スポンサーリンク

2014年01月16日

【文章術】『伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則』山口拓朗


伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 (Asuka business & language book)
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 (Asuka business & language book)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、やはり「未読本・気になる本」の記事にて取り上げていた1冊。

著者の山口拓朗さんは、「出版社で6年間、雑誌編集者・記者を務めたのちにフリーライターとして独立。18年間で2200件以上の取材・インタビュー歴がある」方で、現在はライティング塾の塾長をなさっているのだそう。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
本書は、文章を書く準備・文章を速く書く方法・内容を簡潔に書く方法・相手に分かりやすく書く方法・正しく、恥ずかしくない文章を書く方法・読みたくなる文章を書く方法などを87項目でまとめました。 また、「ワードの便利な使い方」や「うけるブログの書き方」など、かゆいところまで手が届く1冊となっています。 企画書・報告書・日報の作成から、メールやSNSの投稿記事などあらゆる文章に対応。

伝わる文章を書きたい方なら要チェックです!





Writing is My Hobby / Charles Jeffrey Danoff


【ポイント】

■1.読む人の反応を決める
 文章を書くときには、読む人の反応を決めましょう。「『決める』ではなく、『予測する』の間違いでは?」と思った方もいるかもしれません。ですが、予測ではありません。読む人の反応は、やはり書き手が決めなければなりません。(中略)
【文章を読んだ人の反応例】
■お礼状をもらう人:ここまで喜んでくれて嬉しいな〜。
■企画書に目を通す上司:おもしろそうな企画じゃないか!
■メモを読む部下:○○課長の指示はいつも分かりやすいな。
(中略)
 もちろん、こうした反応は、読む人(ターゲット)のニーズや文章の目的に即して決めるのが理想です。例えば、企画書を提出する相手(上司)の反応を決めるときは、その上司が何を求めているのかを踏まえたうえで決めるのです。


■2.書くとは「自問自答」の連続
 例えば、「私の趣味はお菓子作りです」という文章の裏には、必ず「あなたの趣味は何ですか?」という自分自身への質問があります。
 仮に「お菜子作り」について引き続き文章を書く場合は、以下のような質問を次々と自分にしていきます。

■どうしてお菓子作りが好きなの?
■いつ頃からお菓子作りを始めたの?
■どれくらいの頻度で作っているの?(中略)

 これらの質問に答えることによって、書くべき素材(情報)が棚卸しされていきます。逆に言えば、質問に答えられないものについては、どう頑張ろうと、書くことができません。


■3.「情熱」で書いて「冷静」で直す
 夜に書いたラブレター(ラブメール?)を翌朝見直したら、恥ずかしくなくなった。そんな経験をしたことのある人もいるでしょう。情熱で書いた文章にはエネルギー(想い)が充満しています。ただし、あまりにエネルギーの強い文章は、ときに読む人の拒絶反応を招きます。そういう意味では、翌朝、クールな頭で、ラブレターを手直しするのは、理にかなった方法です。
 ほてった熱を適温に戻すことで、読む人の心に響きやすい文章になります。


■4.プリントアウトして推敲・見直しをする
 入力した文章をデスクトップ上で読み返す。このときの脳は「書き手の視点」のままです。どれだけ本人が別人になりきっても、脳から「書き手の視点」を消し去ることはできません。
 一方、印刷した文字を目の前にすると、脳が「書き手」から「読み手」にスイッチします。事実、デスクトップ上で推敲・見直しして「完璧になった」と思った文章でも、いざ印刷すると、用紙が修正用の赤ぺンで真っ赤になることがあります。


■5.「修飾語の順番」のまとめ&チェックの順番
(1)「長い修飾語」は先、「短い修飾語」はあとにする
(2)「節」は先、「句」はあとにする
(3)「大きな状況」は先、「小さな状況」はあとにする
「原則(1)と(2)をチェック」→「それでも文章に違和感が残るときは、原則(3)をチェック」というプロセスを踏むことで、修飾語の順番による誤読は、ほぼ防げるはずです。

(詳細は本書を)


■6.「抽象」と「具体」を同時に盛り込む
 具体的な表現と抽象的な表現は、どちらか一方が重要なのではなく、どちらも重要です。文中に両者を盛り込むことによって、説得力が生まれる(高まる)ケースが少なくありません。(中略)
私の知り合いに、趣味のケーキ作りが高じて、自宅でケーキ作りの教室を始めたママがいます。また、英語が堪能なある方は、自宅で子供向けの英語教室を始めました。
つまり、子育てに忙しいママでも、自分の強みを活かして、自宅で仕事をすることができるのです。
 説得力のある文章になりました。逆に言えば、抽象的なことだけを書いた文章も、具体的なことだけを書いた文章も、読む人にスルーされてしまう確率が高い、ということです。


【感想】

◆ボリューム的にちょっと多くなってしまったので、この辺で。

冒頭で挙げた未読本の記事の時にも触れたのですが、最近、文書術の本に関しては、類書とのネタのかぶり具合をリアル書店でチェックして、購入するか否かを検討しております。

何せ、文章術関係だけでも、かなりの本をご紹介してきているわけでして。

カテゴリー「メルマガ、ライティング関係」

時おり、Twitterですとかブックマークコメントで「これだけ文章術の本を読んで、この程度?」というご指摘を頂くことがあるのですが、返す言葉もございません

ただ、文章術が向上していなくとも「あー、これ前に読んだわー」ということは、それなりに覚えているため、あまりに類書と内容重複が多いものは、クオリティが高くとも、スルーせざるを得ず。


◆その点本書は、リアル書店で上記ポイントの1〜3辺りを目にして、購入決定。

私の記憶では、この辺のテーマに言及していた本は、あまりなかったような気がします。

もう1つ購入の要因となったのが、「速く書く」をテーマにした第2章で、ここでは、一般的な「文章術」以外のお話が登場。

「キーボードのキーピッチやキーストロークに注意を払え」何ていう文章術の本は、普通見かけませんってw

実際私は、A4サイズのノートPCを家でも職場でも代々使い続けていて、今までは、キーボードに関して違和感を覚えた事はありませんでしたが、昨年職場用に購入したノートPCのキーストロークの浅いことと言ったら!

キーストロークが違うと、こんなにも入力しにくいは思いませんでした。


◆ところで文章術の本は、ざっくり言うと、大きく2つに分けられると私は思っています。

 ・文章作法関係(「てにをは」「」等)

 ・目的を達成する文章を書く(「広告コピー」「説得」等)


たいてい、どちらか一方に力を入れていて、「前者」は、ある意味「決まり事」ですから、類書同士のネタかぶりも多い感じ。

それに比べると「後者」は、著者らしさが出やすいためか、バラエティに富んでいる印象を受けます。

具体例を挙げると、典型的な「前者」の本はこれ。

伝わる! 文章力が身につく本 (基礎からわかる“伝わる!
伝わる! 文章力が身につく本 (基礎からわかる“伝わる!"シリーズ)

参考記事:【オススメ】『伝わる!文章力が身につく本』小笠原信之(2011年06月26日)

そしてこちらは「後者」の本。

いますぐ書け、の文章法 (ちくま新書)
いますぐ書け、の文章法 (ちくま新書)

参考記事:【スゴ本】『いますぐ書け、の文章法』堀井憲一郎(2011年09月09日)

どちらがいい、と言うのではなく、必要に応じてお読み頂ければ。


◆本書について言うと、第3〜5章辺りは、上記の「前者」の内容です。

収録された具体例や表現方法は違えど、結局は「ルール」ですから、この辺の本を何冊かお持ちの方なら、若干食傷気味になるかもしれません。

とはいえ、文章塾を主宰されている方が、こういった内容をおろそかにするわけにもいかないですし、これはこれでアリだと思われ。

むしろ本書は、基本的には「前者」の本であるにもかかわらず、「後者」の内容を上手く加味している点が特徴なのではないかと。


「伝わる文章」を書きたい方に!

伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 (Asuka business & language book)
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 (Asuka business & language book)
第1章 文章を書く準備をしよう
第2章 伝わる文章を速く書こう
第3章 伝わる文章を簡潔に書こう
第4章 伝わる文章を分かりやすく書こう
第5章 正しく、恥ずかしくない文章を書こう
第6章 読みたくなる文章を書こう
第7章 メール・SNS対策をしよう


【関連記事】

【オススメ】『伝わる!文章力が身につく本』小笠原信之(2011年06月26日)

【スゴ本】『いますぐ書け、の文章法』堀井憲一郎(2011年09月09日)

【文章術】『決定版! すっきり書ける文章のコツ80』高橋俊一(2013年07月05日)

【文章術】『7日で身につく 正しい文章の書き方』高橋廣敏(2013年05月30日)

【文章術】『いい文章には型がある』吉岡友治(2013年03月26日)

【文章術88のルール】『誰にでも伝わる 文章力のつくり方』木暮太一(2012年03月02日)


【編集後記】

◆今日の本の著者である山口さんのご本。

どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました!
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました!

こちらも、当ブログ的には需要がありそうです。


ご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「メルマガ・ライティング関係」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)メルマガ、ライティング関係このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52112331