スポンサーリンク

2014年01月01日

【Amazon】このブログでの人気本(2013年12月ランキング)





【はじめに】

◆今日お送りするのは、月初恒例の「アマゾンアソシエイト売上ランキング」。

アマゾンのデータ更新のタイミングがギリギリなため、最近は毎月2日にならないと記事が書けなかったのですが、朝ゆっくりできるお正月だけは、根性で1日にアップしようかとw

参考までに、当ブログの過去3ヶ月の各月のランキングを。

2013年11月分

2013年10月分

2013年09月分

12月は、「はてなブックマーク人気記事(ホッテントリ)が連発できたこともあって、「過去最高の結果」となりました!




【売上ランキング】

20位

ビジネスでも、資格取得でもすごい効果!  現役東大生がこっそりやっている、頭がよくなる勉強法
ビジネスでも、資格取得でもすごい効果! 現役東大生がこっそりやっている、頭がよくなる勉強法

◆昨日の年間アクセスランキングでも、堂々6位につけていた勉強本。

12月は「勉強本ランキング」の記事があったおかげで、再登場しました。

参考記事:【勉強法】『現役東大生がこっそりやっている、頭がよくなる勉強法』清水章弘(2013年04月13日)


1日に10冊の本を読み3日で1冊の本を書く ボクのインプット&アウトプット法
1日に10冊の本を読み3日で1冊の本を書く ボクのインプット&アウトプット法

◆タイトルは若干煽り気味ですが、久しぶりに千田琢哉さんの本を拝読いたしました。

読書家の知的生産術ですから、当ブログの読者さんなら、きっと参考になるハズ。

参考記事:【知的生産術】『1日に10冊の本を読み3日で1冊の本を書く ボクのインプット&アウトプット法』千田琢哉(2013年12月16日)


19位

コミュニケーションのための催眠誘導 「何となく」が行動を左右する (知恵の森文庫)
コミュニケーションのための催眠誘導 「何となく」が行動を左右する (知恵の森文庫)

◆なんとこの本は、「連続7ヶ月ランクイン」の偉業を達成してしまいました。

下記参考記事は、本書のレビューですが、この好調さの理由はひとえに「『AKB喰いナンパ師』さんのプッシュ」のおかげです。

参考記事:「催眠誘導」石井裕之(2007年02月19日)


18位

最短で結果が出る超勉強法 (講談社BIZ)
最短で結果が出る超勉強法 (講談社BIZ)

◆当ブログではお馴染みの定番勉強本なんですが、20位の本同様、「勉強本ランキング」のおかげで久々の登場。

そろそろKindle版を出してくれれば、スコーンと伸びそうなんですが。

参考記事:【スタディ・ハック】「最短で結果が出る超勉強法」荘司雅彦(2007年07月02日)


17位

モテる技術 (ソフトバンク文庫)
モテる技術 (ソフトバンク文庫)

◆こちらも「AKB喰いナンパ師」さんがプッシュしてくれたことにより、人気が復活。

もともとモテ本の中でも、「分厚い割に安い」というコストパフォーマンスの高さで知られていた1冊です。

参考記事:【モテ】あの"幻の名著"「モテる技術」が文庫本になって復活した件(2008年07月11日)


16位

ザ・ゲーム 【30デイズ】 ――極上女を狙い撃つ
ザ・ゲーム 【30デイズ】 ――極上女を狙い撃つ

◆2013年度の年間ランキング上位進出が確実視されているモテ本。

ナンパのTIPSが詰まった作品としても、ピカイチではないかと。

参考記事:【オススメ!】モテ本『ザ・ゲーム 【30デイズ】』がやっぱりスゴかった件(2013年07月13日)


15位

なぜかミスをしない人の思考法 (知的生きかた文庫)
なぜかミスをしない人の思考法 (知的生きかた文庫)

◆「失敗学」の大家である中尾先生の書き下ろし文庫本。

私の持っている『失敗百選』に比べると、読みやすくて日頃の仕事にも活かしやすい内容となっています。

参考記事:東大教授は『なぜかミスをしない人の思考法』の夢を見るか(2013年11月30日)


14位

速読勉強術 (PHP文庫)
速読勉強術 (PHP文庫)

◆12月もこの本は、Kindle版の方を大量にお買い上げ頂きました。

元はと言えば、「新司法試験を全国2位で合格されてらっしゃるsunさんのオススメ」によって、当ブログでも人気なのですが。

参考記事:「速読勉強術」宇都出雅巳(2007年02月03日)


13位

「絶望の時代」の希望の恋愛学
「絶望の時代」の希望の恋愛学

◆厳密には、電子書籍である『宮台真司・愛のキャラバン』の数字を加算したものなのですが、「こまけー話は(AA略」

記念イベントである「男女素敵化大会議!! @新宿ロフトプラスワン」も、長丁場だったにもかかわらず、大盛況だった模様(私はニコ生で観てましたw)。

参考記事:【モテ】『「絶望の時代」の希望の恋愛学』宮台真司(2013年12月25日)


12位

わかりやすく説明する練習をしよう。 伝え方を鍛える コミュニケーションを深める
わかりやすく説明する練習をしよう。 伝え方を鍛える コミュニケーションを深める

◆当ブログでご紹介する翻訳本も、翻訳本であればお買い上げ頂けるといわけのではなく、やはりスキルアップにつながるものが人気のよう。

その点この本は、全ビジネスパーソン必須の「説明力」を上げる良書だと思います。

参考記事:【説明】『わかりやすく説明する練習をしよう。』リー・ラフィーヴァー(2013年12月03日)


11位

もっとモテたいあなたに 女はこんな男に惚れる (文庫ぎんが堂)
もっとモテたいあなたに 女はこんな男に惚れる (文庫ぎんが堂)

◆つい先日、フライング(?)をして月間ランキング入りを予想した書き下ろしのモテ本。

さすがにアクセスランキングに入っていただけのことはあります。

参考記事:【モテ】『もっとモテたいあなたに』に学ぶ7つのNG(2013年12月09日)


10位

確実にセ●レを作る方法 300
確実にセ●レを作る方法 300

◆11月ランキングで2位につけていた、ちょっと際どいムック系のモテ本。

過去の『裏モノJAPAN』のモテネタを集めているだけあって、「お買い得」な1冊です。

参考記事:【モテネタ】『確実にセ●レを作る方法 300』が内容充実していた件(2013年11月27日)


9位

ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)
ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)

◆その11月ランキングでも上の本を上回る2位だった「ド定番モテ本」。

今月も順当にランク入りしていますし、いよいよ、年間ランキングでの初のトップも視野に入っております。

参考記事:【モテ】「ベストパートナーになるために」ジョン・グレイ(2007年08月09日)


8位

明日の幸せを科学する(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
明日の幸せを科学する(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

◆本書発売前には、単行本に「4300円超のプレミア」が付いていた、自己啓発書の文庫化。

さすがに現在は落ち着いていますが、底値まで落ちないところを見ると、やはり内容的にも充実しているのではないか、と。

参考記事:【メモ】プレミア付きの自己啓発書が文庫化される件(2013年12月05日)


7位

「からだ」と「ことば」のレッスン (講談社現代新書)
「からだ」と「ことば」のレッスン (講談社現代新書)

◆11月のランキングでは1位となっていたコミュニケーション本。

ただし、下記参考記事のとおり、当ブログでは「ナンパ本」としてお買い上げ頂いたのだと思われ。

参考記事:【モテ】AKB喰いナンパ師が新たにオススメしているモテ本3冊(2013年11月11日)


6位

ゼロ秒思考  頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング
ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

◆下記レビューがホッテントリ入りしたことにより、順当にランクイン。

記事内でご紹介しているボールペン、「Vコーン」も、かなりお買い上げ頂きました。

参考記事:【思考術】『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』赤羽雄二(2013年12月27日)


5位

リクルートを辞めたから話せる、本当の「就活」の話    無名大学から大手企業へ (PHPビジネス新書)
リクルートを辞めたから話せる、本当の「就活」の話 無名大学から大手企業へ (PHPビジネス新書)

◆同じくレビューのホッテントリ入りによって、ベスト5入りしたものの、まさか当ブログで「就活本」がこんなにお買い上げ頂けるとは。

ただし、本書収録のTIPSの多くは「転職」でも使えるのではないか、と。

参考記事:【就活】『リクルートを辞めたから話せる、本当の「就活」の話 無名大学から大手企業へ』太田芳徳(2013年12月08日)


4位

40歳からの会社に頼らない働き方 (ちくま新書)
40歳からの会社に頼らない働き方 (ちくま新書)

◆この本もホッテントリ入り……って、入れば即、お買い上げ頂けるわけではない事をご理解頂くために、「かつてブクマ400超で4冊しかさばけなかった本がある」私の黒歴史をお伝えしておかねばw

それはさておき、本書も読者年齢層を限定しているようなタイトルですが、実際には全世代にオススメしたい良書でした。

参考記事:【全世代必読?】『40歳からの会社に頼らない働き方』柳川範之(2013年12月07日)


3位

桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか
桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか

◆本書の躍進ぶりは、もはやホッテントリ以前に、「アクセスランキング年間トップ」であることの方が、説得力がありそうな。

「幻冬舎さんが、こういう内容の本を出す時は、週末の日経にドーンと広告を出すハズ」と読み切って、週末に記事を間に合わせた甲斐がありましたw

参考記事:【仕事術】『桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか』鳩山玲人(2013年12月14日)


2位

図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!
図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!

◆当ブログにおいては、もはや説明不要の「ド定番勉強本」。

通算4度目の「年間売上1位」の座を固めるべく、12月も健闘しました。

参考記事:【記憶&速読】「図解超高速勉強法」椋木修三(2008年05月04日)


1位

世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた: グローバルエリートは見た!投資銀行、コンサル、資産運用会社、プライベート・エクイティ、MBAで学んだ15の仕事の極意、そしてプライベートの真実
世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた: グローバルエリートは見た!投資銀行、コンサル、資産運用会社、プライベート・エクイティ、MBAで学んだ15の仕事の極意、そしてプライベートの真実

◆下記レビューも、一応ホッテントリ入りはしているのですが、ブクマ数を上回る他の本を凌いだ大きな要因がKindle版の存在。

全売上数の約2/3がこのKindle版であり、新刊でも紙版と同時発売することによる効果を実感いたしました……。

参考記事:【エリートは見た!?】『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』ムーギー・キム(2013年12月22日)


【感想】

◆冒頭で申しあげたように、12月は過去最高レベルの数値となりました。

注文数は、ダントツで過去最高。

しかも今までの最高値より、3割増しくらいという大盤振る舞い(?)でした。

一方、売上高の方は、私の記憶だとかなり前に1度、当時としては「ありえへん」レベルの数字が出たことがあったので、それを上回ることはできないかと思っていましたが、何とかそれも突破。

今は、おもちゃやゲームが2%、そして主力商品である書籍が3%固定なので、正直ここまで来れたのはかなり意外でした。

……1月以降どうなるかわかりませんがw


◆その好調の要因となったのは、やはり「はてブホッテントリ」。

10月のゼロ、11月の1本から、12月はなんと7本もホッテントリ入りを果たしました。

【思考術】『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』赤羽雄二 【思考術】『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』赤羽雄二(2013年12月27日)

【エリートは見た!?】『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』ムーギー・キム 【エリートは見た!?】『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』ムーギー・キム(2013年12月22日)

【仕事術】『桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか』鳩山玲人 【仕事術】『桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか』鳩山玲人(2013年12月14日)

【記憶術】『本当に頭がよくなる1分間記憶法』石井貴士 【記憶術】『本当に頭がよくなる1分間記憶法』石井貴士(2013年12月11日)

【就活】『リクルートを辞めたから話せる、本当の「就活」の話 無名大学から大手企業へ』太田芳徳 【就活】『リクルートを辞めたから話せる、本当の「就活」の話 無名大学から大手企業へ』太田芳徳(2013年12月08日)

【全世代必読?】『40歳からの会社に頼らない働き方』柳川範之 【全世代必読?】『40歳からの会社に頼らない働き方』柳川範之(2013年12月07日)

【勉強本】この1年で人気のあった勉強本20冊(第7回勉強本ランキング) 【勉強本】この1年で人気のあった勉強本20冊(第7回勉強本ランキング)(2013年12月06日)

特に、「下3本」というか12月6日からは「3日連続」という、未だかつてない状態になり、沢山の方が当ブログに殺到。

おかげさまで、「ついで買い」やら何やらで、数値としては上でも述べたように、「過去最高」となったワケでして。


◆一方、ジャンル的には、久々に勉強本が健闘しました。

と言っても、2位、14位、18位、20位の4冊で、しかも全て先月以前にご紹介している作品ですから、ちと微妙。

これはひとえに、12月に実施した勉強本ランキングによって、各勉強本がおしなべてお買い上げ頂けたからだと思います(22位〜25位というランキング圏外にも、3冊勉強本が入っていました)。

そして、お約束のモテ本は、やはり12月に「過去1年の振り返り」をやったこともあって依然好調をキープ。

7位、9位、10位、11位、13位、16位、17位、19位と8冊もあるのですから、もはや当ブログは「モテ本ブログ」と揶揄されても否定しにくいというw


◆というわけで、2013年の月別売上ランキングもこれが最後となりました。

数日以内には、2013年全体の年間ランキングも、例年同様お届けする予定です。

正直なところ、年間1位が何になるかは、現時点でも本当に分かっていない自分。

それはそれとして、通常営業としてのレビューをするために、新しい本もガシガシ読んでいかないと。


今月もよろしくお願い申し上げます!


【編集後記】

◆今回は20位に2冊入ってしまったので、ランキング直後の22位となったのがこちら。

才能を伸ばすシンプルな本
才能を伸ばすシンプルな本

私はあまり、各レビュー以外でプッシュはしないんですが、この本は激オススメです。

参考記事:【スゴ本!】『才能を伸ばすシンプルな本』ダニエル・コイル(2013年06月08日)


ご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:00
TrackBack(0)ランキング・未読本紹介等このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。