スポンサーリンク

2013年12月09日

【モテ】『もっとモテたいあなたに』に学ぶ7つのNG


もっとモテたいあなたに 女はこんな男に惚れる (文庫ぎんが堂)
もっとモテたいあなたに 女はこんな男に惚れる (文庫ぎんが堂)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、女性向け官能小説作家である大泉りかさんのモテ本。

書き下ろし文庫本ということで、コストパフォーマンスも高いのも魅力の1つです。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
実はいま、恋愛は男性が有利なんです。だから彼女をつくるのはすごくチャンス。女の「好き」はいろいろだから、モテない男はいないんですよ。
あなたがモテるためにできることと無理をしなくてもいいこと、女たちは男のどこを見ているのかを、女の視点で書きました。

今回はその「女性目線」からのダメ出しを7つ選んでみたので、ご覧ください!




【ポイント】

■1.『少年性』が強いとモテない?
 わたしの周りの『ずっと彼女がいない男性』『長い間、セ●クスをしていない男性』にひとつ共通していえることがあります。それは『少年性』が非常に強いことです。(中略) 
 そもそも、恋愛というものは、相手に好意を持たせなくてはいけないのに、「女の子が満足するおしゃれな店を知らない」とデートの時の店選びを放棄したり、「カッコつけても仕方ない」といつも男友達といく激安チェーン居酒屋に連れていったり。女からして、「惚れさせるつもりあるの?」と疑問を持ってしまう行動を取りながら、「モテたい」と言われても、なんとアドバイスしていいやら……。


■2.「俺に言わせりゃ○○だね」は禁句
 たしかに女の話は、脈絡がなく、つらつらとしたオチがないことが多いです。しかし、職場の愚痴だったり、女友達の悪口は『同意してもらいたい』から話しているのです。それを否定されて、あげく「俺に言わせりゃ○○だね」と上から目線で斬られては、面白いわけがありません。
『俺』がどんだけ偉いのか、どこからの目線で言っているのか、と女の気を損ねること間違いなしの危険ワードです。


■3.ギミックの利いたファッションは危険
 以前、女友達と、彼氏にして欲しい格好の話になった時に、「着て欲しくない」とい、つ意見を最も集めたのが和柄デニムでした。(中略)
 とんがり靴も悪名高い一品。ホストやキャッチ系の男性が好んで履くせいか、ただでさえ安っぽいイメージ。なのに、ダメージ加工や、スタッズなどがつけばつくほど、ダサさがアップしていく魔法の靴です。
 装飾性がアップすることでダサくなるのはTシャッも同じです。チャックや紐やラインストーンは、付けるだけ逆効果の無駄な飾り。特に胸元を編み上げるタイプのシャツは評判最悪です。


■4.不潔の神は末端に宿る
 ぱっと見で不潔だなと思う人の特徴は、袖、襟、裾が薄汚れていることが多いです。特に丈の合ってないデニムの裾を引きずっていたりすると、「トイレの床でも引きずってそうで不潔」に感じられます。(中略)
 爪も要注意です。まさかいないと思いますが、爪の間に黒いゴミが溜まっている……ってないですよね。


■5.デート代より趣味のモノを優先しない
 玩具やレコード、本、電子機器など、男性のマニア的な収集癖。
「自分の稼いだお金でやってるんだから……」と尊重する気持ちが持てるか持てないかは、『その男性が自分にきちんとお金を使ってくれるか、くれないか』に関わってきます。
「レアなレコードを買ったから、今月は金がなくてどこにも行けない」「プレミアのついているスニーカーは買うくせに、デートは割り勘」など、「趣味のモノ>わたし」となると、女性は途端に不満を言うもの。(中略)
 価値のわからない人に、いくらその価値を伝えようとしても無駄であると諦めて、趣味のモノにお金を使えぱ使うほど、デートやプレゼントもきちんとして、『彼女に関しても、手を抜いていない感』を演出しましょう。


■6.「好きな女性」にグラビアアイドルを挙げない
「どんな女性が好き?」と聞かれた時などにA●嬢やグラビアアイドルの名前をあげるのは止めましょう。
 もちろん、若くて可愛くてスタイルのいい女性に惹かれるのはわかりますが、それ以上に『人を外見だけで判断する薄い人なんだな……』と思われてしまいます。同じ理由で、10代のアイドルの名前を出すのも止めておいたほうが無難です。(中略)
 もしも、30過ぎの女が、理想のタイプとして、ジャニーズのタレントや、若手のイケメン俳優の名前を出したら、がっかりしませんか? それと同じことです。


■7.「オタク」であることをモテない免罪符にしない
 オタクの『濃ゆい人たち』の多くがなぜモテないか、というと、『オタクであること』がアイデンティティーになってしまっているからです。そして、『オタク』である自分を卑下しながらも『オタク』ほどの知識を持っていない普通の人をバカにしている。しかし、その一方では、普通に恋愛ができている普通の人のことを羨望してもいる。
 が、それを認めることは、プライドに関わってくるので、「自分は『非モテ』だ」とカテゴリつけ、世の中にそういうカテゴリがあり、仲間がいることに安心を覚えているのです。ようは『オタク』であるあなたがモテないのは『オタク』だからではなく、『オタクであることを、モテない免罪符にしている』からです。


【感想】

◆思い当たるフシのある方には、ちょっと耳痛かったかもしれません。

ただ、こんなのは序の口(?)で、第2章では丸々「女性が嫌う6つの性質・振る舞い」について言及。

「自己中心的」
「自意識過剰」
「怖い」
「不潔」
「こだわりが強い」
「コミュニケーションが取れない」


という6つのカテゴリごとに、5〜9個の具体的な言動等を列挙しています。

当然本書では、上記ポイント以外にも大量に収録されていますので、まずはこちらからチェックして頂きたく。


◆一方第3章では、「出会いの場所」や「女性のタイプ」ごとの、望ましいアクションについて解説しています。

なんでも著者の大泉さんは「男女の出会いのスポットに潜入して、その実情をレポートする」という連載を3年半も続けていたのだそう。

なるほど、聞いたような話ではなく、実体験に基づいているだけあって、バッサリ斬ったりしてらっしゃいます。

例えば「料理合コン」は、幹事がメンバーを集めるワケではないので、相手の属性がバラバラ。

「それだったら、むしろ料理教室に通った方が、たくさんの女性に出会えるのでは?」というのは、確かに言えているかも……。

また、いわゆる「街コン」では、「できるだけモテる人」とコンビを組んだ方が、自分が引き上げられて、断然有利なのだとか。


◆さて、今回は「NG」中心だったので、モテネタを1つご紹介。

私が全然知らなかったのが、『壁ドンキス』。

これは、壁に女性を押し付けて、強引にするキスのことで、ティーンズラブや女性向け官能小説では「定番」なのだそう。

「壁ドンされると、きゅんとする」という女性は多い……って、「イケメソに限る」ような気がしないでもないですがw

本書でも「ホテルに入ったらすぐに、彼女をドアに押し付けて……」と書かれているので、「そういう関係になれたら」効果があるのだと思われ。


◆さらに、女性の大好きなデートスポットが挙げられていましたが、これはネタバレ自重で(スイマセン)。

自然に手を握ったり、肩を寄せたり……ヒントを挙げると、今の時期だと効果倍増なトコロです。

なお、今回はテーマ的に割愛してしまいましたが、巻末の二村ヒトシさんとの対談も読み応えアリ。

このパートは、若干「ヤルこと」にフォーカスされている(「女性から見て『罪のないヤリ●ン』キャラになれば、ヤレる」等w)気がしないでもないですが、こまけーこたー(AA略。


女性に惚れられたいなら要チェックで!

もっとモテたいあなたに 女はこんな男に惚れる (文庫ぎんが堂)
もっとモテたいあなたに 女はこんな男に惚れる (文庫ぎんが堂)
第1章 女は、よくわからない生き物です
第2章 女の「好き」はいろいろ、「嫌い」はひとつ
第3章 女が男に惚れる境界線
第4章 あなたは愛される男です
大泉りか×二村ヒトシ対談「恋され男子よりも愛され男子」


【関連記事】

【モテ】『みんなの街コン パーフェクトナビ』になかなか有益なアドバイスが載っていた件(2013年08月13日)

【大人モテ?】『こんな男に女は惚れる 大人の口説きの作法』に学ぶ7つのNG(2013年04月25日)

【オススメ】『合コン女王が教える 2時間で女ゴコロをつかむ技術』絵音(2013年04月05日)

【モテ】『モタク モテるオタクになる恋愛ガイド』アルテイシア(2012年05月29日)

【モテ】『すべてはモテるためである』二村ヒトシ(2011年01月14日)


【編集後記】

◆大泉さんとの対談で登場された、二村ヒトシさんのモテ本がこちら。

すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)
すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)

レビューは上記関連記事にて(単行本時のレビューになります)。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「モテ・恋愛」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
TrackBack(0)モテ・恋愛このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52106986