頂きたい作品だと言えます。

参考記事:【モテ】「ベストパートナーになるために」ジョン・グレイ(2007年08月09日)


キレる女 懲りない男: 男と女の脳科学 (ちくま新書)
キレる女 懲りない男: 男と女の脳科学 (ちくま新書)

◆上記のジョン・グレイ作品をお読みの方なら、ぜひ次に手に取って頂きたいのがこちら。

発売されてから既に1年以上経つのに、中古でほとんど値崩れしていない人気作です。

下記参考記事にもある、「言ってくれればやったのに、は禁句」というクダリは、私自身背筋がぞっとしました。

参考記事:【モテ】スゴすぐる「女性脳のトリセツ」7選(2012年12月12日)


メイド喫茶元オーナーが書いた 女の子の取扱い説明書
メイド喫茶元オーナーが書いた 女の子の取扱い説明書

◆装丁やタイトルからして、リアル書店ではなかなか買いにくい作品ですが、この本もかなりキテいます。

また、当ブログでは何度もモテ本記事ホッテントリ入りしている割には、「男女の性差」に関する本は苦戦しているのですが、下記参考記事は、ブクマがつきまくり。

Kindle版があるのも、ポイント高いです。

参考記事:「女の子の取扱い説明書」について最低限知っておくべき3つのこと(2010年03月28日)


話し方を変えると男と女は、もっとうまくつき合える! (王様文庫)
話し方を変えると男と女は、もっとうまくつき合える! (王様文庫)

◆当ブログ的には、読む本読む本「ハズレなし」の伊東 明先生のモテ本。

「女性の疑問形には断定や自己主張が隠されている」という指摘には、思わず納得しました。

ちなみに、下記参考記事で触れているエントリー(分かり合えないなと思った)も、冒頭のはてな匿名ダイアリーと同様、男女が分かり合うことの難しさが表されております。

参考記事:【モテ】『話し方を変えると男と女は、もっとうまくつき合える!』伊東 明(2013年02月09日)


女性を味方にする言葉、敵にする言葉 (PHP文庫)
女性を味方にする言葉、敵にする言葉 (PHP文庫)

◆その伊東先生の本をもう1冊。

こちらは、マーケットプレイスで超高値だった単行本の文庫化(何故か今でも高値なんですがw)ということでゲットしたのですが、確かに濃厚な内容でした。

特に『「同意」と「共感」を混同しない』というのは、多くの男性が勘違いしがちなことではないでしょうか?

参考記事:【モテ】『女性を味方にする言葉、敵にする言葉』伊東 明(2011年03月04日)


モテの真実
モテの真実

◆この本の著者である織田隼人さんは、モテ本を何冊か出されてらっしゃいますが、この本が一番クオリティが高いと思います。

メインテーマは「男女の性差」ではないものの、モテるのに必要な要素として、既に意識されていた点が秀逸かと。

「女性は周辺部に目が行く」というお話は、目からウロコでした……。

参考記事:【モテ】「モテの真実」に学ぶ7つのポイント(2009年08月31日)


科学でわかる男と女の心と脳 男はなぜ若い子が好きか? 女はなぜ金持ちが好きか? (サイエンス・アイ新書)
科学でわかる男と女の心と脳 男はなぜ若い子が好きか? 女はなぜ金持ちが好きか? (サイエンス・アイ新書)

◆これまでご紹介してきた本は、心理学的なアプローチでしたが、こちらは思いっきり科学的

それがゆえ、「身も蓋もない」お話の連続なのはお許しを。

ただ、だからといって自分を正当化するのではなく、あくまで「モテる」ために活用して頂きたいところです。

参考記事:【男女】『科学でわかる男と女の心と脳』麻生一枝(2010年10月15日)


彼と彼女の科学的「恋の法則」―“幸せな結果”を知りたいっ! (王様文庫)
彼と彼女の科学的「恋の法則」―“幸せな結果”を知りたいっ! (王様文庫)

◆こちらもタイトルにあるように「科学的」であり、「身も蓋もない」のは上記の本同様。

ただし、より「恋愛」に特化している分、汎用性は高いと思います。

というか、この本は、個人的にはかなり推しているんですが、絶版&中古で安値なのがカナシイ……。

参考記事:【モテ】『彼と彼女の科学的「恋の法則」』はオススメ!(2008年10月07日)


500社を見てきた社労士がこっそり教える 女性社員のホンネ (青春文庫)
500社を見てきた社労士がこっそり教える 女性社員のホンネ (青春文庫)

◆打って変わって、こちらは「ネタ」的要素満載の1冊。

「男女の性差」というより、「女性目線」というか、著者の「長沢先生の目線」な気がしないでもないですが、こまけーこたー(AA略

「女性に年齢を聞かれたら思った年齢から5歳引く」というのは、モテる男なら無意識にやってるもんですよ(多分)。

参考記事:【モテ?】『500社を見てきた社労士がこっそり教える 女性社員のホンネ』長沢有紀(2013年05月23日)


アラサーちゃん 無修正1
アラサーちゃん 無修正1

◆最後は、峰さんのこの作品で(Kindle版もあります)。

下記参考記事のタイトルにも入れたように、この本では「男女の性差」について、ずいぶん学習させて頂きました。

その記事内でも触れたように、「私そっくりのキャラ」が出てくるのはご愛嬌でw

参考記事:【モテ?】『アラサーちゃん 無修正1』に「男女の性差」を学んでみました(2013年05月16日)


【所感などなど】

◆「男女の性差」といいつつ、男性サイドからというか、「女性ってこうだったのか!」的な本が多くて申し訳ございません。

当ブログの読者さんの男女構成比を考えるにつけ、どうしてもこうならざるを得ず。

ですから、女性読者に向けて書かれた「男ってこう!」という作品は、上記にはございませんのでご留意ください。

一応、「男女に向けて書いてある本」で「これは!」と思った下記2作品については、女性向けの記事も書いているのですが。

ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)
ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)

参考記事:【女性必読!】「ベスト・パートナーになるために」ジョン・グレイ(2007年08月14日)

キレる女 懲りない男: 男と女の脳科学 (ちくま新書)
キレる女 懲りない男: 男と女の脳科学 (ちくま新書)

参考記事:【モテ】知っておきたい「男性脳のトリセツ」4選(2012年12月17日)


◆ところで、今回、各記事をチェックして思ったのですが、改めて「当ブログではそれほど人気のないテーマ」なのかな、と。

とにかく、悲しいくらいブックマークされてませんw

レビューがホッテントリに入ったのも、上記で触れているように『メイド喫茶元オーナーが書いた 女の子の取扱い説明書』のみ。

その割には、このテーマで書かれた「はてな匿名ダイアリー」は、ホッテントリ入りしているので、一般的には需要があるお話だとは思うのですが……。


◆そして、えらそうな事を言っている私も、『ベストパートナーになるために』を読むまでは、まったく意識もせず、かつ、地雷を踏みまくっておりました。

いやホント、この本読んでなかったら、夫婦喧嘩(というほど大げさではないですが)も多発していたヨカン。

確かにこれらの知識は、実際に対象となる異性がいない状態だと使いようはないものの、いざ接してからは、大事なことばかりです。

バレンタインでチョコをもらった方なら、ホワイトデーに向けて。

もらい損ねた方も、日々の生活で活かして頂きたく思っております。


「男女の性差」について知れば、より一層モテることウケアイ!


【編集後記】

◆ホントはこの本もご紹介したいのですが。

オクテ男子のための恋愛ゼミナール
オクテ男子のための恋愛ゼミナール

半分以上がエッチネタなんで、Google先生に怒られる事必至というw


ご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「モテ・恋愛」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)モテ・恋愛このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52116982