スポンサーリンク

2013年11月27日

【モテネタ】『確実にセ●レを作る方法 300』が内容充実していた件


確実にセフ●を作る方法 300
確実にセ●レを作る方法 300


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、Google先生的に「限りなくビミョウ」モテ本

「裏モノJAPAN」の「モテネタ」「ナンパネタ」ばかりを集めたと思われる、超強力な1冊です。

アマゾンの内容紹介から一部引用。
成功者延べ500人の英知を結集 !
どこで見つければいいのか。
どんな会話をすればいいのか。
どう動くべきなのか。
イケメン君ならいざ知らず、非モテ男がセ●レを作るには越えるべきハードルがいくつもある。
しかしもう心配はいらない。
この本を活用すれば、セフ●の1人や2人は確実に作れることを保証する。
動くなら今だ !!

当ブログで大人気だったものの、Google先生からお叱りを受けて削除した「あのネタ」も、丸々収録しています!

なお、諸事情により、NGワードは伏字を用いておりますのであしからず……。




【内容】

■1章:どの出会い系が正解なんだ?

◆まず第1章は、ネットナンパ。

各出会い系ごとに、その必勝法を伝授しています。

この辺もあきらかな出会い系だと、リンクを貼るだけで危ないので、安全そうなものを中心に(←ヘタレ)。


●1.今mixiでセ●レを作るなら「既婚者限定ご近所で友達作り-2」コミュで決定!

◆冒頭のカラーページでわざわざ取り上げてるくらいですから、期待大!?

女性のプロフをチェックして、以下のような文言がないかチェックするのだそう。

『肉食男子が好き』『恋愛体質』『マメにメールが欲しい』『寂しがり屋』

何でもこういう女性は「やたらと押しに弱く」「簡単にアポれる」のだとか。

……やたらと切込隊長にネタにされているmixiですけど、ネットナンパ的には、まだ活用し甲斐がありそうな。


●2.真面目な子が多い『ヤフーパートナー』では日々の充実ぶりをアピールせよ

◆ここでのキモは、男性側のプロフの写真や文言。

一般的に男性側のプロフは、暗くて消極的なものが多いので、その逆をいきます。

つまり、写真は例えば「仲間とのバーベキュー」や「フットサル」の時のモノ。

また、文言も趣味の欄に「旅行」「温泉」「映画鑑賞」といった単語だけではなく「先日、高尾山に飯盒を持って登り、頂上でおにぎりを食べました」というように、キチンとシーンが思い描けるように書く、とのこと。

もっともこれは『ヤフーパートナー』に限らず、「王道」だと思います。


●3.アメーバピグは、平日の深夜、エリアであぶれている子だけに狙いを絞れ

◆これはまさにタイトル通り。

この手の女性は、昼夜逆転している学生やニートが多く、自分からは積極的に絡めないけど、誘いには応じる寂しがり屋タイプなのだそう。

オススメのエリアは「グッピグ広場」や利用者の多い年代別エリア(「20代」「アラサー」等)。

一言めはナンパのニオイをさせずに、会話に乗ってきたら、自分の部屋に招待して、プライベーとな会話にシフトします。

なお、指南してくれている成功者の男性は「39歳」なんですが、ピグって、アラフォー男性でも大丈夫なんですね。


●4.フェイスブック女子にはこの程度のキーワードがお洒落として通用します

◆フェイスブックのアプリ「omiai」で重要なのは、ひとえに「プロフ作り」。

ポイントはリア充女子に響くキーワードをちりばめることで、外せないのが「カフェ巡り」と「美術館巡り」の2つなのだとか。

さらに何故か彼女らに刺さるのが「アボカド」w

これらを踏まえて出来上がったプロフィールは……って、詳細はネタバレ自重(バレバレですがw)。

ちなみにこのアプリ、利用状況がフェイスブック上の友人たちにはバレない仕組みになっているのだとか。


●5.全員単独参加のオイシすぎる合コン「コンパde恋プラン」

◆開催地域が都市部に限られているので、地方の方には申し訳ないのですが、こんなサイトがあるのだそう。

4年連続信頼度No1!合コンするならコンパde恋ぷらん

サイトを見ると、別に普通にグループ参加もあるものの、おそらくここで言っているのは、「シングルdeコンパ」のことでしょう。

お一人参加合コンのシングルdeコンパ[コンパde恋ぷらん]

お店は決まっているし、全額を奢る必要もない(男女の価格差はありますがw)ので、合コン面子がいない方には結構いいカモ。

でも当然既婚者はダメですよねww


■2章:LINE・カカオトーク必勝法

◆第2章ではLINEとカカオトークの攻略法が。

すいません、どっちもやったことがない……というか、私は未だにPHSユーザーなんで、以降選んだネタも的外れだったらスイマセン。


●1.クラブで使えるバカで陽気な「ふるふる」作戦

◆LINEには「ふるふる」という機能がある(らしいw)ので、クラブでそれを活用しようというモノ。

フロアで踊りながらお目当てのコに近づき、スマホを振る仕草を見せて「ラインのID、ふるふるで交換しない?」と持ちかけます。

ポイントは、バカっぽく、陽気に接近すること。

これが結構女性にウケて、一晩で15人以上は軽くIDをゲットできるのだそう(成功者の28歳会社員氏の場合)。


●2.婚活パーティでLINEのIDを渡しまくれば…

◆こちらは逆に、自分のIDを配りまくる作戦。

婚活パーティで話す女性に片っ端から自分のIDを教えていくのだそう。

曰く「これボクのIDなんでよかったらスタンプの1つでも送って下さい」。

これでなんと3人に1人ほどが連絡をくれるとのこと。

確かにメアドを渡すよりも確率的に高い感じですね。


●3.プリクラはウソ臭い。代用すべきはスピード写真だ

◆LINEやカカオトークだけに限らないネタですが、第2章にあったのでこちらで。

プリクラ補正は相手にバレバレ(というか、あのデカ目機能は気持ち悪いので何とかして欲しい……)なのでNG。

そこで用いるのが、いわゆる証明写真用の「スピード写真」。

自動的に「美白補正」をかけてくれる上に、プリクラのような「いかにも感」がないので、オススメだそうです。


●4.ファーストメールは変装したジェームス写メで

◆LINEの人気キャラの1つ、ジェームズ。

こんなヤツですねw

LINE CHARACTER フィギュアコレクション ジェームス


これを真似て、実際に金髪のカツラを用意して、白シャツ&バラを加えて写真を撮影。

そしてファーストメールで「非売の特製スタンプがあるんだけど見てくんない?」と書いて、この「実写版ジェームズ写メ」を送信するとバカウケだったとのこと。

まさにアイデアの勝利ww


■3章:全国・120%イチャつけるお店

◆これが冒頭で申しあげた、「Google先生からお叱りを受けて削除したネタ」であります。

【モテ】自然といちゃつけるお店7選@裏モノJAPAN:マインドマップ的読書感想文 【モテ】自然といちゃつけるお店7選@裏モノJAPAN:マインドマップ的読書感想文(詳細部分は削除済み)

そもそもはてブでホッテントリに入ったものの、はてブの規定(エロはダメ!)により、まず、ホッテントリページから削除されました。

その後、Googleアドセンスから直々に「違反が認められるページの例」として名指しで挙げられたという曰くつきのもの。

もちろん、詳しくは元ネタである「裏モノJAPAN 2012年11月号」をご覧になって頂いてもいいんですが。

裏モノ JAPAN (ジャパン) 2012年 11月号 [雑誌]
裏モノ JAPAN (ジャパン) 2012年 11月号 [雑誌]


◆その号のこの特集部分のみ、丸々抜き出されているのですから、この号をお持ちでない方には、それだけでも本書はお買い得かと。

参考までに、削除したページからいくつかお店をご紹介しておきます。

と言っても、そのまま載せると、また怒られちゃうので、サワリ部分だけ……。

なお画像は、ネタバレを自重するため、お店がどこかわからないようボカシをいれております(本書では、白黒ですが鮮明な写真が使われています)。



●【横浜】店内にベッドがあるお店




●【六本木】シャワーがない以外はラブ●と同じ居酒屋




●【西麻布】ベッド&シャワー付きバー




●【恵比寿】背もたれベッド付き個室居酒屋




●【六本木】席がベッドのようにできる個室レストラン




■4章:女をオトす心理戦

◆こちらでは主にクロージングのテクニックが。

気になったネタの小見出し部分を引用してみます。


●「あまり時間ないけど少しなら」と言われた。時間ないならあきらめるか

●飲みに誘ったら「彼氏いるけどいいですか」飲むだけムダか?

●丁寧語でスタートした仲をどのタイミングでタメ口に変えるか

●「元カノとはどうして別れたの?」さて、どう答える

●オチるか否かのバロメーター。手を繋ぐタイミングは?


……といった問題点に対して、解説がなされていますので、悩める男性はご参考まで。


◆ちなみに『「私、お酒強いんですよ」それじゃ酔い潰せないか…』

というネタでは、「名前がユルそうだけど実はアルコール度数の高いお酒」が紹介されていました。

・チェリーブロッサム……28度

・ロングアイランドアイスティ……35度

・青い珊瑚礁……35度

・テキーラショット……40度


私なら死ぬりますが、知っておくと良いのかも。


◆そして、いつか別記事で紹介したいと思ったのが「グダ崩し」のテク。

グダの種類別に突破法が指南されていました。

以下、グダの数々を。

「そんな人だと思わなかった」

「もうそういうのは卒業したから」

「まだ会ったばかりだし……」

「彼氏とじゃなきゃヤダ」

「だって彼氏に悪いもん」


思い当たるフシのある(かつ崩せなかった)方は、ここは要チェックで!


【まとめ】

◆とにかく物凄いボリュームに圧倒されました。

第3章はネタ元までわかっているのですが、それ以外の章もおそらく「裏モノJAPAN」の過去の号からのものでしょう。

おそらく第2章はタイトルがそのまんまなのでこちらかと。

裏モノ JAPAN (ジャパン) 2013年 04月号 [雑誌]
裏モノ JAPAN (ジャパン) 2013年 04月号 [雑誌]

第1章は本書ともタイトルが似てますし、これなんじゃないでしょうか。

裏モノ JAPAN (ジャパン) 2013年 09月号 [雑誌]
裏モノ JAPAN (ジャパン) 2013年 09月号 [雑誌]

第4章はちょっと分からず(スイマセン)。

いずれにせよ、その号のメイン特集をそのまんま持ってきている感じです。


◆また、当ブログでは、色々とモテ本をご紹介してきているのですが、その中で少ないのが「ネットナンパ」の記事。

私自身がうとい(リアルナンパが得意なわけではありませんw)のに加えて、出版されている本も少ないです。

その意味でも、本書の第1章や第2章は、「ネトナン」派の方にはお楽しみ頂けるのではないか、と。

ただし、この手の情報は、心理ネタと違い、どんどん古くなってしまうのが特徴です。

古い「裏モノJAPAN」でも使えるサイトの話があったと思いますが、改めて本書の内容でリバイスしておいて頂きたく。


◆ところで本書は、タイトルにセンセーショナルな「●フレ」という言葉は使われているものの、風俗関係のネタとは違って、内容的には必ずしも「S●X」だけを目的としているワケではありません。

上記で抜き出した部分をご覧頂ければお分かりのように、比較的ライトな内容も多々。

実際、「声かけの仕方」や「プロフの作り方」等、最初の「出会い」の部分からフォローしているわけで、普通に「彼女」を求めてらっしゃる方にとっても、十分活用できるハズ。

リアル書店で表紙だけ見たら、多分手にとられない方も多いと思いますので、本記事によって興味を持って下さる方が増えれば幸いです。


モテネタ好きならマストな1冊!

確実にセフ●を作る方法 300
確実に●フレを作る方法 300
1章:どの出会い系が正解なんだ?
2章:LINE・カカオトーク必勝法
3章:全国・120%イチャつけるお店
4章:女をオトす心理戦


【関連記事】

【モテ】自然といちゃつけるお店7選@裏モノJAPAN(2012年10月03日)

【モテ】『「実践!ナンパ道場@裏モノJAPAN』に学ぶナンパの7つのTIPS(2012年03月20日)

【モテ】『口説きの理論―ナンパの鉄人が極めた最強のワザ』がパネェ件(2010年05月13日)

【必見!】「ナンパに役立つ15のTIPS」を過去記事から選んでみました(2010年10月28日)

【モテ】AKB喰いナンパ師が新たにオススメしているモテ本3冊(2013年11月11日)


【編集後記】

◆その「裏モノJAPAN」の最新号がこちら。

裏モノ JAPAN (ジャパン) 2014年 01月号 [雑誌]
裏モノ JAPAN (ジャパン) 2014年 01月号 [雑誌]

今日ご紹介の本もそうですが、リアル書店では買いにくいので、この機会にご一緒にどうぞ(アサマシw)。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「モテ・恋愛」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(4)TrackBack(0)モテ・恋愛このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52105329
この記事へのコメント
確かに、タイトルがすごいですね

Posted by マグロ船の齊藤正明 at 2013年11月27日 14:09
>マグロ船の齊藤正明さん

コメントありがとうございます!

もうタイトルの時点で、Google先生的にはNGでした(笑)。

……これでも大丈夫か不安なんですが(汗)。

Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2013年11月28日 07:59
いつも読ませていただいております。

人生謳歌する上でも重要度の高い一冊だと感じました。
紹介有り難うございます!(笑)

Posted by よしお at 2013年11月28日 20:22
>よしおさん

レスが遅くなりましたが、コメントありがとうございます。

また、日頃からのご贔屓感謝しております。

重要度が高いかは微妙ですが(笑)、コスパはいいと思いますので、ご参考まで……。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2013年11月29日 21:58