スポンサーリンク

2013年11月10日

【モテ】『結婚できない理由は、統計で答えがでている』山田由美子


結婚できない理由は、統計で答えがでている
結婚できない理由は、統計で答えがでている


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、(株)お見合い塾主宰・山田由美子さんによる、「婚活指南本」。

結構前の「未読本・気になる本」の記事で結構人気だったものの、品切れ後なかなかアマゾンに入荷せず、こんなに遅くなってしまいました。

アマゾンの内容紹介から。
婚活経験者の生の声を多数収録。TV出演多数の婚活アドバイザーが教える、最短距離で結婚するための教科書。データが語る意外な真実とは?

……なんかもう、アマゾンのページが充実し過ぎていて、小冊子レベルじゃないかとww




【ポイント】

■1.結婚相談所の男女比は、4対6!?
 誰もがパソコンを使う時代ですから、ネットワークはどんどん広がりました。16ページの図を見ても、結婚相談所の登録人数は増えつづけていることがわかります。その結果、かつて圧倒的に男性が多かった会員数の比率は、逆転しました。結婚に真剣に向き合う女性がぐんと増えたからです。会員数の男女比は、今や4対6と言われています。


■2.男性の年収と年齢差の関係
 相手の女性を選ぶ目安…年収が高ければ高いほど、若い女性と結婚できる可能性が高まります。
年収÷10O=自分との年齢差の下限
(例)年収300万円なら、自分より3歳下まで
   年収500万円なら、自分より5歳下まで
   年収900万円なら、自分より9歳下まで


■3.お見合いの申し込みを受けてもらえない「負の7パターン」
(1)年収が少ない
(2)容姿
(3)学歴
(4)親と同居している
(5)田舎に住んでいる
(6)身長が低い
(7)預金額が少ない


(詳細は本書を)


■4.写真は写真スタジオで撮る
「お見合い写真」を、かっこよく撮るだけで、婚活を有利に運べます。
 写真スタジオでの撮影代をケチって、自宅の居間などで撮影すると、どうしても表情が暗くなります。また、背景には部屋にあるリモコンやティッシュなど、所帯じみたものが写り込んでしまう可能性があります。たくさんの婚活男性のプロフィールを見ている女性は、
「なんだか、冴えないなあ」
「写真スタジオできちんと撮っている人もたくさんいるのに、この人はやる気がないのかな」
 などのわるい印象を持ちます。


■5.女性による「私が断った理由」〜初対面篇〜より(抜粋)
1位 話が合わなかった、黙ったまま話してくれなかった

2位 見た目がイメージと違った

3位 清潔感がなく、だらしなかった

4位 印象が暗かった

5位 ほかに交際中の男性がいるが、その人よリいいと思えなかった

(続き並びに対策は本書を)


■6.検索条件を広げてみる
お見合いがなかなか成立しない……。そんなときには、いつもの検索条件を少しだけ変えてみると、お見合い成立の可能性が高まることがよくあります。
 たとえば、希望年齢を1歳プラスしてみましょう。それだけで、検索時のヒット件数がぐっと増えるはず。また、住所を隣県にまで広げてみてはいかがでしょうか。女性は、プロフィール欄に「全国転勤どこでもOKです」と書き込んでいる人もいます。そんな女性に申し込んでみるのも有効です。


■7.お見合い後、食事に誘ってみる
 お見合い開始後、40分くらい経過したら、さらりと聞いてみてください。
「この後、お時間ありますか?」
 ここで、
「はい、あります」と答えたら、あなたに興味を持っている、もっと話したいと思っていると踏んでもよいでしょう。
 理由もなく、即座に「ありません」と言われたら、残念ながらあなたにあまり興味を持っていない可能性大。ただし、お見合いを1日に2回組む人もいます。本当に残念そうに、
「ごめんなさい、本当は行きたいのですがどうしてもこの後は予定があって……」
 といった場合は、この限りではありません。


【感想】

◆まず本書のタイトルにも登場する「統計」について。

一応「公的なデータに基づく」ものと、山田さん主催のお見合い塾でのアンケート等の「公的なデータではないもの」が混在していて、多少微妙な部分はありましたが、概ね予想通りでした。

例えば、年収別未婚率。

「厚生省人口問題研究所」の「人口問題に関する意識調査」(1995)に基づいてグラフが作成されているのですが、男性の場合、「年収が多い方が結婚には有利」になっています。

下記リンク先では、同じデータを表にまとめて下さっているので、ご参考まで。

誠天調書: 人口問題研究所 1995 「第2回人口問題に関する意識調査」

……18年前のデータしかないのがアレですが。


◆なお、これに関連しているのが、上記ポイントの2番目の「男性の年収と年齢差の関係」で、年収が高い男性ほど、若い女性と結婚しています。

ちなみに、この計算式にはオプションがあって、公務員なら「公務員ステータス」によって、+2歳下までの女性と結婚できる可能性が高まるのだそう。

つまり「35歳で年収500万円の公務員」ならば、「基準5歳下」に「公務員ステータス」の2歳が加わって、7歳下の28歳までの女性になります。

もう1つ、「医師・弁護士ステータス」なら、さらに+5歳下まで……って、その職業でないとまったく関係ないですねw


◆一方、アンケートから導き出されているのが、上記ポイントの5番目等。

普通の恋愛では、断った理由を相手に明らかにすることはあまりないものの、お見合いの場合と、セッティングした仲人に告げられることが多いのだとか。

上記では上位5番目までですが、本書では13位まで収録し、さらにその「傾向」と「対策」までも完備。

さらに「交際篇」では、2回目以降で「断った理由」を10位まで列挙しています。

ぶっちゃけ、自分がどれに該当したのか分からないとダメですけど、思い当たるフシがあれば、ぜひご参考まで。


◆そして最終章である7章では、男性会員による「婚活体験談」が。

初めてのお見合いで出会った女性と、交際期間2ヶ月で成婚した人もいれば、3年間で1000人の女性に申し込んだ末に婚約した人もいました。

後者の男性の場合、1000人に申し込んでいるのですが、実際にお見合いをしたのがたった50人ですから、まずお見合いまで辿りつくのに5%という狭き門。

妥協しないで高望みしていた可能性はありますけど、よく心が折れなかったものです……。


◆本書は、著者の山田さんが「お見合い塾」の塾長だけあって、「お見合い讃歌」というか、ポジショントーク的な部分が目立つのは致し方ないところ。

お見合いの場合、「スペック重視」になる傾向が強いですから、ハナから他の戦場で戦うことをお考えの方には、本書は必ずしも「救世主」にはなり得ないでしょうし。

ただ、たとえスペックが低い方でも、上記ポイントの4番目にあるように「お見合い写真の出来を良くする」ことは「1度やっておけば未来永劫効果がある」と言う意味では、コストパフォーマンスが良いと思われ。

お見合いをしなくとも、SNSなり出会い系(?)なりで、その写真を使えばいいわけですから。


本気で結婚を考えるなら、お見合いも悪くないカモ!?

結婚できない理由は、統計で答えがでている
結婚できない理由は、統計で答えがでている
1章 統計から見える「男が婚活市場で有利な理由」
2章 婚活アドバイザーが教える「結婚できない男」とは?
3章 「結婚までの流れ」を知っておく
4章 婚活市場で活動する男性と女性のタイプは、大きく違う
5章 秘女性が「断った理由」から学ぶ
6章 女性の「どの部分」に注目すべきか
7章 婚活体験談「結婚できた! 」人はどうやって結婚したのか


【関連記事】

【モテ】『必勝婚活メソッド―「お見合い」という婚勝』山田由美子(2009年05月28日)

【モテ】『すべての婚活やってみました』石神賢介(2013年08月01日)

【モテ戦略!】『モテの定理 女心を知り、恋愛勝者になる究極の戦略』ぐっどうぃる博士(2013年06月29日)

【モテ】『“彼女いない歴”は絶対の秘密 ~モテない男論~』福山敏彦(2011年12月10日)

あなたが『モテる男の技術』を選ぶべきたった1つの理由(2011年10月23日)

【モテ】『すべてはモテるためである』二村ヒトシ(2011年01月14日)


【編集後記】

◆昨日の「未読本・気になる本」の記事には収録できませんでしたが、ちょっと気になる本を。

ドラクエ式自分の強みを知る冒険
ドラクエ式自分の強みを知る冒険

内容紹介の冒頭の「ある日、朝起きたら勇者になっていた・・・ 」で吹きますたw


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「モテ・恋愛」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)モテ・恋愛このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/52103002