スポンサーリンク

2013年12月11日

【記憶術】『本当に頭がよくなる1分間記憶法』石井貴士


本当に頭がよくなる1分間記憶法
本当に頭がよくなる1分間記憶法


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事でも取り上げた勉強本

今回、初めて石井貴士さんの著作をレビューするのですが、思ったよりもテクニカル(失礼)で、付箋をガシガシ貼ってしまいました。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
シリーズ130万部超の石井貴士の1分間シリーズの最新刊。
今回のテーマはシリーズの根幹をなす「記憶法」。
偏差値30だった著者がたった3カ月で偏差値70にジャンプアップし、全国模試で6万人中1位を獲得することができた驚異の記憶法を紹介する。

なお、実際に私がやっていた記憶法に近いこともあって、個人的に色々と言及したいことが!?





【ポイント】

■1.覚えたいことは3回復習する
脳の構造上、「人は同じことを3回言われてやっと本当だと信じる」という傾向があるのです(エビングハウスの実験からも、記憶の定着には「3回以上の繰り返し」が必要であることがわかります)。
 復習する回数も、1日3回にすることで、やっと脳が「この事柄を本気で覚えなければならない」と認識します。
 テレビCMも、同じCMを1時間番組の中で3回はしますよね?
 3回同じCMが流れることで、視聴者は「この商品は、きっとホンモノの商品なのだ」と認識するのです。

 
■2.書かないで、目で見て覚える
 たとえば、英単語を書いて覚える場合は、1単語を書くのに6秒かかったとしましょう。
 そうしたら、6秒×10回=1分なので、1分で10単語しか復習できないことになります。
 ですが、1単語1秒で、目で見て覚える「スピード記憶法」なら、1秒×60回=1分なので、60単語復習できることになります。
 これだけで、スピードは6倍になります。


■3.英単語の綴りや漢字は書いて覚える
 なぜなら、綴りは「書く」ものだから、綴りと呼ばれるわけであって、漢字も「書け」と出題されるものだからです。
 ダイレクトに「書け」と問題として出されるわけですから、目で見て覚えるのは、逆に非効率になります。
 つまり、英単語の場合は、意味に関しては目で見て覚えるが、綴りに関しては、書いて覚えるのが正解です。(中略)
 漢字問題に関しても、「書け」と出題されるものに関しては、書いて覚えるのが一番です。


■4.問題が解けた直後に楽しいことをする
 脳は感情を認識します。
 問題が解けなかった状態から、すぐにテレビなどの快楽に移行してしまうと、あなたの脳は、「勉強ができない=快楽」と認識します。
 逆に、問題が解けた直後の状態から、漫画を読んだりという快楽に移行すると、あなたの脳は、「勉強ができる=快楽」と認識します。
 つまり、勉強を投げ出した直後に楽しいことをしてしまうと、「自分の頭が悪い状態=快楽」と、脳が認識するのです。
 逆に、簡単な問題でもいいので、問題が解けた直後に楽しいことをすれば、「自分が天才である状態=快楽」と脳が認識するのです。


■5.「青のボールペン」を使うと、記憶力が上がる
 青は、「リンク色」です。
 たとえば、ヤフーのホームぺージでも、リンクしてあるところは、青になっています。
 逆に、リンクされていないところは、黒が多いです。
 つまり、現代人は、「何かとつながっている色=青」と認識しているのです。
 これを勉強に応用すると、どうなるかというと、
(1)記憶とリンクさせたいものは、青で書く
(2)どうでもいいものは、黒で書く

 という癖をつけると、あなたの記憶力は上がります。


■6.クリアファイルは4色で色分けする
・青のクリアファイル……見たことも聞いたこともないもの
・黄色のクリアファイル……見たことはあるが、わからないもの
・緑のクリアファイル……見て3秒でわかるうろ覚えのもの
・赤のクリアファイル……見てゼロ秒でわかるようになったもの
 これで、赤のクリアファイルがたまっていけばたまっていくほど、あなたが記憶したことが多いということになります。
 いつも「緑のクリアファイル」だけを持ち歩いたとします。そうすれば「緑(見て3秒でわかるもの)」を何度も、何度も、見返すことができます。


■7.「サンドイッチ記憶法」で短期記憶を長期記憶に移す
 7時間30分を挟んで、寝る前の90分と起きた直後の90分に暗記をするメソッドのことを、「サンドイッチ記憶法」と呼んでいます。
 これが、もっとも短期記憶を長期記憶に移していきやすい記憶法です。
 寝る直前に暗記したものが、寝ている間の、潜在意識が無防備な状態で、頭の中で繰り返されていきます。
 そして、起きた直後のセロトニンが分泌されている状態で、それをもう一度復習するのです。


【感想】

◆本書を読む限り、石井先生の記憶法のキモは「目で見て覚えること」

この部分でハゲシク賛成する人と、そうでない人に分かれそうな気がします。

例えば、今では「統計学の人」と言われている(?)西内 啓先生のデビュー作であるこの本では、「「万人にとって最高の暗記術なんてものは存在しない。なぜなら人によってタイプが違い、そのタイプによって、異なる最高の記憶術が存在するからだ」として、「文字型」「音声型」「映像型」等、5つの記憶のタイプについて言及されていました。

東大の先生が実践する「ロジカル」暗記術
東大の先生が実践する「ロジカル」暗記術

参考記事:【暗記の真実】『東大の先生が実践する「ロジカル」暗記術』に学ぶ5つのポイント(2009年08月28日)

ちなみに上記記事を初めとして、当ブログでも何度かお話したことがあるのですが、私は完全に「目で見て覚えるタイプ」。

税理士試験の受験生時代、実際に暗記した理論を書くのは、本当に書けるのかどうかのアウトプットの確認のためだけであり、暗記自体はすべて「目に焼きつけて」行なっていました。

と言うか、書いて覚えようとしても、写している間に全然違う事考え始めてしまい、書くという行為ではまったく覚えられなかったのですが。


◆ただし、石井先生曰く

「目で見て覚える訓練を、3か月以上したことがありますか?」

「多くの方が、やったこともないのに、最初からできないと決めつけているのです」


とのこと。

確かにそう言われてしまうと、私自身「書いて覚える」作業を3ヵ月続けていませんし、「そういうものなのかなぁ」と思わなくもなく。

ただ、実際の受験生が「やっても覚えられない作業」を3ヵ月も続けていたら、それこそ勉強に悪影響が出てくるかと(間に合わない等)。

私はたまたま、「目で見て覚える」タイプだったのですが、税理士試験の受験生の間では「書いて覚える」タイプの人も結構いたことを付け加えておきます。


◆さらに石井先生のもう1つの特徴が「色を活用する」というもの。

本書の第4章では「4色右脳記憶法」として、「赤」「緑」「黄色」「青」の4つの色を使った記憶法を指南してくれています(この章だけ、4色カラー印刷)。

上記ポイントの6番目にあるように、記憶の度合いで言うと「青」⇒「赤」に向かって深くなっており、要は「それぞれのカテゴリーから1つ上にあげる作業をせよ」ということ。

最終的には「ゼロ秒で言える」ようにするのが、石井先生の言う「記憶すること」になります。

なお、蛍光ペンと付箋もこの4色を揃え、同じ4色の「カラーマジックシート」なるものを活用して記憶するのですが、詳細は本書にてご確認を。


◆繰り返しになりますが、石井先生のやり方は、私のように「目で見て覚える」タイプの人には、受け入れやすいと思う反面、「書いて覚える」タイプの人にはちと微妙。

さすがに私も「本書を買ってやり方を変えろ」とまでは言えません。

思い返してみても、私の周りで「途中で覚え方を変えた」という人もいませんでしたし(そういう人もいたのかもしれませんが、少なくとも私は知りません)、西内先生の言うように「タイプの違いがある」方が腑に落ちるという。

ただ、石井先生の言うように「3か月続ける」覚悟があれば、試してみるのもいいかもしれませんし、確かに覚える量が多ければ多いほど、スピードは違います。


「累計130万部ベストセラー勉強法」の記憶術のエッセンスをどうぞ!

本当に頭がよくなる1分間記憶法
本当に頭がよくなる1分間記憶法
chapter1 「記憶のメカニズム」を知れば、あなたも天才になれる!
chapter2 記憶法に関する「7つの新常識」
chapter3 覚えるジャンルごとに使い分ける 短期・長期・単純・イメージ記憶法
chapter4 勉強の効率が劇的にアップする! 4色右脳記憶法
chapter5 寝る前と起きた直後に復習をするサンドイッチ記憶法
chapter6 試験当日だけ天才になる! ピークコントロール記憶法


【関連記事】

【読者特典アリ】『一瞬で思い出せる頭をつくる 機械的記憶法』牛山恭範(2012年08月13日)

【スゴ本?】『即戦力をつくる記憶術』渡辺剛彰(2012年07月14日)

【記憶術】『世界一の記憶術』に学ぶ達人のワザ7選(2012年02月26日)

【記憶術】『記憶力世界チャンピオンカールステン博士の頭がよくなる勉強法』グンター・カールステン(2010年10月05日)

【語呂合わせ】『マンガでかんたん!暗記丼』が、結構キテる件(2011年12月02日)

知らないと損する「記憶力」活用法(2010年06月25日)

【暗記の真実】『東大の先生が実践する「ロジカル」暗記術』に学ぶ5つのポイント(2009年08月28日)


【編集後記】

◆西内先生の本以外で、人それぞれの「タイプ」を扱っている作品がこちら。

医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン (光文社新書)
医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン (光文社新書)

参考記事:【6つのタイプ】『医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン』本田真美(2012年06月19日)

中に判定テスト(「認知特性テスト」)がありますので、ご自身のタイプを知りたい方は、一度お試しを。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「私と100冊の勉強本」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)私と100冊の勉強本このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52107235